民間の医療保険は最低限の保障だけでOK?ずばり説明します!

医療保険は最低限の保障でいい?
医療保障が最低限でよいと言われている理由は?
今回はこのような疑問を解決していきます。
医療保険は最低限の保障をつければOKと聞いたのですが、本当ですか?
もちろん「最低限」は子供の人数や貯蓄で変わりますが、日本の医療制度や、入院期間短縮化を踏まえると、最低限で大丈夫です。
最低限は人それぞれなのね。それなら私たちの家庭にとっての最低限の保障を知りたいわ。
そんな時は、貯蓄や家族構成などから客観的に判断してくれる保険のプロに相談してみてはどうでしょう?

内容をまとめると

  1. 日本の公的医療制度は手厚いため、そこでカバーできない部分を医療保険でカバーした方が効率的
  2. 医療保険は最低限の保障さえあれば良く、その分貯蓄に回した方がよい
  3. しかし、いくら「最低限」といっても、扶養している子供の数や年収によってその範囲は大きく異なる
  4. 「自分の家族に合った医療保険を選びたい」という方は、保険のプロ無料相談するのがおすすめ

\オンラインで相談できる/ 保険のプロに無料相談 >>公式サイトを見てみる

医療保険を最低限の保障にするのがおすすめな理由を解説

医療保険への加入を検討している方の中には、どの位の保障をつけておけばいいのか悩んでしまう方もいることでしょう。 


医療保険は、入院したり手術したりした場合には給付金がもらえるので大変ありがたいものですが、もし入院や手術をしなかった場合、保険料がムダになってしまいますよね。 


医療費について心配する方は多いですが、日本では「国民皆保険制度」「高額療養費制度」などの公的医療制度が充実しているため、民間の医療保険で手厚い保障をカバーする必要性はあまりありません。 


では、どの位の保障をつけておけばいいのかですが、最低限の保障で充分と考えられます。 


ここでは、医療保険の保障は最低限がいい理由について 

  • 公的保障の充実 
  • 入院期間の短縮化 
  • 高齢者の入院割合の増加 
  • 貯蓄とのバランス 

これらの観点から解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、医療保険の保障は最低限がおすすめな理由がお分かりいただけると思います。 


ぜひ最後までご覧ください。 

\ オンラインで相談可能 /保険のプロに無料相談

医療保険を最低限の保障にするのがおすすめな理由

公的医療保険の充実ぶりや、医療技術の進歩によって、民間の医療保険に加入する場合でも、最低限の保障で足りるケースが多くなっています。

こちらでは、最低限の保障で十分な理由を取り上げます。


高額療養費制度や傷病手当金などの公的保障があるから

我が国には優れた医療保障制度が整備されていますが、その中の「高額療養費制度」と「健康保険」について見ていきましょう。

高額療養費制度


患者が1ヶ月間にかかった費用を自己負担限度額までに抑える制度です。


診療内容が保険診療に当たる場合に、高額療養費制度の対象となります。


健康保険に加入者している方は各健康保険組合、国民健康保険に加入している方は各市区町村に事後申請をすれば、余分に払った費用は患者に戻ってきます。 


また、事前申請も利用することができ、前もって「限度額適用認定証」による申請手続きをすれば、どんなに高額な治療費がかかっても、1ヶ月間に負担する上限額までの費用を支払うだけで済みます。 



健康保険


サラリーマンが加入する公的医療保険は、健康保険です。


中小企業が主に加入しているのが「全国健康保険協会(協会けんぽ)」という、厚生労働省所管の公法人です。


一方、大企業等が独自に設立した「健康保険組合」もあり、各健康保険組合によって従業員のために更に手厚い保障が約束されています。


民間の医療保険へ加入を急ぐ前に、まずご自分が加入している公的保険の内容を確認しましょう。


公的医療保険の内容だけで十分であるなら、民間医療保険の最低限度の保障も不要ということになります。

入院期間の短縮化傾向にあるから

厚生労働省が発表している「平成28年(2016)医療施設(動態)調査・病院報告の概況」によれば、病院の平均在院(入院)日数は、年々減少傾向にあります。

下表を参考にしてください。

病床平成27年度入院日数平均平成28年度入院日数平均
全病床29.1日28.5日
一般病床16.5日16.2日
精神病床274.7日269.9日
感染症病床8.2日7.8日
療養病床158.2日152.2日
結核病床67.3日66.3日
介護療養病床92.1日 91.4日 

特に、患者のほとんどは一般病床での入院に該当し、入院日数平均は16.2日となっています。


入院給付金(日額)に手厚い医療保険へ加入している場合、毎月支払っている保険料の割には、受け取った給付金が少ないというケースが想定されます。

高齢者で溢れて入院できる場所がない可能性もあるから

65歳以上の高齢者になれば、判断能力の低下や体力・筋力の衰えで病気やケガをするリスクは高まります。

また、高齢者人口の増加で、いっそう入院患者が増える懸念があります。


そのため、厚生労働省では「医療費適正化の総合的な推進」という方針の中で、医療費の伸びが過大となることを防ぐため、入院日数を短縮し、在宅医療の推進を図ることを明記しています。


つまり、どうしても入院しなければ治療に支障がでる患者を除いて、通院による治療に比重が移っていく可能性が高くなっています


入院給付金が保障のメインとなっている民間の医療保険は、今後その必要性に疑問が持たれることになるでしょう。

医療保険は最低限にして、まずは貯蓄が大切だから

特に20代・30代の若い方々は、健康的で体力がある一方、就職して日が浅いこともあり、まだまだ月収は安く、貯蓄も思うようにできない場合があるでしょう。

その状況で手厚い保障が約束されるものの、高い保険料を払わなければいけない医療保険に加入することは得策といえません。


病気のリスクは低いものの、不運なケガが心配ならば、支払額が毎月1,000円程度安い医療保険に加入することをおすすめします。


安い医療保険といっても、最低限の保障内容は備えており、入院給付金や手術給付金は必ず設定されています。


この最低限の備えであっても、公的医療保険を補完する役割は十分に期待できます。

医療保険の通院保障は入院が前提なので不要だから

医療保険には通院給付金といって、例えば「通院日額○○○○円を支給する。」という形で、保障されているプランがあります。

ただし、医療保険の最低限度の保障プランの中ではほとんど設定されていません。

医療保険の最低限度の保障プランに加入して通院保障を付ける場合には、特約という形で主契約に付加する必要があります。


ただし、通院保障は、「入院して退院後○○○日まで保障」という条件が付いている場合が多く、入院が前提とされていることがほとんどで、通院保障を受けられるケースは非常に狭められていると言えます。


最低限の医療保険に加入して通院保障をオプションとするなら、退院してから通院治療を受ける際に、医療機関から自宅がかなり遠い等、通院費が重い負担となることが想定される場合に検討するべきです。


このように、自分に合った保障がついた医療保険に加入するために、一度保険やお金のプロであるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してみてはいかがでしょうか。


保険はもちろん、お金の疑問まで答えてくれるプロに相談すれば、今抱えている保険の疑問や不安も解決するはずです。


ぜひ以下のボタンから保険のプロに無料相談予約をしてみてくださいね。

\ オンラインで相談可能 /保険のプロに無料相談

参考:100円程度の先進医療特約はつけると良い

先進医療とは、高度な医療技術の中で厚生労働大臣が認めた医療をさします。

この先進医療費は、公的医療保険では保障されないため、全額自己負担となります。

ただし、最低限の医療保険に加入しても、先進医療特約を付加することで、生命保険会社等から金銭的サポートが保障されます。


また、この特約分の保険料は毎月100円程度と非常に安いことが特徴です。


保障が最低限度の医療保険に100円追加しただけで、場合によっては数百万円にも上る先進医療の自己負担分を賄うことができます。


必要最低限の医療保険に加入した場合でも、この特約があることで、先進医療を受ける際には非常に頼りになります。


先進医療特約にまだ加入していなければ、主契約に追加しておきましょう。

\ オンラインで相談可能 /保険のプロに無料相談

まとめ:民間の医療保険は最低限度の保障でOK

「医療保険の保障は最低限がいい理由」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 


今回のこの記事のポイントは、


  •  医療保険の保障は最低限がいい理由は次の4つ 

  1.  高額療養費制度や健康保険など、公的医療保障が充実している 
  2.  入院期間が短縮化傾向にある 
  3.  高齢者の入院割合が増加している 
  4.  若い世代は貯蓄を優先し保険料は最低限に抑える方がいい 

  • 先進医療特約はつけた方がいい

です。 


医療費に関しては、できるだけ万全な保障をつけておきたいと考える人は多いですが、充実した公的な医療制度が整備されていますので、高額な保険料を支払ってまで備える必要性は低いでしょう。 


また、医学の進歩のおかげで、入院日数が減少している傾向にあり、国も入院期間の短縮化を推奨しているので、民間の医療保険の保障は最低限のもので充分といえます。 

医療保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング