生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

収入保障保険は何歳までにすればいい、保険期間はこうして決める

収入保障保険の保険期間は、55歳・60歳・65歳・70歳満了などから選べるようになっている保険会社が多いですが、実際のところ何歳までに設定すればよいでしょうか。収入保障保険を何歳までにするかをどのように考えればよいか、わかりやすく解説します。

収入保障保険の保険期間は何歳までにしたらいいのか

収入保障保険は、死亡した後保険期間が終わるまで、毎月年金が支払われます。

一生涯支払われるのがもちろん一番良いですが、収入保障保険は終身保険ではないので、そういうわけにはいきません。


では、保険期間を何歳までにすればよいのでしょうか?

老齢基礎年金の支給が65歳から始まるから、妻の年齢が65歳になるまでの期間がベスト

収入保障保険の保険期間を何歳までにするかを考えるにあたって、最も基本的な考え方は、保険期間を妻が65歳になるまでの期間に設定することです。

これは、妻の老齢年金の支給が65歳から始まるので、それより前は保険金で生活費をまかなえるようにするためです。


夫がサラリーマンの場合は、死亡時より遺族厚生年金も支払われるので、収入保障保険は不要か、または遺族厚生年金でも不足する部分のみ収入保障保険でカバーすることになります。


遺族厚生年金の金額は、夫の標準報酬月額によって違ってくるため、自分で算出することがでdきません。


金額を知りたい場合は、社会保険事務所に問い合わせれば教えてもらえます。


おおよその金額で良ければ、保険ショップでプロのFPに相談すれば、算出してもらえますし、収入保障保険でどれくらいまかなえばよいのかも教えてもらえます。


無料ですから、ぜひ活用されることをおすすめします。

遺族基礎年金の支給条件を満たすから、子供が18歳になるまでの期間も良い選択

収入保障保険の保険期間を何歳までにするかを決める、もうひとつの考え方が、子供が18歳になるまでの期間を保険期間とすることです。

子供が18歳未満であれば、遺族基礎年金が支給されます。


遺族基礎年金の金額は、779,300円+子の加算で計算することができます。


子の加算額は、第1子・第2子はそれぞれ224,300円、第3子以降は74,800円となっています。


例えば、18歳未満の子供が3人いる場合は、


779,300円 + 224,300円x2人 + 74,800x1人 = 年額1,302,700円


となります。

収入保障保険の最低支払保障期間は短く設定するのがおすすめ


収入保障保険には「最低支払保証期間」があります。1年や2年、5年など、保険会社によってその期間は異なりますし、保証期間を選べる保険会社もあれば選べない保険会社もあります。

最低支払保証期間については、どのように設定すれば良いのでしょうか?


それは何歳まで年金を受け取ることができれば、遺族が経済的に困らないかを考えることで、決まってきます。

最低支払保障期間とは?

最低支払保証期間とは、死亡後に収入保障保険の保険金を毎月受け取り始めてから、保険期間が満了するまでの期間が「最低支払保証期間」に満たない場合に、保険期間の満了にかかわらず、「最低支払保証期間」の期間分保険金を受取ることができる期間を言います。

たとえば、35歳の男性が、65歳満了の収入保障保険に加入していたとして、45歳で死亡した場合であれば、その後20年間(65歳ー45歳)保険金を受け取ることができます。


ところが64歳で死亡した場合、その計算で行くと1年間(65歳ー64歳)しか保険金を受け取ることができないことになってしまいます。


しかし実際には、最低支払保証期間がついているので、たとえば5年間の最低支払保証期間であれば、5年間分は保険金を受け取ることができるというものです。

もともと収入保障保険の保険期間の終盤は保障の要らない期間のはずだから

そうなると、できるだけ最低保証期間は長くしておいたほうが得なような気がすると思います。

しかし、最低支払保証期間を長くすると、保険料が上がってしまいます


たとえば、オリックス生命の収入保障保険「キープ」では、30歳男性、年金月額10万円、65歳満了の場合、


最低支払保証期間1年:2,830円

最低支払保証期間5年:2,960円


というように、5年のほうが保険料が高くなっています。


最低支払保証期間は必要なのか

最低支払保証期間がはたして5年必要なのかを考えてみましょう。


上記の場合で、もし夫婦の年齢差がない場合、夫が64歳で死亡しても妻が65歳までは収入保障保険の年金が支払われます。


妻が65歳になれば、妻は老齢年金の受給が始まりますから、収入保障保険から公的年金へうまくリレーすることができます。


こうなると、妻が65歳以降収入があるので、収入保障保険の年金はなくても問題はないといえます。


つまり、高い保険料を支払ってまで、最低支払保証期間を5年にする必要はないということになります。

まとめ

収入保障保険が何歳まで必要かについては、妻が65歳になるまでというのが、ひとつの考え方です。

老齢基礎年金の支給が開始される前までは、収入がないケースも多いので、それに収入保障保険の保険期間を合わせるという考え方です。


もうひとつは、子供が18歳になるまでの期間を保険期間とする考え方です。


こちらは、遺族基礎年金の支給条件を満たすからというのが、その理由となります。


収入保障保険を検討する場合は、最低支払保証期間の期間も十分に考えましょう。


最低支払保証期間が長くなると、保険料も高くなります。


妻の公的年金受給開始年齢を考慮し、期間を設定しましょう。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説