生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

精神疾患の方でも保険に入れる?加入可能な生命保険・医療保険を紹介

精神疾患で通院歴のある方や現在治療中の方は、通常の生命保険に加入することは困難です。ただし、精神疾患の方々でも加入できる生命保険があります。「引受基準緩和型保険」や「無選択型保険」と呼ばれる生命保険ですが、その特徴を十分に理解し加入を検討していきましょう。

精神疾患の患者は生命保険や医療保険に加入できない?

精神疾患の患者数は、うつ病患者や統合失調症患者をはじめ、年々増えています。


厚生労働省によると、精神疾患の患者数は、平成14年では250万人、平成23年では320万と増えているとの発表がありました。


社会的には精神疾患の病気への理解が広まってきているのですが、現状としては残念ながら、精神疾患の患者は、生命保険や医療保険への加入は難しいとされています。


そのような現状で、精神疾患の方でも加入できる生命保険・医療保険はあるのでしょうか?


実は精神疾患の患者でも加入できる生命保険・医療保険は存在します。


そこで、この記事では、精神疾患患者における生命保険・医療保険について、


  • 精神疾患患者はどうして生命保険・医療保険に入りづらいのか
  • 生命保険・医療保険の加入時における告知審査・告知義務
  • 精神疾患の患者でも加入できる生命保険
  • 保険加入後に精神疾患になった場合はどうなるのか

以上のことを中心に解説します。


ぜひ最後までご覧ください。

なぜ精神疾患の患者が保険に加入しづらいとされているのか

まず、統合失調症やうつ病などの精神疾患の患者が生命保険や医療保険に加入しづらいとされている理由を説明します。

これは、保険の仕組みが「相互扶助」の精神にもとづいているからです。


「相互扶助」とは、加入者全員でお金を出し合い、いざ病気や怪我をした加入者にそのお金を払って助ける仕組みです。


そんな中、仮に怪我をよくする人がいたらどうでしょう?


その人ばかりが補償を受け、その他の怪我をしない人が損をしてしまいます。


そうならないように、怪我や病気をする可能性の高い人の生命保険・医療保険の加入を拒否したり、保険料を高くしています。


そのため、精神疾患の患者は、通常よりも自殺率や自傷率が高いとされているので、加入時に断られるケースが多いのです。


でも、ポジティブに捉えると、保険料を高くしたり、条件をつけることで、精神疾患の患者も保険に加入することができるのです。


では、次に、加入時の告知審査・告知義務について説明します。

生命保険や医療保険加入時に、健康状態や病歴の告知義務がある

生命保険や医療保険には、健康状態や過去の病歴を告知する義務があります。

では、まず告知内容について説明します。

告知の具体的な内容を紹介!

告知内容は保険会社、保険商品によって異なりますが、基本的には被保険者(保険の対象となる人)の健康状態や病歴、入院・手術の経験について問うものです。


具体的には

  • 最近3ヵ月以内に入院・手術・検査を勧められたことがありますか? 
  • 過去2年以内に入院をしたこと、または手術を受けたことがありますか? 
  • 過去5年以内にがんまたは上皮内新生物で入院をしたこと、または手術を受けたことがありますか?
  • 過去5年以内に、妊娠・分娩に伴う異常で医師の診察・診査・治療・投薬を受けたことがありますか?(女性のみ)または現在妊娠中ですか?

このような質問が挙げられます。


原則すべて「いいえ」の場合加入できます。


告知義務違反をするとどうなる?

もしこの告知で嘘をついた場合は、告知義務違反となり、保険金を受け取れないなどのペナルティが発生します。  


また保険会社から契約を解除することも可能です。


ただし、告知義務違反には2年という時効があります。この時効を過ぎると、保険会社は契約を解除するなどの処置をとることができなくなります。


しかし、2年が過ぎても、その間に支払い事由が発生した(入院したなど)場合や違反の内容が重大であると判断された場合は、例外となり、時効が過ぎたという扱いにはなりません。

精神科の通院が5年以上前ならば生命保険や医療保険に加入できる

ご自身が記載する告知書をみると、概ね生命保険各社とも「過去5年以内の通院歴」を聞いています。


これは医療機関のカルテの保存義務が5年間であることが理由です。


医療機関は5年経ったカルテを破棄しても構わないのです。


つまり、生命保険会社が、告知書の信憑性を裏付ける資料を5年以上経った場合に見つけることが困難となるからです。

そのため、精神科の通院が5年以上前ならば生命保険や医療保険に加入できるのです。

精神疾患が5年以上前に治っていたら告知は不要

5年間の保存義務は診療が終了した日から(つまり、精神科医にもう通院しなくて良いですと言われた日)から発生します。


その後の再発もないならば、完治して精神科に通院しなくなってから5年以上経った通院歴を生命保険会社に告知する必要はありません。

医者から健康を証明された場合も生命保険や医療保険に加入可能

実は精神疾患が治った時期が5年前でなく3年前であっても、医者からの健康であるという診断書を提出すれば、生命保険や医療保険に加入できることが多いです。

詳しくは生命保険や医療保険の担当者に聞いてみましょう。




患者自身が診療を打ち切った場合は要注意

では、医者が完治したと判断しないうちに患者自身が診療を打ち切った場合はどうでしょう?


医療機関で診療が終了した日から5年間は保存義務があると言うことは、診療を継続している患者は5年以上保存しなければいけないことになります。


つまり、患者自身が精神疾患の治療を打ち切った場合は、医療機関からみれば「診療を継続中」と判断され、5年以上経つカルテでも存在している可能性があります。


このカルテの存在を生命保険会社側が知り得る場合には、加入に難色を示すおそれがあります。


精神疾患の患者でも加入できる生命保険を紹介

統合失調症などの精神疾患を抱える方でも加入しやすい生命保険は存在します。


生命保険の中には、加入条件を通常よりも緩和した保険や、通院歴などの告知書自体を提出しなくても良い保険があります。

しかし、保険料が高額になる傾向があり、保険商品によっては加入してから一定の期間、受け取る保険料が通常の保険よりも低額になると言った条件もあります。

引受基準緩和型保険

引受基準緩和型保険とは、加入を希望する方の健康状態に関する条件を緩和している保険です。


引受基準緩和型保険は、通常の生命保険より引受基準の緩和や、告知する項目が少ないことが特徴です。


ただし、一般的に保険料は割高で、保障内容も通常の生命保険ほど充実しているとは言えない場合もあります。


また、生命保険各社とも緩和される基準や保障内容に差があるため、自分の希望に沿う保険商品を見つけるためには、複数の生命保険会社の資料を比較しながら選択することが大事です。

無選択型保険

無選択型保険とは、加入を希望する方の健康状態に関係なく保険契約が可能な保険です。


告知や医者の診査がなくても加入できますが、職業や年収の関係等で加入が認められない場合もあります。


また、保険料も高額になる傾向があり、保障内容の制限や、免責条項が通常の生命保険よりも拡大されている場合があります。


生命保険各社とも、加入可能な範囲が異なるため、加入を希望する方はまず、各社の無選択型保険商品を比較検討する必要があります。

精神疾患患者でも加入できる具体的な保険商品を紹介

では、統合失調症などの精神疾患患者でも加入できる保険商品とはどのようなものがあるのでしょうか。


ここでは加入できる可能性のある実際の保険商品を3つご紹介します。


それぞれ保障内容が細かく異なり、保険料とともにまとめたので参考にしてみてください。


また加入する際には特約も確認して必要なものは追加することも検討しましょう。

メディケア生命のメディフィットRe(リリーフ)

まずご紹介するのがメディケア生命のメディフィットRe(リリーフ)です。


保障内容は以下の通りです。

  • 入院給付金(日額5,000円コースか10,000円コース)
  • 手術給付金(手術Ⅰ型か手術Ⅱ型を選択可能)
  • 放射線治療給付金(入院日額×10倍の給付金)
  • 骨髄移植給付金(入院日額×10倍の給付金)

入院は日帰り入院から保障され、がんによる入院は支払い日数無制限です。


手術Ⅰ型は入院中に受けた手術は入院日額×10倍、外来手術は入院日額×5倍を受け取ることができます。


手術Ⅱ型は三大疾病の治療を目的とする入院中に受けた手術のうち、開頭術、開胸術、開腹術については入院日額×40倍、それ以外の手術は入院日額×20倍を受け取ることができます。


また、三大疾病以外の入院中に受けた手術のうち、開頭術、開胸術、開腹術については入院日額×20倍、それ以外の手術については入院日額×10倍、外来手術については入院日額×5倍給付金を受け取ることが出来ます。


保険料は40歳男性、入院日額5,000円、手術Ⅰ型コースで月額3,615円、手術Ⅱ型コースで月額4,185円です。

オリックス生命の新キュア・サポート

次にご紹介するのがオリックス生命の新キュア・サポートです。 

保障内容は以下の通りです。


日額10,000円コース
日額5,000円コース日額3,000円コース
(60歳~85歳限定)
入院1日につき10,000円
1日につき5,000円1日につき3,000円
手術(1回につき、何度でも)入院中は10万円
外来は5万円
入院中は5万円 
外来は2.5万円
入院中は3万円
 外来は1.5万円
先進医療(通算2,000万円まで)先進医療の技術料と同額先進医療の技術料と同額先進医療の技術料と同額

また、契約から1年以内は支払われる全ての給付金が半額になります。

更に特約をつけると三大疾病入院による一時金やがん診断一時金、死亡保険金などを受け取ることも可能です。


保険料は40歳男性、入院日額5,000円コースで3,460円です。

損保ジャパンの新・健康のお守り ハート

最後にご紹介するのが損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の新・健康のお守り ハートです。 

保障内容は以下の通りです。(入院日額5,000円の場合)

契約から1年以内契約から2年目以降
入院
1日につき2,500円1日につき5,000円
手術(病気やけが)
何度でも
内容により1回につき
10・5・2.5・1.25万円
内容により1回につき
20・10・5・2.5万円
特殊な手術(注1)
1回のみ
対象外10万円
先進医療
通算2,000万円まで
先進医療の技術料の50%相当分先進医療の技術料

(注1)造血幹細胞移植を目的とした骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の採取術を受けたとき


入院は帰り入院から保障され、1入院60日までが限度です。

病気とけがで、それぞれ通算1,000日が限度ですが、三大疾病は通算無制限です。


保険料は終身払い、10年払い済、5年払い済が選べ、それぞれ入院日額3,000円~10,000円のコースがあります。 


40歳男性の場合以下のように設定されています。 

支払い方法終身払い10年払い済5年払い済
入院日額3,000円2,423円7,402円15,465円
入院日額5,000円3,905円11,964円25,003円

保険加入後に精神疾患になった場合は?保険契約の更新はできる?

それでは、生命保険加入後に精神疾患になった場合はどうなるのでしょうか?

結論から申し上げますと、問題なく保険金を受け取れます。
精神疾患で精神科に入院をしたとしても、入院給付金が受け取れるということです。

それは、保険契約がすでに成立しているからです。 

一度加入していれば契約更新時に精神疾患でも契約更新できる!

では、保険の契約更新はどうでしょうか?

この場合は他の疾病と同じで、精神科に通っていてもそのまま更新ができます。更新には再度の告知義務はありませんので安心です。

しかし、保険の更新のときは、今加入している保険の見直し時期でもあります。
病気になった場合は特に、不要な特約や、足りない特約も出てくるかもしれません。
今一度、ファイナンシャルプランナーなどと相談してみるのもお勧めです。

このときに注意をする点としては、解約や転換をすすめられた場合です。
今まで説明してきたように、精神疾患を患ってしまうと、再度の加入は難しくなってしまいます。
よく考えたうえで、行動をしてください。

加入している保険が更新型か再加入型かを必ず確認!

生命保険には更新型再加入型の2種類があります。
加入している保険がどのタイプなのかは確認が必要です。

更新型については前述したとおり、一度加入してしまえば加入後に病気を患ったとしてもそのまま更新をすることができます。

しかし、ネット保険に多い再加入型の生命保険に加入していた場合は更新時に告知が必要になります。

そのため、精神疾患だけではなく、どのような病気でも患ってしまうと再加入できない可能性があります。

もちろん、偽りの告知をしたら、告知義務違反です。
病気に備えるための保険なのに、病気になったら更新ができないとはおかしなことです。

これが再加入型の生命保険の落とし穴です。
健康でいれば更新するよりも保険料が安くなると謳われているものが殆どですが、実際にはベースの保険料が高めに設定されていたりします。

ゆえに、再加入型の生命保険はあまりお勧めできません。

軽度の精神障害で投薬のみなら、通常の生命保険に加入可能?

では、統合失調症のような重い精神疾患ではなく、軽度の不安障害などで精神科で投薬を受けている場合は通常の生命保険の加入は厳しいのでしょうか?

結論から言うとこれは、厳しい、ということになります。


軽度の不安障害どころか、睡眠薬を飲んでいるだけでも、通常の生命保険の加入が厳しくなってしまうのです。


もちろん、さきに説明した引受基準緩和型や無選択型の生命保険は加入できますので、安心してください。

まとめ:精神疾患患者の方でも加入できる保険はある

精神疾患と生命保険・医療保険の関わりについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、 

  • 精神疾患患者が保険に入りづらいのは、保険の仕組みが「相互扶助」の精神にもとづいているから
  • 生命保険・医療保険の加入時に既往歴の告知審査・告知義務があり、違反をするとペナルティが発生する
  • 保険料は高額だが、精神疾患の患者でも加入できる生命保険がある
  • 保険加入後に精神疾患になった場合は、更新型なら更新が可能

です。


保険とは、病気に備える制度です。


精神疾患は相互扶助の考えから言えば確かに厳しい病気ですが、それでも救済制度が無いわけではありません。

統合失調症などの重い疾患を患ってしまっても決して諦めず、検討をして、将来に備えてください。


また、保険には早いうちから加入ておきましょう。


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • パーキンソン病にかかっても、加入できる生命保険はあるのか
  • バセドウ病の方でも入ることのできる生命保険や医療保険はあるの?
  • パニック障害持ちは生命保険に加入することが出来るのでしょうか?
  • クローン病でも通常の生命保険に加入出来る可能性があります。
  • てんかんの持病ありでも生命保険に良い条件で加入できる可能性を探る
  • リウマチって生命保険は入れる?診断されたら今の保険は?徹底解明!
  • ペースメーカー使用者が加入できる生命保険の特徴と注意点とは
  • ピルを服用しても生命保険に入れる場合も!入れる保険を紹介!
  • 睡眠薬を服用すると生命保険に加入できない理由・入れる保険を説明!
  • 指定難病って何?指定難病で生命保険に加入できる?全部答えます
  • 糖尿病だと生命保険に入れない?入れる保険はあるの?徹底的に解説!
  • 脳腫瘍でも生命保険に加入できる?脳腫瘍はがん保険で保障されるの?
  • 頭痛持ちでも生命保険に加入できるのか?大切なのは正しい告知
  • 髄膜炎の方が生命保険に加入する場合の注意点などを知っておこう
  • LGBT向けの生命保険を販売している?生命保険会社の取り組みを解説
  • 認知症に特化した生命保険が登場しています!その内容をズバリ解説!
  • あなたが高度障害状態になってからでは遅い!生命保険の死亡保障とは
  • 高血圧の場合は生命保険の加入が難しくなります。でも諦めないで!
  • 生活保護の申請時、生命保険の解約が不要となる3つの条件とは?
  • 無職だと生命保険に入ることができない?その疑問にお答えします!
  • 緑内障の方でも生命保険へ加入できる場合を徹底解説します!
  • うつ病と診断されると、生命保険への加入が難しくなるのは本当?
  • 入りやすいけど要注意?無選択型の生命保険をわかりやすくご説明!
  • 生命保険は優良体がお得!優良体って何?定義や基準を徹底解説
  • タバコを吸ってない私の生命保険、この機会に見直しの価値あり?