保険屋の営業マンが解説!2度目の保険相談の丁寧・円満な断り方

保険相談の営業社員のしつこい勧誘は即お断りすれば良いですが、1度親切にされた保険相談員に冷たく断るのは気が引けます。特に友人や親戚の知人であると余計感じるでしょう。この記事では、保険屋が困る断り方、納得する断り方を解説します。メールを中心に断り方を解説します。

「しつこい保険の勧誘を上手に断りたい!」という方に知ってほしいこと

「断っているのに保険の営業がしつこくて困る」という声はよく聞きます。


しかし、実際には昔と違って、強引に保険契約を迫るような営業スタイルはほとんどなくなってきました。

それでも「しつこくて」という声が聞かれるのは、実は断る側の問題もあります。

上手な断り方を含め、断る上で押さえておきたいことについて、まとめました。

保険の相談員の成約率は50%?断られるのに慣れていることを知っておこう

保険の相談を行った場合、かなり多くの人が加入していると思っている人もいますが、良くて50%程度、実際には30%~50%程度とも言われています。


ということは、逆に50%~70%の人は加入を断っていることになります。


これだけ多くの人が断っているくらいですから、保険相談員も断られるのには慣れていることを知っておきましょう。


そうすれば、気を使い過ぎて断り方に悩むということも避けられます。



保険の相談員が困ってしまうダメな断り方3選

保険相談員への断り方には、いくつかパターンがあります。


その中には、保険相談員にとって対処に困る断り方もあります。


これらははっきりとした断りが相手に伝わっていないので、相談がいつまでも幕引きとならず、顧客側としても困ることになります。


保険の相談員は縦社会の中で働いているので、「上司に説明できない」という状態にならないようにしつこく営業をかけてきます。どうすれば、保険の相談員に納得してもらえる状況になるのか考えていきましょう。

ダメな断り方①:保険相談以降、連絡をしないパターン

これが一番最悪のパターンです。顧客から連絡がこないのは断りを意味するとは、保険相談員は解釈してはくれません。


それは保険相談員のしつこさからくるのではなく、純粋に中途半端になっている保険相談について心配になるからです。


また、保険相談サイトから保険ショップ等への紹介案件の場合は、初回面談後そのまま放置するわけにいかないという事情もあります。


気持ち的に負担に思ったり、面倒に思ったりするかもしれませんが、最低限のマナーとして断りの連絡は必ず入れましょう。

ダメな断り方②:「検討中です」「まだ検討できていません」と伝える

「検討中です」「なかなか検討する時間がなくて」というのは、出まかせや嘘ではなく、本当にまだ結論が出ていないのだとは思いますが、初回相談から10日も経ったら、保険相談員としてはいつまで待てば検討が終わるのかわからず、困ります。


恐らく「いつ頃まででしたらご検討いただけますか」とか「どういった点をご検討いただいているでしょうか」というように返されてしまいます。


「興味があったらまた連絡します」といったことも同様に後日連絡がくる返答です。

ダメな断り方③:「夫(妻)に反対されました」と伝える

これも、良い断り方とは言えません。


反対されるなら、その人も一緒に保険相談に参加してほしいところですし、反対が予想されたなら、あらかじめ保険相談をする旨言ってから、相談に臨みたいところだからです。


「できるだけご家族一緒にご相談に参加してください」と初回相談の約束の際に、事前に相談者に伝える保険ショップや保険会社の営業担当者も多いです。


つまり、「それだけ大事な話だから、相談に参加して話の内容を直接聞いて理解することなしに反対する状況を、最初からできるだけ避けてください」ということです。

保険の相談員が納得せざるを得ない素晴らしい断り方2選


「これを言われたらぐうの音も出ない」という素晴らしい断り方もあります。

良い断り方①:「他の会社も検討しています」と正直に伝える

他の会社のプランも比較検討していることを、正直に伝えることです。


基本的に保険相談員は、顧客が他社プランと比較検討をすることは特別なことではなく、日常茶飯事のことだと思っています。


従って、他社プランも検討していると伝えても、何とも思いません。


「どのようなプランを検討されているのでしょうか」と聞いてくることはあっても、さすがに他社プランを見せてくれとまでは言ってきません。


万が一言われたら「それはさすがにできません」とはっきりと断りましょう。

良い断り方②:「○○が良くなかった」と理由と併せて伝える

「他社も検討している」と伝えれば「どのようなプランか」と聞いてくることもあるので、あらかじめ検討した内容や相手のプランを断る理由を簡潔に伝えて、相手から突っ込まれないようにするのも一つです。


例えば相手の提案プランには「保険料が高かった」「先進医療特約がついていなかった」といった断る理由を併せて伝えましょう。


それに対して、「保険料の安いプランもありますよ」「うちでも先進医療特約をつけられますよ」と言ってきたら、「すみません、もう決めたので」と返せば大丈夫です。


厳しいことを言わなければなりません。

保険の相談でしつこい営業社員に聞きたくない方は保険マンモスという無料相談サービスがおすすめです。

保険マンモスとは、訪問型の保険の無料相談サービスです。


10年以上の実績があり、カフェや自宅でも保険相談できるため、多くの方が利用しています。


この保険マンモスにあるのが「イエローカード制」です。


しつこい営業マンや評価の低い営業マンに関しては、顧客が間接的に忠告できるシステムがあります。このおかげで、きつい断りもしなくても良いと言うのがとても素晴らしいです。


保険の相談の質自体も業界で一番レベルに評価が高く、保険の新規加入や見直しを行いたい方にとっては、とても素晴らしいサービスだと思います。


なお、現在に限って保険の無料相談をした方全員に「国産和牛」のプレゼントを行なっています。

ぜひチェックしてみてください。

断った後のしつこい切り返し文句には要注意!

しっかりと断ったつもりでも、保険相談員によってはしつこく切り返してくる人もいます。

そのような切り返し文句をみていきましょう。



「今加入しないと、保険料が上がってしまいますよ」の文句

誕生日の前月や半年前の月(保険会社によって異なります)によく聞かれるフレーズで、今月中に契約しないと、契約年齢が1歳上がって保険料も上がってしまうことを逆手に取ったセールストークです。

確かに保険料が上がることは間違いないのですし、上がる前に契約したいところではありますが、焦って失敗することは避けなければなりません。


そこで返しのトークとしては「すでに他社で加入してしまった」か、「保険料が上がったら上がったでしょうがないですね」です。


「焦って失敗することだけは避けたいので」が効果的な断り方です。


「すでに他社で加入してしまった」と言われたら、相手はぐうの音も出ません。


また、後者の場合でも、ここまではっきり意思表示されたら、相手はその先会話を続けることができなくなります。

「保留中に健康状態が悪くなって入れなくなる可能性がありますよ」の文句

稀にではありますが、たしかに保険の検討中に健康状態が悪化して加入できなくなったケースはあります。


しかし、そうなってしまう確率は著しく低いのも確かですから、このトークを切り返すには、「健康には注意しているので大丈夫です」ときっぱりと言い切るのが良い断り方です。


それでも、「いつ何があるか分かりませんから」などと食い下がられたら、「そうなった時はそうなった時、しょうがないですね」と切り返せば、相手もそれ以上はなかなか食い下がれません。


1ヶ月だけなのに、無保険状態に厳しい保険の営業マンは少し能力が高くない可能性が高いです。

保険相談の断り方で気になるポイントQ&A

最後に、断り方について心に止めておきたいことをお伝えします。

断る手段はメールでも電話でも良い?

電話での断り方に自信がないという人は、メールでもまったく問題ありません。


むしろ、自分の考えを整理しながら、ゆっくり時間を使って文面を考えられますから、相手に自分の意思が伝わりやすく良い断り方ができると思います。

親戚や友人の紹介などでも合理的に断りをするべき?

親戚や友人の紹介で保険の相談をした場合、とくに相手が親身になって相談に乗ってくれた場合など、心理的に断りにくいのはよくわかります。


しかし、保険は人生で家の次に大きな買い物といわれるほど、相当額の保険料を支払い、自分や家族の人生に直接的にかかわる大事なものです。


保険の内容に少しでも納得できないところがあるのであれば、情に流されることなく、はっきりと断りを入れるべきです。


丁寧な断り方であれば、断りによって人間関係が壊れることはありません。

まとめ:保険相談の営業マンは慣れているので、あまり気にしないのが肝!

保険相談の営業マンにとって大事なのは、その保険の相談案件が終わりなのかどうかです。


いつまでも、続くのか終わりなのかわからないという状態が一番こまります。


ですから、理由はどうあれ、はっきりと断られるのは、ありがたいことであっても迷惑なことでは決してありません。


断り方についてあれこれ深く考えずに、気軽に断りましょう。

総合的にみたおすすめの保険相談サービスはこちらで解説しています。
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • メール・電話のみで完結する保険の見直し相談について比較・解説!
  • 石巻市在住の方必見!無料で保険相談ができるおすすめ窓口をご紹介!
  • 【三条市在住の方必見!】おすすめの無料で保険相談できる窓口一覧!
  • 【稚内市】おすすめ保険の相談窓口(無料)と選び方一覧【2020年版】
  • 新横浜の保険相談窓口(無料)のおすすめはここ!保険見直しや加入を検討の方必見!
  • 【古河市在住の方必見!】無料のおすすめ保険相談窓口まとめ
  • 岩沼市在住の方必見!無料で保険相談ができるおすすめ窓口一覧!
  • 大和市の保険相談窓口(無料)のおすすめはココ!保険の見直し・加入を検討の方必見!
  • 常陸大宮市にお住まいの方へ、無料のおすすめ保険相談窓口はここ!
  • 帯広市の方必見!保険相談できるおすすめの窓口一覧【2020年最新版】