大学生におすすめの保険は?学生総合保障制度には入るべき?

大学生でも保険に加入して損はないです。学生におすすめな保険はあるのでしょうか?学生向けの保険としては学生総合共済や大学生協や、学生のための総合保険などがあります。この記事では加入率、加入の必要性、またおすすめ人気な大学生向けの保険を紹介します。

大学生に保険は必要なのでしょうか?それとも不要ですか?
今回はこのような疑問を解決していきます。
大学生になると行動範囲が広がり、リスクも高まります。特に賠償責任保険火災保険などは重要性が高いです。
なるほど。入っておいて損はなさそうですね。大学生が加入するならおすすめな保険はありますか?
大学生協の「学生総合共済」や「学生賠償責任保険」がおすすめです。今回は大学生に必要性の高い保険や加入における注意点も解説します。

内容をまとめると

  1. 大学生は一人暮らしを始めたり、出かけることが多くなるので賠償責任保険や火災保険などの必要性は高まる
  2. 大学生に特に必要な保障は、賠償責任保障、火災保障、学費を払えなくなったときの育英保障
  3. 大学生には、賠償責任・火災保障・育英保障に備えられる「学生のための総合保険」などがおすすめ
  4. 一人暮らしをしている人、自転車通学をしている人、スポーツなどをしている人は特に必要性が高い
  5. 大学生はどの保険に入ったら良いのか知りたいという人は、大学生の保険の専門家と一緒に複数の商品を比較するのがおすすめ
  6. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会にお金の悩みを解決しましょう! 

大学生も保険に入るべき?加入の必要性と選び方を解説

大学生となり、新たな生活環境の中、保険への加入が必要かどうか悩みますよね。

しかし、保険への加入がなければ、もしも事故に遭い怪我をして入院したリ、反対に他人にケガを負わせてしまったりしたとき、補償はどのようにすればいいのでしょうか?


そこで、この記事では、「大学生が加入する保険」について、

  • 大学生に起こりやすいリスクについて
  • 大学生が加入しておくと安心な保険
  • 大学生におすすめの保険

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただいたら、大学生となり保険への加入を迷っている方、またはお子さんが大学生となり、保険への加入を検討している親御さんの参考になるかと思います。


また、保険に加入しなきゃと思っているけど、入学準備等でまだできていないという方は、この機会にやってしまうのがおすすめです。


マネーキャリア相談ならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

大学生に起こりうる主なリスクとは?

大学生になると、これまでの高校生活とは変わり、一人暮らしを始めたり、サークル活動やアルバイトで忙しくも楽しい学生生活が始まりますね。


しかし、行動範囲が広がる分、さまざまなリスクが増えることとなります。


それでは、大学生となったときに起こりやすいリスクについて、
  • 病気や怪我のリスク
  • 賠償責任のリスク
  • 借家人賠償責任と盗難リスク
  • 扶養者に万が一のことが起こるリスク

について説明します。


一つずつ確認していきましょう。

病気や怪我、事故による入院や手術のリスク

大学生というとまだまだ若い年代ですが、いつどのような病気にかかるか分かりません。

また、一人暮らしを始めたばかりだと、病気の処置を怠り、悪化させてしまう可能性もあります。

さらに、大学生で原付やバイク、自動車の運転を始める人も多いことでしょう。


そうなると、ますます事故での怪我のリスクが高まります。


このように、病気や事故による怪我での入院・手術のリスクは大学生になると高くなると言えるでしょう。



逆に怪我をおわせてしまう賠償責任のリスク

上記で説明した事故のリスクに関連して、自身の怪我だけでなく、他人に怪我を負わせてしまう「賠償責任」のリスクも高くなります。

大学生が起こす賠償責任事故で多い事故は、自転車での衝突事故・スポーツ時の怪我などです。


故意ではなくとも、いつ、どのような事故を起こして、賠償責任のリスクが発生するか分かりません。

一人暮らしの場合の火災リスクや盗難リスク

高校を卒業し、大学進学のために地元を離れ、一人暮らしを始める大学生も多いことでしょう。

はじめての一人暮らしはワクワクしますよね。


しかし、一人暮らしでは生活のすべてが自己責任となります。


生活する上で一番注意しておきたいことは、火災や盗難のリスクです。


これまでの実家暮らしとは違い、このような恐ろしいリスクが、一人暮らしでは自分の注意一つで起こりうることを覚えておきましょう。

親に万が一のことがあり、学費が支払えなくなるリスク

大学生ともなると、学費や、さらに一人暮らしとなると在学中にかかる費用は高額となります。

アルバイト代や奨学金で大学に通っている方もいますが、ほとんどの場合、扶養者である父母が学費などのサポートをしていることでしょう。


しかし、父母に万が一のことがあった場合、学費が払えなくなる可能性があります。


そうなると、大学へも通えなくなるリスクが起こります。


自身だけではなく、家族に万が一のことが起きるというリスクも考えておかなければなりません。


ここまでで大学生がさらされるリスクについて理解を深め、念のために保険に入っておこうと考える読者の方もいらっしゃると思います。


しかし、慌てて保険に加入するのではなく、保険のプロ無料相談するのがおすすめです。


備えたいリスクや貯蓄などから、本当に自分に合った保険を提案してくれます。


マネーキャリア相談ならLINEで気軽に相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

大学生に必要な保障と選び方とは?

ここまで大学生に起こりうるリスクを紹介してきました。それでは、大学生が保険への加入を検討する際、特に加入しておいた方がいい保険を紹介します。


大学生に必要性の高い保険は

  • 賠償責任保険
  • 火災保険
  • 育英費用保険

です。以上の保険について、なぜ大学生に必要性が高いのかを含めて詳しく説明します。

他人に対する賠償責任の保険は必要性が高い

大学生の賠償責任事故のうち、最も多い事故が自転車による事故です。

学生賠償責任保険の賠償事故の傾向(大学生協)」によりますと、自転車による事故件数は賠償責任事故全体のおよそ6割となっています。


自転車事故による賠償支払金では、1000万円を超える事故も起きています。


自転車で通学している学生も多いことから、大学生での自転車による賠償責任事故が多く発生していると言えます。


そこで、大学生は他人に対する賠償責任が必要となった場合にカバーしてくれる保険に加入しておく必要性が高くなります。


保険加入の検討とともに、普段から自転車のメンテナンスを行い、自転車のマナーをきちんと守るようにしましょう。




火災保険には加入したほうが良い

大学生におすすめする学生向けの保険の火災保険には、一人暮らしのアパートや寮で起きた火災や破裂、爆発、水もれも保険金支払い対象となっています。

また、保険によっては家財や自転車などの盗難による損害もカバーしてくれます。


このように、火災保険は一人暮らしの大学生にとってとても心強い保険となります。


大学進学を機に一人暮らしをはじめる大学生の方は、ぜひ火災保険への加入を検討しましょう。

育英費用保険など、親は自分に学業分の死亡保障をつけたほうが良い

大学へ進むとなると、これまでの学費とは桁違いの費用がかかるようになります。

そんなとき、扶養者である親が事故などにより死亡、または重度の障害を負い、学費が払えなくなるということも起こるかもしれません。


そのような場合に、せめて扶養者である親は子どもの学費分だけでもまかなえるような保険に加入しておくことをおすすめします。


例えば、自動車保険に付帯することができる「育英費用特約」では、親が交通事故により死亡または後遺障害となった場合、子どもの養育費のために保険金が支払われます。


相場としては、子ども一人につき保険金額は500万円となっていますが、故意による事故や犯罪に巻き込まれての事故などの場合には保険金は支払われません。


育英費用特約に似ている保険として、ほかには「育英年金」があります。


育英年金とは、学資保険に付加できる特約で、扶養者である親が死亡または後遺障害となった場合に、学資保険の満期になるまでの間、子どもに一定額の年金が支払われます。


このように、親が子どもの学費に対してかけられる保険もありますので、自分自身にもしものことがあったときに備えて、ぜひ育英費用保険などに加入しておきましょう。




扶養の大学生は、生命保険や医療保険には入らないも正解

扶養者である親にもしものことがあった場合には、残された家族のためにいくらかの保険金が残せるよう、生命保険や医療保険へ加入するということはあります。


しかし、扶養に入っている大学生の場合、万が一のことがあった場合にも、その後の生活費などで困るというご家族はあまりいないでしょう。

また、扶養であれば、高額療養費制度などが利用できます。


そのため、扶養の大学生には生命保険や医療保険への加入は必要ないともいえます。


病気や怪我、学費のために備えておける保険があれば、大学生活の間は十分カバーすることができるでしょう。


とはいえ、自分が本当に保険に入るべきなのか客観的に判断するのは難しいですよね。


そのような場合は、保険のプロ無料相談するのがおすすめです。


マネーキャリア相談ならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

大学生におすすめの学生向け保険を紹介

これまで大学生に起こりうるリスク、大学生に必要性の高い保険について説明してきました。

さまざまなリスクがあり、不安になってきたのではないでしょうか?


やはり、大学生は何らかの保険に加入しておくべきといえますね


そこで、このようなリスクをカバーしてくれる、大学生におすすめの保険を紹介していきたいと思います。


それでは、一つずつ確認していきましょう。

大学生協の「学生総合共済」

大学生におすすめする保険の一つ目は、大学で生活している学生・院生・教職員が出資金を出し、組合員となって利用する大学生協にて加入できる保険です。

それは、大学生協が取り扱っている「学生総合共済」です。


学生総合共済とは、全国の学生総合共済の加入者が、あらかじめ一定の掛け金を出し合って共済の資金を準備し、もしも加入者が怪我や病気になったり、扶養者である父母に万が一のことがあった場合には、その資金から共済金を支払うようになっています。


このようにして、加入者の経済的損失を補いつつ、生活を安定をはかる学生どうしの助け合いの制度といえます。


そして、学生総合共済には、『生命共済』と『火災共済』の2つの共済があります。

  • 生命共済・・・病気やケガを学内・学外・国内・海外問わずいつでも保障してくれます。生命共済の掛金は年額12,800円です。保障内容としては、入院保障日額10,000円、手術保障1回につき50,000円、通院保障(怪我のみ)日額2,000円などがあります。また、本人または扶養者である父母が死亡した場合には、死亡共済金が支払われます。
  • 火災共済・・・大学生となり、寮やアパートで一人暮らしをはじめた際に心配となる借家人賠償責任保障と、火災・盗難による家財の損害を保障してくれます。火災共済の掛金は年額2,000円です。保障内容としては、加入者の過失により火災や水漏れ事故等を起こした場合の賠償保障として1,200万円までの共済金、風水害による家財の損害は300万円までの共済金、盗難保障として、家財の盗難は50万円まで、自転車の盗難は3万円までの共済金が支払われます。

学生総合共済とは、大学生活を送る中で起こりやすい怪我や病気、一人暮らしの居住地の損害に対して共済金が受け取れる、学生と扶養者の父母にとって安心の保険ですね。


ただし、生命共済、火災共済ともに共済金が支払われるには、定められた条件を満たしていなければなりません。


事前に、大学生協にて保障内容をきちんと確認しておきましょう。


大学生協の「学生総合共済」の口コミ

20代男性

相談するとすぐに対処してくれます!

20代男性

心の病も保障してくれるのはありがたいです

大学生協の「学生賠償責任保険」

大学生におすすめする2つ目の保険は、大学生協が取り扱っている「学生賠償責任保険」です。

学生賠償責任保険とは、学生が日常生活または正課の講義中において賠償事故を起こした場合、国内外問わず保険金が支払われます。


学生賠償責任保険には大学生協の学生組合員が加入でき、保険料は以下のようになります。

保険期間このような方(例)一括払い
1年間一年間のみ通学1,780円
2年間短大生・院生・編入生3,120円
3年間高校生・博士課程4,470円
4年間学部生(4年間)5,800円
5年間高等学校専門生7,150円
6年間医・歯・薬・獣医系の学生8,070円

保障内容としては、他人に対する賠償責任や他人から借用したものに対する賠償責任に対して、1回の事故につき最高2億円、他人のプライバシー侵害や名誉棄損に対する賠償責任、医療関連実習等で発生した事故による治療や感染症予防に要した費用に対して、年間で最高500万円の保険金が支払われます。


また、他人にケガを負わせてしまった際には、お見舞金として被害者1名につき最高50万円の保険金が支払われます。


さらに、学生賠償責任保険には、加入者が加害者となってしまった際に、被害者が同意した場合、保険会社が被害者と示談交渉を行うサービスが付帯されています。


この示談交渉サービスを利用することで、被害者救済がスムーズに行われ、また加害者となってしまった学生の負担を減らし、勉学への影響を減らすことができます。


学生賠償責任保険に加入を検討する際には、大学生協に問い合わせましょう。


大学生協の「学生賠償責任保険」の口コミ

20代女性

水漏れなども保障がされるので万が一の際に安心ですね

10代男性

インターン中や海外にいる際も賠償事故が保障されるのはありがたいです!

総合保険センターの「学生のための総合保険」

大学生におすすめする3つ目の保険は、総合保険センターが販売する「学生のための総合保険」です。


「学生のための総合保険」は、学生が安心して学生生活を送ることができるように、様々なトラブルから学生をサポートしてくれる保険です。


  1. 他人に怪我を負わせてしまった場合の賠償責任
  2. 扶養者である父母に万が一のことがあった場合の育英費用
  3. 学生本人の怪我や病気(細菌性食中毒およびウイルス性食中毒のみ)による入院・通院・手術費用
  4. 学生本人に後遺障害が生じた場合
  5. 学生が一人暮らしの居住地に損害を与えてしまった場合の賠償責任補償
  6. 学生の家財が火事や盗難で損害を受けた場合の補償

このように、生活環境が変化したばかりの学生の生活を全面的にカバーしてくれるのが、学生のための総合保険です。


保険料は加入するコース、補償内容によって異なりますので、公式ホームページのお申込ページから確認することができます。


ぜひ、補償内容とともにご確認ください。


総合保険センターの「学生のための総合保険」の口コミ

50代男性

私に万が一のことがあっても子供にはしっかりと大学に通わせられるという安心感があります

20代女性

サークルで骨折してしまった際の対応がとてもよかったです!

日本国際教育支援協会の「学生教育研究災害傷害保険」

大学生におすすめする4つ目の保険は、日本国際教育支援協会が取り扱う「学生教育研究災害傷害保険」です。

学生教育研究災害傷害保険とは、学生が教育研究活動中に被った災害に対して、必要な給付を行い、大学の教育研究活動の充実と発展に寄与することを目的にはじめられた災害補償制度です。


補償対象は以下のようになります。

  • 正課中の傷害事故
  • 学校行事中の傷害事故
  • キャンパス内にいる間の傷害事故
  • 課外活動中の傷害事故

また、通学中等傷害危険担保特約を付加した場合には、以下の補償対象も加わります。

  • 大学の正課、行事などの参加目的のために通学中に起きた傷害事故
  • 学校施設等の相互間を移動している間の傷害事故

さらに、接触感染予防保険金支払特約を付加している場合には、臨床実習の目的で使用される施設内で感染症の病原体に予期せず接触し、その接触感染に対する感染症予防措置を受けた場合にも補償を受けることができます。


この学生教育研究災害傷害保険の加入手続きや保険金請求は、大学窓口にて行うことができます。


補償内容や保険料に関して確認したいことがあれば、自分の在籍している大学の窓口にて問い合わせてみてください。


または、保険のプロに相談して疑問を一気に解決するというのもおすすめです。


大学卒業後のお金のこと、保険のことも相談することができます。


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。


日本国際教育支援協会の「学生教育研究災害傷害保険」の口コミ


20代男性

大学で加入するようにと言われたので入りましたが、保障として一応入っています。

20代女性

4年間あたりの保険料もそれほど高くないですし、保障として入っています

大学生で保険加入がおすすめな人は?

大学生で保険の加入がおすすめな人は、

  • 一人暮らしをしている
  • 自転車通学をしている
  • スポーツやクラブ活動を行っている

などが挙げられます。


一人暮らしの場合、万一火災の被害に遭った場合、家財などの損害を受けることが考えられるため、火災保険などに加入しておくことをおすすめします。


先ほどもご紹介しましたが、大学生の賠償責任事故で多いのが自転車による事故です。そのため、大学やバイト先への通学・通勤に自転車を利用している場合、賠償責任保険などに加入しておくことをおすすめします。


大学生になるとサークル活動などでスポーツを行う機会もあると思います。また、趣味でスポーツをしている人もいますよね。スポーツを行っている場合、怪我をしてしまう可能性も高くなります、骨折や靱帯損傷、熱中症などのリスクが高まるため、医療保険などへの加入をおすすめします。

【大学生協】学生向けの保険に加入する際の注意にすること

さて、ここまで大学生におすすめの保険について説明してきました。


次に、おすすめの保険のうち、大学生協が取り扱う保険に加入する際に知っておくべきポイントについて、

  • 入学予定の大学に生協がない場合
  • 友達とルームシェアする場合、火災保険への加入が可能かどうか
  • 在学途中に保険への加入は可能かどうか
  • 持病持ちの場合、保険加入時の告知内容とは

以上について説明します。


一つずつ確認していきましょう。

入学する大学に生協がない場合はどうしたら良いか?

大学生協とは、すべての大学にあるわけではありません。


それでは、もしも自分が入学する予定の大学に生協がない場合、大学生協の共済保険などに加入できないのか気になるますよね。


しかし、自分の大学に生協がない場合でも、ある条件を満たせば大学生協の保険に加入することができます。


その条件とは、自分の大学の所在地または都道府県にある「インターカレッジコープ」の組合員になれば、大学生協の保険に加入することができます。


もしくは、兄弟姉妹が生協のある大学に通っていて生協の組合員である、同一世帯の2親等以内の家族が大学生協組合員であれば、組合員を契約者、組合員ではない方を被保険者として保険に加入することができます。


ただし、契約者である組合員が組合を脱退、大学を卒業した場合には保険への加入は継続できませんので注意が必要です。

友達とルームシェアする場合、火災共済は加入できるか?

大学進学を機に、アパートや寮で生活する際、友達とルームシェアをすることもあるでしょう。


それでは、友達とルームシェアする場合、火災共済は加入できるのか?また保障内容はどうなるのかといいますと、友達とルームシェアの場合にも、火災共済への加入は可能です。


しかし、保障される部分は、被保険者の持ち物、被保険者の過失による借家人賠償しか保障されません。


友達の持ち物や友達の過失による借家人賠償は保障されませんので、ルームシェアする友達が火災共済などの保険に加入していない場合には、もしもに備えて加入をすすめてみましょう。

在学途中からの加入も可能?

大学入学時に、共済保険などに加入していなくても、在学途中に保険の必要性に気づくことがありますよね。


大学生協では、在学途中でも共済保険への加入が可能です。


ただし、保障開始日は最短でも申し込み日の翌日からとなります。


過去に遡っての保障は受けられません。


新規の共済保険の加入については、大学生協窓口まで問い合わせましょう。

持病持ちの場合、告知審査の内容とは?

保険と名がつくものは、持病の申告が必要となる場合が多いですよね。


そこで、大学生協の共済保険に加入する際、持病がある場合には告知の必要があるのかといいますと、大学生協の共済保険加入時の告知事項は、以下の2つとなります。

  • 保険への申し込み日に入院している
  • 保険への申し込み時点で、病気により1年以内に入院または手術を医師よりすすめられている

以上が告知事項となります。


この2つに該当しない場合には、持病について告知する必要はありません。


ただし、申し込み時に発病していた病気、告知していた病気での入院や手術に対しては保障が受けられません。


しかし、新規加入後1年を経過した場合には共済金が支払われる可能性もありますので、詳しい保障内容は大学生協に問い合わせてみましょう。


もしくは、保険のプロに相談するのもおすすめです。


マネーキャリア相談ならLINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!

【大学生協】保障の対象にならないもの

大学生になり活動が増えるとともに病気やケガになるリスクが高まるかもしれません。ここでは大学生に多い病気やケガで、保障の対象にならないものを紹介します。


共済にかぎらず保障の対象にならない場合もあるので、自分が保険に加入する際の参考にしてください。

保障対象外例①:親知らず

大学生くらいの年齢になると親知らずに悩む学生もいるかもしれません。


親知らずを抜く際には手術が必要となり、難抜歯、埋伏歯などの複雑な手術がありますが、原則としてすべて保障の対象外となります。

保障対象外例②:抜釘やプレート除去

大学生になるとサークルなどで骨折することがあるかもしれません。


そのような際には金具などを挿入し固定する処置が施されますが、一定期間後に除去する手術は挿入時の手術と同一のものとして扱われますので、保障の対象外となります。

まとめ:大学生は保険に入っておくと安心

大学生が加入する保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のこの記事のポイントは、

  • 大学生にはさまざまなリスクが起こりうるので、何らかの保険に加入するべきである
  • 大学生には、医療費・賠償責任・学費のための保険が特に必要である
  • 大学生におすすめする保険は保障内容もそれぞれ異なるので、自分に合った保険を見つけることが大切である

です。


大学生活と聞くと、ちょっと大人になり、華やかな学生生活を送る、そんなイメージですよね。

しかし、行動範囲も広がり、一人暮らしを始める学生も増えますので、楽しい学生生活を病気や怪我、事故などからしっかりとサポートしてくれる保険への加入がとても大切です。

大学への進学が決まったら、ぜひ大学生向けの保険に加入するようにしましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。


また、この記事を読んで保険に加入しなきゃと少しでも感じた方は、保険のプロへの無料相談がおすすめです。


下のボタンから無料相談の予約ができますので、ぜひご利用ください。

生命保険は必要なの?と疑問をお持ちの方はぜひこちらをお読みください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング