保険業界のタブー!?複数社の保険無料相談を依頼することは大丈夫?

医療の現場では良く使われる「セカンドオピニオン」「複数の意見を求める」事を意味します。今、この言葉が保険相談の現場でも使われており、保険の相談を複数の相談窓口や保険会社の担当者と行う事を指します。この行為はタブーなのか確認してみたいと思います。

複数社の保険無料相談を同時に利用することは、むしろおすすめ!

現在、日本の世帯あたりの年間生命保険の保険料は38.5万円(公益財団法人生命保険文化センター平成28年調べ)というデータがあります。
  • 38.5万円×50年=1925万円

これに更新時の保険料アップを考慮すると3000万円程度の買い物になります。

こんな高額な保険の加入時に一人の担当者、一社の保険会社や保険代理店で決めてしまうのはかなりのリスクと感じて欲しいです。


同様に高額な買い物になる住宅購入では3軒以上は比較するケースが多いとの事です(SUUMO調べ)


やはり、保険の加入・見直し時にも3社程度、複数の提案を比較する事がおすすめです。

というのも、医療と同様に、「セカンドオピニオン」が必要なためです。

詳しくはこれから見ていきましょう。


その前に、保険の相談をする先には3種類あることをまずは大前提としておきます。

  1. 保険会社(日本生命やソニー生命等)の営業担当者
  2. 保険ショップの窓口(ほけんの窓口や保険見直し本舗等)
  3. 独立系ファイナンシャルプランナーの紹介(保険マンモスや保険ビュッフェ等)

いわゆる、保険相談というのは、2や3を想定した、主体的な保険相談のことを指しています。


そこで、今回は、この「保険相談」のメリット・デメリットの整理からおすすめの相談方法まで詳しく解説していきます。 


保険の無料相談を複数社受けるメリットとデメリットを整理しよう

複数の意見を確認する「セカンドオピニオン」には様々なメリット・デメリットが発生します。 

主なメリットとしては 

  1. 1人の意見に流されず、複数の保険商品から判断できる
  2. 自分に保険の知識がついて、無駄なく自信を持って決められる  
  3. 保険ショップ・相談FPごとに取扱保険会社が異なる可能性がある    
が上げられます。詳しくは後ほど解説します。 

 また、デメリットとしては 

  1.  時間がかかる 
  2.  担当者が拗ねる 

くらいでしょうか。


①は高い買い物ですから当然時間をかけて下さい。


②に関してはそのレベルの担当者とは相談する価値がありませんので気にすることなく別の担当者と相談しましょう。 

メリット①:1人の意見に流されず、複数の保険商品から判断できる

当然、相談相手を複数に増やせば三者三様の提案を受けることが出来ます。

一社専属の担当者であれば所属している会社からの商品しか提案を受ける事が出来ず、どうしても偏ってしまいます。


また、保険の無料相談窓口では担当者や店舗によって提案レベルがばらつく可能性が高くなります。



訪問サービスを展開している会社でも担当者の「想い」によって提案内容が変わって来ますので相性があります。自分自身が納得できるプランを引き出すためには少なくとも3人の担当者と会い複数の保険商品や組み合わせの提案を受けると良いでしょう。 

メリット②:自分に保険の知識がついて、無駄なく自信を持って決められる

所属もキャリアもキャラクターも違う複数の担当者と相談をすると様々な保険商品や税金面、社会保険等の周辺知識を学ぶことが出来ます。

普通に生活していれば出会う事のない保険や社会保険の情報は貴重なものです。レベルの高い担当者は膨大な商品情報や社会保険の情報を上手に提供してくれます。


レベルの低い担当者は溢れる情報をコントロール出来ずにお客様を迷わせてしまいます。


例えば複数の保険会社の商品を扱える担当者に「医療保険に興味があります」と聞いてみましょう。


レベルの高い担当者はしっかりとヒアリングをしてベストな商品を複数に絞り込んでくれます。レベルの低い担当者は提案可能な商品を全て並べるくらいの勢いでパンフレットや見積もりを出して来ます。この辺りで見極めることが大切です。

メリット③:保険ショップ・相談FPごとに取扱保険会社が異なる可能性がある

生命保険の加入ルートには大きく2つのルートがあります。 
  • 保険会社専属の営業担当者から加入する 
  • 保険会社(メーカー)と契約した保険代理店(ディーラー)から加入する

 後者には一社専属と複数社の保険会社を取り扱う乗合代理店と分かれて来ます。 

来店型の保険相談窓口やファイナンシャルプランナーの派遣サービスを運営している会社は乗合代理店がほとんどです。


この乗合代理店ではその会社ごとに取扱い契約を決めているので取扱い保険会社の数が変わって来ます。一般的には5~10社が多く大手の全国展開をしている保険の相談窓口を運営している会社は40社以上というところも多いです。 


取扱い保険会社が増えると複数の商品から選択出来るメリットもありますが多すぎても担当者が把握していない事もあるのでポイントは数ではないと思って良いでしょう。 


また、「ほけんの窓口」はフランチャイズ方式で出店をしているので店舗ごとに取扱い保険会社が違う事もあるので注意しましょう。 

実際のところ、時間がかかるところを除くとメリットしかないので、複数の保険相談サービスを利用する方も近年では増えてきているようですね。

大手相談会社の保険見直しラボ・保険のビュッフェ・保険マンモスを確認してみると良いです!

2社から3社程度、保険ショップ・保険相談サービスの利用がおすすめ!

少し時間と手間かかかりますが、複数の保険ショップやファイナンシャルプランナーの紹介サービスを活用して保険商品の提案を受けることをおすすめします。


やはり、一社専属の担当者の提案は保険商品の選択肢がなく、すべてを解決出来る提案にならず、偏った内容になってしまう事が多くなります。


もちろん、一社専属でもしっかりとした提案が出来る担当者もいますのでそういった方に出会えるとよいのですね。 



保険会社には医療保険の保険料のコストパフォーマンスに特化した会社や収入保障保険に特化した会社、外貨建ての終身保険の返戻率にメリットがある会社等、得意分野やこだわりの商品といったものをラインナップしています


知識と経験が豊富な担当者はこれら複数の保険商品を組み合わせてユーザーに最大限のメリットを提供してくれます。しっかりと活用しましょう。 

相談の数が多ければ良いわけではない!時間との兼ね合いを考えよう

「保険会社の担当者」「保険の相談窓口」「派遣型のファイナンシャルプランナー」この3つの担当者と相談をすることをおすすめしましたが、「複数の相談窓口にいく時間がない」「複数の担当者に対して断るのは面倒」「来店型の保険相談窓口が近くない」という方は保険だけではありません。

金融知識が豊富で多くの相談実績のあるファイナンシャルプランナーを自宅や近所のカフェに派遣してくれるサービスを運営している会社の活用もおすすめです。


大手のファイナンシャルプランナー派遣サービスの会社が20社以上の保険会社を扱う乗合代理店のファイナンシャルプランナーを紹介してくれる事が多く、そのファイナンシャルプランナーの経験、実績も一定レベルを確保しているので安心です。このサービス提供会社を2つ選択してファイナンシャルプランナーを紹介してもらえればほぼ、悩みは解決するでしょう。

おすすめの保険の無料相談サービス3選

保険見直しラボ:平均11.8年経験のベテランFPが勢揃い

担当者の経験年数が11.8年と長く経験豊富な担当者が在籍している「保険見直しラボ」30社以上の保険会社からお客様により適した商品の提案を受ける事が可能との事です。


それゆえ、保険見直しラボは「顧客満足度93%」とかなり高い数値を出しています。


一方で、少し年齢の高いFPが多くいる点に関しては、40代50代の年齢層高めの方が多いという点ではデメリットとなりうることもあります。


また、保険見直しラボ自体は2017年に立ち上がったばかりですが、他のサービスと違い、独身若者や中年など、保険相談を拒否されやすい年代にとってはありがたいです。

保険の無料相談でお米のプレゼントもやっているようなので、まずは要チェックです!!


保険見直しラボの評判・口コミはこちら

保険マンモス:顧客満足度95%で業界最大手の相談実績

「顧客満足度95%」を誇る「保険マンモス」は創業10周年(2018年現在)を迎えるファイナンシャルプランナーの訪問サービス業者として草分け的存在です。

社長があの有名なバンド「聖飢魔Ⅱ」のメンバーだったことが業界でも有名なエピソードです。


「保険のマンモス」では「FPのチカラ」というオリジナルサイトを運営しており、相談出来るファイナンシャルプランナーを紹介しています。この紹介サイトでは各ファイナンシャルプランナーの得意分野や対応エリア、相談者の感想を載せています。


特に相談者の感想は自分自身が相談したい内容とリンクする内容などは参考になります。


また、ファイナンシャルプランナーの指名も可能です。是非一度、確認してみましょう。 

保険のビュッフェ:CMでも有名。FPの知識が豊富

最近シュールなテレビCMで有名な「保険のビュッフェ」は相談に乗ってくれる担当者はほぼ全員がファイナンシャルプランナーの資格を持っています。

更に在籍しているファイナンシャルプランナーの経験が平均8年以上、平均相談件数1200件以上(2016年末)とベテランファイナンシャルプランナーが800名以上(2016年末)も在籍中と驚きです。


訪問も無料で対応していて、相談時間は9:00~20:00スタートまで対応しています。

もちろん土日祝日も対応してもらえます。

土日祝日は人気が集中しますので複数の希望を提示しましょう。

落ち着いた雰囲気で相談したいので自宅や近所のカフェであれば安心ですので、おすすめです。

「いきなり自宅はちょっと…」と思う方は初回を近所のカフェなどで相談し、2回目以降の提案を自宅でお願いする事も可能です。


この方法は担当者の相性を確かめる上で有効です。

もし、担当者と相性が合わないケースは担当者を変更できるシステムを「保険のビュッフェ」では導入しています。 

保険の担当者との相性を重視している保険のビュッフェならではです!

保険ショップの検索なら、LIFULL保険ショップ検索!

全国1500以上の保険ショップを比較・検索LIFULL保険相談では全国1500以上の保険ショップをエリアや最寄りの駅、ショッピングセンターから探す事が出来る便利な紹介サイトです。

また、90以上の保険代理店を網羅しており、大手全国展開をしている相談所から1店舗経営でオリジナリティを出している相談所まで紹介しています。


各店舗の紹介では、営業時間や駐車場、キッズルームの有無まで詳細に情報提供がされているので予約の際は大変参考になります。


予約もLIFULL保険相談のコールセンターで時間と場所を指定すると周辺の相談所を複数、紹介し予約を確定してくれます。


豊富でかつ、的確な口コミの投稿サイトの運営が保険会社や保険の相談所ではない「LIFULL保険ショップ検索」では豊富な口コミと聞き心地の良い書き込みだけはなく保険会社や保険の相談所が耳が痛くなるような内容もしっかりと書き込みがされているのも特長です。 

まとめ:複数社の保険相談サービスをうまく使いこなそう

ひと昔は「知り合い、親戚」や「会社に来る保険の担当者」から保険に加入するのが当たり前でした。

しかし、現在はインターネット上でも手続きが完了出来るまで進化しており、保険商品そのものも複雑化しております。

また、社会保険や税制も毎年のように改正があり手厚くなっているものから手薄になっているものまで様々です。


このような状況で自分にあった保険に加入するには経験と知識が豊富な複数のファイナンシャルプランナーと相談する事がおすすめです。


納得出来るまで相談をしましょう。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説