海外旅行でクレジットカードを持っていないと起こるリスクとは?

海外旅行をする際にはクレジットカードを持っていないと不便なことが多いです。クレジットカードを持っていないとホテル等を利用できない場合があります。クレジットカードには海外旅行保険がついていて補償を受けられるため、保険会社の海外旅行保険に加入するよりもお得です。

クレジットカードを持っていない場合は海外旅行保険に加入した方がいいの?

海外旅行をする際に、万が一の場合に備えて海外旅行保険に加入する人は多いです。

海外でケガや病気にかかり病院で治療をした場合に高額な治療費を請求されたり、他人にケガを負わせたり器物破損によって賠償金を請求される可能性もあります。そのような場合に海外旅行保険に加入しておけば、費用を補償されます。


クレジットカードを契約している場合は、クレジットカードを持っているだけで海外旅行保険を利用できますが、クレジットカードを持っていない場合は保険会社の海外旅行保険に加入した方がいいのでしょうか?


クレジットカードを持っていないリスクと海外旅行保険について説明します。


海外旅行する場合は、海外旅行保険に加入するよりクレジットカードを作った方がいい

海外旅行をする際に、クレジットカードを持っていない場合は、海外旅行保険に加入するよりもクレジットカードを作り、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する方がよいです。海外旅行をする際にクレジットカードを持っておくことのメリットを説明します。

海外旅行でクレジットカードを持っていないと起きるリスクとは?

海外旅行をする際にクレジットカードを持っていないと、さまざまな不便な事態が起こりえます。クレジットカードを持っていないとどのようなリスクが起こるのでしょうか?

海外でクレジットカードを持っていないとホテルの予約もできない

クレジットカードを持っていない場合、ホテルの宿泊や予約できない可能性があります。海外のホテルでは、客が料金を支払わずに逃げた場合に備えて、チェックインの際にクレジットカードの提示を求められることが事があります。万が一、客が料金を支払わなかった場合には、クレジットカードで請求するためです。

そのため、クレジットカードを持っていないと、ホテルの宿泊や予約ができない可能性があります。


海外でクレジットを持っていないとショッピングできない

海外では現金ではなくクレジットカードでなければショッピングができない地域もあります。クレジットカードが浸透している地域では、ちょっとした買い物でもクレジットカードで決済するのが当たり前の場合があります。


そのような地域では、現金で会計をしようとしても断られることがあり、クレジットカードを持っていなかったために何も買えないという事態になりかねません。


海外でクレジットを持っていないとキャッシングできない

海外で現金を使いたい場合は、両替所で円を両替する必要があります。しかし、両替所で両替をすると手数料が高くついてしまいます。クレジットカードを持っていると、海外のATMでキャッシングができます。


海外のATMでキャッシングをすると、利息を支払わなければいけませんが、両替所の手数料と比べて費用を抑えることができます。海外では現金でなければ会計できない地域もあるので、急に現金が必要になった場合に、クレジットカードを持っていないと対応できません。


スリやひったくり対策としてもクレジットカードの方がいい

海外は治安が悪い地域も多く、スリやひったくりの被害に遭う可能性は十分に考えられます。クレジットカードには盗難補償が付帯されており、クレジットカードを盗まれて不正使用された分は補償が受けられます


また、クレジットカード付帯の海外旅行保険には携行品補償が付帯されています。携行品とは身の回りの物のことを言います。スリやひったくりで携行品を盗まれても、携行品補償で補償を受けられます。


携行品補償で注意すべき点は、現金やクレジットカード自体は携行品補償の対象にならないことです。現金を盗まれた場合、補償は受けられずに盗まれた分がそのまま被害金額になりますが、クレジットカードを盗まれた場合には、クレジットカードの再発行手数料のみの被害で済みます。


クレジットカードを持つメリットとは?カードに海外旅行保険もついてくる!

海外旅行でクレジットカードを持っていない場合のリスクを説明しましたが、クレジットカードを持つメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

サービスとして海外旅行保険がついてきてその他サポートもついてくる!

クレジットカードを契約すると、無料で海外旅行保険が付帯します。


クレジットカードによって、持っているだけで海外旅行保険を利用できる自動付帯のものと、出国前か出国後にクレジットカードで公共交通機関の支払いをすることで海外旅行保険を利用できる利用付帯のものがあります。


そのため、自分が契約したクレジットカードの海外旅行保険の利用条件を確認することが大切です。


また、クレジットカード付帯の海外旅行保険には、現地の病院を予約してくれたり、通訳してくれるサービスが無料でついてくるものもあります。

クレジットカードでショッピングすれば為替手数料が発生しない

海外で現金を使ってショッピングする場合は、円をその国の通貨に両替しなければならず、両替時に手数料が発生します。クレジットカードでショッピングすることで、両替の手数料が発生しないというメリットがあります。


ただし、クレジットカードでショッピングした場合は、カード会社ごとに事務手数料が定められているため、事務手数料が低いクレジットカードを選ぶようにしましょう。


不正利用対策もしっかりしていて、紛失したら利用停止にできる

クレジットカードを持っていると不正使用について心配になりますが、クレジットカードを紛失した場合はカード会社に連絡すれば利用停止にできます

利用停止にすれば不正使用されることはないので安心です。

まとめ:クレジットカードを作ってから海外に旅行にいこう!

海外旅行をする際に、クレジットカードを持っていないと不便なことが多いです。クレジットカードを持っていないとホテルに宿泊できなかったり、ショッピングができない場合があります。


また、クレジットカードを持っていない場合は、万が一の場合に備えて海外旅行保険に加入しておかなければなりません。


クレジットカードを持っていないだけでさまざまなリスクがあるのです。海外旅行に行く前にクレジットカードを契約しておきましょう。


ランキング