終身保険は貯蓄性があるが、元本保証ではないので注意が必要!

終身保険は一生涯の死亡保障が付き、貯蓄性のある保険ですが、早期解約すると元本割れをし、元本保証でないことに注意しましょう。特に一時払い終身保険は貯蓄性に優れていることから元本保証と勘違いする場合がありますが、一時払い終身保険こそ元本割れに注意が必要なのです。

終身保険は元本保証ではありません!

「終身保険は元本保証だからお得」ということを耳にしたり目にしたことはありませんか?  


終身保険は「保険」なのに、本当に元本保証されているのか疑問に思ってしまいますね。 


終身保険は元本保証の商品ではないにもかかわらず、その特徴からそのようなイメージを持たれてしまうことがあります。 


ここでは、終身保険が元本保証されない商品であることについて 


  • 元本保証だと勘違いされてしまうケース 
  • 元本割れしてしまう仕組みについて 
  • 終身保険の特徴から見るデメリット 

以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、終身保険が元本保証の商品でないことがお分かりいただけると思いますので、ぜひ最後までご覧ください。 

終身保険が元本保証だと勘違いするケースについて

終身保険には「貯蓄性が高い」という大きな特徴があり、その特徴から「終身保険は元本保証される商品だ」と勘違いされてしまうことがありますが、実際は元本保証される商品ではありません。  


実際「一時払い終身保険」は、預金よりも利回りのいい商品として特に高齢者に勧められることが多く、預金だと思い込んで契約してしまうケースが多く見られます。 


また、中途解約をした場合は、契約より一定期間が経過すれば支払った保険料よりも高額な解約返戻金を受け取れるのも事実ですが、解約時期によっては支払った保険料よりも下回ることになり元本保証されませんので注意が必要です。 

高齢者が銀行で保険を勧誘される?一時払い終身保険とは?

一時払い終身保険は、契約時に保険料を全額支払う保険で、年数を経るごとに死亡保険金や解約返戻金が増額していくため、死亡保障を付けられる上に貯蓄性が高いタイプの保険です。  


一時払い終身保険のこのような性質を利用し、銀行が特に高齢者に対し「預金しておくよりも利回りのいい商品がありますよ。」と勧誘するケースが多く見られます。 


しかし終身保険は、定額預貯金などとは違い元本保証されている商品ではなく、早期に中途解約をした場合は支払った保険料よりも解約返戻金が下回る可能性が高くなります。 


確かに保険料全額を支払うことで保険会社の運用益が増え、より高い貯蓄性を期待できるのですが、中途解約をすると、通常よりも大きな元本割れを起こしてしまうのです。


なお、一時払いをしている分、「保険料の支払いの負担が厳しいから解約をする」ような事態が発生しないというのは確かに一理あるのですが、解約理由には、「緊急にお金が必要となったので解約して解約返戻金を受け取りたい」というものもあります。


このような場合は、元本割れをしてしまう可能性があるので、注意が必要です。


高齢者は「利回りがよい商品」という勧誘をされると、元本保証の預金と勘違いしてしまい、そのまま契約してしまうことが少なくありません。 


よって、中途解約した場合に元本保証されておらず、解約返戻金が支払った保険料よりも少ないと、トラブルに発展するケースも多く見られます。 


一時払い終身保険についての詳細は以下の記事をご参照ください。

一時払い終身保険まるわかり。メリット・デメリット・活用法徹底解説

終身保険は貯蓄性を持つがあくまでも保険!預金ではありません!

終身保険は、中途解約した場合解約返戻金を受け取ることができるため、高い貯蓄性を持っているという特徴があります。 


解約返戻金は、教育資金や老後の生活資金など様々な活用方法があり、加入者のライフスタイルに合わせて利用されています。 


しかし、契約後すぐに中途解約すると解約返戻率が低くなるため元本保証されませんので注意が必要です。 


加入後一定期間が経過すれば解約返戻率が徐々に上がっていき、支払ってきた保険料以上の解約返戻金を受け取ることができるため、元本保証されることになります。 


このように、終身保険はあくまでも保険であるため、中途解約するタイミングによっては元本保証されません。 


保険は保険であって預金ではありませんので、混同しないように注意しましょう。 

終身保険が元本割れする仕組みを解説!


そもそも、元本割れとは、支払った保険料よりも受け取れる保険が少なくなってしまうことを言います。

ではどのようにして終身保険においてこの元本割れを起こしてしまうのでしょうか。

まず終身保険はあくまでも保険です。

そのため、中途解約する時期によっては元本割れをしてしまいます。 

「終身保険は元本割れで損してしまう」という声もありますが、それは早期解約をしてしまった場合です。 

 

実は、払い込んだ保険料よりも解約返戻金が上回るためにはある程度の期間が必要とされ、それ未満で解約してしまうと元本割れしてしまいます。 


終身保険の「高い貯蓄性」という性質を有効に活用するためには、早期解約にならないよう十分な注意が必要です。 

保険料の運用利益が出るには時間が必要

終身保険が元本割れしてしまう原因として、保険料に含まれる「付加保険料」が考えられます。 

終身保険に限らず一般的に保険料は「純保険料」「付加保険料」に分けられます。 


純保険料は保険金の支払いに充てられる部分で保険会社が運用・保管しているのに対し、付加保険料は、保険会社や代理店で働く人の人件費や広告費などに充てられます。 


契約者が支払った保険料から一定額が差し引かれ付加保険料として利用されますが、純保険料の運用益が出て、付加保険料を上回るまでにはある程度の期間が必要とされます。 


運用益が十分に出ていないうちに中途解約すると付加保険料を上回ることができずに、元本割れしてしまうことになります。 

早期解約により返戻率が低下!元本保証ではなくなる!

終身保険は一生涯の保障が手に入る上に、高い貯蓄性を持っているというメリットがありますが、一方で「終身保険は元本保証ではなく損してしまう!」という声があります。 


しかし、元本保証されないのはやはり早期解約をしてしまった場合で、純保険料の運用益が十分に出ないうちに解約すると元本割れしてしまうことになります。


終身保険=元本保証と思い込み早期解約してしまうと損してしまうため、中途解約する場合は元本保証ラインを超えてからにする必要があります。 

終身保険の特徴から見るデメリット2つ!

終身保険には、一生涯の保障を得ることができ高い貯蓄性を持っているというメリットがありますが、一方でデメリットもあります。  


具体的には、すでにご説明した早期解約による元本割れや、長期契約によるインフレリスク、保険会社の倒産リスクなどです。 


終身保険は長期間の契約になることが多いため、どうしてもインフレリスクにさらされることになり、保険会社の倒産も決してないとは言い切れません。 


では、それぞれのリスクについてご説明していきます。 

終身保険は早期解約すると元本割れするリスクがある

終身保険にはすでにご説明しました通り、早期解約すると元本保証されず支払った保険料を下回る解約返戻金しか受け取れないことがあります。

 

充分な運用益が出る前に解約してしまうと元本割れするというリスクがありますので、充分な注意が必要です。  

終身保険はインフレリスクや保険会社の破綻リスクがある

終身保険では早期解約による元本割れの他に、「インフレリスク」や保険会社の「破綻リスク」についても注意が必要です。  


インフレリスクとは、物価が上昇することが原因でお金の価値が下がることをいい、終身保険は長期間の保険になりますので、その分インフレリスクにさらされることになります。 


また、保険会社が経営破綻してしまうという可能性もあり、破綻しても契約自体は残りますが、結果として損をすることになります。 


保険会社の倒産リスクを避けるためには、より経営の安定している保険会社を選ぶことが大切ですが、見分けるのは至難の業です。 


複数の保険会社で契約をしてリスクを分散するなどの対処も1つの方法です。 


さらに詳しいデメリットについては以下の記事をご参照ください。

終身保険のデメリットとは何?9つのデメリットを詳しく解説! 

まとめ:終身保険は元本保証ではない

終身保険は元本保証の商品ではないということについて解説してきましたが、いかがでしたか? 

今回のこの記事のポイントは、 


  • 終身保険は、元本保証の商品と勘違いされやすい 
  • 特に一時払い終身保険も元本保証ではないことに注意が必要
  • 早期解約すると元本割れしてしまう可能性が高い 
  • インフレリスクや保険会社の倒産リスクにも注意が必要

です。 


終身保険は、高い貯蓄性を持っていることから元本保証の商品と勘違いされることがありますが、保険はあくまでも保険です。 


早期解約などで元本割れすることがありますので注意が必要です。 


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。  

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング