30代におすすめの医療保険!必要性と選び方をわかりやすく解説

30代におすすめの医療保険!必要性と選び方をわかりやすく解説-サムネイル画像

「まだ30代だし医療保険は必要ない」実はその考え、危険かも知れません!この記事では30代におすすめの医療保険商品をはじめ、医療保険に加入する必要性とメリットから保険の選び方まで、30代のあなたが知っておくべき情報をわかりやすく解説していきます。




▼この記事を読んで欲しい人
  • 30代の人
  • 医療保険への加入を検討している人
  • 医療保険の必要性がわからない人
  • 医療保険の選び方を知りたい人

▼30代におすすめの医療保険5選
  • ネオファースト生命「ネオdeいりょう」
  • アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」
  • チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムDX」
  • アフラック「医療保険 EVER Prime」
  • 東京海上日動あんしん生命「メディカルkit R」 
自分にぴったりの医療保険が知りたいあなたは、まずはマネーキャリアの無料保険相談を利用してみましょう!

内容をまとめると

  • 30代で医療保険を選ぶときは、①「公的医療保険と貯蓄のバランス」②「医療保険の種類」③「ライフスタイル」④「保障範囲・特約」⑤「保険金」が重要!
  • 30代で医療保険に加入するメリットは、保障範囲の広さや保険料が安さ、保険料が控除制度の対象であること!
  • マネーキャリアなら何度でも保険について無料で相談が可能!相談場所も47都道府県・オンライン対応可能!
  • マネーキャリアは顧客満足度93%だから安心して利用できる!

30代でも特に女性の方の医療保険について詳しく知りたい方は以下の記事を併せてご覧ください!

30代女性におすすめの医療保険!選び方と必要性を解説【必読!】

30代におすすめの医療保険5選


さて早速ですが、30代の皆さんにおすすめの医療保険をご紹介していきます。


今回は、

  • ネオファースト生命「ネオdeいりょう」
  • アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」
  • チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムDX」
  • アフラック「医療保険 EVER Prime」
  • 東京海上日動あんしん生命「メディカルkit R」
の順に5つのおすすめ商品を一緒にチェックしていきましょう。

現在医療保険に加入していない30代あるいはこれから30代を迎えるあなたはもちろんのこと、ライフステージの節目に保険の見直しを考えているあなたにも必見の情報です!

ほけんROOM編集部が独自におすすめの医療保険を調査した以下の記事も併せてご覧ください!

①ネオファースト生命「ネオde医療」

ネオファースト生命「ネオdeいりょうは、解約返戻金がないタイプの終身型医療保険です。


それぞれのニーズに合わせて、必要な特約を組み合わせることで保障を厚くすることができます。


また健康状態に関する所定の基準を満たしていれば保険料を軽減されるという仕組みになっているため、一部の方にとってはお得になっているのも嬉しいポイントです。


なお入院給付金は

  • 日額3,000円
  • 日額5,000円
  • 日額10,000円
の3コースから選ぶことができます。


保障内容


▼主契約
  • 疾病入院給付金
  • 災害入院給付金

▼特約
  • 手術保障特約
  • 先進医療特約
  • 入院一時給付特約
  • 三大疾病一時給付特約
  • がん診断特約
  • 抗がん剤治療特約
  • 通院特約
  • 特定疾病保険料払込免除特約


月額保険料


男性女性
30歳723円744円
35歳846円828円
40歳1,005円957円
(入院給付金が3,000円、標準保険料、特約なしの場合)

その他年齢や条件における保険料については、ネオファースト生命「ネオdeいりょう<保険料シミュレーション>」にてご確認ください。

②アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療」

アクサダイレクト生命「アクサダイレクトの終身医療は、その名の通り一生涯保障が続く医療保険です。


保険期間中は保険料が上がらないため、若く健康なうちに加入しておくことがおすすめとなっています。


また

  • Ⅰ型:入院・手術を保障
  • Ⅱ型:入院のみを保障
の2タイプから必要に応じて選択することが可能です。

また提携している医師にセカンドオピニオンを求めることができるサポートも提供されているため、健康上に問題を抱えたときでも安心できるのが魅力なのではないでしょうか。


保障内容


▼基本保障

  • 生活習慣病・精神病・ケガなどによる入院への給付金(Ⅰ・Ⅱ型共通)
  • 入院の有無を問わず手術への給付金(Ⅰ型)

▼特約
  • 先進医療特約
  • 3大疾病保険料払込免除特約
  • 女性疾病入院特約
  • 通院支援特約(退院時給付型)
  • 長期入院時一時金給付特約

▼特則
  • 健康祝金特則

月額保険料


男性女性
30歳845円795円
35歳1,330円1,260円
40歳1,560円1,420円

(入院給付金が5,000円、Ⅱ型、特約なしの場合)


その他年齢や条件における保険料については、アクサダイレクト生命「生命保険料シミュレーション」にてご確認ください。

③チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命「終身医療保険プレミアムDXは、オリコン顧客満足度調査「終身医療保険商品 総合」(2021年)で第1位に選ばれた医療保険です。


お手頃な値段で万が一の事態に備えたい方に、おすすめの商品となっています。


それだけでなく、必要に応じて保障をカスタマイズしたい方にもおすすめです。


その一環として、基本保障のなかでも

  • 入院給付日数:30日型・60日型・120日型
  • 入院給付日額:5,000円・10,000円・15,000円
これらのプランを組み合わせることができます。


保障内容


▼基本保障

  • 入院給付金
  • 手術給付金
  • 放射線治療給付金

▼特約
  • 退院後通院給付金
  • 3大疾病保険料払込免除
  • 先進医療給付金
  • 先進医療支援給付金
  • 入院一時金
  • 7大疾病延長入院給付
  • ストレス性疾病延長入院給付金
  • 3大疾病診断給付金

月額保険料


男性女性
30歳840円890円
35歳975円945円
40歳1,150円1,100円
(入院給付日数30日型、入院給付金日額5,000円、特約なしの場合)

その他年齢や条件における保険料については、チューリッヒ生命「お見積もりシミュレーション」にてご確認ください。

④アフラック「医療保険 ever prime」

アフラック「医療保険 EVER Primeは、保障の充実さが特徴の終身型医療保険です。


健康状態に不安がある方も加入しやすくなっているので、他の保険会社の商品を諦めたあなたにもおすすめとなっています。


ライフステージの変化に伴い保障を変えられるため、常に自分にフィットした安心感を得られるのも大きな魅力です。


基本保障は

  • 入院給付金日額5,000円
  • 入院給付金日額10,000円
から選択できます。


その他にも
  • 健康や医療に関する相談
  • 専門医を探す
  • こころの悩みに関する相談
  • 介護に関する相談
以上のことができるアフターサポートも付帯しているので、まさに人生を共にするにもぴったりなのではないでしょうか。

保障内容


▼基本保障
  • 疾病入院給付金・災害入院給付金
  • 災害疾病無制限入院給付金
  • 手術給付金
  • 放射線治療給付金
  • 疾病・災害入院給付金

▼特約
  • 三大疾病保険料払込免除特約
  • 三大疾病一時金特約
  • 特定生活習慣病保障特約
  • 総合先進医療特約
  • 入院一時金特約
  • 就労所得保障一時金特約
  • 精神疾患保障一時金特約
  • 介護一時金特約
  • 認知症介護一時金特約
  • ケガの特約
  • 終身特約
  • 女性疾病入院特約
  • 女性特定手術特約

▼特則
  • 健康祝金特則

月額保険料


男性女性
30歳2,135円2,320円
35歳2,450円2,520円
40歳2,820円2,765円
(入院給付金日額5,000円、健康祝金なしプラン、特約なしの場合)

その他年齢や条件における保険料については、アフラック「医療保険 EVER Prime<保険料シミュレーション>」にてご確認ください。

⑤東京海上日動あんしん生命「メディカルkitR」

東京海上日動あんしん生命「メディカルkitRは、使わなかった保険料が戻ってくるという特徴を持つ終身型医療保険です。


なお保険料は加入時から変わらないので、30代など早いうちから加入しておくことをおすすめします。


保障タイプは

  • 入院給付日額5,000円
  • 入院給付日額7,000円
  • 入院給付日額10,000円
から選択することが可能です。


またこの商品は、掛け捨てではない医療保険への加入を検討している人におすすめとされています。


保障内容


▼基本保障

  • 疾病入院給付金
  • 災害入院給付金
  • 手術給付金
  • 放射線治療給付金
  • 死亡保険金

▼特約
  • 特定治療支援特約
  • 通院特約
  • がん通院特約
  • がん診断特約
  • 悪性新生物初回診断特約
  • 抗がん剤治療特約
  • 女性疾病保障特約
  • 先進医療特約
  • 3大疾病入院支払日数無制限特約
  • 手術給付金の追加払に関する特約
  • 重度5疾病・障害・重度介護保障特約
  • 特定悪性新生物保険金前払特約 など

▼特則
  • 健康還付特則
  • 特定疾病保険料払込免除特則(生存保障重点プラン)

月額保険料


男性女性
30歳2,890円3,235円
35歳3,410円3,605円
40歳4,125円4,050円
(入院給付金日額5,000円、生存保障重点プランなし、特約なしの場合)

その他年齢や条件における保険料については、東京海上日動あんしん生命「メディカルkit R<保険内容・保険料シミュレーション>」にてご確認ください。

30代で医療保険が必要な人の特徴


30代の方のなかでも、特にどんな方に医療保険がおすすめなのでしょう。


具体的な特徴を挙げると、以下の通りです。

  • 貯蓄が少ない人
  • 貯蓄を減らしたくない人
  • 自営業者
  • 専業主婦・専業主夫
  • 健康に対するリテラシーを高めたい人
あなたは当てはまっていますか?

どうして上記の方に医療保険が必要だとおすすめするのか、その理由を簡単に解説していきます。

▼医療保険の必要性についてさらに詳しく知りたい方はこちら!

①貯蓄が少ない人・減らしたくない人

30代ともなると、大抵の人が社会人としてある程度のキャリアを積んだ頃であると想定されます。


それでも貯蓄状況はもちろん人それぞれですよね。


また、結婚や出産など、大きなライフステージを迎える人が多いのも30代の特徴。


貯蓄があったとしても、家族のためにおいておきたいという方もおられのではないでしょうか。


そんななかで突然傷病により医療費が必要になってしまうと、公的な制度を使ったとしてもそれなりの金銭的負担がある可能性は否めません。そのため医療保険が必要になります。

②自営業者、専業主婦・専業主夫

自営業者は国民健康保険、専業主婦・主夫の方は家族の健康保険に加入していることと思います。


しかしこの両者には、「傷病手当金が下りない」という共通点があるのです。
その分のサポートとして、医療保険へ加入することをおすすめします。

③健康に対するリテラシーを高めたい人

医療保険に加入することは、自分自身の健康状態を見直すことに直結する行為です。


さらに、先ほどご紹介したおすすめ医療保険商品のなかにもあったように、健康相談がサポートとして付帯する商品が存在します。


このようなものを駆使することで、今一度自分の健康に対する意識を向上させることが期待できるのです。

30代に医療保険は不要と考える人が知っておくべきこと

「まだ30代だから、医療保険に加入するなんて早い」そう思っている方もおられることでしょう。


よく考えてみてください。


病気や怪我などはいつ身に起こってもおかしくないものです。


なおかつこれらの治療には当然ながらお金がかかります。


入院や手術のそのすべてが健康保険の適用内とは限りません。


それに入院が長期にわたればその期間の収入減も避けられないことは、容易に想像できますよね。


この影響は退院後の家計にも及びます。


もしあなたが結婚していたり、さらに子どもがいるのであれば、その金銭的打撃はより大きなものとなるのです。


もちろん一定額を超える医療費負担に対する制度として、高額療養費制度というものが用意されています。


これについては後ほど簡単に説明させていただきますので、一緒にチェックしていきましょう。


しかし、これもあまり当てにすることができないというのが実情です。


つまり、自身に起こり得るかもしれない傷病に対しては自力で備えるしかありません。


そこで医療保険の必要性が見えてくるのです。


この点をよく知っておいた上で、医療保険に加入するかどうかを考えるようにしましょう。

データから見る30代が医療保険に加入する必要性

さて、ではここからは30代の方が医療保険に加入する必要性をデータを用いて解説していきます。


今回ご紹介する項目は

  • ライフステージ別の医療保険加入率
  • 男女別の病気リスク
  • 平均入院日数
以上の3つです。

医療保険への加入を迷っている方はもちろん、それに関係なく知っておくべきデータですので一緒に確認していきましょう。

①ライフステージ別の30代医療保険加入率

30代全体の医療保険加入率


ライフステージに問われない30代全体の医療保険加入率と男女比は、以下の通りです。

30代の医療保険加入率
全体72%
男性69.3%
女性74.2%

(参照:生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」


つまり30代では性別を問わず、約7割の人が医療保険に加入しています。


ライフステージ別の医療保険加入率


では本題に進みましょう。


30代のライフステージごとの医療保険加入率は、以下の通りです。

30代の医療保険加入率
未婚51.8%
既婚
子どもなし
73.4%
既婚
末子が未就学児
76.9%
既婚
末子が小学生
81.8%
既婚
末子が中学生・高校生
79.2%
既婚
末子が短大・大学・大学院生
82.3%
既婚
子どもがすべて卒業(未婚)
79.1%
既婚
子どもがすべて卒業(既婚)
84.1%

(参照:生命保険文化センター「令和元年度 生活保障に関する調査」


先ほども少し触れましたが、30代は特に大きなライフステージの変化を迎える方が多い年代です。


それを踏まえて上記を見れば、結婚や出産が医療保険への加入を考えるポイントとなっていることが読み取れます。


やはり入院や手術といった突然の事態の際に、家計へ与えるダメージを考える方が少なくないということでしょう。


女性であれば妊娠から出産時のトラブルに備えておきたい方もおられるでしょうし、そのあたりの意識が医療保険への加入に表れた結果であると考えられます。

②男女別の30代の病気リスク

今回は「死因」のランキングから、病気リスクを知っていこうと思います。


30代男性の病気リスク


男性の死因ランキングは、以下の通りです。

30〜34歳35〜39歳
第1位自殺自殺
第2位不慮の事故悪性新生物
第3位悪性新生物心疾患
第4位心疾患不慮の事故
第5位脳血管疾患脳血管疾患

(参照:厚生労働省「平成21年(2009) 人口動態統計」


病気としては

  • 悪性新生物
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
が多くなっていることが読み取れます。


また両者の自殺の多さから、精神的な負担についても配慮が必要でと言えるでしょう。


さらに死に至る可能性の低いものであれば、例えば痛風などは30代の男性によく見られるものとなっています。

(参照:全日本民医連「特集2 痛風(高尿酸血症)」


このことから生活習慣に気を配る必要がありそうです。


30代女性の病気リスク


女性の死因ランキングは、以下の通りです。

30〜34歳35〜39歳
第1位自殺悪性新生物
第2位悪性新生物自殺
第3位不慮の事故心疾患
第4位心疾患不慮の事故
第5位脳血管疾患脳血管疾患

(参照:厚生労働省「平成21年(2009) 人口動態統計」


登場する原因は変わらないものの、注目すべきは30代後半女性の死因第1位が悪性新生物となっていること。


これは女性特有のがんが影響していると考えられます。


年代別の女性特有のがんの罹患数を見てみましょう。

25〜29歳30〜34歳
乳がん236951
子宮がん241878
子宮頸がん187660
子宮体がん52217
卵巣がん266343

(参照:厚生労働省「平成29年(2017) 全国がん登録 罹患率・数 報告」


このように、20代後半と比べると30代前半の罹患数が大きく跳ね上がっています。

③30代の平均入院日数

前提として、元データの年齢区分が

  • 0〜14歳
  • 15〜34歳
  • 35〜64歳
  • 65歳以上
となっています。

そのため、上記に従って今回は15〜34歳と35〜64歳の平均入院日数をチェックしていきましょう。

30代の平均入院日数


具体的な平均入院日数は以下の通りです。

15〜34歳35〜64歳
平均入院日数
(病院)
約17日約30日
平均入院日数
(一般診療所)
約10日約12日

ちなみにこの年の全体における平均入院日数は
  • 病院:30.6日
  • 一般診療所:12.9日
でした。

30代の平均入院日数は、おおよそ国民平均と大差ないあるいはそれ以下であると予想できます。

平均入院日数が長い傷病


調査対象者全体として特に平均入院日数が長かったものは
  • 精神及び行動の障害
  • 神経系の疾患
  • 先天奇形、変形及び染色体異常
となりました。

30代が該当する年齢区分別の具体的な平均入院日数は、以下の通りです。
15〜34歳35〜64歳
精神及び行動の障害56.7日186.3日
神経系の疾患28.1日48.6日
先天奇形、変形及び染色体異常14.8日35.5日
(参照:厚生労働省「平成29年(2017) 患者調査」

30代で医療保険の検討をする際の選び方の5つのポイント


さて、では30代で医療保険に加入するときのおすすめの選び方をご紹介していきます。


ここでは

  • 公的医療保険と貯蓄のバランスを考える
  • 医療保険の種類
  • 将来のライフスタイル
  • 保障範囲・特約
  • 保険金
の順に、5つのポイントを抑えていきましょう。

医療保険の選び方については以下の記事でもより詳しくまとめていますのでぜひ読んでください!

がん保険の選び方|後悔しないための5つのポイントを保険のプロが解説

①公的医療保険と貯蓄のバランスを考えて選ぶ

日本は国民皆保険の国。


公的医療保険の利用により、医療費の自己負担額は3割となっています。


さらに先ほども軽く触れましたが、高額療養費制度なども利用可能です。


制度については後ほど解説しますが、これにより自己負担する医療費には上限があるということになります。


ですので、その最大の自己負担額とあなた自身の貯蓄のバランスを考えて医療保険を選ぶことがおすすめです。


例えば、最初は入院日額5,000円を目安として加入するのも良いのではないでしょうか。


医療保険への加入を通して、さまざまな傷病を原因とする入院や手術に備えていけると良いですね。


それにプラスして「貯蓄に余裕がある」「必要だと思う保障がある」といった方は、入院日額を増額したり特約をつけるなど、保障を厚くすることをおすすめします。


いずれにしても、自分に合った保障内容の保険に加入できるのがいちばんです。

②まずは医療保険の種類を選ぶ

医療保険には

  • 終身医療保険
  • 定期医療保険
の2種類があります。

それぞれについて、簡単に説明していきましょう。

終身医療保険


加入時から死亡までの傷病に関する入院や手術を一生涯保障してくれるのが、終身タイプの医療保険です。

基本的に加入時から保険料が変わらないという特徴を持っています。

それゆえ、どちらかといえば若いうちに加入するのがおすすめです。

定期医療保険


傷病に関する入院や手術を一定期間の間保障するのが、定期タイプの医療保険です。

終身医療保険と比較すると保障期間が短いので、そのぶん保険料も抑えられるという特徴があります。

また期限を迎えても、解約を申し出なければ自動更新になることがほとんどです。

ただし更新時には保険料がそのときの年齢に合わせて上がってしまうので、そのあたりには注意してください。

健康上の問題を抱えている方へ


保険加入の段階で持病や既往歴があるなど、健康状態に不安がある方には引受基準緩和型医療保険がおすすめです。

一般の保険では、持病や既往歴があると保険金支払事由となる確率が高いとみなされるため、加入を断られてしまう可能性があります。

しかし引受基準緩和型では告知項目を限定することにより、健康に不安がある人でも加入しやすくなっているのです。

その反面、
  • 一般の保険より保険料が高い
  • 保険金の支払い削減期間が設けられている など
のデメリットもあります。

③将来のライフスタイルに合わせて選ぶ

当然ながら思い描くライフプランは、人それぞれ違うもの。


例えば

  • 未婚・既婚
  • 子どもの有無 など
どんなライフスタイルを予定しているかによって必要な保障は異なるのです。

特に、女性で妊娠・出産を予定している方は医療保険へ加入しておくべきだと言えます。

妊娠・出産にはトラブルがつきものです。

予定外の入院だったりと思うように進まない可能性もあります。

しかし妊娠している人は、保険への加入が難しいのが実情です。

そのため、前もって医療保険に加入して備えておくことが無難だと言えるでしょう。

ただどのような将来を希望していたとしても、やはり医療保険には若いうちに加入しておくことをおすすめします。

というのも、保険料は年齢が若い方が安く設定されているものだからです。

それに一度保険に加入しておけば、ライフスタイルが変わったタイミングで見直しを行うこともできます。

そこで必要な保障を追加したり、反対に不要に感じるものはやめたりと柔軟に対応することができるわけです。

④保障範囲・特約で選ぶ

前述の内容と重複しますが、人により必要な保障は異なります。


罹患しやすい病気も性別によって変わりますし、あなたにとって必要な保障を得られるかを基準に保険を選ぶのもおすすめです。


そもそもほとんどの医療保険に共通する基本保障は、「入院給付金となっています。


入院すればその日数に応じて保険金が下りるというものです。


しかしその一方で手術に対して保険金が支払われる「手術給付金」に関しては、商品によって付加されていかどうかがわかれます。


このような保障範囲について、保険料などその他の要素と照らし合わせた上でしっかり考えなければなりません。


また例えば「女性特有の病気に備えたい」と考えていたとします。


その場合は、女性疾病に対する特約がある商品を選びましょう。


もしくは女性のために用意された医療保険に加入するのも良いですね。


このように自分の求める保障が得られる特約が用意されているかどうかも、保険選びにおいては重要なポイントとなります。

⑤入院一次金・通院給付金などの保険金で選ぶ

保障内容などと並列して考慮すべきは

  • 入院一時金
  • 通院給付金
といった保険金です。

それぞれ簡単に説明していきます。

入院一時金


入院が決まった際にその日数に関わらず、一定額給付される保険金です。


入院日数が少なくても確実に一定の金額が受け取れるほか、傷病で入院が決まると早い段階で給付を受けることができます。


医療費として利用するだけでなく、入院中の

  • 差額ベッド代
  • 食事代
  • 衣類代
  • 家族の交通費
  • 生活費 など

にも活用することが可能です。


用途が限定されないのは嬉しいポイントなのではないでしょうか。


通院給付金


通院に際して、その都度給付される保険金のことです。


30代であれば、通院しながらも働いているという方も多くおられることでしょう。


会社員であれば年次有給休暇などもあるので、収入減などの影響はすぐには出ないかもしれません。


しかしそれにも限りがありますし、やはり通院保障があればより安心です。


どうしてこれらが必要なの?


基本保障となる入院給付金は、入院日数に応じて金額が変動します。


そのため、入院日数が確定しないとその総額は確定しません。


一方で昨今では医療技術の進歩に伴って、入院の短期化と通院治療になる傾向があります。


つまり、入院給付金を受け取れる可能性が少なくなってきているのです。


それらを補うために入院一時金や通院給付金を備えられる医療保険を検討しましょう。

30代が医療保険に加入するメリット


30代で医療保険に加入するその必要性などは前述の通りです。


しかしそれだけではなく、30代での医療保険の加入には

  • 保障範囲が広い
  • 保険料が安い
  • 保険料が控除制度の対象
以上のようなメリットも存在します。

1つずつ解説していきますので、一緒にチェックしていきましょう。

①保障範囲が広い(特に特約が魅力)

まずは保障範囲の広さです。


注目すべきはその特約の多さではないでしょうか。


医療保険には例えば

  • 先進医療特約
  • がん特約
  • 女性疾病特約 など
このような特約が用意されています。

希望や状況に合わせて基本保障に特約を追加することで、より保障を厚くすることが可能です。

ほとんどの場合、年齢を重ねるごとに健康において不安がつきまといます。

健康に問題が生じると、一般の医療保険には入れない可能性も。

やむを得ず引受基準緩和型医療保険を選択すると、一般のものより特約のバリエーションが少ないという障壁にぶつかってしまうことがあります。

だから若く健康なうちに医療保険に加入して、保障を厚くしておくのがおすすめです。

また、特約の追加には料金の上乗せが必要となります。

少しでも保障を厚くかつ保険料の総額を安く済ますには、やはり30代など若いうちの加入がお得なのです。

その理由はこのあと詳しく解説します。

②保険料が安い

医療保険に限らずすべての保険は、「相互扶助」の関係で成立しています。


これは「保険の加入者がお金を出し合い(=保険料)、そのなかから傷病などでお金が必要になった人に保険金を支払う」という仕組みです。


相互扶助を成立させる上で、保険加入者の公平性が保たれる必要があります。


先ほども述べましたが、年齢を重ねるにつれて何かしらの病気になってしまったりと健康上に問題が生じるのが一般的です。


つまり、高齢になればなるほど保険金支払事由が起こる可能性が高くなります。


「保険金を受け取る可能性が低いだろう若い人」と「保険金を受け取る可能性が高いだろう年配の人」が同じ保険料で保険に加入できてしまうと、前者にとって不公平ですよね。


この部分の公平性を保つために、若い人の保険料は安く、年齢を重ねるごとに保険料は高くなっていくのです。


少しでも保険料面での出費を抑えたいのであれば、30代など若いうちに医療保険に加入することをおすすめします。

③保険料が生命保険料控除や介護医療保険料控除の対象

医療保険に加入して支払う保険料は、

  • 生命保険料控除
  • 介護医療保険料控除
これらの控除制度の対象として扱われます。

保険料として支払った金額が所得控除として差し引かれ、所得税・住民税負担を抑えることが可能なのです。

令和3年7月現在、この時点から医療保険に加入する場合の所得控除金額は以下のようになっています。

年間の支払保険料など控除額
20,000円以下支払保険料の全額
20,000円超 40,000円以下支払保険料×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下支払保険料×1/4+20,000円
80,000超一律40,000万円

医療保険の加入に関する注意点


どうして30代で医療保険に加入することをおすすめするのか、その理由はご理解いただけたかと思います。


ただもちろん、医療保険の加入にあたっていくつか注意点も存在するのです。


ここではその注意点として

  • 傷病がなかった場合掛け捨てになる
  • 健康リスクがあると加入できない可能性が高い
以上の2点をご紹介していきます。

①病気・ケガをしなかった場合掛け捨てになる

保険は

  • 積み立てタイプ
  • 掛け捨てタイプ
の2種類にわかれます。

医療保険はほとんどの商品が掛け捨てタイプです。
 
違いを簡単に表にまとめてみましょう。

積み立てタイプ掛け捨てタイプ
貯蓄性ありなし
保険料高い安い
満期返戻金ありなし
解約返戻金ありなし
商品の例・終身保険
・養老保険 など
・定期保険
・収入保障保険 など

上記のように掛け捨てタイプは、満期を迎えた際の保険金はありません。


つまり病気やケガをしないまま満期を迎えると、それまでの保険料が無駄になってしまうのです。


あくまでも「備え」として加入するのが、医療保険なのです。

②健康リスクがあると加入できない可能性が高い

保険は、健康上のリスクがある人は加入できないことが多いです。


この理由は前述した保険の「相互扶助」という性質にあります。


先ほどは年齢を例として挙げましたが、健康リスクに置き換えても同じことです。


どうして自身の健康上の問題が保険会社に伝わってしまうのでしょうか。


保険には「告知」というものがあります。


これは自分の過去5年から現在における健康状態を正直に申告するという、保険加入時の審査のことです。


保険会社があらかじめ用意した告知書に沿って行い、条件をクリアできれば晴れて保険加入となります。


この告知義務を怠ると告知義務違反となり、

  • 保険金が支払われない
  • 保険契約が解除される
といった措置が取られますので、必ず正直に行うようにしてください。

なお一般の保険に加入できなかった方に向けた救済として、引受基準緩和型医療保険が存在します。

こちらは誰でも加入できるわけではありませんが、一般の医療保険よりも告知が限定されているため健康リスクがある人でも加入しやすいのが特徴です。

告知についての詳しい解説は、下記リンク先の記事にてご覧いただけます。

【参考①】30代の死因ランキング

先ほど病気リスクについて述べた際に、男女別の30代の死因については触れました。


そこで参考程度では、30代全体の死因ランキングについてチェックしていこうと思います。


具体的なランキングは以下の通りです。

30〜34歳35〜39歳
第1位
自殺自殺
第2位悪性新生物悪性新生物
第3位不慮の事故心疾患
第4位心疾患不慮の事故
第5位脳血管疾患脳血管疾患

(参照:厚生労働省「平成21年(2009) 人口動態統計」


まだ若いからと油断は禁物。


人間ドックなど、定期的に検診を受けて自分の健康状態を把握しておくことをおすすめします。

【参考②】高額療養制度とは?

記事内でたびたび登場した高額療養制度について、簡潔にではありますがご紹介していきます。


高額療養費制度とは、医療機関や薬局の窓口で支払った金額が1ヶ月(1日から末日まで)で定められた金額を超えた場合に、その超過分を支給する制度です。


ただし入院時の食費や差額ベッド代などは含まれません。


この上限額については、年齢と所得水準によって異なります。


30代(該当する年齢区分:69歳まで)であれば以下の通りです。

世帯ごとの上限額
年収約1,160万円以上252,600円+(医療費-842,000円)×1%
年収約770万〜約1,160万円167,400円+(医療費-558,000円)×1%
年収約370万~約770万円80,100円+(医療費-267,000円)×1% 
年収約370万円まで57,600円
住民税非課税者35,400円

(参照:厚生労働省保健局「高額療養費精度を利用される皆さまへ」

まとめ:最適な医療保険を見つけたいならまずは無料保険相談!


今回は30代の医療保険加入について、おすすめの商品や必要性などを中心に解説してきましたがいかがだったでしょうか。


「自分に必要な保障がわからない」「どの医療保険に加入すればいいの?」と悩んでいる方もおられるでしょう。


そんなあなたには、マネーキャリアの無料保険相談がおすすめです!


一個人が自分にぴったりの医療保険を探すのは、なかなか簡単なことではありません。


そこで信頼できる保険のプロを頼ってみましょう。


マネーキャリアに相談すれば、数多ある医療保険のなかから保険のプロと一緒にあなたにベストなものを見つけ出すことが可能です。


もちろん保険の悩みや疑問の解消から見直しまで、保険のことならなんでも相談できます!


さらにオンライン相談なので、日本全国どこからでも問題ありません。


スマホ1つで簡単に利用できるので、あなたのご利用をお待ちしております。


ほけんROOMには、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますのでぜひご覧ください。

ランキング