【知っておきたい】最低限入っておくべき保険は何?目的別に解説

最低限入っておくべき保険を知りたい方は多いのではないでしょうか。実際に保険は種類が数えきれないほどあり、日々新しい商品が開発されています。生命保険は必要か、医療保険は必要かなど悩みますよね。この記事では最低限入っておくべき保険、必要に応じた保険を解説します。

内容をまとめると

  1. 最低限入っておくべき保険は生命保険・医療保険・がん保険の3つ
  2. 生命保険家族がいる人、特に子供がまだ独立していない人の必要性は非常に高い
  3. 医療保険20万円前後の入院費がかかったときに対応できる貯蓄がない人の必要性が高い
  4. がん保険はがんの罹患率が上がる40代以上の方に特に必要と言える 
  5. 保険の加入前に、保険に入る目的・保険から得られる保障・自分のニーズに合うかを確認 
  6. 自分はどの保険に加入しておいた方がいいか知りたい人は保険の専門家無料相談するのがおすすめ
  7. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

最低限入っておくべき保険は?保険について詳しく解説


保険は重要なものです。


病気や万が一のことに備えて保険の加入を検討している方は多いのではないでしょうか?


一方で、保険は重要だと思うけど保険料はたくさん払いたくない!


最低限でいいから絶対に入るべき保険を教えて欲しい!と思っている方も多いと思います。 


今回はそんな皆さんのために数ある保険の中から最低限必要な保険について解説します。


この記事では 

  • 最低限入っておくべき保険
  • 保険に入る際の注意点 
  • 目的別に入っておくべき保険 

について説明をします。 


この記事を読んでいただければ、最低限入っておくべき保険についてお分かりいただけると思います。 


また、保険に加入しなきゃと思っているけど、まだできていないという方は、この機会にやってしまうのがおすすめです。 


マネーキャリア相談ならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

最低限入っておくべき保険は生命保険・医療保険・がん保険

ずばり最低限入っておくべき保険は、生命保険(死亡保険)、医療保険、がん保険です。


保険には、生命保険、医療保険、がん保険以外にも個人年金保険や介護保険など様々な種類の保険があります。


しかし最低限入っておくべき保険という観点から考えると、必要になるのは生命保険(死亡保険)、医療保険、がん保険になります。


以下でそれぞれの保険を詳しく解説していきます。

①生命保険(死亡保険)

最低限入っておくべき保険の1つ目は、生命保険(死亡保険)です。


生命保険(死亡保険)とは、保険の対象者に万が一のことがあった時に、遺族に保険金がおりる保険になります。


生命保険(死亡保険)は、一家の大黒柱など家族の生活を支えている方にとっては必須の保険です。


家族を養っていない方でも葬儀代などは最低限自分で用意する必要がありますよね。


自身が亡くなってお金が全く必要ないという方はほとんどいないのです。


生命保険(死亡保険)は保険料対比大きな保障(保険金)を準備することが出来る保険になります。

②医療保険

最低限入っておくべき保険の2つ目は、医療保険です。 


医療保険とは、病気や怪我で入院もしくは通院した場合に保険金がもらえる保険になります。 


保険会社のテレビのCMで一日入院すると〇万円!とやっているのを見たことがある方は多いのではないでしょうか?


医療保険は基本的にどんな病気や怪我で入院しても保険金が出るのが一般的です。


現在は長寿の時代で多くの方は長生きをします。しかしいくら長寿の時代でもほとんどの方は病気や怪我はするのではないでしょうか?


いざというときのために医療保険は最低限入っておくべき保険になります。 

③がん保険

最低限入っておくべき保険の3つ目は、がん保険です。 


がん保険とは、がんになってしまった時に保険金がもらえる保険です。


がん保険は、医療保険と違い、がんのみが保険の対象になります。


がんのみが保険の対象であるならすべての病気や怪我が対象になる医療保険の方がいいんじゃないの?という声が聞こえてきそうです。


しかし、がん保険は、保険の対象が、がんのみなので医療保険に比べて保険料対比高額の保険金がもらえます。


毎月数千円の保険料でがんと診断されたら100万円程度の保険金が出るがん保険も珍しくありません。
 


がんは一生涯のうちに、日本人の2人に1人がなる病気です。また他の病気よりも多額の治療費がかかります。がんに備えることは非常に重要です。


がん保険は最低限入っておくべき保険になります。 


ここまで最低限入っておくべき保険を紹介しました。


「この保険には加入していない!」という方や「保険の見直しをしたい」という方は保険の専門家に相談してみましょう。


下のボタンより無料で簡単に相談予約できます。

病気や入院の費用が払えるか不安という人が最低限入っておくべき保険

病気や入院の費用が払えるかが不安という方には医療保険をおすすめします。


健康寿命が延びているとはいえ、病気や怪我になるリスクは誰にでもあります。


公的医療保険で、ある程度の部分は備えることが出来ますが、公的医療保険では補えない部分もあります。


公的医療保険でカバーできない部分をを補うために民間の医療保険に加入する必要があります。

病名1入院費用自己負担額
(3割負担)
心筋梗塞1,711,861円513,558円
脳梗塞1,454,614円436,384円
糖尿病604,498円181,349円


公益社団法人全日本病院協会の資料を基に作成


上記の表は日本人がかかる代表的な病気の治療費になります。


 もちろん高額療養費制度があるので自己負担額はもう少し少なくなるかもしれません。


しかし病気で入院すると大きなお金が必要になることは間違いありません。


 病気になった時に備えて医療保険への加入を検討することはとても重要なことなのです。


どの医療保険に入ったらいいかわからない、という方は一度保険の専門家に無料で相談してみませんか?


納得できるまで相談することができるので、きっとベストな保険を見つけることができますよ。

自分に万が一があった時、養う家族が生活できるか不安な人が最低限入っておくべき保険

家族が生活できるか不安、その不安にまさにぴったりなのが生命保険です! 


 特に養う家族がいる方の場合、死亡保障は非常に重要になります。


必要な保障額は、保有している貯蓄額や子供の年齢にもよるので一概にはいえません。


しかし、養う家族がいる場合、死亡保障は最も重要な保障になります。


死亡保障を準備出来るのは、生命保険(死亡保険)です。


家族の状況によっては大きな保障を用意しておく必要がある場合もあります。


また、生命保険(死亡保険)には様々なタイプがあります。 


 生命保険にも種類があり、身体を壊し働けなくなった時に収入を補てんしてくれる保険や、保障が必要な時期は高額な保障が付き、だんだんと保障額が少なくなっていく保険や、貯蓄性がある保険など様々です。 


自身の状況に合わせた生命保険(死亡保険)を選ぶことが重要になります。


しかし、最適な保険はどれかわからないといった方もいらっしゃることと思います。

そんな時は保険の専門家に相談してみましょう。


以下のボタンから無料で簡単に相談予約できます。

日本人の死亡原因一位であるがんに備えたい人が最低限入っておくべき保険

日本人の死亡原因は一位ががんです。


がんの治療にいくらかかるのかもお伝えしましょう。


がんの治療に備えたい方はがん保険がおすすめです。 


日本人の死亡で一番多い病気はがんです。


がんは今や日本人の2人に1人がかかる病気です。


がんにかかった時の治療費は、一般的ながんの治療で100万円程度、早期発見の場合は50万円程度になります。 


がんの治療法は現在非常に進んでいます。


最先端の治療法に代表的なものに先進医療があります。


先進医療は、身体に負担が少なく治癒する可能性が高い治療法です。


しかし、先進医療は公的医療保険が使えないことが多く全額自己負担になってしまうこともあります。 


 がん保険には、特約で先進医療特約というものがあります。


先進医療特約を付ければ先進医療の治療費を保険で補うことが出来ます。 


 がん保険を検討する際は先進医療特約も検討することもおすすめします。 


 もし、自分に合った保険が分からなければ保険の専門家に相談することも出来ます。


下のボタンより無料で簡単に相談予約できますので、是非利用してみてください。

生命保険などに加入する際に考えたい3つのこと

これまでのところで最低限入っておくべき保険について理解して頂けたでしょうか?


改めてですが、最低限入っておくべき保険は、生命保険(死亡保険)、医療保険、がん保険になります。


最低限入っておくべき保険が分かったところで、実際に保険に入る際に気を付けなければいけないことについて説明をします。


ここからは、保険に入る際に気を付けなければいけないことについて説明します。

保険に入る目的を知ろう

保険に入る際に気を付けなければいけないことの1つ目は、保険に入る目的を知ることです。


保険はとても重要です。保険に加入することによって人生における多くのリスクから身を守ることが出来ます。


しかし保険に入る目的がわかっていなければ折角の保険を無駄にしてしまいます。そもそも保険とは、多くの人からお金を集めて万が一のことがあった時や病気や怪我をした人にお金が支払われる仕組みです。


保険は、将来起こりうるリスクに備える目的で加入します。保険には先ほど紹介した、生命保険(死亡保険)、医療保険、がん保険以外にも様々な種類の保険があります。


数ある保険の中で、生命保険(死亡保険)、医療保険、がん保険を最低限入っておくべき保険としたのは、死亡、病気・怪我、がんの3つのリスクについては誰にでも起こる可能性があるからです。


もしもその他の保険への加入を検討する場合は、なぜその保険に入るのかの目的をはっきりさせる必要があります。

保険で得られる保障について知ろう

保険に入る際に気を付けなければいけないことの2つ目は、保険で得られる保障について知ることです。


保険に加入することによって、様々な保障を得ることが出来ます。


例えば、死亡保障であれば保険の対象者に万が一のことがあった時に保険金を受け取ることが出来る保障になります。


医療保険は、入院した日数によって保険金受け取ることが出来る保障の他に、手術した時に保険金が出る保障や、通院の場合も保険金が出る保障もあります。


がん保険の保障で多いのが、がんと診断された時点で保険金がおりる保障です。その他にもがんで入院した場合や、手術した場合も保険金が下りることが一般的です。


また保険には特約という仕組みがあります。


特約とは、例えば、死亡保障メインの生命保険(死亡保険)に医療保障を付けることが出来るような仕組みのことをいいます。


保険の加入を検討する際は、保険で得ることの出来る保障についてしっかり確認することが重要です。

自分のニーズに合っている保険か確かめよう

保険に加入する際は、検討している保険が自分のニーズに合っているかを確認することも重要です。


ニーズに合っていない保険に加入する意味はありません。保険を検討する際は、自身のニーズがなにであるかをしっかり確認しましょう。


例えばがん保険は、最低限入っておくべき保険です。がんは誰にでもかかる可能性がある病気だからです。


しかしがんは遺伝する病であると言われています。両親や祖父母の中でがんにかかったことがある人が多ければがん保険の保障は手厚くする必要があります。


また独身で子供がいない場合、一般的に大きなお金を家族に遺す必要はありません。この場合は、葬儀費用代程度の保障で十分かもしれません。


最低限入っておくべき保険は確かにあります。しかし人によって必要な保障内容は異なってくるのです。保険を検討する際は、自身のニーズをしっかり確認することが大切です。


以上で目的に応じて保険に加入する必要があると述べましたが、実際はご自身に応じた保険を見つけるのは大変かと思います。


そのような際にはFPさんに相談することがおすすめです。


無料で納得いくまで相談出来ますし、プロが客観的に必要だと思う保険を知ることはとても有意義なことだと思います。


ほけんROOMでは保険の無料相談サービスをしていますので、ぜひご活用ください。

まとめ:最低限入っておきたい保険は3種類!

最低限入っておくべき保険について解説してきましたがいかがでしょうか? 


最低限入っておくべき保険は、 

  • 生命保険(死亡保険)
  • 医療保険
  • がん保険

になります。


また保険を選ぶ際は、

  • 保険に入る目的 
  • 保険から得られる保障 
  • 自分のニーズ合っているか

も重要でしたね。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。是非ご覧になってください。


「ほけんROOM」では、ご自宅やカフェなど、身近な場所でご利用可能無料保険相談サービス「マネーキャリア相談」を運営しております。


指定の場所での相談、平日20時以降や土日も終日対応も可能ですので、あまり時間がないという方にもおすすめです。


 心の底から相談してよかったと思えるようなサービスを目指し日々運営しておりますので、保険の新規加入や見直しを検討されている方は以下のボタンより是非お気軽に申し込んでみてください。

生命保険の選び方が気になるという方はぜひこちらを読んでみてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング