クレジットカードの海外旅行保険は無料で利用できる?注意点を解説

クレジットカードを契約すると無料で海外旅行保険を利用できます。無料で海外旅行保険が利用できますが、保険会社の海外旅行保険と比べると補償内容や補償額が劣ります。複数枚のクレジットカードを持つことで、補償額の上限を上乗せできるので、上手に活用することが大切です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険は無料なの?

海外旅行に行く際には、さまざまなリスクに備えて海外旅行保険に加入するのが一般的です。

海外に行くと環境が大きく変わるため、ケガや病気の可能性が高くなります。海外の病院で治療を受けると、日本では考えられないような高額な治療費を請求される可能性があります。


また、日本人は海外で盗難の被害に遭いやすいと言われています。そのような海外でのリスクに備えて、海外旅行保険に加入する必要があります。


クレジットカードを持っている方は、海外旅行に行く際にクレジットカードに無料で付帯している海外旅行保険を利用したいと考えている方も多いと思います。クレジットカード付帯の無料の海外旅行保険について説明します。



クレジットカード付帯の海外旅行保険は無料だが注意点もある!

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、特別な手続きなどを必要とせず、クレジットカードを契約した時点で無料で付帯されます。


クレジットカード付帯の海外旅行保険は保険料がかからず無料のためお得に海外旅行保険を利用できますが、注意すべき点もあります。


クレジットカードに無料で付帯している海外旅行保険の注意点を説明します。

一般の海外旅行保険と比較して、補償対象範囲と金額と治療費の支払い方法が異なることに注意

クレジットカード付帯の海外旅行保険は無料で利用できるため便利ですが、保険会社の海外旅行保険と比べると、補償される内容や金額に違いあります。


また、海外の病院で治療を受けて治療費を支払うときに、クレジットカード付帯の海外旅行保険と保険会社の海外旅行保険では支払方法も変わってきます。


それぞれの違いをしっかりと理解しておくことが大切です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険は現地での治療費を建て替える必要がある

クレジットカード付帯の海外旅行保険で治療費の補償を受ける場合は、帰国後にクレジットカード会社に保険金の請求をします。そのため、現地の病院では自分で治療費を支払う必要があります。


それに対して、保険会社の海外旅行保険にはキャッシュレス診療というサービスが無料で付帯されている場合が多いです。キャッシュレス診療は治療費を保険会社が支払ってくれるサービスで、自分が支払う必要がありません。


ただし、キャッシュレス診療は保険会社が提携している病院でのみ利用できるので注意が必要です。


クレジットカード付帯の海外旅行保険にも、キャッシュレス診療サービスを無料で付帯している場合もあるので、自分が利用しているクレジットカードに付帯しているか確認することが大切です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険には疾病死亡・緊急歯科治療費用がない

クレジットカード付帯の海外旅行保険には疾病死亡保険や緊急歯科治療費用補償が付帯していません


疾病死亡保険とは、海外旅行中に病気で死亡した場合に支払われる保険のことです。

緊急歯科治療費用補償とは、海外で歯が痛くなるなどの理由で、歯の治療をした場合にかかる費用のことです。


保険会社の海外旅行保険ではこれらの補償が付帯されていますが、クレジットカード付帯の海外旅行保険には付帯されていないため注意が必要です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険があれば無料で十分補償される

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、保険会社の海外旅行保険に比べると、補償範囲や補償額が劣ってしまいます。


しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険でも十分な補償が受けられますし、クレジットカードを複数枚保有することで、補償額を充実することも可能です。

クレジットカードを複数枚保有すると補償内容の上乗せもできる!

クレジットカードを複数枚保有すると、その分補償額が上乗せされます。ただし、すべての補償額が上乗せされるわけではないので注意が必要です。


死亡保険金と後遺障害保険金は、保有しているクレジットカードの中で最も高い補償金額を限度とし、各カード会社が按分する形で保険金が支払われます。


死亡保険金と行為障害保険金以外の補償に関しては、保有しているクレジットカードの補償額の合計金額が補償限度額になります。


複数枚のクレジットカードを保有することで、無料の海外旅行保険でも十分な補償を受けられます。

クレジットカードを複数枚組み合わせれば補償期間の延長もできる!

クレジットカードを組み合わせることで無料で補償期間の延長ができます。


クレジットカードには持っているだけで利用できる自動付帯と、出国前か出国後にクレジットカードで公共交通機関の料金を支払った場合に利用できる利用付帯のものがあります。


自動付帯の場合は、出国してから3カ月が補償期間ですが、利用付帯の場合は利用付帯の条件を満たしてから3カ月が補償期間です。


そのため、出国してから3カ月は自動付帯の海外旅行保険を利用して、3カ月が過ぎてから利用付帯の海外旅行保険の条件を満たすことで、自動付帯の補償期間が終わってからも利用付帯の補償を受けられます。


自分が保有しているクレジットカードが自動付帯か利用付帯かということを理解しておくことが大切です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険に家族特約が付属されていれば家族も補償される

海外旅行に行く際には、自分一人で行くのではなく家族と一緒に行く場合が多いです。クレジットカード付帯の海外旅行保険はクレジットカード契約者しか補償されません。


しかし、クレジットカードに家族特約が付帯されていれば、家族も無料で海外旅行保険の補償が受けられます


家族特約が付帯されていない場合は、家族カードを持っていれば補償を受けられますが、家族カードは18歳以上か15歳以上の留学・ホームステイ予定者しか持つことができないのが一般的です。


そのため18歳未満の子供がクレジットカード付帯の海外旅行保険で補償を受けるためには、家族特約が付帯されたクレジットカードを契約する必要があります。

まとめ

クレジットカード付帯の海外旅行保険は無料で海外旅行保険を利用できるため、お得に海外旅行保険の補償を受けられます。


クレジットカード付帯の海外旅行保険は無料ですが、保険会社の海外旅行保険に比べて、補償範囲が狭かったり補償額が低いというデメリットがあります。しかし、複数枚のクレジットカードを保有することで、補償限度額を上乗せすることができます。


無料で利用できるクレジットカード付帯を上手に活用して、お得に海外旅行保険を利用しましょう。

ランキング