個人年金保険ALL

個人年金保険の必要性

個人年金保険の選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落としに関する事をまとめます!

2017年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)は、これまで対象外だった方も加入できるようになりました。個人型確定拠出年金(iDeCo)は資産を運用する仕組みになっており、引き落とし口座の指定などが必要となります。今回は引き落としに関する情報を提供します!

個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落としに関する情報

2017年1月から加入資格が拡大され、老後資金の準備として、個人型確定拠出年金(iDeCo)が注目されています。そもそも個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、「国の公的年金だけに頼るだけではなく、国民一人一人に自身で老後に備えた資産形成をしっかりやっていってもらいたい」という国家の目的があり、そのために優遇税制というメリットのある個人型確定拠出年金という既存の制度の使い勝手を高め、制度の内容をわかりやすくしたり、加入できる対象者の範囲を拡大したりしています。


実際に2017年1月から専業主婦や公務員、企業年金制度のある会社員にも拡充され、国民のほぼすべてが加入できる制度になりました。


個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットとして、まず一つ目には、掛け金が全額所得控除されます。二つ目に、通常金融商品を運用してでた利益に対しては、源泉分離課税がかかりますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)についてはその運用益が非課税となります。

また三つ目のメリットとして、個人型確定拠出年金(iDeCo)の老齢給付金を一時金で受け取る場合には、「退職所得控除」、年金として受け取る場合には、「公的年金等控除」を受けることができます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)では資産を運用するための口座と掛金を引き落とす口座を分けることができる

まず、個人型確定拠出年金(iDeCo)を始める際の手続きについて、

お話をしていきたいと思います。


個人型確定拠出年金(iDeCo)をはじめるには、まずは、確定拠出年金を行うための積立口座を開設する必要があります。


個人型確定拠出年金(iDeCo)は、銀行などの金融機関(この制度の中では「運営管理機関」と呼ばれています)で開設することが出来ます。また、普段取引がなく、口座を持っていない銀行でも申し込めます。

掛金は自分が指定した口座(申し込んだ銀行以外でも可)から引き落としがされます。


口座の開設方法としては、銀行などの金融機関から申込書類を取り寄せます。取り寄せ方法は全部で3つです。


・インターネットで資料請求する

・コールセンターへ資料請求する

・金融機関の窓口へ行く


お忙しい方は、いつでも好きな時に申し込みが可能なインターネットで、不明点を直接スタッフとお話をして解決したい場合には、コールセンターや金融機関の窓口にて、資料を取り寄せましょう。


実際に、申込書類が届くまでには数日かかります。その間に、下記3つの準備をしておきましょう。


(1)基礎年金番号を確認する

基礎年金番号は年金手帳や年金定期便などで確認します。会社員なら勤務先の総務関係部署に問い合わせることもできます。近隣の年金事務所の窓口でも確認できます。

(2)本人確認書類を用意する

運転免許証、健康保険証、住民票や印鑑証明などのコピーが必要となる場合があります。申込書類を取り寄せる際に、有効な確認書類(金融機関によって異なります)を尋ねておくと申込書類が届いたらすぐに申込みできます。

(3)掛金額を決める

掛金額は年に一度変更できます。



請求した資料が届いたら、見本を参考に、間違いの無いように記入し、金融機関へ返送します。記入漏れや誤り、添付書類の不備があると、手続きが大幅に遅れる可能性があります。返送の際、自分が加入している保険の種類によって、返送する書類が異なりますのでご注意下さい。

第1号被保険者(自営業)・第3号被保険者(専業主婦・主夫)の場合は、加入申出書と本人確認書類を返送します。

第2号被保険者(会社員)の場合は、勤務先で加入対象者であることを証明してもらう必要があります。既定の用紙が金融機関から送られてきますので、勤務先の担当部署に依頼して記入してもらいましょう。

この証明書・加入申出書・本人確認書類を返送します。この時点で積み立てたお金をどのように配分して運用するかを指示する必要がある場合もありますが、運用商品の内容をじっくり吟味したり、市場の動向を見極めたい方は、ひとまず定期預金にしても構いません。

加入後も随時運用商品の変更は可能です。(変更できる頻度は金融機関によって異なります)


返送した書類が受理されたら、1~2か月後には個人型確定年金加入者口座番号とパスワードが届きます。加入した金融機関のコールセンターかインターネット上で、年金の残高を確認したり、運用したりできるようになります。また、運用に関して、何も指図しない場合は自動的に定期預金等に積み立てられます。いよいよスタート。情報収集しながら、無理なく将来への備えを積み上げていきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)加入後に引き落とし口座を変更する方法

個人型確定拠出年金(iDeCo)加入後に、引き落とし口座を変更することは可能です。

ここからは引き落とし口座を変更する方法について解説します。


まず整理しておきたいのは、個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金や資産を管理するための口座(iDeCo口座)と、掛金を引き落としをするための口座(掛金引落口座)とは別物であるという点です。

また、掛金の引き落とし口座を開設する金融機関は、iDeCo口座を開設する運営管理機関と同一である必要はありません。

例えば、A銀行以外の銀行をメインバンクにしている方が、A銀行のiDeCoプランに加入する場合、普段使っている口座を掛金の引き落とし口座にすることも可能です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落とし口座を変更するのに必要な書類

個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落とし口座の変更の手続きは、「加入者掛金引落機関変更届」および「預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書」を、個人型確定拠出年金(iDeCo)の運営管理機関に提出することにより行います。ちなみに、上記の申込書をインターネットからダウンロードで手に入る金融機関もあり、また、それほど難しい様式ではありません。ただし、手続きの際には掛金振込口座に係る金融機関の届出印が必要なので、その準備は怠らないようにしましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落とし口座を変更した場合1~2ヶ月程度かかることがある


個人型確定拠出年金(iDeCo)加入後の掛金引落口座の変更手順は、決して難しいものではありません。しかし、申込日によっては引き落としのタイミングがずれてしまう場合がある点に注意が必要です。


口座変更のタイミングによっては、新しい口座からの引き落としが1~2ヵ月遅れることもあります。また、提出した書類の内容に不備があった場合は、当該書類の差し戻しおよび再提出によりさらに長引くパターンもあります。


個人型確定拠出年金(iDeCo)は自助努力で老後に備えることのできる制度であり、税制メリットも手厚い制度です。しかし、加入後の手続き面では、注意しなければならない点がいくつもある。個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する際は金融機関(運営管理機関)選びが重要だと言われていますが、単に手数料の安さだけでなく、諸手続きが発生した際にしっかりサポートしてくれるかどうかも踏まえた金融機関選びが何より大切です。

2017年11月から楽天銀行を個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落とし口座に指定できるようになった

さて、ネットショッピングで有名な、楽天グループの楽天銀行では、2017年11月から、個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落とし口座に指定できるようになりました。


楽天銀行は店舗を設けない、いわゆるネット銀行ですが、それゆえのメリットがあります。

楽天銀行のハッピープログラムとは

「ハッピープログラム」とは、楽天銀行のお客さま優遇プログラムです。 エントリーするだけで取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まり、楽天スーパーポイントを振込手数料に利用できるようになります。またATM手数料が最大7回/月、振込み手数料が最大3回/月まで無料になります。


ハッピープログラムでは、「ベーシック」「アドバンスト」「プレミアム」「VIP」「スーパーVIP」の5種類の会員ステージを設け、それぞれにお得な特典が用意されています。会員ステージは「毎月25日終了時点のお預かり資産残高」、または「前月26日~毎月25日の対象商品・サービスのお取引件数」で決定します。条件をクリアしている高い方のステージの優遇を翌月の1日から受けることができます。


楽天スーパーポイントは、楽天市場での買い物にも使用できますので、楽天会員の方は銀行口座を開設しておくと、メリットがあります。

楽天銀行のマネーブリッジとは

楽天銀行のマネーブリッジとは、銀行口座・証券口座連携サービスのことをいいます。


マネーブリッジを申し込むことで、以下のようなメリットを受けることができます。


  • 楽天銀行の普通預金の金利が5倍になる
  • 楽天証券口座との自動入出金サービスを受けることができる
  • 楽天証券の信用取引口座をお持ちの方は、楽天銀行の口座から楽天証券の口座へ資金振替が自動的に行われます
  • 楽天スーパーポイントがもらえる


まとめ


個人型確定拠出年金(iDeCo)は、一度加入の手続きを行うと、基本的になにも変更することなく、運用し続けることが前提となっていますが、今回の記事で例にあげた楽天銀行のように個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落とし口座に指定することで、受けられるメリットも存在します。


自分にとっての運用中のメリットも考えて、個人型確定拠出年金(iDeCo)の引き落とし口座を設定しましょう。


ランキング

  • 老後が心配なら、個人型確定拠出年金(IDeCo)!そのメリットとは!?
  • 加入前に必見!個人型確定拠出年金(iDeCo)の手数料を正しく知ろう
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税メリットを確定申告で獲得しよう
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の運営管理機関を選ぶポイントは何か?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者が死亡した場合の大事な確認点
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)を掛けていた場合の退職後の対応
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)がまた法改正!今回の改正ポイントは?
  • 401kのまとめと個人型確定拠出年金(iDeCo)と企業型の違いの比較
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)に潜む罠?特別法人税とはなにか
  • 老後が心な人必見!!個人型確定拠出年金(iDeCo)の仕組みを全て公開
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金を給与天引き以外で支払う方法
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)での様々な契約内容の変更とその手順
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除対象と源泉徴収票の全情報
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は複数の金融商品を選択できるのか?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金のオススメの配分設定は?