個人年金保険ALL

個人年金保険の必要性

個人年金保険の選び方

個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)に主婦が加入するメリット・デメリット

個人型確定拠出年金(iDeCo)は2017年1月より主婦も加入できるようになりました。拠出しようかと考えている主婦は多いでしょう。節税というメリットもありますが、注意点もあります。主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリット・デメリットを解説します。

個人型確定拠出年金(iDeCo)に主婦も加入できる!加入するべき?

最近よくiDeCoという言葉を耳にする機会が増えましたよね。

テレビや新聞なんかでも、個人型確定拠出年金(iDeCo)の特集が組まれてたりするなど、世間の認知度が高まっています。


そんな個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが、主婦の方でも加入できることをご存知ですか?


2017年1月に法律が改正されたため、iDeCoは自営業の方や企業年金のない会社員の方だけに向けたものではなくなったのです。


そこで、この記事では、主婦の個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入について

  • 主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリット
  • 主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するデメリット
  • 主婦が60歳以降に受け取る年金額の注意点

以上のことについて解説していきます。


この記事を読んでいただければ、これから個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入を検討している主婦の方の参考になるかと思います。


ぜひ、最後までご覧ください。

老後の生活や年金に不安を感じたらプロに相談

「老後の生活が不安」


「将来の生活にいくらお金がかかるのか知りたい」


そんな方には、お金に関するプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する上でのメリット

主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリットには、大きく分けて次の3つのことが挙げられます。
  1. 自分名義の資産を長期的に安定して形成できる
  2. 復職した場合には積立金を引き継ぐことができる
  3. パートによる収入に対して所得控除を使うことができる

では、それぞれ具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

主婦が自分名義の資産を長期的に安定して形成できる

主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する最大のメリットは、主婦自身で将来の退職金や年金に代わる資産を用意できることです。


個人型確定拠出年金(iDeCo)では、月々23,000円までの金額を拠出することができ、自分が選んだ金融商品を長期的に積み立てていくことで、資産を形成していく仕組みです。


また、本来であれば、運用益や利息に対しては20.315%の税金が課税されるのですが、個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用した場合ですと、非課税になります。


60歳までは解約できないという制約はあるものの、毎月一定金額が積み上がっていくことに加えて、非課税であるため、長期的に安定した資産形成を目指すことができるのです。


公的年金の不安や、夫に万一のことが起こったなど、金銭的不安を抱える主婦の方にとってみれば、メリットは大きいものであると言えます。

主婦が復職した場合も積立金を引き継げる

また、主婦が会社などに復職した場合には、個人型確定拠出年金(iDeCo)で積み立ててきた金額を、復職先の年金制度に引き継ぐことが可能です。


会社によっては、企業型の確定拠出年金制度を設けているところがあるからです。


会社を退職したり、会社を復職したりといったライフステージの変化に合わせて、柔軟に対応できるのも個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットの1つと言えるでしょう。

主婦のパートによる収入も所得控除が使える

主婦がパートをする際に、意識する金額として、103万円という数字が挙げられます。

103万円という数字は、給与所得控除65万円と基礎控除38万円の控除額の合計を表しており、年間所得を103万円以下に抑えれば、税金が課税されないことを意味しています。


言い換えれば、年間所得が103万円を超えた分については、課税の対象になるということですが、個人型確定拠出年金(iDeCo)を活用すれば、拠出金額分が全額所得控除の対象になります。


そのため、例えば月々2万円を拠出していた場合、年間で24万円の所得控除が受けられるため、年間所得が127万円を超えるまでは、税金の課税対象になることはないのです。


課税されることを気にせず、個人型確定拠出年金(iDeCo)の拠出金額分だけ、働いて稼ぐことができるので、主婦にとって活用するメリットは、十分にあると言えるでしょう。

専業主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する上でのデメリット

加入するメリットがあれば、当然のことながら、加入するデメリットも存在します。

専業主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する上で、デメリットとして挙げられるのは、主に次の2点になります。

  • 掛金全額控除の恩恵がない
  • 第3号被保険者扱いになる専業主婦の掛金は5,000〜23,000円の範囲である

どのようなことがデメリットになるのか、きちんと理解した上で、加入を検討してみましょう。

”専業主婦は”掛金全額所得控除の恩恵がない

先ほど、メリットの方で掛金分が全額所得控除の対象になることに触れましたが、人によってはデメリットになる場合があります。


というのも、パートやアルバイトをしていても年間収入が103万円に届かない方であれば、給与所得控除と基礎控除だけで事が足りてしまうため、個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除の恩恵を受ける意味がないのです。


加えて、年間収入が130万円を超えた場合、第3号被保険者ではなくなり、夫が加入している社会保険の扶養から外れることになってしまうため、主婦自身が年金保険や健康保険料を支払う必要性が生じてしまいます。


そのため、個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまうことがあるのです。

専業主婦は第3号被保険者扱いとなり、”掛金は5000〜23000円”の範囲

また、第3号被保険者である主婦の掛金は5,000〜23,000円の範囲に決められていることも、デメリットになり得ます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、運用益や利息が非課税になったり、掛金が全額所得控除の対象になる反面、活用するにあたり、運営管理手数料がかかります。


運営管理手数料は、年間約4,000〜6,000円ほどになっていますが、これに加え、金融商品として投資信託を選んだ場合には、ここからさらに信託報酬が差し引かれます。


拠出する掛金の範囲が決まっており、主婦自身が運用することを考えると、運営管理手数料や信託報酬を差し引いても、プラスの収益を保つのは、中々難しいのかもしれません。

主婦の場合も60歳以降に受け取る年金額には課税されるから注意!


個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者は、60歳以降になると、一時金か年金のどちらかの方法でそれまで積み立てて運用してきた金額を受け取ることができます。

しかしながら、60歳以降に受け取ることになる金額は、一時金の場合は退職所得という形で、また年金の場合は、公的年金雑所得という形で課税の対象になるため、注意が必要です。


もちろん場合によっては、退職所得控除や公的年金控除を使うことで、結果として非課税になることがあるかもしれませんが、基本的には、将来受け取る際に、何らかの形で課税されると考えておいて間違いないでしょう。


夫の所得から掛金を拠出している主婦からすれば、既に所得税を払っているお金に課税されるのは、非常におかしなことであるため、今後、法改正が行なわれることを願うばかりです。

まとめ:主婦も自分に合った資産形成をしよう

主婦の個人型確定拠出年金(iDeCo)について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 主婦が加入するメリットには、退職金や年金の代わりとなるような資産を安定して形成できることに加え、掛金が全額所得控除になることがある
  • 主婦が加入するデメリットには、年間収入が103万円に満たない場合、所得控除の恩恵を受けられないことに加え、運営管理手数料などがかかることで、運用収益をプラスに保つことが難しいことがある
  • 60歳以降には、一時金か年金という形で、積立金を受け取ることができるが、課税対象になる

です。


主婦が個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入することは、メリットばかりでなく、デメリットがあることを知っておく必要があります。


そして、メリットデメリットを考慮した上で、主婦の方それぞれが、自身に最も適した資産形成ができると良いでしょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)と退職金の税制メリットを解説します
  • 向き不向きがある個人型確定拠出年金(iDeCo)の6つのデメリット
  • 手数料無料で損しない!個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入方法
  • 50代で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリットと注意点は?
  • 知らなければ損をする!個人型確定拠出年金(iDeCo)の3つの控除
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は節税効果が絶大!その計算方法は?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除とは?計算方法などを解説!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は何歳まで?年齢の疑問を一発解決!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の10のメリットを詳しく紹介します
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税額はいくらかシミュレーション!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)が抱えるリスクとその種類とは