40代のための生命保険の見直し方法をわかりやすく解説!

40代のための生命保険の見直し方法をわかりやすく解説!-サムネイル画像

仕事・プライベートともに充実する40代は、生命保険の見直しを検討したい時期でもありますが、保険の見直し方に悩む方も多いのではないでしょうか。今回は、40代が生命保険を見直す必要性や見直しのポイント、40代男女の生命保険に関するデータなどをご紹介します。



▼この記事を読んで欲しい人

  • 生命保険の見直しを考えている40代の人
  • 生命保険の見直しポイントを知りたい40代の人

▼この記事を読んでわかること

  • 40代で生命保険の見直しをするべき理由
  • 40代の生命保険の見直しステップとポイント
  • 40代男女別の生命保険の保険金・保険料平均額
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると


  • 40代は「医療保障など疾病リスクが高まる」・「子供の予想外の出費で貯蓄が予想と異なる場合がある」・「子供が独立していたら必要な保障は少なくなる」ため、生命保険の見直しが必要
  • 40代の生命保険の見直しポイントは、現状の保険の加入状況を把握する→ライフプランを作成して必要な保障を考える→保険料が無理のない金額になっているか確認する
  • 生命保険の年間払込保険料の平均は、40代男性はが23.2万円・女性が15.6万円
  • 生命保険の加入金額の平均は、40代男性が2,205万円・女性が818万円
  • 保険の内容が適切かどうか、保険のプロに無料相談することがおすすめ
  • マネーキャリアなら、スマホ1つで無料オンライン相談ができる

保険の見直しが初めてという方や保険の見直しで何からすれば良いか全くわからないという方はまずは以下の記事から読んでみてください!


生命保険の見直しポイント|保険料で後悔しないための知識【保存版】

40代で生命保険の見直しをするべき理由


仕事でもプライベートでも責任が増すことの多い40代。


就職や結婚・出産のタイミングで生命保険に加入したものの、そのまま見直しをしていない、という40代の方も多いのではないでしょうか。


忙しい毎日で保険を見直すタイミングを逃してしまっている方もいるかもしれませんが、

40代には生命保険の見直しをすべき理由があります。


それは主に次のとおりです。

  • 医療保障など疾病リスクが高まる
  • 子供の予想外の出費で貯蓄が予想と異なる場合がある
  • 子供が独立していたら必要な保障は少なくなる
40代の疾病リスクを考慮すると、加入済の保障内容から見直しを検討した方がよい場合があります。


子供の有無・年齢によっても、備えたい保障内容は変わってきます。


40代が生命保険を見直しをするべき理由について、解説していきます。

①医療保障など疾病リスクが高まる

20代・30代に比べて疾病リスクが高まる40代は、生命保険の見直しをするよいタイミングであるといえるでしょう。

治療や入院が長期化しやすい三大疾病(がん・心疾患 脳血管疾患)は、特に気をつけておきたいポイントです。

厚生労働省の平成29年患者調査(統計表「
総患者数、性・年齢階級×傷病分類別」)によると、40代の三大疾病の総患者数は次のとおりです。
病名40~44歳
総患者数
45歳~49歳
総患者数
悪性新生物(がん)37,000人67,000人
心疾患18,000人31,000人
脳血管疾患11,000人19,000人

40代の男女が、生涯でがんに罹患する確率は、次のとおりです。
年代・性別生涯がん罹患リスク何人に1人か
40歳男性63.95%2
45歳男性64.052%2
40歳女性47.778%2
45歳女性47.042%2
※国立がん研究センターがん情報サービス「累積罹患リスク(グラフデータベース)」より作成

三大疾病で入院することになった場合、どのくらいの医療費がかかるのでしょうか。

入院1回にかかる自己負担額を計算してみました。
病名自己負担額(推定)
脳出血676,323円
急性心筋梗塞476,314円
脳梗塞475,575円
悪性新生物
(直腸)
309,928円
悪性新生物
(結腸)
293,981円
悪性新生物

(胃)
278,284円
悪性新生物

(気管支および肺)
249,212円
悪性新生物

(乳房)
227,479円
※公益社団法人全日本病院協会「医療費(重症度別 2020年度10~12月」をもとに、1入院費用(医療費)に対して自己負担3割(端数は四捨五入)で算出。

退院後も通院・治療が必要な場合は、そのぶん出費がかさむことになります。

また、長期間の治療により、思うように働けなくなり収入が減ってしまうリスクもあるでしょう。

保険商品のなかには、三大疾病に対する保障に特化したものもあります。

長期の入院リスクに対する備えが不十分な40代の方は、生命保険の見直しの際に三大疾病のリスクも考慮しておくことをおすすめします。

②子供の予想外の出費で貯蓄が予想と異なる場合がある

40代は、学費や習い事にかかる費用・お小遣いなど、子供に関する経済的な負担が大きくなりやすい時期といえます。


文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」によると、高等学校(全日制)の子供1人あたりの1年間にかかる学校教育・学校外活動の経費は、次のとおりです。

経費公立高等学校私立高等学校
学校教育費280,487円719,051円
学校外活動費176,893円250,860円
合計457,380円969,911円


文部科学省「私立大学等の令和元年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」によると、令和元年度大学入学者にかかる初年度の経費は、次のとおりです。

経費国立大学私立大学
授業料535,800円911,716円
入学料282,000円248,813円
施設設備費180,194円
合計817,800円1,340,723円


子供の進学先によっては、仕送りが必要になるケースもあるでしょう。


予想外の出費が重なり、思うように貯蓄ができず、老後の資産形成に影響が及ぶことも考えられます。


その場合、リタイア後にもしものことが起きたとき、経済的に困窮してしまう恐れがあります。


子供に関する出費が増えがちな40代は、生命保険の見直しをしておくと安心です。

③子供が独立していたら必要な保障は少なくなる

子供が独立した40代の方は、生命保険の見直しのチャンスです。


子供の養育費や教育費が不要になるぶん、死亡保障の金額を下げることができるでしょう。


死亡保障を抑えるかわりに、

  • 医療保険・がん保険などで生活習慣病に対する保障を手厚くする
  • 老後の資産形成を考え、終身保険や個人年金保険を活用する

などの見直しを検討することもおすすめです。


子供の独立後は、もしものことが起きたときのパートナーの経済的な負担を考慮して、生命保険を見直すようにするとよいでしょう。

そもそも40代の生命保険の必要性って?と考えた方は以下の記事も併せてご覧ください!


40代におすすめの生命保険!必要性と選び方を独身・既婚別に解説

40代のための生命保険の見直しポイント


いざ保険を見直してみようと思っても、何から手をつければよいか迷ってしまうこともありますよね。


ここでは、40代の方が生命保険を見直すときにチェックしておきたいポイントについてご紹介します。


具体的な見直しのステップは、次のとおりです。

  1. 現状の保険の加入状況を把握する
  2. ライフプランを作成して必要な保障を考える
  3. 保険料が無理のない金額になっているか確認する
ステップごとに詳しく解説します。

①現状の保険の加入状況を把握する

生命保険を見直したいと思ったときは、まず現状の保険の加入状況を把握することから始めましょう。


ご夫婦の場合は、現在加入中の生命保険をふたりですべて洗い出し、確認することをおすすめします。


契約内容は、「保険証券」のほか、保険会社から毎年送付される「契約内容のご確認」などの書類で確認できます。


確認の主なポイントは、以下のとおりです。

  • 受け取れる保険金・給付金額
  • 保障が何歳まで続くか
  • 解約満了時に受け取れるお金の額
  • 保険料
  • 保険金・給付金を受け取るための条件

もし契約内容に不明な点があれば、保険会社に直接確認してみましょう。


ご夫婦の場合、保障内容が重複してしまっていないかも、あわせてチェックすることをおすすめします。


現状の生命保険の加入状況を洗い出すことで、見直しの必要の有無保障内容の増減の必要性の検討がしやすくなります。

②ライフプランを作成して必要な保障を考える

生命保険の見直しの次のステップは、ライフプランを作成し、そこから必要な保障を考えることです。


たとえば子供の教育費にお金がかかる時期の40代であれば、今後の進学費用などを具体的に算出してみることをおすすめします。


特に一家の大黒柱に万が一のことが起きた場合、残された家族が負担することになる生活費・子供の教育費・養育費を試算し、公的な補助では不足する金額を現状の死亡保障でまかなえているかどうかチェックする必要があるでしょう。


また、病気やケガによって思うように働けなくなってしまったときの経済的な負担も把握しておくべきです。


独身または共働き夫婦であれば、扶養しているご家族がいない場合、死亡保障を手厚くする必要性は低いでしょう。


その代わり、退職後の資産形成や、病気やケガで働けなくなったり収入が減ってしまったときの保障について意識するべきです。


いずれのケースにおいても、万が一のことが起きた場合、どのくらい貯蓄が残るのか、具体的にイメージしながら検討するとよいでしょう。

③保険料が無理のない金額になっているか確認する

子供の教育費の出費が増える時期や住宅ローンを抱えている場合、保険料の支払いが負担となることがあるかもしれません。


更新により、加入当時に比べて保険料がアップしていることもあるでしょう。


必要な保障を備えることは大切ですが、加入を継続できなくなってしまっては本末転倒です。


  • 保険料と保障内容のバランスは見合っているかどうか
  • 必要以上の保障内容となっていないかどうか

をチェックしてみましょう。


また、住宅を購入したときにローンを組み、団体信用生命保険(団信)に加入している場合、生命保険の死亡保障を減額できることがあります


現在の必要保障額をあらためて確認してみることをおすすめします。

保険の内容が適切か保険のプロに無料相談

生命保険に加入してから時間が経っている場合、加入当時と比べて収入・支出の状況やライフスタイルが変化していることも多いでしょう。


必要な保障を見直してみても、本当にその内容が適切なのかどうか保険料とのバランスは問題ないかどうか、悩んでしまうこともありますよね。


また、生命保険の選択肢は非常に幅広いです。


たくさんの保険商品をじっくり比較・検討する余裕のない多忙な40代の方も多いのではないでしょうか。


生命保険の見直しを検討されている場合は、ぜひマネーキャリア無料保険相談を活用してください。


ZOOMなどを使い、完全オンラインでFPに保険の悩みを相談できます。


約40社の取り扱いがあるため、ライフスタイルに合わせた最適な保険を見つけることができるでしょう。

男女別40代の保険金と保険料の相場

生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」によると、40代男性の生命保険加入率(全生保)は91%・女性は89%と、男女ともに年代別で一番高い加入率となっています。


では、生命保険に加入している40代は、どのくらいの保険料で、どのくらいの保険金を備えているのでしょうか。


同調査結果より、具体的な数字を確認してみましょう。


区分40代男性40代女性
年間払込保険料平均23.2万円15.6万円
生命保険加入金額平均
2,205万円818万円

※いずれも全生保の金額


支払い保険料を月平均に直すと、40代男性は毎月約19,333円・女性は約13,000円です。


保険料・保険金額ともに男性のほうが高い数字となっているのは、家庭における収入の柱となっている男性が多いということが想定されます。


ただし、ライフスタイルによって必要な保険金額は異なるため、状況に応じた保険商品を選ぶことが大切です。

まとめ:40代は医療保障に備えた生命保険の見直しが重要!

40代は、20代~30代より疾病リスクが高まります。


特に三大疾病は医療費が大きくなりがちで、入院や治療が長期に渡るケースも多く、経済的な負担が増すリスクがあります。


長期入院や手術・治療に備え、医療保障を充実させることが大切になります。


子供の教育費の負担が大きい時期は、死亡保障の検討も必要でしょう。


また、40代は、老後の資産形成も気になってくる時期ではないでしょうか。


支出がかさみ、思うように貯蓄ができていない場合は、生命保険を活用して計画的に資産をつくることもひとつの手段です。


また、しばらく生命保険の見直しをしていなかった、という40代の方は、保障内容が現状に合わなくなっている可能性があります。


この機会に、マネーキャリアを活用して保険の見直しをしてみましょう。


保険のプロに無料で相談することができます。


LINEですぐに相談予約できるので、ぜひお気軽にご利用ください。

ランキング