母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事

母子家庭と保険。自分に万が一の事があったらと考えられる方も多いと思います。母子家庭における保険はどのような優先順位で考えれば良いのでしょうか。この記事では、子どもの教育資金、学資保険にフォーカスし、母子家庭における学資保険の選び方や注意点をまとめました。

母子家庭における学資保険の必要性

子どもを大学までの資金が不安とお考えで学資保険を検討しているとお考えでしょうか。

この記事では、母子家庭のケースごとに学資保険の必要性を考えていきたいと思います。


殊、母子家庭においては、おそらく十分な貯蓄がない場合が多いかと思いますので、この記事では学資保険は優先順位は低いと考えています。


加入する際には、契約者が死亡した場合や受取人の問題などが絡んでくるので、学資保険の契約者が死亡した場合の記事なども読まれることをお勧めします。



母子家庭における保険の優先順位

母子家庭における保険の優先順位を考えておきましょう。

  1. 自分(母親)に万が一のリスク:生命保険
  2. 自分(母親)が動けなくなる・働けないリスク:就労不能保険・医療保険
  3. 自分(母親)の手術や入院のリスク:がん保険・医療保険・女性保険
  4. 子どもを大学まで進学させる貯蓄:学資保険

かと思います。


そもそも学資保険は多くの場合、資産運用に近いものですので、保障にはあまり価値がありません。

貯蓄に余裕がある方のみ加入するようにしましょう。


また、子どもの保険(医療保険や傷害保険)に関しては、学童の保険や、生協が行ってる格安の保険があるので、子どもであればそれで十分かと思われます。

学資保険の選び方や必要性に不安を感じているあなたへ

「学資保険について1から知りたい!」「学資保険って実際は必要なの?」


子供の教育費のための貯蓄型の保険である学資保険。子供の入学時や進学時に満期金などを受け取ることができます。


しかし、学資保険の返戻率などの不安があるという人が多いのではありませんか?


また、子供の入院特約や払込免除などについての疑問がある人もいるかもしれません。


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです!電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



離婚のケース:離婚前から学資保険がある場合

離婚する事になり、母子家庭となった。そんな時、色々と精算しないとならない事項が沢山出てくる事でしょう。

その中の一つとして、学資保険が子供の父親名義での加入だった。離婚後の生産事項としては、多い事例です。


離婚により、契約者と親権者の変更が生じるケース。

  • 学資保険の契約内容は継続する
  • 契約者を変更する
  • 解約する


離婚の母子家庭における学資保険問題はこの3パターンが代表的な問題事項になります。


そこで、母が親権者となったケースでご説明しますね。離婚前は、学資保険の契約者とは?概ね父であるケースが多いでしょう。


しかし、離婚により父は親権を失いました。離婚後は「契約者=親権者」ではなくなりますので、離婚後速やかに契約者の変更をしましょう。

契約者変更手続きは必ずしましょう

離婚し母子家庭になった時、こんなケースが良くあると言います。

父親の口座から従来通り保険料は引き落としになっていました。

そのまま満期を迎えるケースがあるのだそうです。


元妻が親権者でも満期を迎えた時、契約者変更をしていないので満期金の行方はというと?悲劇が起こるでしょう。


受取人は元夫のままであるケースが多いのです。


そうなると、当然親権者が母親になっても、学資保険については満期金額は当然父親の口座に振り込まれます。


こうした事からも、離婚が決まった時には速やかに各種手続きをする必要があるのです。

いざ、満期が来た時に頼りにしていた学資保険が入ってこない。何てことになると、母子家庭にとっても大きな痛手になる事は間違いないでしょうから。

母子家庭になると言う事は、こういった細かな手続きだって、全て貴女が行わないといけなくなるのですから。

母子家庭になってからの学資保険の必要性

解約の恐れがある場合は加入を考えるべき

母子家庭においては、本当に学資保険は必要でしょうか?

結論としては、必要と言い切れません。


当然保険という商品の性質からも、満期を迎える迄かけないと、損益が大きいからです。


母子家庭という現実からは、まず生活を優先する事が大前提であります。万一支払が滞る事も視野に入れておかないといけないでしょう。ですから、母子家庭においては学資保険に加入する事は、加入前によくよく検討を重ねる必要があると言えるでしょう。

経済的に余裕があるなら加入すべき

母子家庭のお母さんでも、色々な状況があるでしょう。

実家に戻ってきて生活していると、独立しているよりは少しでも余裕があるでしょう?また、しっかりと養育費を頂いていたり、慰謝料が大きかったりと状況は様々でしょう。


そこで、母子家庭でも経済的に余裕があるならば、加入してもいいでしょう。その時、纏まったお金があるならば、一括で支払う事も良いでしょう。毎月支払うよりも、かなり得ですよ。支払方法や、今後のライフプラン等も知っておくと効率の良い家計運営の助けになるでしょうから、一度ファイナンシャルプランナーさんに相談してみると良いでしょう。

母子家庭のお母さん達は、様々アンテナをもっていると助けられる事が多いはずですよ。


どっちともつかない場合は掛け金を減らすべき

何とかかんとか?といった状況でも毎月生活出来ている…それが、実は母子家庭の現実と言えるでしょう。

そんな現実でも、ちょっと頑張れば何とか学資保険を支払ってあげる事が出来そうといった母子家庭のお母さんもいるでしょう。

ですが、掛け金を世間並にする事は、ちょっと待って下さいね。

貴女は、一人で働いてそのお金で子供達を養っているのですから。

悔しいと思うかも知れませんが、掛け金は安く抑える方が有効でしょう。確かに満期金額は少ないでしょうが…掛けていないよりは、当然進学の際の足しになるでしょう。ですから、解約の恐れがない。そんな掛け金の学資保険を検討してほしいです。

これが、母子家庭における上手な学資保険の検討になるでしょう。


まとめ 母子家庭の学資保険

母子家庭って、金銭的な事だけでなく色々と大変な現実がある事でしょう。ですから、学資保険等は直ぐに加入する事なく、少しでも家計にゆとりがある生活をする事が優先と言えます。

そこで、母子家庭には、学資保険より医療保険等を優先して加入する方が効率的でしょう。そして、貯蓄性のある商品を上手に活用していく事をお勧めします。母子家庭においては、共済関係の商品が掛け金も手ごろで、理想的でしょう。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう