生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

生命保険に加入している30代の平均保険料や平均保険金額はどの位?

30代の方が生命保険や医療保険に加入する際、他の30代の方が平均でどの位の保険料を支払い、保険金額を設定しているか気になるものです。ここでは、30代の方の生命保険・医療保険の平均保険料と平均保険金額についてや、保険料をおさえる方法について説明していきます。

生命保険の30代の平均保険料と平均保険金額を紹介します!

30代で生命保険に加入しようと考えている方の場合、保障を考える上で「30代の平均生命保険料や平均保険金額を知りたい」という方は多いことでしょう。  


家族構成など、状況は人それぞれなので一概にはいえませんが、それでもやはり平均値を知っておくのは非常に参考になるものです。 


そこで今回、この記事では、

  • 30代の死亡保険の平均保険料と平均保険金額
  • 30代の医療保険の平均保険料と平均自己負担額について
  • 生命保険料をおさえる方法

以上のことを中心に解説いたします。


30代の平均保険料や平均保険金額を知った上で、自分に最適な保障を考えていきましょう。


ぜひ最後までご覧ください。  

保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「今の保険は本当に必要なの?」「保険は誰に相談したらいいの?」


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


ほけんROOM相談室では、完全無料の保険相談を行なっております。


相談からアフターフォローまで、何度でも無料、納得できるまで相談することできます。


最近の保険相談のトレンドは『訪問型』です。保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます。忙しい方、育児が大変な方におすすめです!電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



30代の死亡保険の平均保険料と平均保険金額を紹介!

30代になると、将来にむけての保障を考え始める方が多く、生命保険への加入を真剣に検討する方が多くなります。  


しかし、いざ加入しようとすると「保険料はどの位支払えばいいのか」「もしものときの死亡保険はどの位に設定すればいいのか」と迷われる方は少なくありません。 


そこで、30代の方の生命保険の平均保険料と平均保険金額についてご紹介していきますので保障を考える際の参考にしてみてください。 

30代の月額の平均保険料はいくら?

30代の方が生命保険に加入する際、現実的に一番の問題となるのが保険料ではないでしょうか? 


できるだけ手厚い保障を付けたいとは思っても、その分保険料が高くなってしまうのは必然のことです。 


そこで、「他の30代の方はどの位の保険料を支払っているのだろう」と気になる方は多いと思いますのでご説明していきます。 


30代の方が加入している生命保険の平均保険料は1ヶ月あたり2.5万円程で、年間ベースで考えると30万円程になります。 


「1ヶ月に2.5万円も支払い続けるの?」と驚いた方もいらっしゃるかもしれませんが、これはあくまでも平均値ですので、参考程度に留めておいていただければと思います。 


実際は平均1万~2万円支払っている方が一番多く、次いで1万円未満、2万~3万円支払っている方という順番になっています。  

死亡保険の平均加入保険金額は男性は約2000万円、女性は約900万円

また、30代の方が生命保険でどの位の死亡保険金額に加入しているのかも気になるところです。

 

「生命保険文化センター」の調査によると、30代の男性の平均死亡保険金額は2,069万円、女性は914万円という結果が出ています。 


これは、40代の平均死亡保険金額(男性2,396万円、女性849万円)に次いで2番目に大きな保障となっています。 (女性は40代のほうが平均死亡保険金額が高いようです。)




もちろん、これらの数字は平均なのであくまでも目安となりますが、30代は子供の教育費や将来への蓄えを真剣に考えだす時期でもあるため、死亡保険の高額な生命保険に加入する方が多いことをあらわしています。 


家庭の状況や家族構成などで必要な保障も異なってきますので、ここでご紹介した平均保険金額を参考にして生命保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか。 

30代の医療保険の平均保険料と平均自己負担額について説明!


30代のうちはまだまだ元気で、病気や入院の心配を実感する機会はそれほど多くないと思いますが、病気や怪我は予告なく突然起こるものです。  


病気や怪我による入院・通院リスクを考えると生命保険だけでなく医療保険の加入を検討することも必要でしょう。 


ここでは、30代の医療保険の平均保険料と平均自己負担額についてご説明していきます。  

医療保険の平均支払い保険料月額はいくら?

30代の方が生命保険だけでなく医療保険にも加入することを検討する際は、「できるだけ保険料を安く抑えたい」と思う方がほとんどでしょう。  


しかし、あまりにも不十分な保障内容だと不安ですし、やはりある程度の保障は確保しておきたいものです。 


そのためここでも気になるのが30代の平均的な保険料になりますが、男女とも平均保険料は4,000円程という結果になっています。 


もちろん、これは平均の保険料になりますので、特約をたくさん付帯してより手厚い保障を手に入れたいという方はもっと高額になりますし、ご自身が必要とする保障項目によって保険料が変わってきます。 


いずれにしても、生命保険をメインの保障として、医療保険は+αの保障と考えれば、これくらいの保険料の負担が妥当ともいえます。 

30代の医療保険加入者の平均自己負担額は”実費の約2割”

けがや病気などで入院をすると、保険を適用してもまとまった額の自己負担額が必要になります。
  

自己負担額の内訳としては、治療費をはじめ食事代・差額ベッド代・衣類・日用品・看病や見舞いに来る家族の交通費などがあります。 


また、入院中は備え付けのテレビや冷蔵庫を利用することがありますがそれらも別途費用がかかります。 


最近の医療保険では様々な保障が付帯されているものが多く、差額ベッド代や通院のための交通費などもカバーしてもらうことができます。


医療保険に加入していれば、これらの保障を受けることができますので、30代の平均自己負担額は実費の約2割程となっています。 


やはり入院などまとまった医療費が必要な時は生命保険や医療保険の保障が強い味方になってくれます。 

30代の平均入院日数は”約14日間”

医療保険に加入の際は、「1回の入院限度日数」や「入院通算限度日数」なども決めなくてはなりません。
  

そのため、医療保険の保障を考える際は、いざ入院することになった場合「どの位の期間入院することになるのか」についても知っておく必要があります。 


30代の方の平均入院日数は約14日間とされており、1週間で退院する方が約46%で、1~2週間で退院する方が約31%という結果が出ています。 


このように、80%弱の方が2週間以内で退院していることが分かりますが、病気や怪我によっては1ヶ月以上の入院になることも考えられるため、長期入院でも十分な保障が得られるような保障内容にしておくと安心です。 

参考:月額の生命保険料をおさえる方法2つを紹介!

生命保険は、自分に何かあったときに家族が困ることのないように十分な保障にしておくことが大切ですが、「入り過ぎ」てもいいわけではありません。  


もちろん手厚い保障があれば安心ですが、その分生命保険料が高額になってしまうので、その方の状況に合わせて適切な保障を見極めることが大切です。 


では、必要な保障を確保しつつも生命保険料をおさえる方法についてご紹介していきます。  

公的制度の確認や不要な特約など保険の見直し

30代の方でも自分にもしものことがあった場合、残された家族には「遺族年金」の支給という公的制度があるため、自営業などの場合は「遺族基礎年金」が、会社員や公務員の場合は「遺族厚生年金」が支給されることになります。  


遺族年金がどの位支給されるのかは、子供有無・人数、子供・妻の年齢などの条件により異なります。 


30代の方で自分にもしものことがあった場合、家族がどの位もらえるのか知りたい方は、自分で試算することもできますが、難しい場合は保険代理店の窓口やファイナンシャルプランナーなどに依頼して計算してもらうこともできます。 


また、現在加入している生命保険で重複している保障がないか確認することも大切です。 


さらに、あまり必要でない特約が付帯されている場合もありますので、一度生命保険の保障内容を見直すことも大切です。 

会社の福利厚生で遺族給付金や年金を受け取れる場合もある

30代で会社にお勤めの方は、会社の福利厚生で遺族に遺族給付金や年金が支給される場合があります。  


他にも、退職金制度がある会社では「死亡退職金」として遺族に支払われることがあります。


 このように、生命保険の保障だけではなく、会社の福利厚生でも保障を受けられることがありますので、この点も考慮して生命保険の保障を考える必要があります。 

まとめ:30代の生命保険の平均を知って自分に合った生命保険を見つけよう

いかがでしたでしょうか。


30代の方が加入している生命保険の平均保険料は1ヶ月あたり2.5万円程になり、30代の平均死亡保険金額は男性が2,323万円、女性が946万円となっています。 (参考:生命保険文化センター)


これらは平均値なのであくまでも参考としてとらえていただき、自分の状況に合わせて適切な生命保険の保障を考えることが大切です。


30代はこれからの人生を考えて大きな保障を考える重要な世代でもあります。 


自分のため、そして家族のために納得のいく十分な保障を考えていくことが求められます。  

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説