火災保険ALL

火災保険の見舞金はいつ受け取れる?その他の費用保険金もご紹介!

火災などの被害を受けた時、損害が出ることはもちろん、ホテル宿泊費やがれき撤去など様々な費用がかかります。その費用を補う費用保険金をご存知でしょうか?ここではその費用保険金の一部である見舞金の使用例や見舞金でもらえる金額、費用保険金の種類やメリットを紹介します。

火災保険の見舞金とは?一時金補償の費用保険金は必要?

火災などの事故の被害に遭った場合に、火災保険から「見舞金」がもらえることがあります。


建物や家財などの復旧にさしあたってのお金が必要になりますが、見舞金は保険金に先立って支払われるものなので、ありがたいものですよね。


しかし、このように一時金補償の費用保険金は非常時に役立つものですが、はたして本当に必要なものなのか検証してみる必要があります。


ここでは、見舞金についての理解を深めその必要性を考えるために、 

  • 損害保険金との違いやもらえる金額 
  • 見舞金以外の役立つ費用保険金の紹介 
  • 費用保険金のメリットや注意点 
  • 火災保険の特約にかかる保険料 

以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、火災保険の見舞金の内容や必要性についてお分かりいただけると思います。 


ぜひ最後までご覧ください。

火災保険の見舞金とは?

火災保険の保険金は、請求してすぐに支払われるわけではなく、書類を確認したり損害箇所の審査を行った上で保険金が決定され、ようやく支払いとなります。 


しかし、火災による被害はできるだけ早く修復を始めたいものです。 


そのような場合に役立つのが「見舞金」で、保険金の支払いに先立って、まとまった資金を支払ってもらえます。 


損害を受けた際に役立つこの見舞金について、損害保険金と費用保険金の違いや、火災や台風、地震のときに実際にいくらもらえるのかについてご説明していきます。


損害保険金と費用保険金の違いとは?

損害保険金費用保険金は、いずれも同じような「保険金」というイメージがありますが、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか。 

  • 損害保険金
    保険の対象となっている建物や家財などが損害を受けた場合に、その損害に対して支払われる保険金です。 

  • 費用保険金
    建物や家財の損害の他に要した、さまざまな費用をサポートするために支払われる保険金です。
    費用保険金は、基本契約に付いている場合もありますが、特約を付ける必要がある場合もありますので、契約内容を確認してください。

損害保険金は建物や家財が対象となっているのに対し、費用保険金は様々な費用を対象としている点が異なります。


費用保険金は、一時金として便利な見舞金であるといえます。


また、見舞金が支払われる範囲は、火災だけではありません。


他にも、破裂・爆発・風災・雪災・雹災・水災などによる被害も補償されます。


一方で、契約者の故意または重過失による火災など、地震・噴火・津波による損害については補償の対象外となるため注意が必要です。

火災や台風などの被害でもらえる見舞金の金額

火災保険に加入し費用保険金特約を付けていれば、火災などの場合はもちろんのこと、台風による被害の補償もしてもらえます。 


では、具体的にどのくらいの見舞金が支払われるのか気になるところです。


保険会社または加入条件によっても異なりますが、およそ保険金の10%~30%程度の金額が支払われます。  


例えば、台風の影響でエアコンが故障してしまい、3万円の修理費がかかったとします。

その場合、見舞金は3万円×30%=9,000円が支払われることになります。

地震関連の被害でもらえる見舞金の金額

地震関連の被害を補償してもらうためには、地震火災費用保険金特約を付ける必要があります。 


支払われる見舞金の金額は、損害保険金の5%となっています。
 


したがって、地震により建物に50万円の損害が出た場合には、50万円×5%=2万5,000円の見舞金が支払われることになります。 

見舞金だけじゃない!臨時に役立つ費用保険金を紹介

火災保険金の受け取りの前に支払われる見舞金は、損害を復旧するときなどに大変役立つものですが、火災保険の費用保険金には、他にも役立つものがあります。 


それはどのような費用保険でどのような補償をカバーしてくれるのか、詳しくご説明していきます。 


また、火災保険に費用保険金を付けるメリットや請求する際の注意点についても併せてご説明します。 

5つの主な種類

臨時に役立つ費用保険金にはいくつか種類がありますが、その中でも主な費用保険についてご紹介します。

費用保険金名補償額補償内容
地震火災費用
保険金
損害保険金の5%地震・噴火またはこれらに起因する津波によっておこった火災で、建物や家財が半焼以上の被害を受けた場合に補償される
臨時費用保険金損害保険金の10~30%ホテル宿泊費や仮住まいの費用など、建物・家財の修理費用とは
別に発生する費用が補償される
失火見舞い
保険金
損害保険金の20~30%を上限とし、1世帯につき20~30万円自分が原因となる火事の延焼で他人に損害を与えた場合、
相手に渡すお見舞金が補償される
残存物取り片づけ費用保険金  損害保険金の10%が
上限となる実費
焼け残りやがれきなどを撤去するのに必要な費用が補償される
損害防止
費用保険金
実費損害の発生や拡大を防止するためにかかった費用が補償される

なお、これらの費用保険金名は保険会社によって異なる場合があります。

火災保険に費用保険金を加えるメリットとは?

火災保険で補償対象となるのは、一般的に火災などの事故で損害を受けた建物や家財などになります。 


しかし、火災などの事故により発生する費用は、建物や家財の復旧費用や新規購入費用だけではありません。 


家を修復する間はホテル住まいなどになることが多いため、その宿泊費がかかりますし、仮に自宅が原因となる火事で隣近所に延焼してしまった場合は、見舞金を支払わなければなりません。 


このような、臨時で必要になる費用は火災保険の基本契約では補償されないことがほとんどですが、費用保険金を特約として付けておけば、かかった費用を補償してくれるというメリットがあります。 


火災保険に加入する際は、基本契約の補償範囲を確認し、他に必要と思われる費用保険金を特約として付けておけば、臨時費用もしっかりカバーしてもらえます。 

請求しないと支払われない点に注意

このように、臨時の費用もカバーしてくれる費用保険金ですが、気を付けなければならない点があります。 


それは、「請求しないと保険金が支払われない」ということです。 


火災などの事故により、臨時的にどのような費用がどのくらいかかったのかは、契約者が請求しないかぎり保険会社には分かりません。 


万が一に備えて、万全な費用保険金を特約で付けていても、肝心な請求のときに利用しなければ、その分の保険料がムダになってしまいます。 


実際、ご自身でどのような特約を付けたのか忘れてしまい、請求漏れとなってしまうケースもあるようです。 


また、支払った臨時費用が保険金の支払い対象になるのかどうか分からない時は、火災保険証書をお手元に置き、保険会社に問い合わせてみましょう。

参考:火災保険の特約にかかる保険料の相場は?

火災保険は主契約だけで充分と考える方もいらっしゃいますが、臨時の際に役立つ費用保険を特約で付けておくと万が一の場合でも安心です。 


しかし、特約は付ければ付ける程保険料が高くなってしまうため、保険料をできるだけ安く抑えたいという方は少々悩まれるかもしれません。 


実は、火災保険の特約はそれほど大きな負担なく付けられることが多く、年間2,000円弱の保険料をプラスするだけで、特約を付けることができます。 


年間2,000円弱というと、月に換算すれば150円程です。
 


それだけの保険料を支払うだけで安心が買えるのであれば、決して高くはないといえるでしょう。

まとめ:補償内容を確認し、火災保険の加入・見直しをしよう

火災保険の見舞金の内容や必要性について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? 


今回のこの記事のポイントは、 

  • 見舞金とは、保険金の支払いに先立ってまとまったお金が支払われるものである 
  • 被害を受けた原因によって、支払われる見舞金の金額が決められている 
  • 費用保険金は、基本契約で補償されない臨時的な費用をカバーしてくれる 
  • 費用保険金は請求しなければ支払われないため注意が必要 

です。 


費用保険金は、少額な保険料で特約として付けることができますので、万が一の場合に備えて加入しておくことをおすすめします。 


また、現在すでに火災保険に加入している方は、契約内容を再確認し、もし補償が足りないと感じた場合には見直しを検討してみましょう。 


なお、ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 

ランキング