30代の生命保険の見直し方法を保険のプロが事例とともに紹介!

30代の生命保険の見直し方法を保険のプロが事例とともに紹介!-サムネイル画像

30代は生命保険の見直すタイミングです。ただ、どうやって見直していけばいいのか分からない方も多いでしょう。保険の見直し方について事例も含めて紹介していきます。保険金のみなさんの設定金額や平均的な保険料についても解説しているので、参考にしてみてください。



▼この記事を読んで欲しい人

  • 30代独身でで生命保険の見直しを考えている人
  • 30代で結婚や出産を控えていて家族が増える人
  • 30代で今加入している生命保険で大丈夫か心配な人



▼この記事を読んでわかること

  • 30代が保険の見直しをするべきタイミング
  • 30代が保険の見直しをするべき理由
  • 夫婦共働き、子どもありなし、独身などライフスタイル別の保険の見直し方法
保険や家計悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  • 30代は家族が増えるライフイベントがあるため、経済的リスクが増える
  • 30代共働きの場合は、病気や怪我へのリスク、老後の資金の確保のための保険加入にすると良い。
  • 配偶者が専業主婦で子どもがいる場合は、家族のため(特に子どものため)に万が一に備えた保険の加入をしていく。
  • 独身の場合は、自分の葬儀代程度が保険金で支払えれば問題ない。ただし、独身でも扶養家族がいる場合は、残された家族への備えが必要。
  • 30代は結婚・出産で家族が増え、20代に加入した保険の保障では足りない
  • 30代がかける保険金は約2,000万円前後と手厚くかけている人が多い。
  • 30代の平均保険料は1万5,666円で、月に支払う保険料は他の年齢とさほど変わらない。
  • 30代はさまざまなライフスタイルがあり、各家庭にあった保険の加入が必要。
  • ライフスタイルに合った保険加入のために、マネーキャリアなどの保険のプロに相談するのがおすすめ。

「生命保険の見直しって必要?」「生命保険見直しをしたことがないから見直し方がわからない...」という方はまずは以下の記事を読むことで理解が深まります!


生命保険の見直しポイント|保険料で後悔しないための知識【保存版】

30代で生命保険の見直しが必要な理由


30代では、結婚や出産などさまざまなライフイベントがあります。


家族が増えれば、20代の独身の頃に加入した保険の保障では、万が一のことが起こったときに足りない可能性があります。


保障金額が足りなかった場合、30代ではまだまだ貯蓄も少ないことが多いです。

そんなときに万が一のことが起こった場合、残された家族は生活水準を落とさなければいけなくなるでしょう。


また、子どもに望む十分な教育も受けさせてあげられなくなってしまう可能性もあります。


  • 家族が増えるライフイベントがある
  • 万が一の経済的リスクが大きい
このようなことから、保険の見直しは30代で一度見直しておきましょう。

「そもそも生命保険の必要性って?」と思う方はまずは以下の記事を読んでみてください!

①家族の増えるイベントが発生する時期

30代では結婚、出産など家族が増える時期になります。


家族は増えてもまだまだリスクに備えられるほどの貯蓄はないでしょう。


貯蓄がなくても、独身の頃は自分の葬儀資金ぐらいの保障があれば十分でした。


しかし、家族ができれば自分が死んでしまったり、病気や怪我で働けなくなってしまったあとの、その後の家族の生活についても考えておかなくてはいけません。


葬儀資金だけで良かった保障では、万が一が起こった時の家族の生活費や教育費は到底足りないでしょう。


家族が増えるライフイベントのある30代では、どれくらいの人が保険に加入しているのかも気になるところです。


30代で保険に加入している人の割合は以下のようになります。

男性女性
加入している割合82.4%82.2%
加入していない割合17.6%17.2%

引用:生命保険文化センター 「令和元年度 生活保障に関する調査」


30代では男女ともに80%以上の方が保険に加入しています。


この数値からも、30代ではやはり保険の加入や見直しをする時期だということが分かります。

②万が一の時に経済的リスク以外の負担が大きい

30代では子供が幼かったり結婚してすぐということも多いです。


このような時期では、配偶者のお金以外での負担が大きいことが考えられます。


子どもが幼いときには、仕事だけでなく子育てもしなければいけません。


独身や夫婦二人だけのときのように、働けるかと言ったらできないことの方がほとんどです。


働くにしても、保育園やベビーシッターにお願いして預けることになります。

保育園に行かせるにしても、3歳からは保育園無料化の制度はありますが、それ以下の子どもや認可外の保育園では、保育料もかかってきます。


子育てに関しては、助けてもらえる部分に限度があります。

せめて、万が一のときに経済的な負担だけでも家族に備えてあげることで、その後の生活が多少楽になるでしょう。

30代の実際の生命保険見直し事例を紹介!



30代では、家族構成によって保険の加入の方法は変わってきます。


30代で夫婦共働きであれば、どちらか一方が亡くなっても、もう一方も働いて稼ぐことができるので高額な保険金は必要ありません。


しかし、一方がパートなどで収入が少なかったり子どもがいる場合は、その後の生活に困らない程度の保険金を用意しておくことが必要になります。


今回は以下3パターンの家族構成でどのように見直しをしていけばいいか、解説していきます。


  • 共働きで子どもがいない
  • 専業主婦で子どもがいる
  • 独身

保険見直しの際の参考にしてみてください。

※事例はすべてあんしん保険相談を参照しています。

30代の生命保険の見直し事例①共働きで子供がいない場合

夫、妻ともに働いており、子どもがいない場合の見直し事例です。


見直し前に加入していた保障

A生命保険定期付き生命保険
普通死亡保障障5,500万円
災害死亡保障6,500万円
入院特約日額5,000円
手術給付金5・10・20万円
保険期間10年
払込期間60歳まで
月払保険料約37,000円


夫婦共働きで夫が亡くなった後でも妻は自分の収入で生活はしていけるため、万が一のことがあっても生活費にすぐに困ることは少ないでしょう。


したがって、死亡保障はこれほどなくても大丈夫です。


以下、保険見直し後の保障内容です。

A生命終身保険
普通・災害保険300万円
保険期間終身
払込期間65歳まで
月払保険料約8,000円


B生命終身医療保険
入院給付金額日額10,000円
手術給付金額20万円
先進医療特約2,000万円
保険期間終身
払込期間65歳まで
月払保険料約7,000円


C生命確定年金保険(保険料建て)
基本年金金額約110万円
5年確定年金(65歳から)
月払保険料約20,000円


合計月払保険料:約35,000円


見直し前とほぼ同じ月の支払いで、病気・怪我に対してと老後の資金に手厚く保障をしていることが分かります。


この見直しの場合、将来子どものことを考えていない場合は、このように老後のことも見据えた保険の加入をしていくといいでしょう。

30代の生命保険の見直し事例②専業主婦で子供がいる場合

30代で子どものいる家庭では、生活費に養育費、住宅ローンなどお金がかかることがたくさんあります。


将来の教育資金のために、貯蓄も合わせて必要になってくるでしょう。


お金がかかる時期だからこそ、月払保険料は抑えつつ最低限の保障を受けられるように加入していく必要があります。


家計が圧迫して大変になり、保険の契約を継続できなくならないように保険の見直しをしていきましょう。


【30代の子どもがいる家庭の生命保険見直し事例】

A生命定期付き終身保険
普通死亡保障6,000万円
災害死亡保障8,000万円
入院特約日額5,000円
手術給付金額5・10・20万円
月払保険料約42,000円


30代で子どもがいる家庭で、約42,000円の月払保険料はかなり家計も圧迫します


配偶者や子どもにが万が一のときに困らないように入る保険ですが、それで家計が圧迫しては元も子もないです。


以下、見直し後の生命保険になります。

見直しの際の参考にしてみてください。


【30代の子どもがいる家庭の生命保険見直し後】

A生命終身保険
普通・災害死亡保障300万円
月払保険料約5,000円


B生命収入保障保険
年金金額 25万円
(年金受取総額 約7,500万円)
支払保証期間1年
月払保険料約8,000円


C生命終身医療保険
入院給付金額日額5,000円
手術給付金額10万円
先進医療特約2,000万円
月払保険料約3,000円


合計月払保険料:約16,000円


保険を見直したことで月払保険料が約42,000円から約16,000円とかなり安くすることができました。


30代の子どものいる家庭では、死亡保障や病気・怪我に対しての保障とともに、将来の教育資金についても考えていく必要があります。


子どもの人数や年収、貯蓄額によって見直す保険も変わってくるでしょう。


加入する保険の種類も将来の教育資金を確保するために、学資保険を入れるなどの検討も必要です。

このように、それぞれの家庭の状況で見直す方法は違います。


また、配偶者がパートなどで働いている場合は正社員ほど収入は少ないことが多いので、専業主婦と同様に考えて見直しをしていくことをおすすめします。


今回の事例のように保険の見直しをすることで、月の支払いをかなり安くすることも可能です。


見直し時には各家庭ごとの年収や家族構成で変わってくるので、それぞれのライフスタイルに合った保険の見直しをしていきましょう。

30代の生命保険の見直し事例③独身の場合

30代独身が生命保険に入る場合、葬儀費用がまかなえれば十分でしょう。


30代の独身女性の事例で生命保険の見直しを見ていきます。


【生命保険見直し前】

A生命定期付き終身保険
普通死亡保障2,000万円
災害死亡保障3,000万円
入院特約日額5,000円
手術給付金額5・10・20万円
保険期間10年
払込期間60歳まで
月払保険料約18,000円


【生命保険保険見直し後】

A生命終身保険
普通・災害死亡保障300万円
保険期間終身
払込期間65歳まで
月払保険料約5,500円


B生命終身医療保険
入院給付金日額10,000円
手術給付金20万円
先進医療特約2,000万円
保険期間終身
払込期間65歳まで
月払保険料約5,000円


C生命確定年金保険(保険料建て)
基本年金金額約75万円
5年確定年金(65歳から)
月払保険料約10,000円


合計月払保険料:20,500円


独身の場合、死亡保障についてはさほど保障入りません。


そちらよりも、病気・怪我などで入院したときの医療費備えておくことが大切です。


人によっては、大部屋でなく個室がいいという方もいるでしょう。

その場合、基本的な入院費に加えて差額ベッド代がかかります


また、病気や怪我で入院した場合すぐに仕事に復帰できるとも限りません。

貯蓄額にもよりますが、退院後の当面の生活費なども備えておくといいでしょう


ただし、ご両親がすでに引退し自身が生計を立てている場合、万が一のときにご両親が困ってしまうため、ある程度死亡保障も考えていってください。


基本的に独身の場合はご自身のことだけ考えて保険の加入・見直しで大丈夫ですが、扶養している家族がいる場合など、ライフスタイルに合わせて考えていく必要があります。

30代の生命保険見直しタイミングは結婚・出産がベスト!



30代では結婚や出産など家族が増えるライフイベントがあります。


独身のときには、200万~500万円の保険金で十分でした。


家族が増える分、今までの保障では万が一のときに残された家族の生活には、保障が足りないことが考えられます。


子どもが増えるときには将来の教育資金についても考えていかなくてはいけません。


したがって、結婚・出産は全体的に生命保険の見直しが必要な時期と言えます。


また、結婚・出産時には配偶者の保険の加入の検討がおすすめです。

配偶者が万が一のことがあった場合、子どもの預け先が必要となります。


ご両親など見てくれる人がいればいいですが、たいていはベビーシッターや家政婦、保育園へ預けることが必要になるでしょう。


その場合、保育料などが必要となってきます。


配偶者も葬儀や当面の保育料分だけでも、備えておくとその後の金銭的な負担が軽減されます

30代の生命保険の保険金設定額の割合と平均保険料


30代の死亡保険金額の平均額は以下になります。


年齢平均死亡保険金額
30~34歳1,891万円
35~39歳2,189万円


保険金額設定の割合では以下のようになっています。

金額割合
200万円未満8.3%
200万~500万円未満14.9%
500万~1,000万円未満15.0%
1,000万~1,500万円未満13.2%
1,500万~2,000万円未満5.1%
2,000万~3,000万円未満
9.8%
3,000万~5,000万円未満9.3%
不明21.1%


引用:平成30年度
生命保険に関する
全国実態調査


上記の割合では200万~500万円が14.9%、500万~1,000万円が15.0%と一番割合が高くなっています。


1億円以上の保障にしている人も0.4%ありました。


この割合に関しては、全年齢を対象としているため30代の平均保険金額と多少ずれがあります。

ただ、ここから分かることは30代では子どもにもまだお金がかかるため、保障を手厚くしているといっていいでしょう。


また、30代の平均保険料については以下のようになってます。


平均年間保険料平均月間保険料
20代13.0万円1万833円
30代
18.8万円
1万5,666円
40代19.0万円1万5,833円
50代24.3万円2万250円


引用:平成30年度
生命保険に関する
全国実態調査


この数値を見ると、30代は子どもにもまだお金がかかり、保障を手厚くして生命保険に加入していますが、保険料に関しては飛びぬけて高額になっているわけではありません。


工夫をしながら保険料を抑えながらも必要な保障は、しっかりと受けられるように考えて保険に加入しているということでしょう。


みなさんも、保険の種類や保険金額などを見直し、保険料を抑えながらも必要な保障がうけられるようにしていってください。

まとめ:生命保険の見直しはまず保険のプロに無料相談を利用しよう!

30代は保険見直しの時期です。

理由としては以下のようになります。


  • 結婚・出産で家族が増え、今までの保障では足りなくなる
  • 子どもが小さいうちはお金がかかるため、万が一のときの経済的負担が20代よりも高まる

このように、30代は家族が増えて必要なお金も増える時期です。


こんな時期だからこそ、残された家族が困らないようにしっかりと備えておくことが大切になります。


生命保険の見直しする際、子どもの将来のことも含めて考えていく必要があるため、見直しでは複雑になることもあるでしょう。


そんなときは、保険のプロであるマネーキャリアのような保険代理店に相談してみてください。

ライフスタイルに合わせて保険の提案をしてくれます。


相談は無料なので、ぜひマネーキャリアのような保険のプロを活用しながら、生命保険の見直しをしてください。

ランキング