フリート契約とは?法人の方なら知っておくべきメリットと注意点

法人の方は自動車保険の契約がフリート契約になることも多くあります。しかし、ノンフリート契約との違いをしっかり理解しておかないと、翌年の保険料が大幅に上がってしまうこともあるのです。フリート契約のメリットなどの他、保険料についても勉強しておきましょう。

内容をまとめると

  • 10台以上の場合はフリート契約を行う
  • ノンフリート契約とは保険料の計算方法が違う
  • メリットは、保険証券が1枚、増えた車の自動保障、割引制度の充実
  • デメリットは、事故状況によって保険料が高くなる・「通販」で契約できないなど
  • 保険料を決める際に重要な優良割引率は、損害率や車の台数で決まる
  • 2台以上ならミニフリート契約ができる
  • どんなに些細なことでも企業リスクや法人保険、補助金などについて質問があるなら、いますぐマネーキャリアを利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県・オンライン対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できます!

法人向け自動車保険の記事では法人自動車保険の基礎知識をわかりやすく解説していますので、是非ご覧ください!

自動車保険のフリート契約って何?ノンフリート契約とは何が違う?


社用車の台数が増えてくると管理をするのも一苦労です。しかし、台数が一定以上になると「フリート契約」へ切り替えることになり、一括管理ができるようになるのです。


さらに保険料の割引が受けられるなどのメリットもあるのですが、どのようなデメリットがあるのかをしっかりと調べておかないと事故を起こした際などに困ってしまう事になります。


特に法人の方はこれから利用することを考えて、どのような契約なのか、メリットはもちろん注意点について勉強しておきたいですね。


また、保険料がどのように決まるのかも知っておきたい内容です。


ここではフリート契約について、

  • ノンフリート契約との違い
  • メリット・デメリット
  • 保険料の決め方

についてご紹介します。


この記事をお読みいただければ、メリットやデメリット以外にも割引の仕組みについてお分かりいただけると思います。ぜひ最後までお読みください。

フリート契約とは?

フリート契約は車の台数が10台を超える際に行われる契約方法です。数が多くなると管理が難しくなることから、一括で契約ができるようになっています。


個人で所持数が10台を超えることはほぼなため、利用するのは法人の方などになります。


通常の自動車保険は自動車単位で契約するため、契約日は購入日などに左右されてしまいま。保険期間がそれぞれ違うため、うっかり保険が切れていた、ということになりかねません。


その点契約者単位でまとめたフリート契約は期間が揃っていますよね?契約や更新が一度に行えるため、うっかり保険が切れていた、という状態とは無縁と言えます。管理が楽になるのは会社としても助かりますよね。


保険料の割引制度も豊富で、車の台数次第では最大70~80%もの割引を受けることも可能です。


また、特約を付帯しておくことで、契約途中に新しく購入した車も自動で保障されることになるため、煩わしい手続きが少ない回数で済むのです。

ノンフリート契約との違い

個人が契約する可能性が高いのが「ノンフリート契約」です。そのため、自動車保険=ノンフリート契約と考える方がほとんどかと思います。


しかし、10台以上になるとフリート契約へと切り替えが可能です。自動車保険の契約方法に違いがあること自体知らない方にとっては、切り替えることで何が変わるのか知っておきたいですよね。


特徴を見ていきましょう。

内容フリート契約ノンフリート契約
割増・割引適用範囲契約者単位自動車単位(1台ずつ)
割増・割引率決定方法車の台数
全体の損害率
ノンフリート等級
事故件数(内容)
事故有係数
年齢による割増・割引なしあり
保険証券1枚台数分
契約の種類によって、保険料の決め方や管理のしやすさに差が出ます

割増・割引率は保険料算出に重要なポイントです。

ノンフリート契約での決め手は皆さんご存知の「ノンフリート等級」です。等級と共に割引率が上がっていく仕組みは有名ですよね。また、「引継ぎ」可能な事もご存じかと思います。

フリート契約ではどうでしょうか?「全体の損害率」です。事故を起こしてもその件数ではなく金額が重要になってくるのです。等級ではありません。

管理の視点から注目したいのが、保険証券です。台数分発行されるノンフリート契約では探すだけでも一苦労となってしまいます。10枚程度ならまだしも、50枚、100枚ともなってしまうとうんざりしてしまいますよね。


一方でフリート契約は1枚です。数十枚の中から探す必要もなければ、管理の手間も省けるのです。

フリート契約のメリットは主に3つ!

割増・割引率の決定方法などで大きな違いがみられるフリート契約ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

  • 保険証券が1枚で済む
  • 新たに車を増やしても自動で保障される
  • 割引制度が充実している

などがあります。


確かに台数が多い場合、保険証券が台数分になってしまうとどれがどれなのかもわからなくなってしまいますし、保管するのも大変そうですよね。必要なときにサッと出せなくなってしまう事も考えられます。


以下ではそれぞれのメリットを解説していきます。

①複数自動車があっても保険証券が1枚で済む(全車両一括特約)

保険証券は1台ずつ発行されるため、50台分契約すれば50枚が手元に来ることになります。見た目が同じため見分けるのも難しく、管理が難しい状態と言えます。


このようなときに活用したいのが「全車両一括特約」です。


この特約を付帯することで、数十枚ともなってしまう保険証券を1枚にすることが可能です。


枚数が減るだけでそんなに良いことなの?と疑う方は多いと思います。しかし考えてみてください。


1枚ならば管理をするのも楽になります。

  • 保険期間が統一される
  • 保管が楽になる
  • 利用するときはどの車でも同じ保険証券が使える

などです。


特に保険期間が統一されるメリットは大きく、同時に更新が行えることによって「無保険期間」が防げるのです。


さらに、

  • 保険料5%割引
  • 割増無しの分割払い

などの特典を受けることができます。


管理が楽になる上に、保険料まで安くなるのです。

②自動車の台数が増えても自動で補償の対象になる

契約途中で自動車が増えることもあるかと思いますが、全車両一括特約を付けていれば自動で保障対象となります。契約者の管理下に入ってすぐに保障の対象となるため、安心して車を利用することができます。


自動で保障対象にはなりますが、台数が増えたことを連絡することは必要です。しかし、すぐに連絡しなくてはいけないという訳ではなく、保険会社が定めた一定日に、一か月分の増減をまとめて報告をします。


報告後には増えた台数分の保険料の支払いがありますが。保険料の支払いが日割りの保険会社もあります。日割りの保険会社ならば利用した分だけ支払うことができるため、無駄なく保険料が支払えるのです。

③保険料の割引制度が充実している

主な割引率は

  • 台数
  • 事故の有無

で決まります。

台数

割引率とつながりがなさそうですが、多いと割引率に有利な影響が出ます。上昇率が大きくなるのです。


最大割引率にも違いがあり、70%のところが80%まで上昇します。


また、フリート多数割引5%上乗せされます。事故を起こしても5%の数値に変更はありません。

無事故割引

フリート契約の割引のメインとなるのが事故の有無です。1年で15~30%上昇し、台数が多い場合には30%と一気に増えるのが特徴です。


等級制度では1年で8~10%ほどの上昇のため、短期間で一気に上昇することはメリットと言えます。


条件次第では最大80%まで割引されるのです。

事故があった場合

このような場合でも割引の可能性があります。1台のみで保険金額も少額などの場合、残りの台数分引かれる可能性があるのです。

【注意】フリート契約のデメリット



メリットが大きいことはわかりましたが、良いことだけではありません。注意しておきたい点もいくつかあります。


ノンフリート契約と同じ感覚でいると後悔してしまう可能性もあるのです。

  • 事故を起こした場合の保険料
  • 「通販」での取り扱いが少ない
  • 途中で9台以下になってしまった場合
  • 年齢別の割引やファミリーバイク特約が無い

などに注意しましょう。


特に保険料については知っておかないと高額な保険料となる可能性が高くなってしまいます。契約途中で台数が減る可能性があることにも気をつけたいですね。


切り替え前にはデメリットについても勉強しておきましょう。

①事故を起こすと「保険料」が高くなる

「事故を起こすと保険料が高くなる」というのは当たり前のことのように感じます。ノンフリート契約でも同じ現象が起きますよね。


しかしその仕組みに注意が必要なのです。


ノンフリート契約では割引率は等級で管理されているため、事故を起こしてもすぐさま割増となる状況はかなりまれな事です。


しかし、フリート契約の場合「優良割引率」で決まり、特に「損害率」に大きく左右されます。


損害率は総保険金額で決まるため、金額が大きい場合は1回の事故で割増となってしまう可能性もあるのです。


ノンフリート契約では大きな事故を起こしてしまった際には迷いなく利用する方が多いと思います。しかし、保険金額のことを気にせずに利用してしまうと、翌年の保険料が思った以上に高額になっていた、ということもあり得るので注意が必要です。

②通販系の自動車保険会社は扱っていない可能性あり

保険料が安いことで有名な「通販系」はフリート契約では利用できない可能性が高くなります。


そもそも法人に対する制限が多く、

  • ノンフリート契約のみ
  • インターネット割引なし
  • ゴールド免許割引なし
  • 自家用自動車登録車のみ

など多数の制限があるのが現状です。


インターネットではなく電話などで申し込む必要があります。割引も無いのならばあまり魅力がありませんよね。


今までの契約が通販系だった、という場合もあるかと思います。しかし、ノンフリートは契約できていても、契約方法がかわってしまうと継続できなくなってしまうのです。


そのため、フリート契約になるタイミングで新しい保険会社に乗り換えなくてはいけません。今までの保険会社が利用できなくなり、新たに探すという手間も増えてしまいます。

③自動車が9台未満になったまま猶予期間がすぎるとノンフリート契約になる

台数条件のある契約方法ですが、減ってしまうとどのような影響があるのでしょうか?


10台以上が条件となるフリート契約は、9台以下でノンフリートへ切り替わることになります。


しかし、すぐに切り替えが必要になるわけではなく、猶予期間が存在します。


一般的な猶予期間は「次の更新時」までです。これを過ぎても台数が足りない場合には契約方法の変更をする必要があります。


もしフリート契約の更新をしたいけれども、自動車を新しく購入する予定がない、という場合、原付で代用することも可能です。原付バイクを含んだ10台でも契約することが可能です。


自動車はいらないけれど原付ならば一台くらい置いておきたい、と思う方は、ぜひ利用してみてください。

④年齢別の割引やファミリーバイク特約がない

年齢などの「リスク細分化」による割引がありません。


誰が乗るのか指定が難しいため、年齢などの条件を付けることができません。そのため、年齢条件による割引はありません。同じように、契約者がゴールド免許を持っていても、割引率に有利に働くことは無いのです。


保険料が高い20代などの若い方にはあまりデメリットと感じないかもしれません。しかし、年齢が高い方が多い場合、このような年齢制限が設けられないことはデメリットと感じるのではないでしょうか。


また、ファミリーバイク特約などもありません。契約方法変更前に特約を利用していた場合は、フリート契約にすることで原付に対する保障がなくなってしまうため、新たに契約をするかフリート契約の枠に入れてしまうかして保障のある状態にしておくことをおすすめします。

優良割引率(保険料)の決め方



事故を起こしてしまった場合には保険料が高額になってしまうことはご紹介しましたが、どのように保険料が決まっているのか知っておきたいですよね。


基本となるのは現在契約中のフリート契約の割引率です。さらに台数や損害率に応じた割引率が出され、新しい優良割引率が決定するのです。


ここでは保険料を決める際にポイントとなる、

  • 台数・損害率などによる優良割引率の決まり方
  • 料率審査日

についてそれぞれ解説していきます。

台数・損害率・現状の優良割引率が重要!

保険料は、

  • 台数
  • 損害率
  • 現在の優良割引率

に応じています。


運転者の条件を限定することで割引されるリスク細分化の割引がありません。しかし、この3つの条件次第ではかなり良い割引を受けることができます。


割引率の進捗率の幅を左右するのが「台数」です。多い方が有利に進行し、最大値も増えます。


また、保険料の基盤となるのが今の優良割引率です。今年度からの場合は、「平均無事故率」を使います。


のこりの要素である損害率は保険料決定の「かなめ」とも言えます。

保険金額÷保険料×100

で計算される数値です。

損害率割引率
高い低い
低い高い
この関係はどこの保険会社でも同じです。

割引最大値は70~80%となりますが、反対に割増されることもあります。この幅が割引よりも大きく、5~200%の割増もあり得る状態なのです。

1台の事故の影響が全体に波及してしまいます。保険料が高額なため、少しの割増でも全体にかかってくるとなるとかなりの負担となってしまいます。さらに、200%となってしまったときには損失額が多大なものとなります。

しかし、些細な事故ならばたいした影響が無いことも事実です。


努力次第で事故を減らすことはできますよね?そのため、保険料の「かなめ」とも言えるのです。


どうすれば安くなるのか。とても簡単なことです。大きな事故を防ぐことで改善することができます。


無事故に繋げるためにも事故を起こさないようなシステムを導入することは会社として行っておくべきですよね。


最近新設された特約では、安全運転基準をクリアすることで割引率が最大10%アップします。システム導入の良いきっかけにもなるのではないでしょうか?


特約が利用できれば、安全運転に対する準備も整い、基準をクリアすることによる割引を受けることもできるのです。一石二鳥ですよね。

料率審査日とは?

新しい優良割引率が決定する日をさしています。全車両一括特約の有無によって一回目の料率審査日に違いがあり、

全車両一括特約の有無第1回料率審査日
あり1年後の応当日
なし1年6ヵ月後の月初
になります。

契約後すぐに新しい優良料率が決まらないのは、成績計算期間が必要になるためです。1年間の期間が設けられています。


この1年間の間に起こった事故などに応じて、損害率などが出されます。第2回目はどちらの場合も1回目の1年後の応当日となります。


全車両一括特約を無しとした場合、期間のズレに注意しましょう。フリート契約となってから1年半後となるため、契約期間と比較すると6ヵ月の「ズレ」があることになります。


無事故だったはずなのに保険料が安くなっていない、などの場合、期間のズレが関係しています。


事故を起こしてしまい保険料が上がると思っていたけれど上がらなかった、ということも起こります。このような場合、その事故の損害率はさらに次の回で計算されることになります。保険料が次の審査日に上がってしまうのです。


しかし、上がることが分かっていればこれから気をつけることでそれ以上の上昇を防ぐことも可能です。保険料を抑えるためにも事故防止に力を注ぎましょう。

ミニフリート(セミフリート)契約とは?

ミニフリート契約1保険証券で2台以上の契約をまとめて行うことです。セミフリート契約とも呼ばれます。


2台以上であれば一括で管理をすることが可能になります。


さらに利用することで割引もあり、

台数割引率
2台3%
3~5台4%
6台以上6%
となっています。(参考:損保ジャパン・ノンフリート多数割引

保険料を分割(月払い)にしても割増料金や手数料などを取られることもありません。フリート契約と同じですね。


ただし、所有者に条件があり、

  • 契約者
  • 配偶者
  • 同居の家族

の場合の車のみまとめることが可能になります。


家族であっても別居している場合はまとめることができません。また、保険料の引き落とし口座を統一することも条件の一つです。


保険開始期日を合わせる必要もあり、上手く調整をしないと等級が進むのが先延ばしになってしまう事もあります。


しかし、これらの注意点を上手くクリアできれば、ミニフリート契約を行うことができます。保険料も安くなりますし、保険証券がまとまっているので管理も楽になるのです。

フリート契約についてのまとめ


いかがでしたか?ここでは自動車保険の契約方法の一つであるフリート契約をご紹介しました。


この記事では、

  • 10台以上の場合はフリート契約を行う
  • ノンフリート契約とは保険料の計算方法が違う
  • メリットは、保険証券が1枚、増えた車の自動保障、割引制度の充実
  • デメリットは、事故状況によって保険料が高くなる、「通販」で契約できないなど
  • 保険料を決める際に重要な優良割引率は、損害率や車の台数で決まる
  • 2台以上ならミニフリート契約ができる

をご紹介しました。


フリート契約を行うことはプラスになる面もある一方、マイナスとなってしまう事もあります。メリット・デメリットをしっかりと把握し、損をしないよう上手に利用してください


損をしないためにもしっかりと勉強をしておく必要があります。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

ランキング