個人型確定拠出年金(iDeCo)は何歳まで?年齢の疑問を一発解決!

老後のお金を貯めるために、個人型確定拠出年金(iDeCo)の利用を考えている方もいるでしょう。しかし、加入が何歳からなのか、何歳なら有利なのかなど年齢の疑問に感じていませんか?ここでは、個人型確定拠出年金(iDeCo)に関する年齢の疑問を解決していきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の年齢に関する情報まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)には、年齢による制限があります。

年齢のお話をする前に、個人型確定拠出年金(iDeCo)について、簡単に理解していきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは、加入者が毎月お金を拠出(積立)をして、加入先の金融機関で用意された金融商品を利用し、拠出したお金を運用するものです。

運用したお金は、年齢が60歳以降になると、年金または一時金で受け取ることができます。


運用する商品次第で大きく増やせる可能性もありますが、運用責任については個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者にあるため、商品によってはリスクが伴うものもあります。


もちろん、安全性を考えて運用することも可能です。


個人型確定拠出年金(iDeCo)で毎月拠出する掛金については、全額所得税控除の対象となるため、節税対策も行うことができます。


給付の種類には、老齢給付金だけでなく、障害給付金、死亡一時金もありますが、老齢給付金については、原則として年齢が60歳から給付請求を行うことができます。


国民年金や厚生年金の上乗せの年金として、有効に利用できるのが個人型確定拠出年金(iDeCo)なのです。



個人型確定拠出年金(iDeCo)は法改正によって20歳以上のほぼ全ての人が加入できるようになった

もともと、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できるのは、自営業者(第1号被保険者)と企業年金のない会社員(第2号被保険者)に限られていました。

しかし、2017年1月に法改正によって、企業年金のある会社員や公務員、専業主婦・主婦(第3号被保険者)などの人でも加入ができるようになりました。


つまり、年齢が20歳~60歳未満であれば、勤務先の企業型確定拠出年金に加入している場合を除き、日本に住むほぼすべての人が個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用することができるのです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は50代から始めることもできる

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、年齢が60歳未満であれば利用することができますので、50代からでも始めることができます。

しかし、50代だと積立期間が少ないのでメリットがないのでは?と思いがちです。しかし、資産運用に遅いということはありません。


では、年齢が50代から行うメリットとデメリットを見ていきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は50代からでもメリットがある

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、50代から利用しても十分にメリットがあります。5年~10年の継続によってまとまった資金となる可能性もあるのです。

たとえば、月2万円を拠出して5%で運用した場合を見てみましょう。


5年7年9年
元本+運用益136万201万272万
元本120万168万216万
運用益16万33万56万
口座管理料は含まれていないシミュレーションですが、大きく運用益を得られることが分かりますね。


この他にも、運用益が非課税になりますので、年齢が50代であってもこの2点から考えると十分にメリットがあります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入期間が短いとデメリットもある

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、年齢が50歳以降で始めると加入期間が短くなるため、受給可能年齢が遅くなるというデメリットもあります。

一般的に、60歳から受給できるのは、10年以上の加入期間がある場合になります。50代以降での開始の場合は10年未満の加入期間となりますので、受給開始が61歳以降となってしまいます。


加入期間と受給可能年齢は次のようになります。

  • 8年以上~10年未満:61歳から
  • 6年以上~8年未満:62歳から
  • 4年以上~6年未満:63歳から
  • 2年以上~4年未満:64歳から
  • 1カ月以上~2年未満:65歳から


個人型確定拠出年金(iDeCo)を受け取れる年齢

では、個人型確定拠出年金(iDeCo)を受け取れる年齢について確認していきましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は原則60歳まで引き出すことができない

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、原則として年齢が60歳になるまで引き出すことはできません。途中、マイホームを購入したい、子供の教育資金として利用したいといって、積み立てたお金を受け取ることはできないのです。

これは、そもそも個人型確定拠出年金(iDeCo)が、老後の資金形成を目的としているからです。一見デメリットにも見えますが、逆を言えば老後の生活資金を確実に受け取ることができるということになりますので、メリットとも言えるでしょう。


また、先にお伝えしたように、50歳以降に加入した場合には、最低10年の加入期間が必要になりますので、受取り年齢は60歳以降となります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できなくなる年齢

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できなくなる年齢は60歳からです。加入資格は、20歳以上~60歳未満となっていますので、60歳に達すると加入はできません。

また、一旦加入すると、60歳までは積み立てたお金を引き出すことはできませんが、加入者が一定の条件に該当した場合には、加入資格を喪失することになります。

加入資格を喪失する条件

加入資格を喪失する条件は、加入資格に準ずることになります。次のいずれかに該当する場合には、加入資格を喪失することになりますので、確認していきましょう。


  1. 死亡時
  2. 60歳になった時
  3. 企業年金の加入者の場合、その規約で加入が認められていない場合
  4. 個人型年金の運用指図者になるとき
  5. 国民年金の資格を喪失した場合
  6. 国民年金の保険料支払いが免除されている場合(全額または、一部免除)


個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するためには、国民年金に加入していることに加えて、国民年金保険料を納付していることが必要です。


さらに、全額免除や半額免除を受けている方は、個人型確定拠出年金(iDeCo)には加入することができません。


そのため、国民年金の受給資格がない場合や保険料を納付できなくなった場合には、加入資格を喪失することになりますので、注意も必要です。


また、企業年金の加入者の場合には、企業型確定拠出年金の規約で、個人型確定拠出年金に加入できると定められていなければなりません。農業年金の被保険者になった場合も加入資格は喪失します。



まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できる年齢は、20歳以上~60歳未満となっています。50歳からの加入は遅すぎるのではないかと思われる方も多いのですが、お金の運用をするのには遅いということはありませんので、参考にして加入を検討してみましょう。

また、加入すると60歳までは原則として引き出しはできなくなります。確実に老後資金が貯められることや、税金面での優遇を考えるととても有利な制度です。


ただし、60歳までは途中で脱退することは原則できませんし、担保にすることもできないため、注意も必要です。


たとえば、国民年金の納付ができない人が、個人型確定拠出年金(iDeCo)を継続することはできません。あくまでも、老後の生活資金を貯めるために、生活に困らない範囲で利用することが大切になるでしょう。


加入する年齢は早いほど、メリットが大きくなりますので、加入を考えている場合には、早めの検討をするのをおすすめします。上手に利用をして、老後資金を貯めていくようにしましょう。

ランキング

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)と退職金の税制メリットを解説します
  • 向き不向きがある個人型確定拠出年金(iDeCo)の6つのデメリット
  • 手数料無料で損しない!個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入方法
  • 50代で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリットと注意点は?
  • 知らなければ損をする!個人型確定拠出年金(iDeCo)の3つの控除
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は節税効果が絶大!その計算方法は?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除とは?計算方法などを解説!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の10のメリットを詳しく紹介します
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税額はいくらかシミュレーション!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)が抱えるリスクとその種類とは