生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

糖尿病だと生命保険に入れない?入れる保険はあるの?徹底的に解説!

現代病の一つである糖尿病。治療は長期に渡り、合併症への心配もあります。しかし診断がされた後に生命保険の新規加入はできるのでしょうか?また、糖尿病の保障に特化した生命保険はあるのでしょうか?そんな疑問を一緒に解決していきたいと思います。

糖尿病になっても加入できる生命保険があるのか

糖尿病は現代人のかかりやすい疾病の一つで、よく耳にする病名です。


患者数が多いことは推測できると思いますが、実際どれぐらいの人が糖尿病のリスクを抱えているのでしょう。


厚生労働省発表の「平成27年国民健康・栄養調査」の調査結果から算出したデータによると、2015年の時点で日本では2367万人が糖尿病の発病リスクを持っていると言われます。

そのうち糖尿病が強く疑われる(すでに診断され治療を受けている人を含む)人20歳以上の人は1144万人、可能性を否定できない人は1223万人いることがわかり、合わせて糖尿病リスク者は2367万人いる計算になります。


これほど大勢の方が糖尿病リスクにさらされていることが分かりましたが、糖尿病になってしまうと生命保険で保障してもらうことはできるのでしょうか? 


そこで、この記事では 

  • 糖尿病の方は通常の生命保険に加入できるのか 
  • 生命保険の更新時に糖尿病だった場合はどうなるのか 
  • 糖尿病に備えるための生命保険 

以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、糖尿病の方が生命保険の保障が得られるのかどうかがお分かりいただけると思います。 


ぜひ最後までご覧ください。  

糖尿病では通常の生命保険への加入は難しい!他の選択肢は?



糖尿病と診断された場合は通常では一般的な生命保険に加入することが難しくなります


中には死亡保険には特別な条件付きで加入できる場合もありますが、審査を正しくしてもらうためには正確な情報を申告する必要があります。


例えば申告内容としては

  • 血糖値とHbA1cのコントロールが良好であることを示す数値データ 
  • 診療機関名、治療期間、治療のために飲んでいる薬剤名 
  • 合併症がないことを示す定期健康診断や人間ドックの成績表

などです。


それでも糖尿病は一般的に治療が必須なことや治療の長期化・合併症の発症率が高いことから保険の保障の支払いの可能性が高くなるため一般的な生命保険の加入は非常に難しいと言われています。


では糖尿病と診断された際には生命保険はどうすればいいのでしょうか?


糖尿病患者でも加入できる生命保険のタイプを見てみましょう。

引受基準緩和型保険に加入する

引受基準緩和型保険とは、通常の生命保険に加入するときの告知項目よりも確認事項が少なく、持病や診断されている疾病がある方向けの保険です。


告知内容としては下記のようなものがあります。


  • 現在、入院中ではありませんか? 
  • 過去の一定期間内に、医師から入院・手術・精密検査などを勧められていませんか? 
  • 過去の一定期間内に、所定の病気(糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、気管支喘息など)で入院したことはありませんか?
  • 過去の一定期間内に、所定の病気(糖尿病の合併症、ガン、心臓病、慢性心不全など)で医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことはありませんか?

※過去の一定期間とは保険のプランによって異なります。

 

また3・4番目に該当する項目として、糖尿病が悪化して入院した場合や合併症の発症によって診察をうけた後などは緩和型の保険も加入が難しい場合があります。

無選択型保険に加入する

無選択型保険とは、生命保険の加入時に、健康状態の告知や医師の診断が必要ない保険のことで、引受基準緩和型保険よりもさらに加入しやすい生命保険となっています。


告知無しということからわかるように、持病や病気の治療歴などによって他の保険に加入が難しい方向けの生命保険です。


どんな人でも生命保険に入ることができることが魅力と言える無選択型保険ですが、その分毎月の掛け金が高くなります。


次に注意点をいくつかあげていますので参考にしていただければと思います。

引受基準緩和型と無選択型の注意点

1:保険料が通常の生命保険に比べて高額

ご理解いただけるかとは思いますが、二つの保険のタイプはどちらもリスクを持っている方が加入するものです。


保険の給付金が支払われる可能性も一般的な保険に比べて高くなるため、必然的に保険料も高くなります。


2:加入後1年間は給付金が半額<緩和型>

ほとんどの引受基準緩和型では、加入後一年間の保険金の支払いが半額に設定されています。


支払削減期間と言われますが、この期間に入院や手術を受けた場合には設定されている金額の半額(例:日額5千円の設定であれば2千5百円)が給付されることになりますので気を付けましょう。


3:損をすることがある<無選択型>

加入後2年以内に亡くなった場合には払込金額相当額しか受け取ることができないことや、高額な掛金のため契約者の支払金額が保障金額を上回ることも考えられます。


また、これまでに発症した病気や契約前から持っている疾病での入院・手術は対象外となることもあり要注意です。

糖尿病患者のための保険会社を紹介!

「じゃあ、糖尿病になると生命保険には入れない?」

「入れても保障されるか定かじゃない生命保険もあるということ?」


と不安になりますね。


最近では現代病ともいわれる糖尿病患者を支えるために各保険会社からも様々な保険のタイプが紹介されています。


また専門の保険会社も登場しており、保険に悩む方々に寄り添って一緒に考えてくれます。


ここではそれらの保険会社について解説していきます。

エクセルエイド少額短期保険会社

糖尿病の人のための生命保険を扱う会社、それがエクセルエイド社です。


特徴は2型糖尿病だけでなく1型糖尿病(先天的な糖尿病)でも加入が可能なところ。


0歳3か月から満89歳の方まで加入でき、幅広い年齢層の方を対象に手厚く保障をしています。


また加入前から発症している糖尿病や、加入後に糖尿病・合併症が悪化したことによる治療、さらに食事や運動指導のための教育入院や、医療保険として糖尿病以外の病気での入院・手術なども保障対象になっています。


保障期間が1年間と短期でお客様のニーズに合わせた保険のためシンプルな保障内容なことも特徴の一つです。


緩和型や無選択型に比べて価格が抑えられる場合もあり注目されています。


エクセルエイド少額短期保険会社のページはこちらです。

メットライフ生命 「フレキシィゴールド エス」

メットライフ生命から販売されている商品に「フレキシィゴールド エス」があります。
 

フレキシィゴールド エスの大きな特徴は次の3つです。
 

  • 持病があっても入りやすい 
  • 保障1年目から給付金をもらえる 
  • 必要な保障に幅広く備えられる 

フレキシィゴールド エスは、持病を持っている方でも入りやすいように、他の医療保険よりも引受基準が緩和されており、さらに責任開始時以降に持病が悪化したことにより入院・手術をした場合の保障も対象となります。 

また、通常持病のある方向けの医療保険は、支払削減期間が設けられていることがありますが、いざという時に十分な給付金が支払えるよう、支払削減期間が設けられていませんので、保障年目から給付金が全額もらえます。 

生命保険の更新時に糖尿病だった場合はどうなる?

生命保険に加入後、糖尿病になってしまうケースも考えられます。 

「糖尿病になってしまったら生命保険の更新ができないのでは?」と不安になってしまいますね。 

しかし、一般的には新規加入時とは異なりすでに加入している場合は、更新時に持病の有り無しは大きな影響はないとされています。 

一度加入していたらそのあと糖尿病になっても問題はない

生命保険にすでに加入しており、その後糖尿病になってしまっても、一度加入していれば更新の手続き上特に問題はありません。 

生命保険の更新時は、健康状態の確認をしたり再審査を行うことはなく、また告知の必要もないためです。 

「保険は健康なうちに加入したほうがいい」と言われるのはこのためともいえます。

契約者が更新の手続きを忘れることのないように、自動更新に設定されていることも多く、更新日の3ヶ月ほど前に送付されてくる「更新のお知らせ」で「更新しません」と伝えない限り問題なく更新されます。 

ただし、保険料は更新のたびにその時の年齢で再計算されますので、徐々に高くなっていくことは留意しておきましょう。 

生命保険が更新型か再加入型かを必ず確認しましょう!

生命保険、特に定期保険に加入する場合は、「更新型」なのか「再加入型」なのかを必ず確認しましょう。 

・更新型:保険期間終了後に「更新」か「契約終了」を選択する 
・再加入型:保険期間終了後に「新規加入」する 

更新型であれば、健康状態に関係なく更新を選択すれば、同じ条件で継続することができます。 

しかし、再加入型の場合は、保険期間が終了した時点でもう一度健康状態の告知をする必要があり、基準を充たしているかの審査を受けなければなりません。 

その際に糖尿病になってしまっていると、再加入できない可能性がありますので、生命保険に加入する時点では健康であっても、契約後に病気になる可能性を考慮して、「更新型」を選んでおくと安心です。 

現時点で糖尿病でなくても、糖尿病に備えるための生命保険

では、現時点では糖尿病と診断されていない場合はどんな備えができるのでしょうか。


今は発症していない場合も自分が加入している保険でもし糖尿病を発症した場合にはどんな保障が受けられるのか、またどんな備えができるのかを考えておくことは大切です。 


今回は代表的な特約2つと、治療による収入減を補うことができる保険を紹介します。

生活習慣病特約

生活習慣病特約は、生活習慣病と言われるがん、脳血管疾患、心疾患、高血圧性疾患、糖尿病のいずれかの治療のために入院した場合や、手術を受けた場合に、入院給付金や手術給付金を受け取ることができる特約です。


保険会社によってはこの生活習慣病を成人病と表記している事もありますが、その場合には成人病に含まれている疾患が上記の生活習慣病とは異なる事もありますので要注意です。

疾病障害特約

疾病障害特約では、病気を原因とした所定の障害状態になったときに給付金を受け取ることができます


糖尿病の場合にはインスリンの治療を受けて、保険会社の設けている所定の障害状態に該当したときに給付金が受け取れます。


さらに合併症で腎不全になり人工透析療法を受けて所定の障害状態に該当したときにも給付金を受け取ることができます。


所得補償保険

所得保障保険は、病気やケガなどで働けない状態になった場合、働けない期間の収入を補うことを目的とした保険です。


医療保険のように1日いくらではなく、1カ月いくらと設定した金額を受け取ります。

糖尿病の場合には治療や療養が原因で所得が減ってしまった場合の生活の支えとして利用することができる保険です。


サラリーマンなどで病気の際の保障を会社から受けられるとわかっている方には加入する必要性は低いものですが、サラリーマンでも会社からの保障がない・または少ない場合や自営業の方で保障が受けられない可能性が高い場合には加入を検討する方が多いようです。


まとめ:糖尿病患者におすすめの生命保険は?

糖尿病の方が生命保険に加入できるのかについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 

今回のこの記事のポイントは、 
  • 糖尿病だと通常の生命保険への加入は難しいが、他の選択肢がある 
  • 更新時に糖尿病になっていても問題はない 
  • 糖尿病に備えるための生命保険に加入しておくことも大切 
です。 

糖尿病になってしまうと、新規で通常の生命保険に加入することは難しくなりますが、糖尿病でも入れる保険はありますので、充分な保障を得られるよう検討してみましょう。 

また、更新時に糖尿病になっていても問題ありませんので、現在加入中の保険を大事に継続していくことも大切です。 

保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください 。 

ランキング

  • パーキンソン病にかかっても、加入できる生命保険はあるのか
  • バセドウ病の方でも入ることのできる生命保険や医療保険はあるの?
  • パニック障害持ちは生命保険に加入することが出来るのでしょうか?
  • クローン病でも通常の生命保険に加入出来る可能性があります。
  • てんかんの持病ありでも生命保険に良い条件で加入できる可能性を探る
  • リウマチって生命保険は入れる?診断されたら今の保険は?徹底解明!
  • ペースメーカー使用者が加入できる生命保険の特徴と注意点とは
  • ピルを服用しても生命保険に入れる場合も!入れる保険を紹介!
  • 睡眠薬を服用すると生命保険に加入できない理由・入れる保険を説明!
  • 指定難病って何?指定難病で生命保険に加入できる?全部答えます
  • 脳腫瘍でも生命保険に加入できる?脳腫瘍はがん保険で保障されるの?
  • 頭痛持ちでも生命保険に加入できるのか?大切なのは正しい告知
  • 髄膜炎の方が生命保険に加入する場合の注意点などを知っておこう
  • LGBT向けの生命保険を販売している?生命保険会社の取り組みを解説
  • 認知症に特化した生命保険が登場しています!その内容をズバリ解説!
  • あなたが高度障害状態になってからでは遅い!生命保険の死亡保障とは
  • 高血圧の場合は生命保険の加入が難しくなります。でも諦めないで!
  • 精神疾患の方でも保険に入れる?加入可能な生命保険・医療保険を紹介
  • 生活保護の申請時、生命保険の解約が不要となる3つの条件とは?
  • 無職だと生命保険に入ることができない?その疑問にお答えします!
  • 緑内障の方でも生命保険へ加入できる場合を徹底解説します!
  • うつ病と診断されると、生命保険への加入が難しくなるのは本当?
  • 入りやすいけど要注意?無選択型の生命保険をわかりやすくご説明!
  • 生命保険は優良体がお得!優良体って何?定義や基準を徹底解説
  • タバコを吸ってない私の生命保険、この機会に見直しの価値あり?