個人型確定拠出年金(iDeCo)は2017年1月から妻も加入可能となった

個人型確定拠出年金(iDeCo)は正社員はもちろん、自営業や契約社員、その妻(配偶者)も加入することが可能です。個人型確定拠出年金(iDeCo)は以前働いていない妻は加入することができませんでしたが、2017年1月から加入することができるようになりました。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は働いていない妻(配偶者)も加入できます

2017年1月から、個人型確定拠出年金(iDeCo)は働いていない妻、専業主婦も加入することが可能になりました。


私的年金制度のことで、任意で加入することができ、自分のペースで掛け金を拠出し、自分で運用することができます。


税制上の優遇措置を受けることができ、国民年金や厚生年金と合わせることによって、老後の資金づくりを行うことが可能です。

働いていない妻(配偶者)も加入することができます

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金は全額所得控除になり、働いていない妻、専業主婦も加入することが可能です。


例えば毎月の掛け金が1万円の場合、全額税額軽減の対象になるので、所得税10%、住民税10%とすると、年間24,000円の税金が軽減されることになります。


なお、元の収入が0円の場合は、もともと税金を払っていないので、そもそも軽減されることはありませんが、夫の税金控除に役立てることができます。

働いていない妻(配偶者)も運用できます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は運用益も非課税で再投資することが可能です。個人型確定拠出年金(iDeCo)は年金や一時金で受け取ることができ、働いていない妻や配偶者も運用することができます。


金融機関によって、年金や一時金を併用することができるので、事前に確認すると良いでしょう。




個人型確定拠出年金(iDeCo)は妻(配偶者)も自分で運用します

個人型確定拠出年金(iDeCo)の仕組みは自分が拠出した掛け金を自分で運用することができ、働いていない妻や配偶者も運用することが可能です。掛け金は60歳になるまで拠出し、60歳以降になると年金や一時金として受け取ることができます。金融商品には定期預金や保険商品などを選択することが可能です。

妻(配偶者)も毎月積み立てます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は20歳から60歳までの自営業の人やフリーランス、契約社員や働いていない妻や配偶者なども加入することができます。


個人型確定拠出年金(iDeCo)は毎月5,000円から始めることができ、1,000円単位で自由に設定することが可能です。


iDeCoと契約社員についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

妻(配偶者)も定期的に運用をチェック

個人型確定拠出年金(iDeCo)は運営管理機関が用意した金融商品の中から選択することができます。


自分の運用方針を考えて、無理のない商品を選択すると良いでしょう。定期的に運用状況をチェックしていると安心です。個人型確定拠出年金(iDeCo)は働いていない妻や配偶者も加入することができ、商品を変更することもできます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は転職・離職した妻(配偶者)も運用可能

個人型確定拠出年金(iDeCo)は転職したり、離職した場合、移換の手続きを行うことが可能です。


会社に勤めていたが退職した妻や配偶者も移換することができ、企業型から個人型確定拠出年金(iDeCo)に引き継ぐことができます。詳しくは運営管理機関に確認すると良いでしょう。

妻(配偶者)も自分に合った金融機関を選択

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するには、運営管理機関である金融機関を利用します。


働いていない妻や配偶者も加入することができ、自分の運用方針に合った金融機関を選ぶと良いでしょう。


個人型確定拠出年金(iDeCo)はインターネットを利用して、パンフレットを取り寄せたり、申し込みを行うこともできます。

妻(配偶者)も金融商品を年1回変更できます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は年1回変更することができ、金融商品や金額などを変更することができます。


働いていない妻や配偶者も変更することができ、元本確保タイプやハイリスク・ハイリターンタイプなど、自分の好きな商品を選択することが可能です。個人型確定拠出年金(iDeCo)は幅広い世代の人が利用しています。

妻(配偶者)は口座から引き落としになります

個人型確定拠出年金(iDeCo)は自営業の人や働いていない妻や配偶者の場合、本人の口座から引き落とすことになります。


会社員の場合は給与天引きや本人口座から引き落とされるので便利です。個人型確定拠出年金(iDeCo)は途中で停止することもでき、再開することもできるので、自分のペースで運用することができます。

妻(配偶者)も60歳から受け取れます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳から受け取ることができます。老齢給付金や一時金などで受け取ることができ、働いていない妻や配偶者も受け取ることが可能です。70歳になっても請求を行わない場合は、全額一時金として支給されることになります。老後の資金作りにたくさんの人が利用している制度です。

退職した妻(配偶者)も資産を移せます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は金融機関を一つ選び運用する仕組みです。働いていない妻や配偶者も一つ金融機関を選択し、好きな金融商品を選んだり、毎月の掛け金を設定して運用します。退職し、資産を移す場合は手続きに数ヵ月かかることがあり、その間運用できないので注意が必要です。

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)は自営業や働いていない妻や配偶者も利用することができます。


金融商品を選択し、毎月の掛け金を設定し運用することが可能です。


働いていた頃に運用していた企業型を移すこともでき、引き続き運用することができます。60歳から受け取ることができ、年金や一時金として選択することが可能です。老後の資金にたくさんの人が運用しています。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング