生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び

今や生命保険の主流となってきている掛け捨て型。この掛け捨て型の保険料と保障額の相場を終身型の保険料、保障額の相場と比較して、その違いと違う理由、それぞれのメリットとデメリットを理解して自分に合った生命保険を選ぶことが大事です。

掛け捨て型の生命保険の月々の保険料の相場は?

通常掛け捨て型の生命保険といえば、死亡保障の中でも期間を決めて、その期間中に万が一の事が起きた場合に保障をする定期保険と、入院した場合などに保障をする医療保険があります。どちらも、各保険会社によってその保障内容や保険料に違いがあります。
  • 死亡保障

死亡保障の掛け捨て型には、死亡保険金額が保険期間中一定の「定期保険」と、死亡保険金を年金(月10万円など)として給付し、死亡保険金額は期間の経過とともに減少していく「収入保障保険」とがあります。

①定期保険保険料の相場

契約例:30歳男性、保険期間60歳まで、死亡保険金額1,000万円この場合の保険料の相場は、2,200円〜3,800円です。平均すると約2,670円となります。

保険期間、死亡保険金額を同じとして、30歳女性の場合は、1,400円

〜2,700円となり、平均すると約1,750円となります。

②収入保障保険の相場

契約例:30歳男性、保険期間60歳まで、死亡保障年金額10万円

初年度死亡保険金額3,600万円

この場合の保険料の相場は、2,800円〜3,600円です。平均すると約3,160円となります。

保険期間、死亡保障年金額を同じとして、30歳女性の場合は、  1,800円〜3,000円となり、平均すると約2,300円となります。

   

  • 医療保険

医療保険は、基本的な保障の主契約と保障を手厚くさせるための様々な特約の組み合わせによって、保険料は大きく違ってきます。また、特約に関しては特に保険会社によって違いが出ますが、がんの特約(診断給付金や通院)などをセットすると、およそ保険料は1.7倍〜2倍となります。


契約例:30歳男性、入院給付日額5,000円の主契約のみ、保険料払込期間終身

この場合の保険料の相場は、1,400円〜1,700円となり、平均すると約1,550となります。

同じく、入院給付日額5,000円の主契約のみで、30歳女性の場合、1,400円〜1,700円となり、平均すると約1,580円となります。

医療保険では、男性と女性とでは、主契約のみの契約であればほとんど差はないことがわかります。しかし女性の場合は、女性特有の病気の特約があり、この特約をセットすると、男性よりも保険が高くなる傾向にあります。

世帯年間払込保険料はこのくらい

平成27年度の生命保険(個人年金含む)世帯年間払込保険料は、かんぽ生命やJA、県民共済などの共済を含むすべての生命保険全体で、38.5万円となっており、年々世帯の年間保険料は減少しています。最近では、掛け捨て型の生命保険が主流となってきていることも、保険料減少の要因となっています。また、年齢別でみると、最も高い年代は「50歳~54歳」の49.8万円となっており、最も低い年代は「70歳以上」の29.9万円となっています。

<生命保険文化センター平成27年度より>

出典:http://www.jili.or.jp/press/2015/pdf/h27_zenkoku.pdf


世帯年間払込保険料

機関別

単位
万円
平成
15年
平成
18年
平成
21年
平成
24年
平成
27年
全生保53.352.645.441.638.5
民保
38.739.637.436.537.0
(かんぽ生命)--24.923.426.2
簡保30.529.928.524.122.2
JA29.730.430.130.427.7
県民共済
生協等
7.77.78.48.28.2

機関別

機関別

年齢別

単位
万円
平成
15年
平成
18年
平成
21年
平成
24年
平成
27年
全体53.352.645.441.638.5
29歳以下28.326.031.720.224.2
30〜34歳38.236.433.131.027.6
35〜39歳48.239.737.031.732.9
40〜44歳54.554.846.940.341.0
45〜49歳60.959.851.346.244.2
50〜54歳56.258.147.651.849.8
55〜59歳63.060.455.151.349.2
60〜64歳58.758.348.243.443.4
65〜69歳52.353.442.139.433.9
70歳以上47.548.643.337.729.9

年齢別

年齢別

掛け捨て型の生命保険の死亡保障金の相場

死亡保障の金額は、家族構成などにより違いはありますが、ここでは独身と結婚し、配偶者と子供がいる状況の場合でそれぞれの掛け捨て型生命保険の死亡保障額を見てみましょう。
  • 定期保険の死亡保障の相場

独身の場合、500万円〜1,000万円が相場となっており、葬儀費用や自動車ローンなどの借入分を保障できれば十分といった内容となっています。

配偶者と子供がいる場合、2,000万円〜3,000万円が相場となっています。子供の養育費のことも考え、保障額は高くなります。

  • 収入保障保険の死亡保障の相場

独身の場合、月額5万円〜8万円が相場となっており、契約初年度の死亡保険金額は1,800万円~3,300万円となります。収入保障保険の最低保険金額を契約しておいて、結婚などをしたときに追加するといったことが多く見られます。

配偶者と子供がいる場合、月額10万円〜15万円が相場となっており、契約初年度の死亡保険金額は3,600万円~5,400万円となります。この収入保障保険は、厚生年金などの遺族年金の上乗せ分としての効果があります。


<生命保険文化センター平成27年度より>出典:http://www.jili.or.jp/press/2015/pdf/h27_zenkoku.pdf  

死亡保険金

機関別

単位
万円
平成
15年
平成
18年
平成
21年
平成
24年
平成
27年
全生保3,7463,3442,9782,7632,423
民保3,4413,0552,7582,5062,335
(かんぽ生命)--606548566
簡保812709676588540
JA2,5672,7762,2922,2931,773
県民共済
生協等
805776861830735

機関別

年齢別

単位
万円
平成
15年
平成
18年
平成
21年
平成
24年
平成
27年
全体37463344297827632423
29歳以下31113082258319022405
30〜34歳41333186308231263093
35〜39歳42373848363632033050
40〜44歳46494238413037603277
45〜49歳48874506382239183287
50〜54歳43034405393237893388
55〜59歳39444041354332023175
60〜64歳32333021268425452362
65〜69歳29112153203217251799
70歳以上19701824174515841194

年齢別

終身型の生命保険の相場と比較

月々の保険料の平均額

終身型とは、生命保険を契約したときから一生涯保障されるものをいい、一般的に貯蓄性が高く、老後の資金などにも活用することもできます。しかし、貯蓄性が高く、一定の保険金額を一生涯保障しますので、保険料は高くなります。
契約例:30歳男性、死亡保険金額500万円
この場合の終身生命保険では、6,300円~8,900円となり、平均すると約7,300円となります。30歳女性では、5,700円~7,700円となり、平均すると約6,800円となります。

死亡保障金の相場

終身型の死亡保険金額の相場は、200万円〜1,000万円です。自分が亡くなるまでの一生涯の保障なので、葬儀費用の分だけの最低限あればいいという人も多く、相場としてはあまり高くないのが現状です。

掛け捨て型の生命保険のメリット

保険料の負担が少ない

掛け捨て型の生命保険は、貯蓄性のある部分(解約返戻金)をなくし、保障部分のみの保険料だけとなるため、保険料の負担が少ないのが最大のメリットです。ですので、解約返戻金のあるタイプの生命保険で5,000円〜6,000円のものも、掛け捨て型の生命保険であれば2,500円〜3,000円ほどで契約できます。

保険の見直しが可能に

生命保険の解約返戻金は、支払った保険料に対して一定の割合で増えるタイプと、最初は解約返戻金を少なくし、一定の期間を過ぎた後に増えていくタイプがあります。場合によっては支払った保険料よりも多く解約返戻金が貯まっていることもあります。ですが、基本的に契約後しばらくは支払った保険料よりも少なくなります。このように、貯蓄性のある生命保険では、解約返戻金の状況や利率の関係から解約しにくいのです。掛け捨て型の生命保険ではこのようなことがなく、いつ解約してもいことから、見直しもしやすいということです。

掛け捨て型の生命保険のデメリット

解約返戻金がない

掛け捨て型の生命保険は保障部分のみの保険料ですので、貯蓄性のある解約返戻金というものはありません。保険は万が一の事が起きたときに保険金額支払われるものですので、貯蓄性のない掛け捨て型の生命保険の場合、保険期間中に保険金の支払い対象がなければ、それまでに支払った保険料はまったくの無駄となり、お金を捨てたことと同じくなってしまいます。

年齢が高くなると保険料が高くなる可能性がある

終身型の生命保険であれば、その保険料はずっと一定となります。しかし、掛け捨て型の生命保険で特に死亡保障の保険では、期間を決めてその期間だけを保障するものがほとんどですので、保険が満期となり、更新するときには年齢が高くなるため基本的に保険料は高くなります。同じように、見直しをするときも保険料は基本的に高くなります。

自分にあった保険を選ぶのが大事

終身型は貯蓄性があり、保険料が変わらず一生涯の保障だが、見直しはしにくい。掛け捨て型は保険料が安く、見直しがしやすいが満期や見直しにによって保険料が変動するなどといったように、終身型と掛け捨て型それぞれのメリットとデメリットをよく理解して、例えば手厚い保障は掛け捨て型で、貯蓄は終身型でといったように、組み合わせることによってより良い保険になります。保険を種類で選ぶのではなく、目的別に選ぶことによって、自分には何の保険が必要なのかが見えてきます。それこそが今の自分に合った保険なのです。

ランキング

  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!