海外旅行保険ALL

インドの治安は大丈夫?日本人・女性でも安全に旅行できる?

最近では、男性バックパッカーだけでなく、女性を含んだ多くの日本人の旅行先となっているインド。しかし、ニュースなどでよく耳にするインドの治安の悪さは本当なのでしょうか。今回の記事では、インドの気になる治安を水から性犯罪まで、様々な角度から検証します。

日本人が行っても大丈夫?インドの治安

インドと聞くと、以前は世界一周をするバックパッカーたちが行く所で、一般の人はなかなか行くことがない国でしたが、今では学生から若い女性まで旅を楽しむ国となりました。


しかし、そうは言っても、まだまだインドの治安の悪さについてニュースなどで耳にすることがありますよね。


エキゾティックな雰囲気に、美味しいインド料理をぜひ楽しんでみたいけれど、実際日本人がインドに旅行へ行っても安全なのか、治安はどうなのか気になります。


そこで、この記事では『インドは日本人が旅行に行っても安全なのか?治安はどうなのか』について

  • インドの平和ランキングは世界で136位
  • インドは治安が悪いという印象がある理由とは
  • インド旅行で気をつけておきたいこと
  • 女性でもインド旅行に行けるのか
  • 海外旅行保険には加入するべき
以上を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただいたら、インドに行ってみたいけれど治安の悪さが気になっているという方のお役に立てるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

インドの平和ランキングは136位

毎年、イギリスのエコノミスト紙が24項目のチェック項目から、世界163カ国それぞれの平和度指数を算出しています。


この平和度指数とは、その国がどれだけ平和であるかを表しています。


この平和ランキングにおいて、2018年のインドの平和ランキングは136位でした。


日本の2018年の平和ランキングが9位ですので、日本に比べると治安が悪いということが分かります。


ただし、この平和ランキングには観光客が訪れないような貧困地域の状態も含まれていますので、旅行の際には安心して訪れることができる地域もあります。

なぜ治安の悪い印象がつよいのか

インドと聞くと、まずは治安の悪さをイメージすることでしょう。


その理由は、インドではここ数年で日本人が被害に遭った事件がいくつか発生しているからです。


特に多いのは、日本人女性が被害に遭う性犯罪です。


年に1度ほど、ニュースでこの手の事件を耳にするのではないでしょうか。


そこで、女性は1人でインド旅行に行く際には、安全を確保して行くようにしましょう。

インド旅行で気をつけること

治安の悪さも気になるところですが、魅力もいっぱいのインド旅行に行く際には、注意しておくべきことがいくつかあります。


そこで、インド旅行で気をつけておいてもらいたいことについて、

  • 飲み水や食事に気をつける
  • 予防接種を打っておく
  • ぼったくりに気をつける
  • スリ・置き引きに気をつける
  • 交通事故に気をつける
  • 性犯罪に気をつける
  • 狂犬病に気をつける
以上について解説していきます。

飲み水や食事には気をつけよう

インドの水は日本人の体に合わないため、水道水をそのまま飲むことは避けましょう。


お腹をくだす可能性があります。


水を飲む際は、コンビニなどで販売されているミネラルウォーターを購入しましょう。


また、インドでは屋台なども人気ですが、長時間野外に並べていた料理は口にしないようにしてください。


インドは気温が高く、またハエなどが料理にたかっていることもありますので危険です。


インド旅行では、飲み水や食事など、口に入れるものに注意しておきましょう。

予防接種を打とう

インドでは衛生状態が悪いため、いくつかの予防接種を受けてから渡航するよう大使館からも呼びかけています。


インドに渡航する前に接種すべき予防接種とは、以下のようなものがあります。

  • A型肝炎
  • 腸チフス
  • B型肝炎
  • 破傷風
  • 日本脳炎
  • 狂犬病

インドへの旅行が決まったら、安全のためにも、ぜひこれらの予防接種を受けておきましょう。

値段をぼったくられないようにする

インドで観光客が多く被害に遭う事件が、ぼったくりです。


自分はぼったくられないと思っていても、さまざまな手を使ってぼったくりを仕掛けてきます。


特に多いのは、タクシーの運賃や露店での買い物の際のぼったくりです。


タクシーの場合、乗車する前に運賃がいくらくらいだと提示されていたのに、いざ目的地に着いたら倍以上の金額を請求された、なんてこともあります。


このような時は、もともと提示されていた金額をドライバーにパッと渡し、すぐにタクシーを降りてしまうことです。


また、露店では海外からの観光客と分かると割高な金額で物を売ってこようとしますが、ほぼぼったくられていると考えましょう。


そこで、旅慣れているバックパッカーなら誰もが知っている対処法として、まずは提示金額の半分から値切ってみましょう。


何度も交渉していると、元の値段に近い金額まで下げてくれるでしょう。


インドは日本に比べて物価は安いですが、やはりぼったくられるのはなんだか悔しいですよね。


ぼったくり被害に遭わないよう、回避する術を身につけておきましょう。

スリ・置き引きに注意

インドでの旅行中、貴重品や手荷物の管理はきちんとしておきましょう。


インドでは、観光客を狙ったスリ置き引きが多く発生しています。


買い物に疲れたからと近くのベンチに座って荷物を脚元に置いていたら置き引きに遭ってしまったり、人が多い場所で携帯や財布をスリに盗まれたりということがあります。


荷物は自分の目が行き届く場所に置き、人が多い場所では貴重品は肌身離さず持つようにしましょう。

交通事故に気をつけよう

インドは人口に比例して車やバイクの量が多い国です。


またインフラも整っていないため、交通事故も多く発生しており、2017年にはなんと年間で14万人以上が交通事故で死亡しています。


観光客もいつ交通事故の被害に遭うか分かりませんので、道路を横断する際や道路脇を歩く際には十分注意しておきましょう。

性犯罪は一部だけ

ニュースなどでよく取り上げられているインドでの性犯罪ですが、必ずしも性犯罪に遭うということではありません。


メディアによる誇張表現もあるので、自分の身をきちんと守るようにしていれば、性犯罪に遭う可能性は低くなります。


例えば、

  • 夜間一人では外出しない
  • 怪しいタクシーに乗らない
  • 知らない人について行かない
など、治安が良くないインドでの観光を楽しむ上で、これらのことは必ず守っておきましょう。

狂犬病に注意しよう

狂犬病という名前ですが、犬や猫だけでなく、猿やキツネ、家畜などからも感染する病気です。


狂犬病を発症した場合、致死率は100%という恐ろしい病気で、実はインドは狂犬病が原因の死亡率が世界で1番なんです


それほど、インドでは狂犬病に感染している動物が多く、感染した動物に噛まれることで人も狂犬病を発症してしまいます。


インドでは狂犬病にかからないよう注意し、もしも動物に噛まれた場合には、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

ニューデリーの治安

インドの首都ニューデリーは、海外からの観光客にも人気の高い都市です。


しかし、観光客が多いからこそ起こる犯罪もあります。


そこで、ニューデリーの治安で注意しておきたいことについて、

  • 飲み水
  • スリ・置き引き
以上について解説していきます。

飲み水(グラスでの水には特に注意が必要)

先ほどもお伝えしましたが、インドの水道水は直接飲むことができません


首都のニューデリーでも、調査の結果多くの家庭の水道水からバクテリアが検出されました。


このような水道水を飲んでしまうと、お腹をくだすだけでなく、コレラなどの病気になる恐れがあります。


そこで、旅行中はコンビニなどでミネラルウォーターを購入するかと思いますが、気をつけておきたいのは、レストランなどで出されるグラスの水です。


レストランの水だから大丈夫と思っていても、実は水道水の水を入れている可能性もありますので、レストランでもグラスに入れられた水は口にしない方が安心です。

スリ・置き引きに注意

ニューデリーは海外からの観光客も多いため、観光客を狙ったスリや置き引きが多く発生します。


観光中は貴重品や荷物を肌身離さず持つようにし、知らない人から声をかけられても、荷物から目を話さないようにしましょう。

女性でも安全に旅行できる?

治安が悪いとされているインドは、女性だけでは安全に旅行することはできないのでしょうか?


しかし、今では女性のバックパッカーも増え、インドへ旅行に行く女性が増えています


そこで、女性でも治安に不安があるインドでも安全に旅行をするためには、

  • 強姦に注意が必要な地域には行かない
  • 夜間の外出は避ける
以上の点に注意しておきましょう。

強姦に注意が必要な地域には行かない

インドでは、治安が悪い地域では性犯罪も多く発生し、強姦に遭う恐れがあります。


北インドのデリーなどでは犯罪が多く発生しているため、旅行に行く際には注意しておきましょう。


また、農村部などは治安の良し悪しに関わらず、夜間に訪れることは避けましょう。

夜の一人での外出は避ける

性犯罪が多く発生しているインドでは、夜に女性が一人だけで外出することはとても危険です。


私たち日本人と現地の人の肌の色が違うため、夜でも観光客ということがすぐに分かり、目立ってしまいます。


特に観光客を狙っている犯罪者にとってはいい目印となってしまいます。


インド旅行の際には、夜間は外出せず、ホテルなどの宿泊で過ごすようにしましょう。

堂々と行動すること

インドでの旅行中は、犯罪に遭うのが怖いからとびくびくしたように行動していると逆に狙われやすくなります


堂々と行動しておくことで、隙をつかれず、犯罪に巻き込まれる可能性も低くなります。

外務省の海外安全ホームページをチェックしよう

インドなどの治安があまり良くない国だけでなく、海外へ渡航する際には、海外の治安や危険情報をすぐに調べることができる『外務省海外安全ホームページ』をチェックしましょう。


外務省の海外安全ホームページには、テロ情報なども逐一発信されており、今現在の海外情報を手に入れることができますので、大変便利です。


【外務省海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/

海外旅行保険に必ず入ろう

みなさんは、海外旅行に行く際、『海外旅行保険』に加入していますか?


特に治安が悪く、飲み水や食事に不安があるインドへ行く際には、海外旅行保険に加入しておきましょう。


海外でケガや病気をすると心細いだけでなく、医療費の請求も心配になりますよね。


しかし、海外旅行保険に加入しておくと、保険の種類や医療機関によってはキャッシュレスで診察を受けられることもあるので安心です。


また海外旅行保険では、医療費だけでなく、飛行機の遅延や携行品の紛失も補償を受けることができますので、万が一に備えて加入しておくことをおすすめします。



まとめ:インドの治安は噂ほど悪くないが注意点が多いので確認

この記事では、インドの治安は悪いのか?について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?


今回のこの記事のポイントは、

  • インドの平和ランキングは136位と諸外国の中でも低め
  • インド旅行の前には予防接種を打っておく
  • インド旅行中は、飲み水や食事に十分気をつける
  • 観光客を狙った犯罪に注意する
  • 女性は夜間一人で外出することを避け、性犯罪に気をつける
  • 海外旅行保険に必ず入っておく
以上の6点です。

インドは魅力的な観光地ではありますが、治安にはやや不安がある部分もあります。

しかし、旅行中はしっかりと自分の身を守るようにすることで、ほとんどの犯罪を避けることができます。

海外に旅行へ行く際は、治安の良し悪しに関わらず、しっかりと犯罪対策をしてから渡航するようにしましょう。

ほけんROOMでは、ほかにも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング