緑内障の方でも生命保険へ加入できる場合を徹底解説します!

緑内障の方は症状によって生命保険の加入が難しくなります。ただし、生命保険の中には条件付きで可能な場合や、緑内障の症状が進行していても健康条件を緩和、または告知や医者の診査がなくても加入できる保険があります。諦めずに自分の希望にあった保険を探しましょう。

緑内障でも生命保険に加入できるのか

緑内障とは、目から入って来た情報を脳へ伝達する働きを行う「視神経」という器官に障害が発生し、視野が狭くなる病気のことです。

この視神経の障害は、目の硬さである眼圧が、個々人が耐えられる眼圧よりも上昇することで引き起こされます。主に中高年の方に起こる病気の一つです。

緑内障で死亡する例はありませんが、生命保険各社は保険に加入したい方にこの様な症例があると、加入に難色を示すことになります。

緑内障の症状

緑内障の症状は、少しずつ視野が狭くなっていくことが特徴ですが、その進行は非常に遅く、両目の症状が同時に進行することは稀であり、自覚症状がほとんどないまま深刻な事態に至るケースがあります。

最悪のケースでは失明してしまうリスクがあるため、症状がない場合でも、眼科で定期健診を受けることをおすすめします。

なぜ緑内障だと生命保険に加入しずらいのか

生命保険金は、死亡した場合のみ生命保険会社から支払われるだけでなく、「高度障害状態」となった場合でも支払われます。

  • 高度障害状態とは

保険加入後、保障の開始日以後の障害また疾病により、保険期間中に、その後の生活に重大な支障をきたす状態を指します。


この高度障害状態には、「両目の失明」も該当します。



  • 緑内障のリスク

緑内障は、それが原因で死亡するわけではないですが、最悪の結果として失明に至るケースがあります。


失明した場合、災害や事故などに罹災する危険性が上がるので、緑内障を患う方の加入を容易に認めれば、それだけ多くの生命保険金の支払いに応じなければいけないリスクが高まります。

生命保険各社が、加入に難色を示す理由がここにあります。

緑内障の場合、告知すべき内容について

緑内障だからと言って、通常の生命保険が全く加入できないわけではありません。

まずは加入希望者が患っている緑内障の状況について、正確に告知する必要があります。



  1. 正式な眼病の名称
  2. 罹患した期間
  3. 現時点での視力や眼圧、眼底検査結果、視野狭窄等の障害の有無
  4. 点眼している薬の種類
  5. 外科的療法による治療の有無
  6. 治療を受けている医療機関名

告知義務違反をするとどうなるか

告知する場合には、告知書へ加入希望者の病歴を記載する必要があります。

加入希望者が生命保険に加入できなくなることを避けるために、緑内障の事実を記載せずに生命保険契約が締結された場合、早期に緑内障の事実が発覚しても、加入して発覚から相当長期間を経たとしても、いざ生命保険を支払う時期になって発覚しても、保険会社は契約を解除することができます。

告知義務違反による契約の解除がなされると、生命保険金が下りないばかりか、既に支払っている保険料も戻りません。

緑内障予備軍と緑内障患者でも加入難易度は同じ

では、緑内障予備軍(要するに、実際に緑内障を発症するかどうか現時点では断定できない方)と、眼科の医師から緑内障の診断を受けた方では、生命保険の加入に差異はあるのでしょうか?

緑内障は加齢により発症リスクが高まるのに加え、前述したように自覚症状がほとんどないまま進行します。

そのため、加入条件には差が無く、保障内容に一定の制約を受けることになります。

生命保険会社側としては、失明し高度障害状態となり得る緑内障を早期の段階でも警戒し、生命保険金を支払うリスクを減らすことを優先的に考えているからと言えます。

どちらも特定障害不担保特約が適用されることが多い

前述した保障内容に一定の制約を行う措置が「特定障害不担保特約」です。

  • 特定障害不担保特約とは?

特定障害不担保特約とは、加入希望者が生命保険会社の約款に定める特定の障害(緑内障の場合は視力障害)状態になった場合でも、高度障害状態になった際の生命保険金の支払いを生命保険会社が行わず、保険料の払込免除も行わないという特別の条件の事です。




  • 特定障害不担保特約の条件は基本的に二者択一

生命保険会社側がこの特約を付けた場合、基本的に加入希望者は承諾するか、拒否するかの二者択一となります。 

加入希望者であるご自身は、納得して特約の条件を受け入れれば契約が成立し、拒否すれば契約は不成立となります。



告知内容が限定的な引受基準緩和型保険もある

緑内障の症状によっては、特定障害被担保特約があったとしても通常の生命保険への加入を拒否される場合があります。

そこで、生命保険の中には、加入条件を通常の保険よりも緩和した引受基準緩和型保険や、告知書自体を提出しなくても良い無選択型保険があります。この二つの保険を検討するのも選択肢の一つです。


ただし、両保険とも保険料が高額になる傾向があり、保険商品によっては保障範囲がきわめて限定的となる場合もあります。



  • 引受基準緩和型保険

引受基準緩和型保険とは、加入を希望する方の健康条件を緩和している保険です。 

引受基準緩和型保険は、通常の生命保険より引受基準を緩和し、簡単な告知で済みます。 

ただし、一般的に保険料は割高で、保障内容も通常の生命保険よりも万が一の時に支払われる生命保険金等の上限額が低めに設定されています。 

また、生命保険各社とも緩和される基準や保障内容に差異があるため、複数の生命保険会社の資料を比較・検討しながら、ご自身の希望に沿う保険商品を見つけることになります。




  • 無選択型保険

無選択型保険とは、告知不要で契約が可能な生命保険です。無選択型であるなら緑内障でも基本的に入れると言われています。

告知や医者の診査がなくても加入が可能ですが、保険料がかなり高額になる傾向があります。 

保障内容は、緑内障等の既往症が悪化しても入院や手術は保障されません。

支払われる生命保険金等の上限額も通常の生命保険よりもかなり低めに設定されています。 生命保険各社とも、保障内容に差異があるため、各社の保障内容を比較してご自身の希望に沿う保険商品を見つける必要があります。


まとめると、以下のようになります。

引受基準緩和型、無選択型

告知緩和型、無選択型



まずは通常の生命保険への加入をトライしよう

引受基準緩和型保険、無選択型保険ともに緑内障の患者でも加入しやすい保険と言えますが、保険料は高く、反対に保障内容は通常の生命保険よりも充実しているとは言えません。

そのため、緑内障の症状が軽く、早期に発見できたために、迅速な治療を進めることができた方は、まず通常の生命保険に加入できるかを生命保険会社側と相談して検討していくべきでしょう。

生命保険の相談は1社だけにするのではなく、複数の生命保険会社を回り、現在の症状や治療を報告したうえで、通常の生命保険商品への加入に前向きな姿勢を示してくれる会社を探すことも、後悔しない保険の選び方と言えます。

まとめ

緑内障は、この症状が原因で直接死に至るケースはありませんが、失明による高度障害状態、視野狭窄による交通事故のリスク、災害が起きた場合の避難活動に重大な影響を及ぼす病気です。

日頃から、悪化の原因であるパソコンやスマートフォン等の人工光(ブルーライト)をカットするメガネの装着や、パソコン画面等に貼るフィルターを設置すると言った対策を講じるべきです。

その上で、眼科で定期健診を受けて緑内障や他の眼病になっているかを確認することも重要です。

このような細かい心がけがあれば、緑内障になっても早期に治療を行う事ができ、症状の深刻度で加入できる枠が狭まる生命保険の現状からすると、軽度の緑内障であるなら通常の生命保険に加入できる可能性はぐんと高くなります。

ランキング

  • パーキンソン病にかかっても、加入できる生命保険はあるのか
  • バセドウ病の罹患歴がある方が入ることのできる生命保険とは
  • パニック障害もちは生命保険に加入することが出来るのでしょうか?
  • クローン病でも通常の生命保険に加入出来る可能性があります。
  • てんかんの持病ありでも生命保険に良い条件で加入できる可能性を探る
  • リウマチって生命保険は入れる?診断されたら今の保険は?を解明!
  • ひとりで悩んでませんか?うつ病で生命保険に加入するという
  • ペースメーカー使用者が加入できる生命保険の特徴と注意点とは
  • ピルの服用を前向きに捉え始めた生命保険会社、でもここに注意!
  • 何故睡眠薬の服用が生命保険の加入に影響するのかその理由について
  • 特定難病って何?特定難病で生命保険に加入できる?全部答えます
  • 糖尿病は生命保険に入るのが難しい?不安を一緒に解決しましょう!
  • 脳腫瘍があると一般的な生命保険に加入することができるのか?
  • 頭痛持ちでも生命保険に加入できるのか?大切なのは正しい告知
  • 髄膜炎の方が生命保険に加入する場合の注意点などを知っておこう
  • LGBTの人でも生命保険に加入できる?生命保険会社の取り組み
  • 認知症に特化した生命保険が登場しています!その内容をズバリ解説!
  • あなたが高度障害状態になってからでは遅い!生命保険の死亡保障とは
  • 高血圧の場合は生命保険の加入が難しくなります。でも諦めないで!
  • 精神疾患で通院している方でも生命保険に加入できる場合があります!
  • 生活保護を受ける際、生命保険の加入や継続も可能な場合があります!
  • 無職だと生命保険に入ることができない?その疑問にお答えします!
  • 入りやすいけど要注意?無選択型の生命保険のメリット・デメリット
  • 生命保険は優良体がお得!優良体って何?定義や基準を徹底解説
  • タバコを吸ってない私の生命保険、この機会に見直しの価値あり?