個人型確定拠出年金(iDeCo)は第3号被保険者も加入できます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は第3号被保険者である、夫の扶養に入っている専業主婦も加入することができます。個人型確定拠出年金(iDeCo)は正社員はもちろん、自営業の人や契約社員、第3号被保険者の専業主婦の人も毎月拠出し、運用することができるので便利です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は第3号被保険者も加入できます

個人型確定拠出年金(iDeCo)(イデコ)は今まで第3号被保険者である専業主婦の人は利用することができませんでしたが。2017年1月から専業主婦や公務員・企業年金加入者の人も個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入することができます。


幅広い世代の人が利用している制度です。


第3号被保険者である専業主婦も加入可能

個人型確定拠出年金(iDeCo)は国民年金や厚生年金などに上乗せすることができる制度で、第3号被保険者の専業主婦の人も加入することが可能です。


正社員はもちろん、契約社員の人も加入することができ、個人型確定拠出年金(iDeCo)は最近いろいろな職種の人が加入し、自分で運用しています。


iDeCoと契約社員についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の掛け金

個人型確定拠出年金(iDeCo)は第3号被保険者である専業主婦の人も加入することができ、毎月の掛け金の上限額は23,000円で、最大276,000円まで拠出することが可能です。


この範囲においては全額所得控除の対象になり、個人型確定拠出年金(iDeCo)は税制上の優遇を受けることができます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は第3号被保険者も税制控除があります

個人型確定拠出年金(iDeCo)は第3号被保険者である専業主婦も加入することが可能です。運用中の運用益は非課税になり、個人型確定拠出年金(iDeCo)は長期間の非課税効果が期待できるでしょう。


受け取る時は公的年金等控除や退職所得控除などの対象になるのでお得です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の変更

個人型確定拠出年金(iDeCo)は月額5,000円以上、1,000円単位で拠出することができます。


第3号被保険者である専業主婦も利用することができ、年1回金額を変更したり、金融商品を変更することが可能です。途中で停止することもできるので、自分のペースで運用することができます。

第3号被保険者は口座から引き落とされます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は自営業や第3号被保険者である専業主婦の場合、本人の口座から引き落としになります。


会社員の場合は給与天引きや本人口座から引き落とされ、前納や追納という制度はなく、掛け金を納付できない場合はその月の積み立ては未納扱いになるので注意が必要です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は第3号被保険者も運用できます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は運営管理機関を選び、用意されている金融商品を選択し、自分で運用する制度です。


第3号被保険者である専業主婦も利用することができ、長期の運用になるので、事前に商品に関して調べておくと良いでしょう。パンフレットをチェックしたり、コールセンターを利用する方法もあります。

第3号被保険者も60歳から受け取れます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は年金や一時金、障害給付金として受け取ることができ、第3号被保険者である専業主婦も加入することが可能です。


基本的に、60歳から受け取ることができ、70歳になっても請求されない場合は自動的に現金化され、全額一時金として支給されます。

第3号被保険者も移管できます

個人型確定拠出年金(iDeCo)を他の運用管理機関に移管する場合、手数料などがかかる場合があります。


手続きには数ヵ月かかるので、余裕を持ってスケジュールを組みましょう。第3号被保険者である専業主婦も他の運用管理機関に移管することができ、金融商品を変更することができます。

20歳から60歳なら加入できます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は20歳~60歳までは基本的にどのような人でも加入することができ、第3号被保険者である専業主婦も利用することが可能です。


自営業の人で、「障害基礎年金」の受給によって、国民年金保険料を法的に免除されている人も加入することができます。

第3号被保険者も一つの金融機関を選びます

個人型確定拠出年金(iDeCo)は運営管理機関を一つ選び、毎月拠出する仕組みです。


複数の金融機関を選べないので、よく調べてから個人型確定拠出年金(iDeCo)を選択すると良いでしょう。第3号被保険者である専業主婦も一つの金融機関を選ぶことができ、毎月拠出することができます。

退職し第3号被保険者になっても大丈夫

個人型確定拠出年金(iDeCo)は会社を退職し、第3号被保険者である専業主婦になった人も加入することができます。


退職する前と同じ金融機関で運用することができ、企業型の本人口座にある資産を一旦売却し、現金化してから個人型の口座に指定された金融商品を買い付けることになります。

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)は第3号被保険者である専業主婦の人も加入することが可能です。


毎月掛け金を拠出し、60歳から受け取ることができます。


老後の資金作りとして運用している人が多く、税制上の控除を受けることができるなどさまざまなメリットがあります。金融商品を選択し、自分で運用しながら資産を蓄えることができるでしょう。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング