携行品損害保険で時計は補償される?補償されない場合や補償額を説明

携行品損害保険に加入していれば、時計が偶然の事故で破損したり盗難に遭った場合に補償されますが、時計に欠陥があったり、紛失、置き忘れ、自宅での事故や盗難は補償されません。携行品損害保険では補償限度額があり、時価か修理費用で補償額を算出します。

旅行中に大事な時計が壊れた!携行品損害保険で時計は補償してくれるの?

腕時計は時間を知るだけでなく、ファッションとしても重要なアイテムです。旅行に行く際には腕時計を身につけて行く場合が多いですが、旅行先で腕時計をぶつけたり落としてしまい、大事な時計が壊れてしまうことがあります。


腕時計が壊れると、修理に費用がかかったり、修理できなければ買い直さなければなりません。買い直すことになると修理するよりも高額な費用がかかってしまいます。


保険には、携行品を補償してくれる携行品損害保険がありますが、腕時計が壊れた場合には、携行品損害保険で補償されるのでしょうか?


腕時計と携行品損害保険について説明します。

時計は携行品に該当するため携行品損害保険で補償される!

携行品損害保険は、携行品についてのみ補償されます。携行品とは、普段から身につけている物のことをいいます。


腕時計は携行品に該当するので、腕時計を破損したり盗難された場合には、携行品損害保険の補償対象です。普段から身につけている物であれば何でも携行品に該当するわけではなく、クレジットカードやコンタクトレンズ、定期券などは携行品に該当しません。


携行品に該当するかどうかは、保険会社によって違う場合があるので、自分が加入している携行品損害保険で携行品に該当するもの何かということを把握しておく必要があります。

盗まれる・壊れる・火災などの偶然な事故で損害を受けるなどした場合に保険金が支払われる

携行品損害保険は、住居の外で身の回りの所有物が偶然な事故により破損したり、盗難の被害に遭った場合に補償が受けられる保険です。


注意しておきたい点は、偶然な事故で損害を受けた場合に補償が受けられるということです。損害を受けた原因によっては、補償が受けられない場合があるため注意が必要です。

旅行中に腕時計が止まって動なくなった場合でも保険金は支払われる

旅行中に突然腕時計が止まってしまい、動かなくなる場合があります。故意に腕時計を壊すようなことがなければ、旅行中に腕時計が突然止まって動かなくなった場合は、携行品損害保険の補償が受けられます。

限度額は10万円でその時点での価格(時価)、または修理費用のいずれか低い額が支払われる

携行品損害保険に加入していても、破損や盗難に遭った腕時計の全額が補償されるわけではありません。補償額は保険会社によってさまざまですが、補償限度額が10万円の場合が多いです。


補償限度額が30万円となっていても、1度の補償金額は10万円までといった制限がある場合もあります。このような補償内容だった場合は、20万円の時計と5万円のカメラを盗まれたとすると、時計の補償は10万円でカメラの補償は5万円となり、時計の補償は全額補償ではありません。


また、補償額の算出方法は保険会社によって違いがありますが、腕時計を購入したときの価格ではなく、時価か修理費用を元に算出されます。そのため、10万円の時計が壊れてしまい、同じ時計を新品で購入しても、携行品損害保険の補償額は10万円よりも低い金額しか補償されません。

保険会社によっては保険金申請時に壊れた状況が分かる写真 ・修理の見積書または領収書が必要

携行品損害保険で保険金を申請するときには、申請書と一緒に提出しなければならない書類があります。


保険会社によって必要書類は多少の違いがありますが、携行品が破損した場合には携行品が破損したことが分かる写真、修理の見積書か領収書が必要です。

また、携行品が盗難された場合には盗難届出証明書か盗難届の受理番号が必要です。


必要書類がそろっていないと、保険金が支払われない可能性もあるので注意しましょう。

時計も含め、携行品損害保険に該当しないケースについて

携行品損害保険は携行品の破損や盗難のすべてが補償されるわけではありません。破損や盗難の状況によっては、携行品損害保険に該当しないケースもあります。

持ち物の欠陥、または自然の消耗、性質によるさび・変色、機能に支障をきたさない外観の損害

携行品自体に欠陥があった場合は、携行品損害保険には該当せずに、製造元に問い合わせることになります。また、長年使っていることで壊れてしまった場合や、携行品の性質によってさびたり変色した場合、外観のみが壊れていて機能的に問題ない場合も携行品損害保険には該当しません。

時計の紛失・置き忘れは補償されない

腕時計を盗難された場合は携行品損害保険に該当しますが、紛失置き忘れによって盗難された場合は携行品損害保険には該当しません。

火災・盗難など、自宅での災害で壊れた場合は、別途の特約が必要になってくる

携行品損害保険は、住居の外で破損や盗難があった場合に補償を受けられるため、自宅で壊れたり盗難された場合には携行品損害保険には該当しません。自宅で壊れたり盗難された場合の補償には、別途の特約に加入しなければなりません。

まとめ

旅行に行った際に腕時計を盗まれたり、偶然の事故で破損した場合には携行品損害保険で補償が受けられます。携行品損害保険に加入することで、腕時計の修理代や買い替え費用が補償されるのです。


しかし、携行品損害保険では補償額に上限がある場合が多いので、加入している保険の補償額についてきちんと理解しておきましょう。


携行品損害保険では、携行品自体の欠陥や紛失、置き忘れ、自宅での災害や盗難の場合は、補償の対象外なので注意が必要です。


携行品損害保険の内容を理解して、万が一の場合に補償が受けられるようにしましょう。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング