40代におすすめの医療保険!必要性と選び方をわかりやすく解説

この記事では、40代におすすめの医療保険を5つ紹介しています。おすすめの医療保険の紹介のほか、保険の必要性や選び方などを、厚生労働省などのデータを基に分かりやすく解説しました。医療保険選びで困っている40代の方は、ぜひご覧ください。






▼この記事を読んでわかること
  • 40代におすすめの医療保険
  • なぜ40代が医療保険に入るべきなのか
  • 40代が医療保険に入る時の注意点
  • 若い頃に入った医療保険を見直すときのポイント

▼40代におすすめの医療保険5選
  1. チューリッヒ生命「終身医療保険 プレミアムDX」
  2. 東京海上日動あんしん生命「メディカルkit NEO」 
  3. ネオファースト生命「ネオde医療」 
  4. アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」 
  5. アフラック「医療保険 ever prime」 
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  • 40代におすすめの医療保険は「終身医療保険 プレミアムDX」「メディカルkit NEO」「ネオde医療」「アクサダイレクトの終身医療」「医療保険 ever prime」
  • 40代は生活習慣病や3大疾病にかかりやすいため、医療保険がおすすめ
  • 40代女性は同年代の男性よりも病気にかかりやすいため、特に医療保険の必要性が高い
  • 保険選びの際にはライフプランや補償に対する見直しが必要
  • 就業不能保険などの働けなくなった時に保険金を受け取れる保険に入るのもおすすめ
  • 保険選びに困ったときにはマネーキャリアに相談を!

40代でも特に女性の医療保険について詳しく知りたい方は以下の記事がおすすめです!

40代女性におすすめの医療保険!選び方と必要性を解説


40代におすすめの医療保険5選!



40代は仕事や家事などが忙しく、生活習慣が乱れたりストレスが溜まりやすくなったりする年代です。

そのため30代以前と比較して、3大疾病や生活習慣病など、様々な病気にかかるリスクが高くなります。

よって、将来の病気にそなえ、医療保険に入っておくのがおすすめだといえるでしょう。

40代に特におすすめな医療保険は、以下の5つです。

  1. チューリッヒ生命「終身医療保険 プレミアムDX」
  2. 東京海上日動あんしん生命「メディカルkit NEO」
  3. ネオファースト生命「ネオde医療」
  4. アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」
  5. アフラック「医療保険 ever prime」
40代から医療保険に入ると、支払う医療保険が定期保険の場合ぐっと多くなりがちなため、保険への新しく入る際には保険料が生涯変わらない終身タイプがおすすめです。

ほけんROOM編集部が調査した本当におすすめの医療保険については以下の記事でも紹介しています!

①チューリッヒ生命「終身医療保険 プレミアムDX」

日帰り入院はもちろん、長期入院にもしっかり備えられる終身医療保険です。

保険料は男性が月1,260円~、女性が1,205円~契約でき、この金額にカスタマイズした特約の分だけ金額が加算される形で保険料が決定されます。

このおすすめ終身医療保険の特徴は、以下の3つです。

  1. 日数無制限で七大疾患の入院費を保証する「七大疾患特約」がある
  2. 短期入院や通院、手術などに備えられる特約が充実
  3. 特約は必要に応じて自由にカスタマイズ可能

【チューリッヒ生命「終身医療保険 プレミアムDX」保証金の内訳】


保証される傷病や特約給付金額保障日数
七大疾患特約(ガン・心疾患・脳血管疾患・
高血圧疾患・糖尿病・肝疾患・腎疾患)
5,000円・10,000円・15,000円/日無制限
それ以外の病気5,000・10,000円・15,000円/日30日・60日・120日/一入院
怪我5,000円・10,000円・15,000円/日30日・60日・120日/一入院
手術特約50,000円(入院以外)/回
50,000円・100,000円・200,000円(入院)/回
無制限
放射線治療給付金50,000円・100,000円・200,000円/回無制限
その他
延長入院特約・退院後通院給付金・保険料払込免除特約・一時金特約・診断特約


参考:チューリッヒ|終身医療保険プレミアムDX

②東京海上日動あんしん生命「メディカルkit NEO」

お手軽な価格で最低限の補償が受けられる、ライトタイプの終身生命保険です。


「入院給付金額5,000円・一入院60日型」の場合、男性は月1,859円~・女性は月1,669円~契約出来ます。


このおすすめ終身保険の特徴は、主に以下の5つです。


  1. 自分に合わせて特約をカスタマイズできる
  2. 日帰り入院でも10日分の保険金が支払われる「初期入院保障特則」がある
  3. 「先進医療特約」をつければ、先進医療費を通算2,000万円まで保障
  4. 女性特有の病気や3大疾病で入院した場合は、入院給付金を上乗せできる「女性疾病保障特約」がある
  5. 死亡保証を0~500倍にまで自由に設定可能


【東京海上日動あんしん生命「メディカルkit NEO」保証金の内訳(入院給付金額5,000円、1入院60日型の場合)】


保証される傷病や特約 給付金額保障日数
怪我や病気での入院5,000円60日/一入院
手術・放射線治療入院:50,000円
外来:25,000円
手術:支払額による
放射線:1回/60日
髄液:1回/年
先進医療特約2,000万円通算限度額
死亡保障(オプション)0~500倍まで付与可死亡時
女性疾病保障特約(オプション)入院給付金を上乗せ


参考:東京海上日動あんしん生命「メディカルkit NEO」

③ネオファースト生命「ネオde医療」

3大疾病や女性疾病などの幅広い病気に備えることができる、第一生命グループの終身医療保険です。


「60日型、3大疾病支払日数限度無制限特則適用」の場合、男性が月3,975円女性が月3,483円~保険を契約できます。 


 このおすすめ終身保険の特徴は、主に以下の4つです。


  1. 健康状況が基準を満たす場合、健康保険料率が適用される
  2. 主契約にオプションとして特約を追加できる
  3. 3大疾病や女性疾病などの幅広い病気に備えることができる
  4. おすすめ・ライト・安心の3つからプランを選択することも可能

【ネオファースト生命「ネオde医療」保証金の内訳(60日型、3大疾病支払日数限度無制限特則適用の場合)】



保障される傷病や特約給付金額保障日数や限度額
3大疾病での入院5,000円/日無制限
それ以外の疾病や怪我での入院5,000円/日60日/1入院
手術保障特約入院:10万円/回
外来:2万5,000円/回
入院:4回まで
入院一時給付特約5万円通算50回まで
特定疾病保険料払込免除特約
(2020)IV型
がん・心疾患・脳血管疾患の
所定事由に該当したとき、
以後の保険料の払込が不要になる
先進医療特約先進医療による療養を受けたとき、
技術料と同額を受け取れる
通算2,000万円まで

④アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」

保険期間中一生涯保険料が変わらない、お手頃な保険料が魅力的な終身医療保険です。


「安心プラン60日型」の場合、男性が月3,417円~、女性が月3,014円~保険を契約できます。 


 このおすすめ終身保険の特徴は、主に以下の5つです。


  1. Ⅰ型ならば入院・手術費の両方を基本保障でカバーできる
  2. 必要な特約をピンポイントで追加可能
  3. 平均日数2.25日で保険金をすぐお支払い
  4. 24時間電話健康相談サービス「メディカルコールサポート24」を利用できる
  5. セカンドオピニオンや優秀専門臨床医を紹介する「メディカルコンサルテーション」を利用可能

【アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」保証金の内訳(安心プラン60日型の場合)】



保障される傷病や特約給付金額保障日数や限度額
入院給付金5,000円/日60日
手術給付金入院:5万円/回
外来:2万5,000円/回
無制限
先進医療特約給付金:受けた先進医療の技術料の実費
一時金:10万円/回
通算2,000万円まで
3大疾病保険料払込免除特約以降の保険料払込を免除
入院時一時金給付特約(15)病気やケガで入院したら5万円/回2回/年
通院支援特約退院時に5万円/回2回/年
メディカルコールサポート24医師・看護師などに24時間365日
電話で健康相談/無料
無制限
メディカルコンサルテーションセカンドオピニオンや
優秀専門臨床医を紹介/無料
無制限

⑤アフラック「医療保険 ever prime」

ライフステージの変化に合わせ、保険に入ったあとにも特約を付け替えられる終身医療保険です。


「健康祝金ありプラン5,000円型」の場合、男性が月3,420円~、女性が月3,365円~保険を契約できます。 


 このおすすめ終身保険の特徴は、主に以下の5つです。  


  1. 加入後も条件を満たせば特約の付け替えが可能
  2. 3年ごとに祝金を受け取れる「健康祝金プラン」を選択可能
  3. 日帰り入院でも10日分の入院給付金を保障
  4. 3大疾病や生活習慣病に備えられる特約が充実
  5. 健康の相談窓口「ダックの医療相談サポート」を利用可能

【アフラック「医療保険 ever prime」保証金の内訳(健康祝金ありプラン5,000円型の場合)】

保障される傷病や特約給付金額保障日数や限度額
入院給付金日帰り~10日まで:一律10日分
11日以上:5,000円/日
3大疾病以外:60日
3大疾病:無制限
通院保障5,000円/日最高30日まで
手術給付金外来・入院:5万円
特定手術(がん・心臓開胸手術):20万円
放射線治療:5万円/回
健康祝金2万5,000円/3年無制限

40代で定期保険に加入する場合は更新に注意!

40代で保険に加入する際には、医療保険が高くなるところにも考慮しておきましょう。


新規契約の保険は、年齢が上がるほど保険料も上がります。


保険の見直しをして新たな医療保険に加入したとしても、現在加入している医療保険より保険料が高くなるケースもあり得るのです。


保障内容を薄くすれば保険料は下がりますが、40代は若い世代と比較して病気のリスクが高くなってくるためこの方法はおすすめできません。


保険の契約見直しについて困ったことがある場合には、マネーキャリアに相談するのがおすすめです。


マネーキャリアでは時間や場所を選ばず、オンラインで手軽に保険プランの相談をすることができます。


専門家のアドバイスを受けながら保険の見直しを検討できるので、気になった方はぜひサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

40代が医療保険に加入する必要性

40代は様々な病気にかかりやすくなるため、医療保険に加入する必要性が特に高い年代です。

ここでは、40代がなぜ医療保険に加入するべきなのか、その理由を2つに分けて解説しています。

  1. 上皮内がんも含めたがんにかかるリスクが高い
  2. 3大疾病にかかるリスクが高い
医療保険に加入ししっかりと病気に備え、万が一の時にも安心して療養できるようにしておきましょう。

さらに詳しく知りたい方は以下の医療保険の必要性に関する記事をご覧ください!

医療保険の本当の必要性|後悔しないために必要な医療保険の知識


①上皮内がんも含めたがんにかかるリスクが高い

40代以降になると、男性・女性共に上皮内がんを含めたがんにかかるリスクが大幅に高くなります。

国立がん研究センターの調べによると、40~50歳の間でがんに罹患するリスクは以下の通りとなっています。

年代罹患数がんになる人の割合
40~44歳(男性)119人/10万人1万人に1人
45~49歳(男性) 
201人/10万人1万人に1人
40~44歳(女性)325人/10万人3,000人に1人
45~49歳(女性) 475人/10万人2,000人に1人


40代女性は特にがんにかかりやすく、40~44歳では3,000人に1人、44~49歳では2,000人に1人は何らかのがんに罹患しています。

がんにかかると入院や放射線治療、手術などに多くのお金を必要とします。

がん治療の出費に備えるためにも、40代は医療保険に加入する必要が高いといえるのです。

②3大疾病にかかるリスクが高い

40代になると、3代疾病にかかるリスクは大幅に高くなります。


3代疾病とは、日本人の死因の上位を50%以上を占める3つの疾患のことです。


厚生労働省の「令和元年人口動態調査第6表|性別にみた死因順位(第10位まで)別 死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合」によると、日本人の死因の27.3%はがん15%は心疾患6.9%は脳血管疾患となっています。


  • がん:体の中で異常発生したがん細胞が増えて、体に害を及ぼす病気
  • 心疾患:心臓に起こる病気の総称。中でも急性心筋梗塞は深刻であり、死亡リスクも高い危険な病気
  • 脳血管疾患(脳卒中):脳の血管の障害によって引き起こされる病気の総称。脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などがあり、死亡や障害が残るリスクが高い

3大疾病に備えるためには、以下のような3大疾病に特化した保証が手厚い保険を選ぶとよいでしょう。

  • 3大疾病保障保険:死亡や高度障害になったときに、保険金を受け取ることができる
  • 3大疾病特約:保険金の払い込みを免除したり、入院時の保証日数を無制限にしたりすることができる、終身医療保険の特約

統計データから見る40代女性が医療保険に加入する必要性

40代女性は病気になる確率が男性と比較して高く、特に医療保険に加入しておく必要があります。


ここでは厚生労働省や健康保険組合などの以下の統計データを基に、40代女性が医療保険に加入することはなぜ必要なのかについて解説しています。


  1. 40代の生活習慣病の10疾患の有病者数
  2. 病気別40代の平均入院日数
  3. 40代の平均保険料
  4. 男女別40代の死亡原因ランキング
病気にそなえるためには40代にどのような病気が多いのかや、入院の平均日数などを把握しておくことが重要になります。

ここで統計データを基に、病気や入院の実態についてしっかり勉強しておきましょう。

①40代の生活習慣病の10疾患の有病者数

40代になると、様々な生活習慣病にかかりやすくなります。


健康保険組合連合会の「平成28年度生活習慣病医療費の動向に関する調査分析」によると、40代の生活習慣病の10疾患の有病者数で特に多いのは以下の疾患です。


  1. 高血圧症:血圧が高くなり、脳血管疾患や心疾患を引き起こす。
  2. 高脂血症:血中に中性脂肪が多くなった状態。溜まった脂肪が血管を詰まらせ、心疾患や脳血管疾患を引き起こす。
  3. 糖尿病:膵臓から分泌されるインスリンの作用が不足する病気。高血糖が慢性的に続き、網膜症や神経障害、腎症などの深刻な病を引き起こす。


これらの生活習慣病の有病者数は35~39歳までと比較して、40代前半では2倍以上、40代後半ではさらに多い3倍に達します。


40代は様々なストレスや食生活の乱れ、運動不足などが重なり生活習慣病にかかりやすくなります。


栄養のバランスや生活リズムを見直すと同時に、医療保険に加入し経済的な備えをするようにしましょう。

②病気別40代の平均入院日数

40代は、様々な生活習慣病や3大疾病などにかかり、入院が多くなる年代でもあります。


厚生労働省の「平成29年 患者調査|概況傷病分類別にみた年齢階級別退院患者の平均在院日数 」では、疾病ごとの平均入院日数は以下の通りとなっています。


疾病や怪我平均入院日数
全体平均日数29.3日
胃がん19.2日
心疾患19.3日
ウイルス性肝炎21.2日
肝疾患(ウイルス性でない)22.9日
糖尿病33.3日
高血圧による疾患33.7日
骨折37.2日
結核54.1日


表の内容を踏まえると40代に多い疾患や怪我の入院日数の多くは、医療保険で補償される60日以内になっていることが分かります。


よって、40代で医療保険に加入しておけば、万が一の病気の際にも入院費用を十分に受け取れる可能性が高いといえるでしょう。


③40代の平均保険料

公益財団法人 生命保険文化センターの「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」によると、世帯の平均年間払込保険料は40~44歳が34.5万円45~49歳が42.7万円でした。


保険料の負担がピークとなるのは、50代前半です。


それ以降医療保険の負担額は減少傾向となりますが、60代で新規加入できる保険はぐっと少なくなってしまいます。


よって現在40代で医療保険に加入していない人は、保険料を抑えるためにもすぐに保険に加入しておいた方がよいといえるのです。


なお、定期更新型の医療保険は、更新時に大きく保険料が上がってしまう上に、保証は一定期間で終わってしまいます。


一方の終身医療保険は保証が生涯にわたり続く上に、保険料は加入時のまま変わらないことがほとんどです。


そのため、40代で保険に新規加入する際には、終身型の医療保険を選ぶとよいでしょう。

④男女別40代の死亡原因ランキング

厚生労働省の「人口動態統計年報 主要統計表」によると、40代男女の死亡原因上位5つは以下の通りとなっています。

【40代男性の死亡原因ランキング1~5位】

順位死因死亡総数に占める割合(%)
1自殺23.5
2

悪性新生物(腫瘍・がん)

20.3
3心臓の疾患14.6
4脳血管の疾患9.4
5不慮の事故7.7

【40代女性の40代男性の死亡原因ランキング1~5位】

順位死因死亡総数に占める割合(%)
1悪性新生物(腫瘍・がん)47.8
2自殺13.7
3脳血管の疾患7.9
4心臓の疾患7.6
5不慮の事故4.1


男女ともに多い死因は「悪性新生物(腫瘍・がん)」「自殺」であることがわかります。

40代は身体の健康面について考えることも重要ですが、心の健康面についてもしっかりケアをしておく必要がある年代だといえるでしょう。

40代の方の医療保険の選び方

40代の方が医療保険に加入する必要があることについては、おわかりいただけたでしょうか。

次は40代の方が医療保険を選ぶ際のポイントを、以下の3つに分けて解説していきます。

  1. 病気のリスクが上がるためとにかく保障重視
  2. 自分に万が一のことがあったときの家族の生活も考える
  3. 保険料払込の満期までのライフプランを考慮する
40代の保険選びに重要なポイントは、将来のための保障を意識することです。

ここで解説したポイントをおさえ、自分に合った保険を選べるようになりましょう。

さらに詳しく知りたい方は以下の医療保険の選び方に関する記事をご覧ください!

がん保険の選び方|後悔しないための5つのポイントを保険のプロが解説

①病気のリスクが上がるためとにかく保障重視

40代になると、3大疾患などの病気にかかるリスクがぐっと高くなります。


病気のリスクに備えるためにも、医療保険に入る際には保障をとにかく重視しておきましょう。


医療保険のベースとなるのは、入院と手術に対する保障です。


20代や30代と比較して病気のリスクが高い40代は、がんを含む3大疾病や生活習慣病などの対する保障特約がある保険を選んでおくと安心です。


女性の場合は乳がんなどの女性特有の病気にもかかりやすくなります。


保険に加入する際には、女性特有の病気に対する保障があるかどうかも確認しておくとよいでしょう。

②自分に万が一のことがあったときの家族の生活も考える

40代の男性・女性はすでに子供がいたり、家族を養う一家の大黒柱であったりすることも少なくありません。


万が一のことがあった時のために、自分が病気になったあとの家族の生活はどうするのかも考えておきましょう。


家族を守るためには自分が死亡した際のことはもちろんのこと、病気による障害が残り介護が必要になったときどうするかも、しっかりと考えておく必要があります。


家族が死後もお金に困らないように死亡保険に加入したり、介護費用に困らないよう保証金が出る特約を付けたりしておくとよいでしょう。


なお、死亡保険には「定期型」と「終身型」の2種がある点には注意しておきましょう。


定期型は終身型と比べて保険料が安いですが、保険満期の年齢以降に死亡しても保険金は支給されません。


一方の終身型は満期がなく、解約しない限り保証が一生涯続きますがやや保険料は高くなります。

③保険料払込の満期までのライフプランを考慮する

現在加入している保険が定期更新型である場合には、保険期間が満了するごとに保険料の更新され上がっていきます。


そのタイミングが子供の進学などお金が必要なタイミングと重なってしまうと、家計に大きな負担をかけてしまうことになります。


このようなことを防ぐためには、保険に加入する際にはライフイベントごとに保険を見直しておくとよいでしょう。


また、保険の中でも死亡保険金の使い道はライフスタイルによって多様に変化します。


保険金の使い道は自分の葬儀のためなのか、それとも子供のためなのかなど、何に保険金を使うのかを考え、保険を見直してみましょう。

参考①就業不能保険の加入も検討するべき!

近年40代では、死亡人数を就業不能人数が上回るようになってきています。


全国健康保険協会の「2019年度 金給付受給者状況調査」によると、人口10万人あたりの就労不能人数は19.6人だとされています。


働けなくなった時には傷病手当金を利用することができますが、給料が3分の1となる上に治療費がかかってくるため、就業不能保険を検討する余地は十分あるといえるでしょう。


以下に該当する40代の方は、就業不能保険への加入も検討しておきましょう。


  • 一家の収入を担っている大黒柱の方
  • 傷病手当を受給できない個人事業主の方
  • 現在取り崩せる貯蓄が少ない方
  • 車や住宅のローンを返済中で定期的な支払いのある方

就業不能保険とは、病気や怪我により働けなくなった場合にあらかじめ決めた金額を毎月受け取ることができる保険です。


この保険に加入しておけば、仕事ができなくなった時でも安定した収入を得ることができます。


参考②40代になったら保険の加入前に保険の見直しが重要

40代は両親や子供などの家族に対する責任が重くなると同時に、3大疾病や生活習慣病などの病気のリスクが高まる年代です。


突然の病気や怪我にそなえるための医療保険が適切なものになっていないと、万が一の時に備えることが難しくなりがちです。


若いころに加入した医療保険がそのままになっている人は、この機会に医療保険の見直しをはかることをおすすめします。


保険の見直しをはかる際には、以下のポイントに気をつけましょう。


  • 保険期間は終身かどうか
  • 保険料は生涯変わらないか
  • 3大疾病や生活習慣病などに対する保障は充実しているか
  • 女性の場合、女性特有の病気に対する特約はあるか

まとめ:40代になったらまずは無料保険相談で保険の悩みを全て解決しよう!

いかがだったでしょうか。この記事のまとめは、以下の通りです。


  • 40代におすすめの医療保険は「終身医療保険 プレミアムDX」「メディカルkit NEO」「ネオde医療」「アクサダイレクトの終身医療」「医療保険 ever prime」 
  • 40代は生活習慣病や3大疾病にかかりやすいため、医療保険への加入がおすすめだといえる
  • 40代女性は同年代の男性よりも病気にかかりやすいため特に医療保険に加入する必要性が高い
  • 保険選びの際にはライフプランや補償に対する見直しが必要
  • 就業不能保険などの働けなくなった時に保険金を受け取れる保険に加入するのもおすすめ


保険の契約見直しについて困ったことがある場合には、マネーキャリアに相談するとよいでしょう。


マネーキャリアでは時間や場所を選ばず、オンラインで手軽に保険プランについての相談をすることができます。 


専門家のアドバイスを受けながら保険の見直しを検討できるので、気になった方はぜひサイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ランキング