個人年金保険ALL

個人年金保険の必要性

個人年金保険の選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)はクレジットカード払いが可能?

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金は給与からの天引きではなくクレジットカード払いを選ぶことは残念ながらできません。しかし、個人型確定拠出年金(iDeCo)の口座振替や積立投資のクレジットカード払いが可能な金融機関は存在します。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の支払いをクレジットカードで行うことは可能か?

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金の支払いは給与からの天引きを利用することができますが、クレジットカードを利用して個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金を支払うことは不可能です。

ただし、積立投資のクレジットカード払いが可能な金融機関は存在します。また、2017年9月29日より楽天銀行とジャパンネット銀行が個人型確定拠出年金(iDeCo)の口座振替を開始したので、個人型確定拠出年金(iDeCo)の利便性が上がりました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)ではなく積立投資の掛金はクレジットカード払いできる

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金をクレジットカードで支払うことができるようにしてほしいという要望は以前からあり、2017年4月17日付の国民年金基金連合会の第3回確定拠出年金普及・推進協議会の幹事会資料では「掛金のクレジット払いの検討」が改善候補として取り上げられていました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)をクレカ払いにすることで、様々な支払いを一元的に管理できますし、口座引き落としの場合の残高不足にも対応することができますので、個人型確定拠出年金(iDeCo)加入者の利便性は高まります。

色々な期待がありますが、残念ながら現時点クレジットカード払いは実現できていません。

しかし、個人型確定拠出年金(iDeCo)ではなく積立投資ではクレジットカード払いが可能な金融機関が2つだけ存在します。

クレジットカード払いができるのは「楽天証券」と「マネックス証券」のみ

現時点で個人型確定拠出年金(iDeCo)ではなく積立投資の掛金をクレジットカード払いで対応しているのは、「楽天証券」と「マネックス証券」の2つの金融機関だけです。

2社ともネット証券としての利便性を考慮した結果、加入者の要望を汲み取った対応をしていると言うことができます。




クレジットカード払いで積立投資をするメリット・デメリットは?

クレジットカード払いで積立投資をする場合にはメリット、デメリットがそれぞれ存在します。

メリットとしては

  • 手軽で早い積み立て設定が可能
  • マネックス証券の場合は通常より多くのポイントが貰える

デメリットとしては

  • 投資信託の買い付け日が固定される

という点が挙げられます。


個人型確定拠出年金(iDeCo)でカードのポイントを効率良く貯める方法

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金をカード払いにすることで、支払った掛金分のポイントを貯めることができます。

原則として、毎月決まった拠出額(掛金額)に応じたポイントを自動的に貯めることができますので、効率的にクレジットカードのポイントプログラムに対応することが可能です。

つまり、個人型確定拠出年金(iDeCo)のカードによる掛金の支払いは、掛金を支払うだけでなくお得なメリットも享受できる方法と言うことができます。

楽天銀行のハッピープログラムを利用する

個人型確定拠出年金(iDeCo)は無理ですが、積立投資の掛金を楽天証券でクレジットカード払いにする、などの楽天証券の取引は楽天銀行のハッピープログラムの対象となります。

楽天銀行のハッピープログラムとは、楽天銀行の顧客優遇プログラムの名称です。

プログラムにエントリーするだけで取引ごとに楽天スーパーポイントが貯まりますし、楽天スーパーポイントを振込手数料に利用できるようにもなります。

また楽天銀行のATM利用手数料が月に最大7回まで、振込手数料が月最大3回まで、それぞれ無料になります。

ハッピープログラムには5つのステージが用意されています。

ベーシック(エントリー)、アドバンスト(残高10万円以上または取引5件以上)、プレミアム(残高50万円以上または取引10件以上)、VIP(残高100万円以上または取引20件以上)、スーパーVIP(残高300万円以上または取引30件以上)、の5種類の会員ステージがあり、それぞれのステージに特典が用意されています。

会員ステージは「毎月25日終了時点のお預かり資産残高」、または「前月26日~毎月25日の対象商品・サービスのお取引件数」で決まります(前述参照)。

条件をクリアしている場合、高い方のステージの優遇を翌月の1日から受けることができます。

マネーブリッジを利用する

マネーブリッジとは、楽天証券の証券口座と楽天銀行の銀行口座を連携させることで、利用することが可能になる6つのサービスや機能の総称のことです。

マネーブリッジを申し込むためには、楽天銀行と楽天証券の両方の口座を開設する必要があります。 

なお、 口座開設料や口座管理料は無料となっています。


マネーブリッジの6つのサービスとは、

①優遇金利(楽天銀行の普通預金に優遇金利が適用)

②自動入出金(楽天証券での買い注文の際に、楽天銀行の預金残高から不足資金を自動入金(スイープ)することが可能)

③ハッピープログラム(前述を参照、個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛金をクレジットカード払いにする場合にも適用)

④残高表示サービス(楽天証券のウェブサイトやモバイルサイトで、楽天銀行の普通預金口座残高を表示するサービス)

⑤投資あんしんサービス(楽天銀行の円普通預金口座から楽天証券の口座に自動的に振替えるサービス、信用取引口座を保有している人が対象)

⑥らくらく入出金(手数料は無料で、原則として24時間、リアルタイム、で資金を移動することが可能なサービス)

となっています。

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)は無理ですが、積立投資の掛金をクレジットカード払いにすることで生じるメリットとしては各種支払いの管理がわかりやすくなることがあげられます。

また、積立投資の掛金をクレジットカード払いにすることで、クレジットカード払いならではのメリット(お得なポイントプログラムへの参加、など)を受けることも可能です。

ランキング

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)と退職金の税制メリットを解説します
  • 向き不向きがある個人型確定拠出年金(iDeCo)の6つのデメリット
  • 手数料無料で損しない!個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入方法
  • 50代で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリットと注意点は?
  • 知らなければ損をする!個人型確定拠出年金(iDeCo)の3つの控除
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は節税効果が絶大!その計算方法は?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除とは?計算方法などを解説!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は何歳まで?年齢の疑問を一発解決!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の10のメリットを詳しく紹介します
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税額はいくらかシミュレーション!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)が抱えるリスクとその種類とは