告知なしでも入れる無選択型の保険とは?無選択型保険への加入は避けよう!

無選択型の保険は、健康状態に関係なく加入ができる保険です。過去の病歴に関係なく誰でも加入しやすい一方で、デメリットやリスクもあることを知っておく必要があります。本記事では無選択型保険の特徴やデメリットについて詳しく解説していきます。

内容をまとめると

  • 無選択型の保険は健康告知や医師による診査の必要がない
  • 無選択型の保険は保険料が割高
  • 無選択型の医療保険は、保障対象外になる事項がある
  • 無選択型の医療保険は、定期保険しかない
  • 無選択型の終身保険は、元本割れをするリスクがある
  • 引受基準緩和型の保険も同時に検討するべき!
  • どんなに些細なことでも保険に関して不安や疑問があるならマネーキャリアの保険相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる!

告知なしでも入れる無選択型の保険とは?加入しても後悔しない?


一般の保険に入る際は、健康告知や医師の診査を受けなければなりません。


そのため過去の病歴や入院歴、健康状態次第では加入が難しい可能性もあります。


しかしそんな健康面に不安を抱える方でも入れる保険があるのをご存知ですか?


無選択型保険は健康告知や医師の診査の必要がありません。


ただし加入のハードルが低い分、デメリットやリスクがあることも知っておくことが大切です。


本記事では無選択型保険について、


  • 無選択型保険のデメリット
  • 無選択型医療保険の特徴
  • 無選択型終身保険の特徴


をメインに詳しく解説していきます。


マネーキャリアで行っているプロによるオンライン無料相談もご案内していますので、ぜひ最後までご覧ください。

無選択型保険は告知が不要な保険!





無選択型保険とは、健康状態に関係なく加入ができる保険です。

加入する際は健康告知や医師の診査の必要がありません。

そのため病歴や年齢制限などを理由に、一般の保険へ加入できなかった人向けの保険です。


しかし一般の保険と比べると、


  • 支払われる保険金が少ない
  • 保険料が高い


といったデメリットがあります。


よって無選択型保険への加入は、あくまでも最終手段として検討しましょう。


仮に健康状態に不安を抱えている場合でも、一般の保険に加入ができる可能性はあります。


1%でも可能性があるのであれば、無料保険相談を利用してみるのはいかがでしょうか?


マネーキャリアではオンラインによる保険の無料相談を行っています。


不安なことや疑問点を保険のプロに相談できますので、保険加入をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

無選択型保険のデメリット



無選択型保険は、基本的にはおすすめできません。

健康告知が不要という点が便利な保険ですが、あくまで最終手段として検討するべき方法です。

何も知らないまま加入してしまうと、もしかしたら損をしてしまうかもしれません。

ここでは無選択型保険について、

  1. 保険料が高い
  2. 数年間は保障が支払った保険料のみ
  3. 保障額より保険料が高くなる可能性がある

以上の3つのデメリットを解説致します。

もし加入しようとお考えの場合は、デメリットをよく知った上で検討しましょう。

デメリット①保険料が高い


デメリットの1つめは保険料が高い点です。


無選択型保険は一般の保険と比べると、保険料が割高に設定されています。


一般の保険では健康状態を告知したり、医師の診査を受けたりする必要がある一方、無選択型保険の場合は必要がありません。


加入者を問わないことにより、健康状態に問題がある方の加入が増え、保険会社は保険金支払いのリスクが増えてしまいます。


それを補うために保険料が高めに設定されているのです。


健康状態に不安があるということは、医療費もかかってくることでしょう。


高い医療費に加え割高な保険料を支払った場合、家計を強く圧迫してしまうことになります。

デメリット②数年間は保障が支払った保険料のみ


デメリットの2つめは、数年間は保障が支払った保険料のみという点です。


無選択型終身保険の場合、一般的に契約後数年間は支払済の保険料相当額が支払われるだけとなっています。


また無選択型医療保険の場合、契約後しばらくは保障が受けられない期間がある可能性もあります。


そのため契約後早期に保険金が必要になった場合は、十分な保障が受けられないかもしれません。


よって早急にお金が必要になりそうなときは、


  • 貯蓄を活用する
  • 無選択型保険以外の制度の活用を検討する


といったように、別の方法を考えてみると良いでしょう。


もちろん余裕のある場合は、一般の保険に加入できないかプロに相談してみるのがおすすめです。


検討する際の状況に応じて、様々な選択肢から選びましょう。

デメリット③保障額より保険料が高くなる可能性がある


デメリットの3つめは保険料が保障額を上回る可能性があるという点です。


無選択型保険は一般の保険と比べ、保険金がかなり低めに設定されています。


終身払い込み方式の保険の場合、契約し続ける限りずっと保険料を支払い続けなければなりません。


1つめのデメリットで説明した通り、無選択型保険の保険料は割高です。


低めの保険金に対して割高の保険料を支払い続けることになるので、長生きするほど支払った金額が受け取ることができる金額を上回る可能性が高まっていきます。


そのため長期的に加入するのは非常に損です。


一方で短期の場合はデメリットの2つめで説明したように、保障が支払った分、あるいは全くない場合もあります。


そのため無選択型保険への加入はあくまでも最終手段としましょう。

まずは通常の保険を保険のプロと一緒に考えるのがおすすめ!


無選択型保険は誰でも加入できる一方で、デメリットが大きいことがお分かりいただけたでしょうか。


割高な保険料と少ない保険金で損をしてしまうことを考えると、できるだけ一般の保険への加入するのがベストです。


しかし一般の保険は健康状態に不安があると、加入が難しいイメージがあるかもしれません。


そこでおすすめしたいのが、保険のプロへの相談です。


保険のプロへ相談すると、健康状態や不安に思うことなどをヒアリングした上で、最適な保険を探す手助けをしてもらえます。


そのため無選択型保険以外にも、利用できる手段を見つけることができるかもしれません。


マネーキャリアではオンラインによる無料相談を行っています。


予約から相談まで全てオンライン上で行うため、場所を選ばずに相談することが可能です。


お気軽な相談もお受けしていますので、ぜひ利用してみてください。

無選択型の医療保険についてより詳しく解説




無選択型医療保険は健康告知が不要な医療保険です。


保障内容は入院や手術など、一般的な医療保険とほとんど変わりありません。


一方で無選択型の医療保険では、デメリットでも挙げた通り、一般の保険と比べ保険料の高く保険金が少ないです。


この他にも、


  • 現在治療中の病気や既往症は保障対象外
  • 定期型の保険しかない


といった特徴があります。


これらの特徴について詳しく解説していきますので、加入をお考えの方はぜひご覧ください。

特徴①加入以前に発病している病気は保障対象外


無選択型の医療保険は加入のハードルが低い反面、免責される事項がいくつかあるので注意が必要です。


  • 加入以前に発病した病気
  • 上記に関連すると判断された病気
  • 加入後一定期間のうちに発病した病気


以上のように、加入前や加入直後の病気は保障が受けられません。


また、既往症についても保障対象外なのでご注意ください。


免責事項が多いため、加入時の状態次第では、ほとんど保障が受けられない可能性も考えられます。


デメリットで触れているように、長期加入はあまりおすすめできないため、加入のタイミングが非常に難しいです。


一般の保険は審査が厳しい分、保障の免責がなく既往症も保障対象に入ります。


そのためまずは一般の保険への加入を検討してみて、プロへ相談したり比較検討してみたりした結果、どうしても難しいと判断した場合のみ無選択型を利用しましょう。

特徴②定期型しかない


通常の場合、医療保険の保障期間には、終身と定期の2種類があります。

しかし無選択型の場合、保障期間は定期のみです。

定期の期間が終了した場合は更新を行います。

しかし更新の際は保険料が上がってしまうため、注意が必要です。

デメリットでも触れましたが、無選択型保険は保険料が割高で、受け取れる保険金は少なめです。

そのため長期になるほど負担が大きくなってしまいます。

また年齢には上限が設けられているので、更新時の年齢次第では更新ができない可能性もあります。

加入期間が長期に渡りそうな場合は、終身タイプの一般的な保険に加入することも検討しましょう。

無選択型終身保険について詳しく解説

無選択型の終身保険の基本的な保障内容は以下の通りです。


  • 保障期間が一生涯に渡って続く
  • 健康告知不要で、過去の病歴を問わず加入が可能
  • 解約しない限り、保険金が必ず受け取れる


このように一見すると、一般の終身保険と保障の内容に大きな違いはありません。


しかし加入のハードルが低い無選択型保険は、一般の保険とは細かい点で違いがあります。


そのため無選択型保険ならではの特徴があるのを知っておくことが大切です。


ここからは無選択型の終身保険に関して、どのような特徴があるかを3つ解説していきます。


加入をした後で思ったものと違うというギャップがないように、予め確認しておきましょう。

特徴①貯蓄性があるが定期保険保険料が高い


無選択型の終身保険は積立型の保険なので、解約した時に解約返戻金を受け取れます。


急にまとまったお金が必要になった場合は解約して使うことができるため、貯蓄の代わりとしても活用できます。


一方で定期保険と比較すると、保険料が高めに設定されています。


定期保険は保障の期間が決まっていますが、終身保険の場合は保障が一生涯に渡って続くため、その分保険料が高くなるのです。


終身保険は解約返戻金があるため、一見するとお得に思えるかもしれません。


しかし実際には受け取ることのできる額が払込額よりも少なく、早期解約の場合は全くない可能性もあり得ます。


その上無選択型の保険は保険料が割高なので、さらに保険料の負担が非常に大きくなります。


よって保険料を安くしたい場合は、定期保険への加入も考慮に入れしましょう。

特徴②死亡保障の限度額がある


無選択型の終身保険は、死亡保障に限度額があります。


設定できる上限額は、一般の保険と比べると低めなことがほとんどです。


一般の保険では死亡保障を幅広い金額の中から設定できるので、生活設計や家族構成などに合わせて、死亡保障額の設定ができます。


一方多くの無選択型の終身保険では、死亡保障の上限が数百万円程度です。


よって生活環境に合わせた死亡保障額を設定するのは、難しい可能性が高くなります。


また無選択型の終身保険は、一定期間以内に病気によって死亡すると、死亡保障は払込済み保険料の相当額となってしまいます。


よって受け取ることができる死亡保障が、数千円〜数万円になる可能性もありますのでご注意ください。


少しでも多くのお金を遺したい場合は、一般の保険への加入も検討してみましょう。

特徴③元本割れのリスクがある


無選択型の終身保険は、元本割れをするリスクがあるため注意しましょう。


1つめの特徴で触れたように、解約した場合は解約返戻金がありますが、早期に解約をした際の返戻率は低めです。


そのため基本的に戻ってくるのは、実際の支払額よりも少ない金額になってしまいます。


一般の保険でも、解約返戻金が元本よりも少ない金額になるかもしれないのは同じです。


しかし本記事で解説している通り、無選択型の終身保険には


  • 保険料が高い
  • 死亡保障の限度額が低い


という特徴があります。


つまり長期加入の場合に支払い済みの保険料が保障額よりも高くなる可能性があるので、一般の保険と比べて元本割れをするリスクが高いのです。


予め長期になりそうだとわかっている場合は、プロに相談したりいろいろな商品を比較したりして、一般の保険に入れないか探してみることをおすすめします。

【参考】一時払いの無選択型終身保険ってなに?


無選択型の終身保険の支払い方式として、一時払いというものがあるのをご存知でしょうか。


一時払いの保険は、保険料の支払いが契約時の1回のみという支払い形式です。


一般的に保険料は一生涯に渡って払い続け、一定期間を経過すると徐々に上がっていきます。


しかし一時払いだと最初に必要額を一括で支払ってしまうので、保険料を安く抑えることが可能です。


一括であるため高額なお金が必要になるため、退職金などを使って加入することが多いです。


保険金の受取人が相続人である場合、保険金のうち一定額が非課税になることから、相続税対策としても活用されることがあります。

おすすめの無選択型終身保険を紹介




基本的には一般の保険を利用するのが一番おすすめです。


しかし事情により一般の保険は利用できないという方もいるかと思います。


そこで参考として、無選択型終身保険の一例をご紹介します。


詳細
タイプ終身
保険料月々2,000円から
加入年齢40歳〜80歳
保障内容死亡保障
特徴事故や災害で亡くなった場合は、病気で亡くなった場合の4倍の保険金が支払われる。
解約した場合は解約返戻金がある。


一般的な保険と同様、保険の種類によって保険料や保障内容に違いがあります。


ほけんの窓口価格.comなどに人気の保険が掲載されているので、無選択型保険をお探しの方は活用してみてください。

まとめ:通常の保険に入れないか保険のプロに無料相談してみよう!

無選択型保険のデメリットや特徴について解説しました。


最後に本記事の内容をまとめたいと思います。


  • 無選択型の保険は健康告知や医師による診査の必要がない。
  • 無選択型の保険は保険料が割高。
  • 無選択型の医療保険は、保障対象外になる事項がある。
  • 無選択型の医療保険は、定期保険しかない。
  • 無選択型の終身保険は、元本割れをするリスクがある。


無選択型の保険は健康状態を問わず加入ができる一方、保険料や保障面で一般の保険と比べるとデメリットと感じる点が多くあります。


そのため一般の保険に加入できそうな可能性が1%でもあるのなら、一般の保険に加入を検討しましょう。


ほけんROOMでは他にも医療保険に関する記事を掲載していますので、お悩みの方は他の記事も参考にしてください。

医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

ランキング