生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

30代の生命保険の選び方、重視すべきポイントをご存知ですか?

生命保険の選び方は、同じ30代でも、男性・女性、未婚・既婚、住宅ローンの有無など、重視するポイントは様々です。30代に必要な生命保険の保障はどういうもの?、保険会社はどれがいい?、医療保険との組み合わせは?今回は保険に入る時の選び方のコツを解説します。

30代の生命保険、後悔しない選び方のポイントとは?


30代にもなると、仕事にも慣れてバリバリ働く一方で、将来のお金の不安や健康の不安がちらついてくるかと思います。


「生命保険を考え始めないといけない!」と思い始めても、私が入るべき保険は何?保険会社はどれがいい?終身保険と医療保険の組み合わせはどう考えれば良い?など、多くの方が選び方がわからなくて困ってしまいます。


さらに、独身の男性・女性か、お若いご夫婦か、それともお子様を持つ家庭の大黒柱かでも、それぞれ検討すべき生命保険は全然異なるので、注意が必要です。


そこで今回は、ライフステージが異なる30代の生命保険の選び方について

  • 30代独身の方(男性/女性)の生命保険の選び方
  • 30代既婚者(男性/女性)の生命保険の選び方
  • 「定期タイプVS終身タイプ」の選び方・組み合わせ
  • 30代で生命保険を検討している人におすすめの選び方とは
  • 30代の生命保険の選び方で後悔しないために気をつけるべきこと
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、30代の家庭環境や経済状態に合った生命保険の選び方、その際の注意点を知ることに役立つと思います。         

ぜひ、最後までご覧ください。

生命保険の選び方や必要性に不安を感じているあなたへ

「生命保険について1から知りたい!」「生命保険って実際は必要なの?」


自分にもしものことがあった場合に、残された家族のために備える生命保険。


しかし、「自分に合った生命保険を選びたいけど、選ぶときのポイントが分からない」


「営業マンの言う通り保険に加入したけれど、保険料の負担が大変で、どこを見直せばいいのか分からない」という人が多いのではありませんか?


そんな方には生命保険に詳しい保険のプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



30代独身の方の生命保険の選び方

医療保険とはいってもどれでも良いわけではなく、将来の自分の医療保障を考えた保険選びが必要です。


終身型医療保険

40代・50代になれば生活習慣病のリスクも次第に高くなっていきます。


終身タイプの医療保険だと、加入したら基本的に被保険者の死亡または解約するまで、一生涯にわたり手厚い保障が約束されます。


男女とも30歳で加入すれば、毎月の保険料が3,000円~6,000円程度で加入が継続できるかと思われます。


保険料がまだ低額である内に加入しておくことが、その後の安心につながります。


所得補償保険

貯蓄があり、保険は最低限で十分だ、と考える30代独身の方は、所得補償保険がおすすめです。


所得補償保険とは、被保険者が就業困難な事態になったときに保険金を受け取れる商品です。


そのため、契約する際は被保険者(ご自分)が仕事に就いていることが前提ですが、所得の実損分(減額分)だけを補填してもらえる保険なので、お手頃な保険料でコスパが高いです。


損害保険会社が主にこの商品を扱っている医療保険の一種です。

30代独身女性は女性特有の病気の備えも検討しよう

病気の中には、女性特有の部位で発症するものも次のように存在します。

  • 子宮:子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がん
  • 卵巣:卵巣がん、卵巣のう腫
  • 乳房:乳がん
30代から発症しやすくなる女性に特有の病気も多く、健康な内に医療保険へ加入しておくことが大切です。

通常の医療保険でも保障可能

女性特有の部位も通常の病気・ケガと同様に、医療保険の保障対象になります。

加入している医療保険で保障する所定の病気に該当していれば、入院した場合には入院給付金が、手術をしたら手術給付金が下ります。

ただし、女性特有の病気だからといって、受け取る給付金が上乗せされるような特典はありません。

女性保険・女性疾病特約で手厚い備えを

各生命保険会社では、個別に女性保険を販売したり、医療保険の主契約に女性疾病特約を付加したりできる商品を扱っています。


女性特有の病気に該当すれば、通常の医療保険より有利な保障を受けられる女性保険に入る検討をするのがおすすめです。

30代既婚者の生命保険の選び方

30代のご夫婦の方々は、「ご自分のまさかの事態の他、家族の生活保障」も重視して保険選びをすることが大切です。


ご自分が死亡した場合に保障される死亡保険、病気やケガの際に保障される医療保険を検討しましょう。


また、子を授かったご夫婦は、なるべく早めに学資保険の加入を考えましょう。


学資保険とは、子の将来の教育資金を積み立て、多額の教育費が必要になった時に活用する保険商品です。 


返戻率が保険加入者に有利であるため、大学進学のようにまとまった学習費を必要とする場合は頼りとなります。 


なお、返戻率とは保険が満期なった場合や解約した場合に戻ってくるお金の割合です。


ただし、学資保険は子の年齢制限が厳しく、各保険会社では原則として就学前に加入することが条件とされています。 

家計・収入を支えている30代男性の選び方

家計・収入を支えている30代男性はまさしく、旦那様、家庭の「大黒柱」です。


それに見合った手厚い死亡保険、医療保険、がん保険等を検討してみましょう。


大黒柱である夫の死亡保険は必須

30代男性ともなれば給与も上がっていきますが、そんな時に妻子を遺して死亡した場合、その後の生活に大きな影響が出ることでしょう。


その生活保障として非常に有効なのが「定期保険特約付終身保険」です。


この保険は、原則として、終身保険がメインで、定期保険をオプションとした死亡保障となります。


ご自分が在職中、定期保険を加えて保障を厚くし、その期間に死亡した場合は遺族へ数千万円に上る死亡保険金が下ります。


そして、子が新社会人として自立した頃には、定期保険の保障期間は消滅し、終身保険の適用だけになります。 


医療保険を充実させる


もしも、現時点で定期タイプの安い医療保険へ加入しているならば、終身タイプの医療保険へそろそろ保険を見直すことが無難です。


一生涯保障になれば、保険料は30代から加入したまま増額されることはありません。


また、入院給付金や手術給付金額を以前よりも増額すれば、病気やケガで治療しても家計に大きな金銭的負担がかからないはずです。


がん保険へそろそろ加入しておくべき 

がんは日本人の死因の上位(約30%)を占め、非常に厄介な病気です。


そして、年齢を重ねるごとにがんのリスクは増していきます 。


40代や50代でがんを発症し大慌てをする前に、今のうちに「がん保険」へ加入しておきましょう。 


がん保険は、がんの入院・治療保障に特化した商品です。
 


男女とも30歳で終身がん保険へ加入すれば、毎月の保険料が3,000円~5,000円程度で一生涯保障されます。  


家計に余裕のない人の代替策

前記した終身保険や医療保険は保障が充実している分、支払う保険料は高額になります。

なかなか家系に余裕のないご家庭では加入が難しいことでしょう。

そこで、収入保障保険(死亡保険)、就業不能保険(医療保険)、損保型がん保険で代替することを検討してみましょう。

これらの保険商品は、毎月支払う保険料も手ごろで加入も継続しやすいのが特徴です。

収入保障保険とは、被保険者が死亡した場合、一定期間毎月年金のように遺族へ保険金が支払われる定期保険です。

毎月、保険期間までコツコツ定額の保険金を受け取れるので、遺族にとって安心できる商品と言えます。

就業不能保険とは、被保険者が病気やケガで働けない状態が続いた場合、生活費や医療費のために給付金が下りる商品です。

損保型がん保険とは、損害保険会社が販売する商品で、契約で定めた保険金額を上限として、実際の損害額を保険会社が支払う仕組みとなっています。

家庭を支えている30代主婦・主夫の選び方

30代の専業主婦(主夫)・兼業主婦(主夫)の方は、保険加入は最低限でも良いと思います。


ただし、子どもがいる場合など、家庭を支えている方にも知っておきたいことがあります。


こちらでは、主婦・主夫の方々の加入した方が良い保険を解説します。


通院・手術に手厚い医療保険・がん保険

主婦・主夫の方々は、できるだけ生命保険会社から支給される給付金で医療費を賄うべきでしょう。

特に子を持つ親が長期入院の必要のある場合は、家政婦等を雇って子の世話をしてもらうケースが想定されます。

医療保険の給付金は使途が自由ですので、受け取ったお金の一部を家政婦・家事代行の費用に充てることもできます。

また、医療保険・がん保険ともに通院費用は結構な負担になります。

そこで、通院給付金が設定されている保険か、特約として通院保障を付加しておくと良いでしょう。

葬儀代やお墓代を考えての安い死亡保険


主婦・主夫の方々が不幸にも亡くなってしまった場合、それなりに葬儀代はかかってしまいます。

家族の大黒柱である配偶者は健在でも、葬儀費用の負担を考慮に入れて安い死亡保険に入っておくことが無難です。

だいたい葬儀費用は、約250万円~300万円かかりますので、死亡保険金額をこれと同じくらいに設定しておきましょう。

死亡保険・医療保険は定期タイプ?終身タイプ?組み合わせる?

ここまで必要な保険、最低限の保険をまとめてきました。


しかし、よくプロへの相談で、「定期タイプか終身タイプか」「生命保険と医療保険の組みわせ」この2つがテーマになることが多いです。


結論から言えば、30代という年齢・年代に関係なく、自分の世帯の家族構成や家計の状況を考慮し、最もベストな保険の選び方を行うべきです。

  • 死亡保険を選ぶ際には、家計のことも考えて定期保険・終身保険・養老保険のいずれを選ぶか?
  • 家計が厳しい場合の最低限の保障を受けるコツとは?
  • ある程度の利回りがある資産形成型の保険の運用を考え方とは?
  • 月額保険料は月収のどの位が目安か?

以上の点を踏まえ、各世帯にあったベストな保険の選び方を解説します。

生命保険の3つの型:定期保険・終身保険・養老保険

生命保険には3つのタイプがあります。下表を参考にしてください。

種類保障内容保険料目安
(30代・月払)
解約返戻金
有/無
定期保険一定期間を保障対象
とする死亡保険。
1,000円
~4,000円
終身保険一生涯保障される
死亡保険。
15,000円
~数万円
養老保険保険期間中に死亡した場合は
死亡保険金がおりる生命保険。
満期時に生存していた場合は
満期保険金を一括または
年金形式で受け取りできる
8,000円
~25,000円


定期保険

保険料は掛け捨てであり、これまで支払ってきた保険料は1円も戻りません。

できるだけ保険料を安く備えて、まさかの事態に備えておきたい人向けの保険です。

終身保険

終身保険は一生涯にわたり死亡保障が受けられる生命保険です。

死亡保険金を受取人へ確実に渡したい人に向いている保険です。

養老保険

養老保険は、保険期間が有期となるものの前述した生命保険とは違った特徴があります。

保険期間中に被保険者が死亡した場合は死亡保険金が下ります。

しかし、保険が満期になっても被保険者が生存していた場合には、死亡保険金と同額の満期保険金が下ります。

生存していた場合でも保険金が受け取れるので、保険料は割高となり毎月の支払保険料が8,000円~25,000円となります。

高額の保険金を、ご自分の老後の資金として活用したい人に向いている保険です。

家計が厳しいうちは最低限の保障・掛け捨て型で保険料を抑える

家計が厳しいにもかかわらず、無理に終身保険や養老保険に加入すれば、家計を逼迫させることにもなります。


その場合には、前述した通り収入保障保険、就業不能保険、実損型がん保険で代替するのが有効です。


また、定期の死亡保険(生命保険)や医療保険も活用できます。


定期保険でも保障は充実

毎月の保険料が安い定期保険といっても、終身保険や養老保険よりも死亡保障が劣るわけではありません。


保障期間は限られていますが、死亡保険金の設定を高額にして保険契約することもできます。


一定の保障期間でしっかりと備えることができて、掛け捨て型も構わないならば定期保険に加入しておきましょう。


定期型の医療保険でも当面は大丈夫

定期型の医療保険も、一定の保障期間にとどまりますが基本的な医療保障は約束されています。


定期型の場合なら30歳の方々が加入しても、毎月の支払保険料は800円台の商品もあります。


家計が厳しいものの、入院給付金や手術給付金はしっかり下りる商品を選びたい場合には、安い医療保険でも十分です。


掛け捨ての特徴

定期保険(生命保険)、定期型の医療保険は双方とも掛け捨て型となります。

しかし、これは逆に、ご自分の家計に余裕が出てきたら、すぐに他の保険へ見直しが行い易いという特徴があります。

結局、解約して1円もお金が戻ってこないことを承知で加入しているので、解約にさほど抵抗はないでしょう。

保険料が戻ってきて欲しいという方は貯蓄型でしっかり積立プラン

終身保険や養老保険では、解約をすれば解約返戻金が受け取れます。


養老保険は満期保険金を受け取れますが、終身保険の場合、貯蓄的な役割はこの解約返戻金が担うことになります。


保険料の内訳

解約すれば、保険料の全額が戻ってくるわけではありません。

解約返戻金は、支払った保険料の何割かをコツコツ積み立ててていく形となります。

保険料には次のような内訳があります。 

払い込んだ保険料=純保険料+付加保険料 

  • 付加保険料:加入した生命保険会社の経費(人件費等)に充てられるお金です。
  • 純保険料:次の2つに分かれます。[危険保険料]保険料が払い込まれた年の保険金支払いに充てるお金です。[貯蓄保険料]保険料が払い込まれた年の翌年以降の保険金支払いに充てるお金です。

このうち、純保険料一つである貯蓄保険料が、解約返戻金として積み立てられていくことになります。

貯蓄型で利益を得たいなら低解約返戻金型終身保険

現在の日本では、超低金利が続いており保険商品の返戻率はその影響を受けています。

終身保険の返戻率は1%、養老保険では4%が平均と言えます。

しかし、「低解約返戻金型終身保険」ならば、比較的高い返戻率が期待できます。

この保険は、保険料の払込が満了した後に解約すると、お金がたくさん戻る保険商品です。

保険プラン・経過期間等で異なりますが、払込満了後は約105~110%の解約返戻率となります。

ただし、保険料を支払っている期間中に解約すると、わずかな解約返戻金しか戻らないので注意が必要です。

月額保険料は月収の5%から10%が目安!

加入した保険へ支払う月額保険料は、高額な場合なら家計を圧迫してしまいます。


そこで、長く継続して保険加入できる保険料の目安を考慮する場合、月収の5%~10%が丁度良いといわれています


月収別保険料の目安

こちらでは月収別でどの位の保険料が目安となるか解説します。


下表を参考にしてください。

月収毎月の保険料目安
30万円15,000円~3万円
40万円20,000円~4万円
50万円25,000円~5万円
60万円30,000円~6万円


ご自分の世帯で、あなたが唯一収入を得ている場合、配偶者や子がいれば、その保険加入も検討する必要があります。


他に出費が多いものも考える

保険料以外、家族の出費と言えば生活費くらいであるなら、容易に保険へお金を回すことができます。

しかし、自家用車の購入ためのマイカーローンや、一戸建ての購入したためローンを支払っているというケースもあるはずです。

こちらが滞ると最悪、差し押さえにあうので、表の目安よりも若干低く支払う保険料を抑えた方が無難です。

30代で生命保険を検討している方におすすめの入り方

生命保険に加入しようと検討中の30代の方々も多いことでしょう。


これまで見てきたように、生命保険や医療保険はどれでも良いというわけではありません。


また、次のような方々は早急に手厚い保障が約束された保険商品に加入するべきでしょう。


〇病弱な方々は医療保険でしっかり備える


もともと子供の頃からあまり身体が丈夫ではなく、病気がちであった人はできるだけ医療保険へ加入しましょう。


健康に不安がある人でも「引受基準緩和型」という審査が緩く加入しやすい医療保険もあります。


公的医療保険と共に民間の医療保険を活用すれば、医療費の負担を大きく軽減することができます。


〇がんの家系ならばがん保険で備える


がんを発症する原因に「遺伝的な要因」も存在するといわれています。 


遺伝的な要因は異論はあるのですが、医学界では遺伝的要因は既に周知の事実です。 


この事実が「家族性腫瘍」と呼ばれる疾患です。


家族性腫瘍とは、家族へ腫瘍(がん)が集積して起きる腫瘍性疾患を言います。 


この内、1つの病的な遺伝子変異が親から子へ伝わった場合、遺伝的にがんへ罹患しやすくなります。


それが原因で発症する疾患を特に「遺伝性腫瘍症候群」と呼ばれています。 


つまり、「がんの家系」は現実に存在します。


家族でがんを発症した人がいるならば、ご自分が健康な内にがん保険へ加入しておくことが大切です。


〇そうはいっても保険の選び方は難しい


ご自分の将来の健康状態を考慮して、加入しておいた方が良いと思う保険はあることでしょう。


しかし、生命保険や医療保険、がん保険等は、各生命保険会社から数多く販売されており、保険選びに迷うかもしれません。


そのため、次項では保険の選び方のアドバイスに最適なサービスを解説します。

無料の保険の相談窓口でプロに相談する

保険の内容が複雑でよくわからない人や、自分に合った保険を探している人は、保険の専門スタッフを頼るのも良い方法です。


無料の保険相談窓口はいろいろある


保険の相談に利用できるお店が「保険相談窓口」です。


ご自分のお住い地域の駅前や、ショッピングモール等で店舗を見かけることもあると思います。


このお店の中には無料で何回でも気軽に相談できる相談窓口もあります。


しかし、乳幼児の世話をしている主婦等は、なかなか来店が難しい面もあります。


だったらほけんROOM相談室をおすすめ!


保険相談には、専門スタッフがご自宅や指定した場所に向かい、相談を受けるサービスもあります。

訪問型の無料の保険相談サービスも存在し、その一つが「ほけんROOM相談室」です。

こちらのお店は代理店のような店舗は無く、相談者の希望の場所で相談することができます。

自宅が気になるなら、お近くのカフェやファミレスでも相談可能です。

ほけんROOM相談室では、業界歴5年以上の経験豊富で優秀ファイナンシャルプランナー(FP)のみと契約しています。

FPとは、お金や保険に詳しい有資格者です。

このFPが訪問して相談に答えるので、保険の知識があまりない方々でも、安心して相談することができます。

ほけんROOM相談室に相談したいときは

パソコンやスマートフォンから無料相談を申し込みましょう。

申し込みページでは、名前・メールアドレス・加入を検討している保険の種類・ご希望の相談日等を入力します。

相談を申し込み、日程の調整の後に、実際の相談へと移ることになります。

事前に興味のある保険会社の資料請求を

自分のベストな保険の選ぶためには、事前に興味のある保険会社の資料を集めるのも良い方法です。


ただし、1つの保険会社の1商品だけだと、保険の選び方が限定されてしまうので、複数の保険

会社の資料を集めて比較してみましょう。


例えば、がん保険に加入を希望しているなら、がんに有効な治療方法の保障が充実しているかどうかを確認します。


放射線治療や抗がん剤治療の保障に手厚い保険かどうかを検討するには、他社の商品と比較するのが有効な選び方です。


保険を選ぶ段階では、「保険料の安さは〇〇〇保険」、「保障の充実度なら〇〇〇保険」というように、気になる商品を自分でランク付けしておきましょう。


そして、最後に自分に合ったベストな保険を決定するのが、後悔しない方法と言えます。

30代の生命保険選びで後悔しないために気をつける3つのこと

30代の方々は、結婚や出産と言ったライフステージの変化や、マイホーム購入等の高い買い物をすることがあるでしょう。


また、30代の後半になれば、20代とは違った疲労感を感じるような、体力や健康状態の変化があるかもしれません。


このライフステージの変化や、ご自分の健康に合った保険選びが重要となります。


こちらでは、30代の生命保険選びで後悔しないポイントを説明します。

注意点①:20代から保険に加入している方は必ず保険の見直しを

20代の時に念のためと言って保険に加入している方々もいると思います。


20代の頃は健康に自信があり、特に医療保険は最低限の基本的な保障のみの安い商品に加入している場合があります。


しかし、年齢を重ねるうちに、病気やケガもしやすくなり、通院保障や一時金が設定されている手厚い保障を必要とするかもしれません。


病気やケガで入院した後に、手厚い医療保険に見直すべきだったと後悔することの無いよう、定期に保険の見直しを行いましょう。

注意点②:住宅ローンの団信生命保険との保障の重複は大丈夫?

団体信用生命保険とは、住宅ローンの返済に特化した生命保険です。


住宅ローンを組んだ人が、ローンを全額返済しないうちに死亡し、ローンの返済が困難になることも想定されます。 


そんな時に、住宅ローンを保険会社が被保険者の代わりになって金融機関へ返済するという保険です。 


住宅ローン契約時、団体信用保険へ加入することが義務付けられている場合も多くあります。


ただし、ご自分の既に加入している生命保険と保障内容が重複するケースが考えられます。


双方の保障内容を確認し、重複が多く無駄も発生しているならば、既に加入していた民間の生命保険を解約することがおすすめです。

注意点③:老後の年金の積立も考え始めるのが吉!

ご自分の給与または収入が順調に上がり、余裕が出てきたならば老後の年金の積立も考えておきましょう。


個人年金保険は、年金保険料を積み立て、ご自分が設定した年齢から年金を受け取ることができる保険商品です。


特に自営業・自由業の方々は、公的な年金は老齢基礎年金(年間77万円程度)しか受け取れません。


そのため、事前に収入からコツコツと積立て、公的年金を受給するとき個人年金保険も受け取れるようにすれば安心です。

まとめ:30代の後悔しない生命保険の選び方のポイント

ライフステージによって異なる30代の生命保険の選び方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。                


今回の記事のポイントは

  • 30代独身の方の生命保険の選び方は医療保障を特に重視し、女性は女性保険等へ加入がおすすめ
  • 30代既婚者なら、死亡保険を重視し、子を設けたならば学資保険等を検討する
  • 30代で生命保険に入る検討をしている人は、無料の保険の相談窓口でプロに相談するのがおすすめ
  • 30代の生命保険選びで後悔しないため、保険に加入していても保障の不足がないか定期に確認する
でした。

30代の方々であっても、独身か夫婦かで重視するべき保険内容は異なります。

定期に保険の見直しを行い、備えを万全にしましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説