火災保険ALL

台風で住宅被害に!火災保険には加入してるけど補償してくれるの?

火災保険は火事での被害だけと思っていませんか?台風で住宅被害にあっても自然災害だからとあきらめている方も多いですが、住宅を新築・購入した場合や賃貸住宅に入居する際に加入した火災保険で補償されます。火事だけではなく台風被害なども補償するのが火災保険です。

台風の住宅被害も火災保険で補償できる

近年、台風で今までにない大きな被害を受けたり、年に何度も台風の進路に当たるということが起こっています。

台風で住宅が倒壊したときや窓が割れたり瓦が破損した場合、自然災害だから仕方ないと諦めていませんか?


住宅を購入したり新築したとき、又は賃貸住宅契約を結んだ時などに入る火災保険で台風の被害を補償できます


意外にご存知ない方が多いですが、火災保険は火災の他にも補償できる範囲があるのです。


火災保険の4つの基本的な補償

火災保険の基本的な補償範囲は、火災、風災、水災、家財破損・盗難の4つです。

火災

火災は自分の住宅から出火した場合だけではなく、隣家からのもらい火により焼失した場合にも保険金は支払われます。

しかし、自宅からの出火の場合、タバコの火の不始末や天ぷら油による出火など過失の度合いが多いものについては、補償されません。


風災

台風による強風や飛んできたもので窓ガラスがわれたとか、木がたおれて住宅の一部を破損したなどの場合は、火災保険によって補償されます。


水災

台風や集中豪雨により、住宅が土砂崩れや洪水の被害にあった場合は水災として補償されます。


家財破損・盗難

火災保険に入っているのに、気が付かないで請求しないでいることが多いのが家財の破損や盗難に対する補償です。


災害時はもちろん、思いがけない出来事で破損した場合も補償の対象になります。子供がテレビを倒して壊した、模様替えの為に運んでいた食器棚が倒れて食器が割れたなどの場合や、住宅内のものはもちろんベランダに置いてあった物が盗難にあったり、ドアや窓ガラスを壊されて侵入されたりした場合も保険金が支払われます。


補償範囲は保険会社によって違いがあるので、加入する際は確認してください。

火災保険で補償される住宅被害の範囲は?

火災保険で補償される住宅被害の範囲を見ていきます。

屋根瓦やカーポート・雨どい・外壁などは、火災や台風・竜巻によるもの、雹や雪災、落雷によって被害にあった物は対象になります。

火災では近所の家事が延焼した場合や、自分の住宅は燃えていなくても隣近所の家事の消火のために放水された消火水による損害も対象になります。


台風や風水害では住宅倒壊の被害があり得ます。全壊や半壊など被害の大きさによって補償される額が変わってきます。外から見た状態だけではなく、もう住めないかどうかなども査定されます。


しかし、このような被害でも地震によるものは火災保険では補償されません。火災保険にプラスして地震保険に加入する必要があります。

台風による火災保険金の請求ができた事例集

台風による住宅被害で火災保険の請求ができた例を紹介しましょう。


台風による風災は、強風で屋根瓦が落ちたり、ひどいときには屋根全体が被害にあったり、雨どいやカーポートが壊れることもあります。 強風で物が飛んできて窓が割れたり外壁が壊れたりした場合も火災保険の対象になります。


台風による住宅被害でも風によるものは火災保険の対象にはならないだろうと請求をしないことも多いと思いますが、風災による補償がされますので請求してください。


台風による水災は、洪水や土砂崩れによる被害です。住宅が倒壊してしまった場合はもちろんですが、洪水により床上浸水した場合なども補償されます。


この場合は、対象物の再調達価格の30パーセント以上とか、一般的には地面や床から45センチを超える浸水かなどという一定の規定があります。水災は、随分前に長期の保険に加入した場合など、火災保険に含まれないこともあるので確認が必要です。


洪水で、家電が使えなくなった場合も補償の対象になります。


主要な火災保険を紹介

検索サイトで「火災保険」と検索すると、人気の保険などの火災保険を検索できます。

以下に主要な火災保険を羅列してみました。


  • セコム損保「セコム安心マイホーム保険」
  • 朝日火災 「ホームアシスト(家庭総合保険)」
  • 日新火災海上 「住自在」すまいの保険」
  • AIG損保(旧AIU保険) 「スイートホームプロテクション(ホームライフ総合保険)」
  • セゾン自動車火災 「じぶんでえらべる火災保険」
  • 三井住友海上 「GK すまいの保険(家庭用火災保険)」
  • 損保ジャパン日本興亜 「THEすまいの保険 個人用火災総合保険」
  • あいあいニッセイ同和損保 「タフ・住まいの保険」
  • 富士火災 「未来住まいる(家庭用火災総合保険)」
  • 東京海上日勤 「トータルアシスト住まいの保険」
  • SBI損保保険  「SBI損保の火災保険(住まいの保険)」

加入する場合、住宅が「マンション・一戸建て」や「お住まいの地域」によっても月々の保険料や必要な保険内容も変わってきます。

補償の請求の注意点やポイント

台風が通り過ぎた後や強風の後、被害があった場合に保険会社に補償の請求をするときの注意点やポイントがあります。

まず、風災の場合大した被害じゃないからとそのままにしておくと期間が過ぎて請求できなくなる可能性があります。請求ができるのは3年です。

契約によって免責金額とあるのは自己負担額のことです。25万円の被害で免責金額が10万円だとすると補償されるのは15万円です。


また、「損害額××万円以上の場合に保険金が支払われる」という保険があります。金額を20万円だとすると、被害額が19万円だと保険金は支払われませんが、21万円の場合は21万円が支払われます。この20万円は自己負担額ではない場合なので注意してください。



経年劣化といって年月が過ぎて傷んだものは補償外と契約時に説明されます。しかし、意外に経年劣化ではない場合も多いので自分で判断しないようにしましょう。


まとめと警告:台風による住宅被害は火災保険

台風による住宅被害を補償する保険は「火災保険」です。

河川の氾濫などによる水害のほか強風による被害も火災保険がカバーします。台風は自然災害だから仕方ないと諦めないで、火災保険に加入している方は請求してください。

火災保険金での屋根修理を謳う詐欺が横行しているので要注意

「火災保険 屋根修理」を検索すると、詐欺という言葉が目につきます。

火災保険を使って屋根修理をすること自体は、保険の補償内容に含まれているので詐欺ではありません。


しかし、悪質な業者に関わり、保険の請求自体が詐欺になったり保険金以外に余分な金額を請求されたりということが多発しています。


火災保険で屋根修理を行う場合には、慎重に業者を選ぶことが必要です。

ランキング