火災保険は一度使うと契約が切れる?保険使用のデメリットはあるの?

火災保険は一度使うと解約されるのではと心配している方もいますが、一度使うとしても請求金額が保険金額に達していない場合は保険料の変化なく契約を継続できます。また、火災保険は屋根修理にも使用できるなど、補償の幅は幅広いため、加入すべき保険なのです。

火災保険は一度使うと契約は切れる?

火災保険は一度使ってしまうと契約が切れてしまうのでしょうか?


また、自動車保険の場合のように一度使うと保険料が上がってしまうのでしょうか?


気になるところですよね。


たしかに自動車保険は一度使うと保険料があがってしまいますが、火災保険は一度使ったからといって保険料が上がることはありません。


保険金額に達するまでは保険料が上がることなく使うことができます。


結論として、「一度使うと火災保険の契約が切れるというのは誤り」です。


そこで、この記事では「一度火災保険を使用するとどうなるのか」について

  • 火災保険の使用可能な回数と禁止事項
  • 火災保険を申請するために必要な書類
  • 屋根の修理にも使用できる火災保険
  • 気をつけるべき免責金額について

をお伝えします。


この記事を読んでいただければ、火災保険が本当に必要なのか正しい判断ができるようになります。


是非最後までご覧ください。

何回でも申請できる火災保険

火災保険は保険金額に達するまで何度でも使うことができます。

また、一度火災保険を申請したからといって保険料が上がることはありません。

一度使うと更新するまで使えないということはありません。

ただ書類を用意したりするのが大変なだけで、必要な修理は火災保険を是非活用したほうがいいと思います。

なぜなら、一度使うと二度目は使えないというわけではないからです。

単に、保険を申請したい旨を伝え、あとは書類を書いて提出すればいいだけのことです。

以下の文章では、
  • 火災保険の契約が切れる時期
  • 過去の損害でも請求できるのか、またいつまで遡って請求できるのか
  • 火災保険の請求にあたっての禁止行為
について紹介していきます。

契約が切れるのは保険金額に達したときのみ

先程述べた通り、火災保険は一度使うともう使えないという保険ではありません。

ただ注意点として、個人賠償責任特約を付帯している場合では、保険金額の80%の保険金額が下りる損害が発生したとき、火災保険だけでなく個人賠償特約も契約終了になってしまうので注意が必要です。

また、保険金額の80%の保険金がおりる損害が発生したとき、火災保険だけでなく個人賠償特約も契約終了になってしまいます。

過去の損害も請求できる

過去に損傷を受けた分については火災保険を使って請求することができます。


ただし、保険法では3年で時効が成立してしまいます。


しかし、最近では各保険会社で請求期限が決められていることが多いです。


また、一度使うともう二度目は使えないと泣き寝入りすることないので、現在契約している保険の約款を一度確認するとよいでしょう。


過去の損害の保険金を請求するにあたって、その当時に受けた損傷であることを証明できる書類があると手続きが早く進みます。


それでは具体的に必要となる書類が何なのかを見ていきましょう。

  • 修理を行った業者の見積書
  • 修理を行う前の損傷部分が分かる写真
  • 役所が発行する罹災証明書
  • その他、事故や災害による被害を受けたことが証明できる書類
これらの書類が火災保険を請求する際に必要になります。

禁止行為①:虚偽の保険金請求・故意の破損

火災保険を請求するにあたり、やってはいけないこと(禁止行為)があります。

保険金の請求の仕方は一度使うと二回目以降は簡単になるかと思います。

だからと言って、保険金の請求は、被害を被った家から申請があり、業者がそれを見積もって火災保険が適用される内容であると診断された場合のみ保険金が支払われるものです。

壊れていないものを壊れたと火災保険を申請したり、わざと壊して火災保険を申請するのは問題外です。

禁止行為②:焼け太り行為

そもそも火災保険における「焼け太り行為」とはどのようなことをいうのでしょうか。


焼け太りとは、「たしかに損失はあったが、保険金が実際の損失額よりも多くおりたために結果的に利益を得ることができた状態」のことをいいます。


全焼レベルの火災の場合、相当額の保険金が下ります。


しかし基本的には、火災保険は「損失したものを補償する保険」ですので、「マイナスになってしまった分をゼロ(元通り)にするだけ」です。


例1)2000万円相当の家が全焼扱いになった場合に2500万の保険金が掛けられていた場合


この場合家の価値は2000万円なので、火災保険は2000万円までしかおりません。


例2)一度使うと使えないその保険はもう使えないと思い、念のため別の保険会社に連絡をした場合


上でも述べた通り、火災保険は何度でも使えます。


例えばA、B両方の保険会社に連絡を入れ、両方から保険金を受け取るのは不当な請求だとみなされます。



申請時は被害状況を把握すべき

例えば、台風や竜巻などの「風災」で屋根が大きく損傷してしまったという場合であっても火災保険は適用されます。


ただし、単に「台風の被害に遭いました」だけでは保険金はもらえません。


申請時には、火災保険を利用するにあたっての証拠を示す必要があります。

  • 台風や竜巻による被害を受けた場合でも火災保険で補償が受けられる
  • 申請のためには、実際に受けた被害状況がわかる写真を用意する
  • いわゆる「大したことない損傷」であっても諦めず請求する
ということが大事です。

被害状況をあやふやに伝えてしまうと、保険会社から不当な保険金を受け取ろうとしているのではないかと疑われてしまいます。

屋根の修理にも使える火災保険

上でも述べましたが、火災保険は火事の場合でなくても、屋根の修理でも保険金を請求することができます。

ただ、その破損が「風災」によるものであると認められた場合に限られます。

では「風災」で保険金が下りるまでの流れを以下で見ていきましょう。

屋根の修理に保険金がおりるのは「風災」

竜巻や台風で屋根が壊れた場合、「風災」と見なされます。

ただし、火災保険を使って屋根を修理する際には屋根修理の見積書や風災であることを証明する写真を添付する必要があります。

したがって、まず現地調査(診断)をしてもらう必要があります。

診断をしてもらわないまま、保険金を請求しても保険金はおりませんので注意が必要です。

2パターンの診断業者とかかる費用

「火災保険を使って屋根の修理をする=タダで済む」という訳ではありません。


屋根の修理業者もしくは、保険が適用できるかどうかを判断する診断士に現場を見てもらう必要があり、その際には費用がかかります。


屋根の修理業者に依頼をする場合


火災保険が適用されたら、屋根の修理代として保険金を全額渡す必要があります。


診断士に依頼する場合


火災保険の保険金のうち何%かを成功報酬として支払う必要があります。

申請から保険金受け取りの流れと必要な書類

一度使うと火災保険の受け取りの流れが分かると思います。


ただ、初めて火災保険を申請する際、申請から保険金を受け取るまでの流れを以下で見ていきましょう。

  1. 保険会社に連絡を入れ、申請書をもらう
  2. 具体的に損傷個所がわかるように写真を撮る
  3. 修理業者に修理にかかる見積書を作ってもらう
  4. 1~3までを保険会社に送付する
といった流れになります。

少しでも早く保険金を受け取るために上の1~3を同時に進めておくとよいでしょう。

屋根修理を悪用したトラブルに注意

最近では保険会社の方から連絡が来て、「家の中で壊れている箇所はありませんか?火災保険で直すことができますよ」と言った内容の電話がかかってくる場合もあるようです。


そしてさらに、その保険会社ではなく、現在契約を結んでいた保険会社を通して保険料を受け取ろうとすると、訪問してきた保険会社が保険金の中から「違約金」として半額請求してくる悪質な業者もいるようです。


以下では実際にあった、屋根修理を悪用したトラブルを紹介します。


実際にあった例)70代・男性


A保険会社に入っていたが、ある日、B保険会社の方を名乗る者から連絡がきて、「A保険会社は一度使うと更新までは使えない」と言われB保険会社と屋根修理の契約を交わした。


しかし、男性が不安に思ってA保険会社に連絡を入れると、「一度使うと2度目は使えないことはない」と言われ、A保険会社に修理を依頼したところ、B保険会社の方から契約解除の違約金として下りた保険料の半額を支払うように請求された。


保険会社の方から修繕に関する連絡が入ったり、一度使うと火災保険はもう使えないなどと言ってくる会社は悪質業者だと思ってよいでしょう。


「一度使うと」は悪質業者の釣り文句です。

一度使うとしても値上がりしない、でも免責事項には注意!

最初にも述べた通り、火災保険は自動車保険とは異なり、一度使うと保険料が値上がりすることはありません。


ただし、免責事項には注意が必要です。


免責設定方法にはエクセス方式とフランチャイズ方式の2パターンがあります。


エクセス方式とは

小損害免責(損害が生じたとしても、一定の率または金額に達しない損害については補償はされない)の一種です。


損害が一定割合または一定額を超えたときに、「免責金額だけをさし引いて」超過した金額だけを補償する方式のことをいいます。

  • 例)免責5万円の場合

損害保険金5万円のとき、5万円ー5万円=支払保険金0円

損害保険金10万円のとき、10万円ー5万円=支払保険金5万円

損害保険金20万円のとき、20万円ー5万円=支払保険金15万円


フランチャイズ方式とは

損害保険において、免責金額を超える損害についての損害額の支払いに関する一つの方法です。
  • 例)免責20万円の場合

損害額10万円のとき、支払保険金0円

損害額19万円のとき、支払保険金0円

損害額50万円のとき、支払保険金50万円


火災保険に加入する際、ご自身の建物の立地に合った保険に加入することを考慮しましょう。


環境に合わせた免責設定をすることが大切です。

まとめ:火災保険は一度使うとしても解約されない

火災保険は一度使うとしても解約はされないということについて説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回この記事のポイントは、

  • 火災保険は何度でも使える。
  • 申請時は被害状況をきちんと把握する。
  • 屋根の修理に保険金がおりるのは「風災」
です。

今まで「一度使うと二度目は使えないから」と思い込んでいた方も安心されたのではないかと思います。 
 
火災保険は使用可能な範囲が広くて、加入していればいざという時に安心ですね。


ほけんROOMでは、他にも読んでおいておきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング