傷病手当金の支給日はいつ?いつもらえるか問い合わせはどこにすればいい?

病気やケガなどで休職中の場合、収入は傷病手当金に頼ることになります。特に経済的に余裕がない方にとって、傷病手当金の支給日がいつごろになるのかは重要な情報です。この記事では、そんな傷病手当金の支給日の目安や、支給日を遅らせないコツなどを紹介します。

傷病手当金の支給日は申請からどの程度になるのか

病気やケガで仕事を長く休む場合、傷病手当金がもらえます。貯金がないと傷病手当金が頼みの綱になりますから、いつもらえるのか気になりますよね。


手持ちのお金の残金を数えながら入金を待っている間は、とても長く感じるものですし、イライラしてしまうこともあるのではないでしょうか?


傷病手当金の支給日の目安が分かれば、少し気持ちは落ち着きますよね。


そこで今回のこの記事では、「傷病手当金の支給日」について、

  • 初回の傷病手当金の支給日
  • 支給日の通知
  • なるべく早くもらうコツ
  • 再発した場合にまたもらえるのか

以上のことを中心に説明します。


この記事を読んでいただけたら、傷病手当金の支給日がいつになるか目途がついて落ち着いて支給日を待てます。ぜひ最後までご覧ください。


傷病手当金の支給日は申請から1、2カ月後になることが多い

傷病手当金は、申請から2週間~1ヶ月での支給が一般的です。長くかかると2ヶ月程かかることもあります。


ここでは、傷病手当金の支給日について、

  • 具体的な支給日はいつ?
  • 初回の支給日はいつ?

という疑問にお答えします。


参考:全国健康保険協会「傷病手当金について」

具体的な支給日は健康保険組合や共済組合などによって異なる

では、傷病手当金の支給日について具体的にお伝えしていきます。支給を待っているときは、一日でも早く欲しいという気持ちがあるかもしれませんね。そんなときは、日にちがいつなのかを知りたいのではないでしょうか。


実は、支給日は、固定の日があるのではなく、健康保険組合・共済組合など、加入している健康保険組合によって異なります。


たとえば、TJK(東京都情報サービス産業健康保険組合)とITS(関東ITソフトウェア健康保険組合)であれば、毎月10日、20日、末日のいずれかの日が支給日です。どの日になるかは人によって違います。


すぐに貰いたい人にとっては、10日おきのタイミングしかないので、仮に手続き上は5日に支給できる準備ができたとしてもその場では振り込まれず、次の支給日の10日になってしまいます。


何日に振り込まれるかは組合によって異なりますが、すべての組合で共通することは、支給は振込で、平日のみです。土日祝や年末年始は支給されません。

初回申請時には審査に時間がかかる可能性がある

初回の申請では、審査が入ります。審査の期間は、約10日ほど。このため、初回の振込には少々時間がかかり、早くても1ヶ月、遅いと2ヶ月かかることもあります。


初回は待っているととても遅く感じられてしまいますが、少しだけ気長に待つように心がけてみてください。まだかまだか…と待ち焦がれてしまうのは仕方ないのですが、あまり気にし過ぎると遅さにイライラして精神上良い影響がなさそうです。


2回目以降は、審査がないのでスピードアップして1ヶ月毎に振り込まれるようになります。遅いのは初回だけなので、安心してください。

傷病手当金の支給日は事前に通知される

傷病手当金の支給日は、組合によって違うことをお伝えしました。支給日が分からなければ、毎日通帳記帳をして確認したくなりますが、実際はそのようなことはありません。


いつ振り込まれるかは、事前に通知があるので、その日に確認すれば十分でしょう。


通知方法は、支給決定通知書というハガキです。審査が終了すると届きます。このハガキの中に、振込日が記載されているので、振り込まれる前に日にちは確認できます。

支給決定通知書が届かない場合は問い合わせてみよう

もし支給決定通知書のハガキが届かない場合は、加入している健康保険組合の窓口に問い合わせてください。審査状況などを確認できます。


ハガキが届かない場合、最悪のケースとしては申請書が届いていないことや手続き漏れの可能性もゼロではありません。あまりないことですが、不安に思っているよりは問い合わせして無事に審査中なのかどうかを確認して安心した方がいいので、2ヶ月ほど経過したタイミングで問い合わせてみてください。


万が一、処理漏れであれば手続きに乗せてもらえます。


手続き中であれば、もう少し待つしかありませんので、最初は少し我慢してください。

傷病手当金の支給日が遅くなる理由

傷病手当金の支給日は、少し遅く感じる人が多いようです。遅くなる理由には、大きく2つ考えられます。

  • 初回で審査に時間がかかっている
  • 複数月分まとめて申請して確認に時間がかかっている

それぞれの内容を詳しく解説します。

初回申請のため審査に時間がかかっている

傷病手当金の支給日が遅いのは、審査に時間がかかるからです。初回は、不正受給があるといけないので慎重に審査されています。


審査のときチェックする箇所は、本人記入欄ももちろんですが、勤務先が記入しているところ、医師が記入しているところもすべて見られます。


不備があると、その確認にも時間がかかってしまいます。早くほしいときほど、焦らずに、不備のない書類を仕上げて提出するようにしたいです。


最短で1ヶ月、それ以上かかる可能性も十分あると考えておきましょう。

複数月分まとめて申請している

複数月分をまとめて申請していると、これも振込が遅れる原因になります。


そもそも、傷病手当金は複数月分をまとめて申請できます。必ずしも毎月決まったタイミングで申請しなければいけない性質の手続ではありません。


本来、健康保険の支給は、後で一括請求するものです。しかし、傷病手当金は給料代わり。生活が維持できるように毎月申請できるようになっているだけなのです。そのため、複数月分をまとめて申請することは全く問題ありません。


ただし、複数月分をまとめて申請すると、毎月申請するのに比べて、書類のチェック手続きに時間がかかるため、振込が遅れる場合があります。もちろん、遅れないこともあります。

傷病手当金の支給日を遅らせないようにするためのコツ

傷病手当金は、なるべく早くもらいたい人が多いでしょう。支給日を遅らせないためのコツは3つあります。

  • 申請書を複数枚用意しておく
  • 毎月申請する
  • 医師・会社への記入の依頼を早めにする

以上3つのコツについて、詳しくお伝えします。

コツ①:申請書をあらかじめ複数枚用意しておく

傷病手当金の申請サイクルは、

  1. 申請書類を貰う
  2. 自分の記入欄を書く
  3. 医師に書いてもらう
  4. 勤務先に書いてもらう
  5. 提出

という流れ。


毎回、申請書類を貰うところからはじめると遅くなります。そのため、申請書はあらかじめ複数枚持っておくと申請を早くできて、結果的に早く振り込まれます。

コツ②:毎月申請する

複数月分をまとめて申請すると振込が遅れる原因になる可能性があることはお伝えした通りです。


そのため、早く支給してほしいなら、毎月申請するようにしましょう。


先月分までを申請できます。毎月、先月分を申請すると決めてサイクル通りに動くと忘れません。

コツ③:余裕をもって医師・会社に申請書への記入を依頼する

傷病手当金の申請は、自分の努力だけでコントロールできない部分が多くあります。医師と会社に申請書を書いてもらうこともそのうちのひとつです。


医師に記入してもらうとき、一週間ほどかかるのが一般的。この記入スピードはコントロールできませんが、早めに申請書を渡しておけば、その分早く返ってくると期待できます。


ひと月分ずつ申請をするなら、前回分の申請書を提出してから2週間後を目安に医師や勤務先に記入の依頼をすれば、安定したサイクルで申請ができます。2回目以降は、申請してから1週間ほどで振り込まれます。


早めに記入してもらうといっても、過去月分しか手続きできませんので、未来日の記入を依頼することはやめてください。


このように申請から2週間後を目安に記入の依頼をした場合は、

  1. 前回の申請
  2. 2週間後、記入の依頼をする
  3. 1週間で戻ってくる
  4. 送る
  5. 1週間後に振り込まれる

という流れで、1ヶ月ごとの振り込みを受けることができるでしょう。

参考:うつ病の再発などで申請が2回目になる場合の支給日

では、傷病手当金の原因となった傷病が、一度は治り、その後再発してしまったケースについてお伝えします。


治ったタイミングで復職し、傷病手当金の受け取りを止めたケースです。


うつ病などは、治ったように見えても同じ環境に戻ったことで再発することは珍しくありません。


こうしたケースでは、

  • 最初の支給開始日から1年6ヶ月以内の再発
  • 1年6ヶ月を超えてからの再発

とで扱いが異なります。それぞれのケースを詳しく解説します。

支給開始日から1年6ヶ月以内の場合

再発が最初の支給開始日から1年6ヶ月以内のケースは、傷病手当金が復活します。


以前もらっていたときと同じように、1ヶ月程度で支給されます。


傷病手当金は、同じ傷病が原因なら最長1年6ヶ月まで支給受けられるのです。この期間内に退職した場合も、継続して支給を受けられます。

支給開始日から1年6ヶ月を超えている場合

では、支給開始日から1年6ヶ月を超えているケースではどうでしょうか?


このケースでは、一度完治したかどうかが分かれ目になります。


完治していれば、再び傷病手当金がもらえますが、完治していなかった場合、残念ながら、傷病手当金はもらえません。


傷病手当金は、1年6ヶ月までしかもらえないのですが、一度完治していれば、同じ病名の傷病でも、新たに傷病手当金がもらえます。


完治したかどうかがとても重要なポイントになりますが、医師の診断がなくても、一般的に見て完治していると考えられる場合は完治とみなしてもらえます。


うつ病などは、医師が完治の診断を出せない病気がありますので、この場合は社会通念上の治癒で良いとされています。


完治と認められて、新たに傷病手当金をもらう場合は、新たに申請することになるため、初回の支給日は1ヶ月から2ヶ月後です。

傷病手当金の支給日についてのまとめ

傷病手当金の支給日について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • 傷病手当金の初回支給日は、申請から1~2ヶ月後
  • 2回目以降は1ヶ月ペースが一般的
  • 支給日は事前にハガキで通知が届く
  • 早くもらいたいなら毎月申請する
  • 医師への記入依頼は前の申請から2週間後が良い
  • 傷病手当金は最長1年6ヶ月もらえる
  • 支給開始日から1年6ヶ月を過ぎてから再発した場合、完治していれば新たに傷病手当金がもらえる

でした。 


振込日は事前に分かりますが、振込時間は分かりません。金融機関の処理次第となり、時間の指定もできません。


傷病手当金は、休職中の収入源です。手元にお金がないと心細くていつ振り込まれるのか気になりますが、あまり気にし過ぎると体調にもよくありません。心配せず、気持ちにゆとりをもって待ってください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。 

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 傷病手当金が不支給となる事例を紹介。不服申し立てについても解説
  • 傷病手当金の待機期間や支給期間は土日・祝日の公休日を含む?
  • 傷病手当金の待機期間とは?有給休暇、土日や公休日、初診日の扱いなどを解説!
  • 傷病手当金2回目の申請、同じ病気・別の病気ごとの受給可否と支給金額を解説
  • インフルエンザで傷病手当金は申請可能?支給条件や金額・手続きを解説
  • 傷病手当金はパートでももらえる?支給条件、金額の計算方法、日数、書き方を解説
  • 傷病手当金とは?傷病手当金の支給条件や金額について解説!
  • 傷病手当金は妊娠中も受け取れるのか?支給例と不支給例、申請書の書き方を解説
  • 傷病手当金は所得収入?傷病手当金は年末調整や確定申告をすべき?
  • うつ病で休職・退職する場合の傷病手当金を受け取れる条件とは?