学資保険の途中解約の際は解約返戻金に注意!税金と手続き方法を解説

学資保険の途中解約は解約返戻金が少なくなるため子どもの教育資金を考えるとできません。しかし、離婚や住宅ローン返済などにより、途中解約の手続きを迫られるかわかりません。今回は、学資保険を途中解約すると損する場合があることと、税金手続きの可能性について解説します。

学資保険を途中解約すると損をする?対処法はあるの?

「学資保険の支払いが厳しい」「途中解約をしてもいいのかな?」と学資保険の途中解約を検討している話をよく耳にします。 


しかし、学資保険を途中解約するとこれまで支払ってきた保険料総額よりも受取金が少なくなる場合があります


そのため、途中解約はあまりおすすめできる手段とは言えません。


では、学資保険の支払いが厳しく途中解約を検討している人はどうすれば良いのでしょうか。


そこでこの記事では、

  • 学資保険を途中解約すると返戻金が少なくなる
  • 【必見】途中解約を避けるための3つの対処法
  • 学資保険の途中解約をした場合のリスク
  • 途中解約手続きの方法
を解説していきます。 

学資保険の途中解約を検討している方は、ぜひ最後まで読んで理解してください。

学資保険の途中解約を避けるための3つの対処法を紹介


子育て中は何かとお金がかかるものです。子どもの成長とともに出費がかさむことも多くなってくるものです。また転職、離婚などの家庭環境の変化によっても、家計状況は大きく変わってきます。

子どもの誕生を機に、将来の教育資金のために…と選び抜いて加入した学資保険にもその影響は及び、保険料の支払いが負担になってくるようなこともあるかもしれません。

「学資保険の途中解約…」という言葉が頭の隅をよぎるようになってきたら要注意です。

学資保険の途中解約は、思っている以上に大きなリスクを伴うものなのです。

学資保険の途中解約を検討するその前に、途中解約を回避できる対処法を3つご紹介します。途中解約は、こちらを検討してからでも決して遅くはありません。

契約者貸付制度を利用できる

契約者貸付制度とは、解約返戻金を担保にお金を借りることができる、契約者本人限定の制度です。


借入れ中も学資保険は保険は継続できますので、一時的に保険料の支払いが困難になってしまった場合におすすめのシステムです。


学資保険の契約者貸付制度のメリットには、以下のようなことがあげられます。

  • 上限額の範囲内であれば、何度でも借入れが可能。
  • 審査がなく、信用情報にも影響しない。
  • 使用目的を限定されない。
  • 返済計画が固定されておらず、比較的自由。

また以下のような注意点もしっかり把握したうえで、計画的に利用することが必要です。

  • 貸付額(元金+利息)が解約返戻金を越えると、学資保険が消滅する可能性がある。
  • 複利で計算される。
  • 借入れ中に祝い金・満期保険金が発生した場合、元利金が差し引かれてしまう。

一部解約(減額)して保険料を下げる事ができる

学資保険を一部だけ解約して保険料の負担を軽くする方法を一部解約または減額と言います


『今よりももう少し保険料の支払額が少なければ、払込期間満了まで支払いができる』という場合におすすめの方法であり、満期保険金の額は減るものの無理のない範囲で保険を維持することができます。


また解約した分については、解約返戻金を受け取ることができます。


保険料の支払いが可能な金額に合わせて残すことができますので、月々の支払額を減らしたり、あるいは特約の部分だけ解約したりとさまざまな方法で金額の調整をすることができます。


今後の保険料の支払いに不安を感じたら、いつでもお近くのゆうちょの窓口や保険会社の担当さんに相談して、ベストな返済額を検討しましょう。

払い済み保険にして保険料を支払わないようにできる

「長期的に見て、今後はもう全く保険料を支払える余裕がない」という場合には、払い済み保険に変更するという方法もあります。


払い済み保険というのは、今まで払い込んだ保険料の範囲内で保険を継続させるという方法です。


解約返戻金は、ほぼそのまま払い済み保険の元金となりますので、

  • 手元に現金は残らない。
  • 満期保険金の額が少なくなる
  • 特約や祝い金などが消滅する

というリスクは伴いますが、変更以後は保険料の支払いのことで悩むことはなくなり、将来の子どものための教育資金を蓄えておくことができます。


想定外の出来事によって家計が苦しくなっても、最低限の教育資金を守っていけるということは、親としてとても嬉しいことですね。

学資保険で途中解約をする3つのリスク


学資保険の途中解約を回避できる対処法を確認したところで、実際に学資保険を解約した場合に受けるリスクを3つご紹介します。3つのうちどれか…ではなく、3つとも受ける可能性が十分にあることを理解しておいてください。


やむを得ない事情で、「どうしても学資保険を途中解約するしか方法がない…」という場合には仕方がありませんが、リスクについても十分に把握して手続きの時期も含めて検討し、進めていくことが必要です。


また学資保険が差押えられてしまっている場合、その権利は債権者に移っていますので、契約者は勝手に解約することができないということは、覚えてきましょう。

保険料支払い額より受取金が少なくなる(元本割れ)

学資保険は、その貯蓄性の高さから長期で運用することを前提とされており、保険料の一部は以下のようなものに充てられます。

  • 保険金の支払い
  • 契約の締結や維持に必要な経費
  • 医療保障(特約等ついている場合)  

そのため、途中解約するタイミングでは、払い込んだ保険料を下回る金額しか戻らない可能性も十分に考えられ、元本割れの可能性が高まってしまいます。


解約返戻金の金額は、

  • 契約時の年齢や性別
  • 保険料払込期間
  • 保険会社の規定

などによって異なります。


特に契約してからの期間が短い場合は、解約返戻金として戻ってくる割合が小さくなったり、あるいは解約返戻金がないという場合もあります。


解約を検討する場合には、『いつ』その手続きをするのがベストなのかも事前にしっかり検討する必要があるのです。

学資保険に入り直せないことがある

学資保険の途中解約後に改めて学資保険に再加入する場合には、「年齢」と「健康状態」の2つの条件をクリアする必要があります。

年齢

学資保険に加入できる被保険者(子ども)の年齢には、制限があります。

保険会社学資保険商品名加入対象年齢(歳)
かんぽ生命はじめのかんぽ0~12/0~3
ソニー生命 学資金準備スクエア 0~3
明治安田生命 つみたて学資0~6
フコク生命 みらいのつばさ
0~7


学資保険に入り直せた場合でも、再加入時の年齢が高ければ高いほど月々の保険料は高くなる傾向があります。


契約者(親)の年齢にも制限があり、さらには被保険者(子ども)の場合と同様に、再加入時の年齢と保険料は比例する傾向が見られます。

健康状態

契約者の健康状態によっては条件付きとなったり、もしくは加入できない場合もあります。

学資保険の契約者に万が一があった時の保障が無くなる

学資保険には将来の子どもの教育資金のための貯蓄に加えて、子どもの医療保障や払込免除の特約や育成年金などが付いていることがあります。

契約者に万が一のことがあった時こそ、この保障が本領を発揮するところでもあり、子どもの教育資金だけは確保してくれるのです。

学資保険を解約することで、これらの保障はすべてなくなってしまう…ということを認識し、代わりに比較的安価な掛捨ての医療保険や共済に加入しておく必要があります。

「万が一の」のこととは、保険期間中に
  • 契約者が死亡
  • 契約者が所定の高度障害状態
  • 契約者が所定の身体障害状態
のいずれかに該当する場合をいいます。

家族としては決して起こってほしくない状況であり、想定などしたくもないのが本音ですが、その「万が一」の大変な状況下で支えてくれる縁の下の力持ちが保障なのです。

補足:学資保険の途中解約の手続きの方法

学資保険の解約の手続きは、基本的には契約者本人がすることとなっています。


かんぽ生命

最寄りの郵便局(簡易郵便局は除く)で、手続きが可能です。必要な書類等は以下のとおりとなっています。

  • 保険証券(保険証書)
  • 契約者本人であることが確認できる書類
  • 印章
  • 所定の通知書(郵便局にて用意)

かんぽ生命の場合は、必要な書類を添えることで委任代理人での手続きが可能とされています。

かんぽ生命:解約のお手続き


ソニー生命 

ソニー生命の場合、書類とWebのいずれかを選択して手続きを行います。

  1. 担当者または、カスタマーセンターに連絡
  2. 担当者が書類を持参もしくは郵送/電子請求書をお客さまWEBサービスへ送信
  3. 書類に記、郵送/お客さまWEBサービスにログインして手続き
  4. 解約手続き完了のお知らせが届く

契約者側が用意する書類等は、ありません。

ソニー生命:解約


明治安田生命

  1. 契約の担当、またはコミュニケーションセンターに連絡
  2. 担当者を介して書類が届く
  3. 書類提出
  4. 手続き完了のお知らせが届く

必要な書類等➡保険会社所定の請求書・本人確認書類(写)

明治安田生命:解約


フコク生命

  1. お客さまアドバイザー、またはお客さまセンターに連絡
  2. 手続き書類の案内(アドバイザー持参もしくは郵送)
  3. 手続き書類の提出(アドバイザー受取もしくは郵送)
  4. 確認・手続き完了後、完了を知らせする通知が届く

フコク生命:解約

まとめ:学資保険の途中解約は基本的にNG


いかがだったでしょうか。 


この記事のまとめとしては

  • 学資保険の途中解約を回避する方法を検討
  • 学資保険の途中解約をした場合のリスクの大きさを確認
  • 学資保険の途中解約は最終手段であり基本的にはおすすめしない
  • 主な学資保険ごとの途中解約手続きの方法を確認

でした。


学資保険の途中解約によって受ける「解約返戻金による元本割れ」や「保障の消滅」は、非常に大きいデメリットであり、一度解約してしまうともう元に戻すことはできません。


子どもの将来の教育資金のことを思うと不安は募るばかりですが、それぞれの『苦しい状況』を解決に導いてくれる対処法があります。なるべく途中解約をしなくてすむ方向で最良の手続きを選択しましょう。


また離婚などが要因で学資保険を解約する場合、契約者と解約返戻金の受取人が異なると贈与税が発生してしまいます。通常払わなくて済む税金を払うはめに陥らないようにぬかりなくチェックしておきましょう。


現在の保険料の支払いが負担になっている方、不本意ながら滞納となってしまう前に、

  • かんぽ生命➡お近くのゆうちょ
  • 保険会社➡保険の担当、コールセンター

まずは相談の電話をすることをおすすめします。


いつ、どのような手続きをしたらよいのか…きっと明確な答えが出ることでしょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。ぜひご覧になってください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 学資保険から融資を受ける方必見。金利の付き方の基本と落とし穴
  • 学資保険を解約せずに、お金を借りることができる契約者貸付制度とは
  • 学資保険をお得に使うためには絶対に途中解約しないでください
  • 学資保険の保険料で困った時は解約ではなく減額という方法がある
  • 学資保険の解約に待ったをかける!解約前に必ず確認すべきポイント
  • 学資保険の保険料が支払えない、そんな方のための「払い済み保険」