個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史は2001年から始まりました

個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史は2001年から始まり、以前は401Kと呼ばれていました。個人型確定拠出年金(iDeCo)はアメリカのものを参考に作られ、初期は会社員などが対象でしたが、2017年1月から専業主婦や公務員も加入可能となった歴史があります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史は2001年からと、実はまだ浅いです

個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史はまだ浅く、2001年から導入されました。


もともとアメリカで導入され、急成長した「確定拠出型年金401Kプラン」を手本にしており、アメリカの年金制度は公的年金と私的年金で成り立っている歴史があります。


公的年金は国などで運営するもので、私的年金はそれ以外のものです。


確定拠出年金はもともと企業年金でした

個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史はアメリカの年金制度をベースにしています。


アメリカは将来の年金資産の減少が予想され、公的年金の不足分を補填するために、私的年金に頼る割合が増え、中でも企業年金に頼る傾向がありました。


アメリカの歴史では私的年金には個人年金や企業年金があり、確定拠出型年金は企業年金に含まれます。

正式名称は即時/据え置き選択制度でした

個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史はアメリカから始まります。


アメリカの401Kプランは税制適格な確定拠出型年金で、正式名称は即時/据え置き選択制度です。


従業員がボーナスや給料などを企業から支払われたタイミングにおいて受け取るか、将来年金として受け取るかを選ぶことができます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史は401Kから始まります

個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史はアメリカの401Kプランから始まり、401Kプランを代表とする「確定拠出型年金」には、マネーパーチェス制度や利益分配制度、株式賞与制度などがあります。


例えば、マネーパーチェス制度は企業が従業員の給料から一定の割合を拠出し、口座に積み立てる仕組みです。

401Kには税制上の優遇措置があります

個人型確定拠出年金(iDeCo)はアメリカで401Kとして運用されたルールをベースにしています。


401Kプランは従業員が主体となり掛金の拠出を行うことで、税制上の優遇を企業だけでなく、従業員にも「所得税の繰り延べ」という形式で与えられていて、税制における優遇の付いた企業年金という歴史があります。

企業と従業員から支持された歴史があります

個人型確定拠出年金(iDeCo)の前身であるアメリカの401Kは企業サイドと従業員サイドから支持を多く得た歴史があります。


税制上におけるメリットがいくつかあり、転職先へ資産を移管することができ、雇用における流動性の足かせにはならないからです。


参加するかは任意なので、変更することもできます。

2017年1月から専業主婦や自営業の方も加入可能になりました

2017年1月から、加入対象が専業主婦や公務員にも拡がりました。

また会社員のなかでも、企業型の確定拠出年金がある会社員はそれまでは加入できませんでしたが、企業型の確定拠出年金がある会社員も個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できるようになり、ほぼ全員が個人型確定拠出年金(iDeCo)にて拠出し、自分の資金を運用できるようになりました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)にはさまざまな歴史があります

個人型確定拠出年金(iDeCo)のアメリカ版である401Kは急成長を遂げた歴史があります。


というのも、企業側にとって複雑な確定給付型年金の運営が負担になったことや、従業員からの支持が集まったことによります。


税制的な優遇が企業からも従業員からも支持されたことが大きな要因として歴史に残っています。

401Kからイデコに変更します

個人型確定拠出年金(iDeCo)は以前401Kと呼ばれていた歴史がありますが、2016年9月から個人型確定拠出年金(iDeCo)という愛称で呼ばれるようになりました。


通称「イデコ」と呼ばれていて、加入者が毎月掛金を拠出し、用意された金融商品で運用し、年金や一時金として受け取る仕組みです。

イデコにはいくつかメリットがあります

401Kをベースにした歴史のある個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用するといくつかメリットがあります。


例えば、積立する時に全額所得控除の対象になったり、運用する時は運用益非課税扱いです。


受け取る時は公的年金等控除や退職所得控除の対象になります。


いろいろな税制上における優遇があるので、歴史は浅いですが利用している人は多くいます。

毎月拠出する個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金は基本的に毎月5,000円以上で、1,000円単位になります。


金額は年1回変更することができたり、掛け金拠出を休止したり、再開することが可能です。


通常金融機関の口座から引き落とされたり、会社員の場合は給与天引きや口座から引き落とされます。

金融商品を選択し運用します

個人型確定拠出年金(iDeCo)は歴史がまだ浅いですが、幅広い世代の人が利用しています。


選択する金融機関や運営管理機関によって、用意されている金融商品は異なります。


長期の運用になるので、商品を選ぶ場合は商品はもちろん、手数料などもよくチェックして運用すると良いでしょう。

老齢給付金や障害給付金などを選べます

個人型確定拠出年金(iDeCo)はもともとアメリカの制度をもとにしている歴史があります。


給付の種類には、老齢給付金や障害給付金・死亡一時金があり、老齢給付金は基本的に60歳から給付請求することが可能です。


70歳になって請求しない場合は全額一時金として支給されることになります。

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)の歴史はアメリカの401Kをベースにしています。税制上の優遇があり、老齢給付金や障害給付金・死亡一時金として受け取ることが可能です。


個人型確定拠出年金(iDeCo)は転職しても持ち運ぶことができ、通常指定口座から自動引き落としされます。


個人型確定拠出年金(iDeCo)は金融商品を選択し、運用するのですが、長期間の運用になるので、事前に商品をよくチェックすることが大切です。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)と退職金の税制メリットを解説します
  • 向き不向きがある個人型確定拠出年金(iDeCo)の6つのデメリット
  • 手数料無料で損しない!個人型確定拠出年金(iDeCo)への加入方法
  • 50代で個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するメリットと注意点は?
  • 知らなければ損をする!個人型確定拠出年金(iDeCo)の3つの控除
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は節税効果が絶大!その計算方法は?
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の所得控除とは?計算方法などを解説!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)は何歳まで?年齢の疑問を一発解決!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の10のメリットを詳しく紹介します
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税額はいくらかシミュレーション!
  • 個人型確定拠出年金(iDeCo)が抱えるリスクとその種類とは