水道工事業が加入すべき損害保険と事業を取り巻くリスクを徹底解説!

水道工事業が加入すべき損害保険と事業を取り巻くリスクを徹底解説!-サムネイル画像

水道工事業には、引渡し後のトラブルなど様々なリスクがあります。水道業でのリスクを回避するために保険の加入をおすすめします。また、既に保険に加入している方は、「マネーキャリア」で専門家と保険の見直しをして補償漏れがないようにすることをおすすめします。

水道工事業を取り巻くリスクについて

水道工事業を取り巻くリスクマップ

水道工事業を取り巻くリスクマップ

今回のこちらの記事では、まず水道工事業での経営を取り巻くリスクにはどのようなものがあるのかを解説していきます。その後に、水道工事業の経営において加入すべき法人向けの損害保険の紹介をしていきます。


上記に掲載しているマップはリスクマップと言います。事業が抱えるリスクを可視化してマップにしているものです。リスクが発生する頻度とリスクが経営にどのくらい影響を与えるのかの2つの軸で構成されています。事象を財物リスク、経営リスク、人的リスク、賠償リスクの4つのカテゴリに分類しています。


今回のこちらの記事では以下の3つのリスクを重点的に解説していきます。

  • 引渡し後のトラブル(発生頻度・中、リスク・大)
  • 工事コストの上昇(発生頻度・高、リスク・高)
  • 従業員の労働災害(発生頻度・中、リスク・低)

これら3つのリスクを解説する前に、上記のリスクマップで示しているリスクの位置は、事業が置かれている環境、事業規模、状況により少し異なります。そのため懸念しているリスクの発生頻度、事業にどのくらい影響を与えるのかを専門家に聞くことをおすすめします。

専門家に相談できるサービスは沢山ありますが、ここでは「マネーキャリア」をおすすめします。「マネーキャリア」は保険や事業のリスク対策に詳しい専門家が、何度でも相談に乗ってくれるサービスです。


実際に利用した93%の方々に満足いただいているサービスなので、気になる方、些細なことでも相談したいことがある方は、以下から相談の申し込みをしてみてください。

①引渡し後のトラブル(発生頻度・中、リスク・大)

まずは、引渡し後のトラブルに関するリスクの解説をしていきます。こちらのリスクの発生頻度は、中程度ですが、リスクが経営に与える影響はとても大きなリスクの一つです。


水道工事が完了した後に、工事が原因で水漏れになったり、詰まりの原因を引き起こしたとなると水道工事業者が損害賠償責任を負うことになる可能性などがあります。


また損害賠償責任を負うだけでなく企業の信頼性やイメージダウンにもつながる可能性があるため見逃すことができないリスクの一つです。


しかし事故を引き起こしたとしても適切な対処を取ることができれば、企業の信頼性が失われたり、イメージダウンに繋がることも無いので補償が適応される保険に加入しておく必要があるでしょう。

②工事コストの上昇(発生頻度・高、リスク・高)

続いては、工事コストの上昇のリスクです。こちらのリスクの発生頻度は、非常に高い上に、事業に与えるリスクの大きさも高いため対策が必須なリスクです。


水道工事業を経営する経営者にとって、工事コストの上昇は大きな課題です。原材料や人件費などのコスト上昇、予期せぬ工事不良やトラブル、または法規制の変更など、コストアップの要因はさまざまです


このような課題に対して、経営者はいくつかの対策を考える必要があります。まず、原材料や人件費のコスト上昇に対しては、細かい予算管理や見積もり作成時の余裕の設定などが有効です。また、複数のサプライヤーから見積もりを取るなど、競争力のある仕入先を探すことも重要です。


さらに、トラブルや工事不良に対する対策としては、事前にしっかりと計画を立て、作業員のトレーニングや質の高い部材の使用など、品質管理に力を入れることが必要です。また、法規制の変更に関しては、政府や業界団体の情報を常にチェックし、対応することが必要です。

③従業員の労働災害(発生頻度・中、リスク・低)

最後は従業員の労働災害に関するリスクの解説をしていきます。こちらのリスクの発生頻度は中程度で、リスクが経営に与える影響も比較的低いです。しかしリスクの影響が低いからと言って見逃すことは出来ません。


労働災害が発生すると、現場作業の中断や工事の遅延、または被害者やその家族への補償など、経営に大きな影響を与えることになります。  


労働災害を防ぐためには、従業員の安全教育や作業前のチェック、適切な作業環境の整備などが必要です。また、作業中の安全管理を徹底するために、安全ヘルメットや安全帯などの適切な防護具を用意することも大切です。


事故が発生した場合には、速やかに適切な処置を行い、社員が安心して働ける環境を整備することが必要です。また、事故の原因を徹底的に調査し、再発防止策を講じることで、労働災害の未然防止に取り組むことが大切です。

水道工事業に起こった実際の損害事例


それではここからは、水道工事業で実際に起こった事故や損害事例を紹介します。今回紹介する事例は以下の3つです。
  • 工事遂行中の対人・対物事故
  • 施工ミスに関する事例
  • 従業員のケガに関する事例

水道工事業においては、現場でのトラブルや事故が発生することがあります。その中でも、最も深刻なのが損害賠償責任です。具体的には、工事ミスや施工不良によって水漏れや配管破裂が起こり、建物内部の浸水被害や周辺住民への影響などが発生することがあります。

このような事態が発生すると、被害者からのクレームや賠償請求、さらには法的な問題まで発展することがあります。そのような事態にならないように過去の事例を見て未然に防ぐようにしましょう。

損害事例1:工事遂行中の対人・対物事故

最初は工事の遂行中に第三者や第三者のモノに損害を与えてしまった事例を紹介します。水道工事業では以下のような第三者に対する損害事例がありました。

  •  配管工事の為、地中を掘削する際に別の水道配管を突き破って破損させてしまった 
  • 空調設備の配線中に、接続を誤り建物付属設備や家電を破損させてしまった 
  • 配線工事のため道路掘削中、誤って地下通信ケーブルを切った

このように工事中に第三者のモノを壊してしまった場合には保険で補償することが可能です。詳しくは後ほど紹介します。

損害事例2:施工ミスに関する事例

続いては施工ミスに関する事例です。施工ミスに関する事例は2つ紹介します。


【施工ミスによる水漏れ】

こちらは、お風呂場やトイレ、キッチンの水回りをリフォームした後や、エアコンを設置後に水漏れが発生するトラブルが多く発生しています。

家やお店のどちらであっても、室内が水浸びたしだと生活や営業ができなくお客様に多大な迷惑をかけることになるでしょう。すぐに施工ミスを修繕しないといけないことはもちろん、その他にも水浸びたしによって壊れたものを弁償しないといけません。

中には、水浸しになり故障したものの中に、精密機械が含まれており多額の損害賠償金額を支払うことになった事例もあります。

【契約違反】

工が完了して引き渡しをした後に、設備に欠陥があることが判明し、契約内容に違反がありトラブルに発展した事例もあります。

これらのトラブルを未然に防ぐためには、水道工事業者としては、正確な見積書の提示や、適切な設計・施工に努めることが重要です。また、引き渡し後にも定期的なメンテナンスやアフターサービスを提供し、顧客との信頼関係を築くことが大切です。

損害事例3:従業員のケガや死亡に関する事例

最後は、従業員のケガに関する事例を紹介します。災害の発生した工事は、民家に上水道を引くために径50mmの塩化ビニール製の上水道管を地表から深さ2mの所に敷設するもので、A工務店は、この工事のうち、300mの区間の上水道管の敷設を請け負いました。


災害発生当日は、300mの区間のうちの一部分の工事として、水平部分から、農地造成法面に沿って、上水道管を45度立ち上げて敷設する作業を行っていました。


ショベルで、立上げ部直前の水平部分および法面に沿った立上げ部分を90度のこう配で幅40cm掘削し、床ならしを終え、水平部および法面部の管を溝底に敷設しました。


その後、作業者Bが溝底で埋め戻し後に水平部と法面部のジョイント部分がずれないようにするため、管の両側に木製杭を木づちで打ち込み、番線でしばる作業をしていたところ、突然、水平部から法面部に向かって左側の法面部の溝壁面が、最大高さ2.5m、最大幅1.2m、最大奥行2.5mにわたって崩れ、Bがこの土砂に生き埋めとなりました

水道工事会社におすすめの法人向けの損害保険

ここからは、水道工事業の経営を取り巻くリスクを回避・軽減するための損害保険を紹介します。今回こちらの記事で紹介する損害保険は以下の3つになります。

  • PL保険(生産物責任保険)
  • 請負業者賠償責任保険
  • 労働災害総合保険

こちらの記事を読んでいる方々の中には、上記の保険に既に加入していたり、保険の必要性がまだ分からないといった方々がいるかと思います。そんな方々には、保険や事業のリスク対策に詳しい専門家に相談できる、「マネーキャリア」をおすすめします。

「マネーキャリア」では、事業が潜在的に抱えているリスクを専門家が分析した後に、適切な保険の提案まで行ってくれるサービスになります。相談は何度でも無料で、実際に相談した93%の方々が満足しているサービスです。

些細な相談でも受け付けているので、気になることがある方はぜひ一度ご利用ください。相談の申し込みは以下から行うことができます。

①PL保険(生産物責任保険)

ではまずPL保険(生産物責任保険)の解説をしていきます。PL保険とは、企業が製造、販売した商品(製品)の欠陥が原因で、消費者など第三者の生命、身体、および、財産上の損害を被った場合に、製造元および販売元に課される損害賠償責任を補償する保険です。


先ほどの事例で紹介して施工ミスについてはこちらの保険で補償することができます。特約を付け加えることで、生産物のリコールが発生した場合に製品の回収費用等を補償することも可能です。


ほけんROOMで「PL保険」について詳しく解説している記事があるので、気になる方は以下からご覧ください。

②請負業者賠償責任保険

続いて2つ目は、請負業賠償責任保険です。こちらの請負業賠償責任保険とは、工事・作業等の遂行等に起因する
対人・対物事故による賠償責任を補償するための保険
です。


請負業賠償責任保険では以下のような賠償金や費用を補償します。

保険金内容
損害賠償金被害者に対して支払う治療費や修繕費
訴訟費用
相手側とのトラブルを解決するために支出した裁判費用や弁護士費用
損害防止費用発生した事故に対して損害の拡大を防止したり軽減するための費用
緊急措置費用被害者に応急手当てをしたり病院へ運んだりした際にかかった費用
協力費用事故の解決にあたって当社に協力するためにかかった交通費や通信費などの費用


請負業賠償責任保険についてもほけんROOMでは、詳しく解説している記事を公開しているのでそちらをご覧ください。

③労働災害総合保険

最後は、労働災害総合保険の紹介をします。労働災害総合保険とは、労働災害に関して「政府労災保険」の
上乗せ給付や損害賠償責任を補償するための保険です。


「政府労災保険」は従業員を雇用している企業は加入が義務付けられていますが、こちらの労働災害総合保険は任意の保険になります。こちらの保険は、法定外補償保険および使用者賠償責任保険の2つの補償を組み合わせた保険です。


法定外補償保険とは、被用者の労災事故について、被保険者が政府労災保険等の上乗せ補償(法定外補償)を行うことによって被る損害を補償する保険です。また使用者賠償責任保険とは、被用者の労災事故について、被保険者が使用者として法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償する保険です。


これらのどちらか一方のみに加入することも可能です。

日本水道協会が提供している保険


ここからは日本水道協会が提供している保険の紹介をしていきます。日本水道協会とは、水道の普及とその健全な発達を図るための諸事業を行うことによって、公衆衛生の増進に寄与することを目的として、昭和7年5月12日に設立された公益法人です。

こちらの協会の会員になることで以下の保険が利用できるようになります
  • 水道賠償責任保険
  • 水道機械設備損害保険
  • 海底送水管損害保険
  • 個人委託員等傷害保険
  • 委託検針員・集金員賠償責任保険
  • 管路修繕費用保険
  • 情報漏えい賠償責任保険

詳しい内容は日本水道協会が提供しているホームページからご覧ください。

まとめ:水道工事業を取り巻くリスクと損害保険について


ここまで水道工事業を取り巻く潜在的なリスクとそれらのリスクを回避・軽減するための損害保険の紹介をしました。以下が今回の記事のまとめになります。

  • 水道工事業には、引渡し後のトラブルや労災のリスクがある
  • 上記のようなリスクを回避・軽減するために法人向けの損害保険に加入すべき
  • 保険や事業のリスクに関する相談は「マネーキャリア」がおすすめ
  • 日本水道協会では会員向けの保険を提供している


ここまで記事をご覧になった方々は、水道工事業を取り巻く潜在的なリスクや加入した方がいい損害保険について理解できたと思います。そこで、自社にも同じようなリスクがあるのか、別のリスクがあるのかなど気になる方がいるのではないでしょうか?


そのような疑問を持っている方々は、「マネーキャリア」をおすすめします。「マネーキャリア」では、保険や事業のリスク対策に関する専門家が何度でも相談に乗ってくれるサービスです。


実際に相談した93%の方々が満足したサービスになっています。相談したからと言って無理な保険の加入を勧めることもないので、気軽に相談してみてください。


またほけんROOMでは、様々な法人保険の解説や事業のリスクに関する記事を公開しているので、気になる方はそちらもご覧ください。

ランキング