教育資金を準備するのは学資保険に入ってない方にもできる!

学資保険は将来の教育資金を確保するための保険でもありますが、学資保険に入ってない方でも十分な教育資金を確保することはできます。保険に入ってない方にとって一番の関心事はどのくらいまでに加入すべきかと特になる保険は何かということです。今回はその両方をご紹介します。

学資保険に入ってない人は教育資金をどうすれば良いのか

子どもを授かっている人にとって将来の教育資金は長い時間をかけて貯めていくものとなります

そのために学資保険を利用する方はかなり多いでしょう。その学資保険辞退の種類が豊富ということもあり加入率は相当高いものとなっています。


しかし、学資保険の種類が豊富だからと言って完全にマッチするわけでもなく、また少なからず毎月の負担が増えることから学資保険に入ってない方もいらっしゃいます。


入ってない方が心配するのはやはり教育資金を十分に用意できるかということでしょう。ご安心ください。

学資保険に入ってない方でも教育資金を準備することは可能です



学資保険に入ってない人の比率

クイッキングというレシピマガジンを発行する株式会社マインドシェアが、2010年に読者で構成される主婦モニターを対象に学資保険の加入調査を行なった結果、子どもをもつ世帯の内約60%の世帯が学資保険に加入済みでした。

また加入を検討している方も含めれば実に90%の世帯が学資保険に加入しようとしていることになります。

残りの10%程度の世帯では学資保険に入ってないということになります。かなり小規模かもしれませんが、この世帯には学資保険の仕組みがよくわからないという点と加入したいが経済的な制限があり入ってないという方が多く存在します。

つまり学資保険の仕組みを知ったり経済的な余裕ができれば加入するということです。

学資保険にまだ入ってない人はいつまで加入できるのか

まだ学資保険に入ってない方にとっての関心事として学資保険はいつまでに入ることができるのかという点です。

せっかく入ろうと思ってもタイミングが合わず入ってないという場合も多く教育資金の積み立てに大きなハンデを患っている方も少なくありません。

基本的に学資保険というのは子どもが0歳の時に入ることが望ましい保険です。そちらの方が長い期間運用ができるため毎月の保険料を低く、返戻率を高く設定できます。

しかし、子どもが生まれてから小学校に通い始めてようやく教育資金の重要性に気づくこともあります。学資保険に入ってない方はこのときにはすでに遅いと感じられる方も多いでしょう。


なにせ10年以上の運用が必要となる保険ですので小学校入学時ではすでに7歳か8歳となっておりぎりぎりの期間しか残っていないためです。


学資保険には8歳~9歳までに加入することが可能です。そうしたプランはソニー生命などから発売されております。しかし、保険料は高めであり返戻率も低いため本来の目的を達することは難しいでしょう。この時期になって学資保険に入ってない方はあまり加入をお勧めできません。

学資保険に入っていない場合でも資金を準備する方法

学資保険はその仕組み上長い期間運用して初めて利益を出せるようになっています。またそこには多くのオプションがあり、これが学資保険というものを分かりづらくさせています

その結果としてまだ入ってない方がおり、すでにお子さんの年齢が9歳を超えている場合も出てくるでしょう。

こうした場合でも学資保険に加入したいという方はいらっしゃいますが多くの場合で損をすることになるでしょう。


しかし、学資保険が提供する教育資金というものも所詮は現金です。代わりの現金が用意できれば学資保険に入ってない方でも教育資金の問題は解決できます。

では、具体的に入ってない人の教育資金の準備の仕方を見ていきましょう。

投資信託に預ける

あまりにも多くの方に知られ、日本人の多くは手を出そうとしない手法ですが投資信託によって教育資金を確保しようとする方もいらっしゃいます。ただし、学資保険に入ってない方の内投資信託をするだけの十分な資金が必要になるのは言うまでもありません。


投資信託ではその時の景気状況に左右されるところが多く確実な教育資金の積み立てとは言い切れないのが実情です。景気が良ければその分だけ運用利率も上がりますし、悪ければ下がります。

このような状態において教育資金を安全確実に積み立てるのは難しいでしょう。


しかし、この投資信託に委ねることで思わぬ利益を獲得することもあり得ます。また、学資保険にはできないようなインフレリスクに対する耐性が強く、将来の物価によって教育資金としての積み立てが大きく変動することはありません。

むしろその時の景気に合った資金が手に入る手法だと言えます。


学資保険のほうが入ってない方にとって元本は安くなりますし、何よりも保険としての機能を残すことになります。つまり投資信託をやるのは入ってない方への救済策ではなく、あくまでも余剰資金で資金運用をするためのものであることを忘れないでください

低解約返戻金型保険に加入する

学資保険に入ってない方の救済策として生命保険による運用があります。生命保険は一般的には学資保険よりも保険料が高額になりますが、保険内容の充実化と加入時期及び解約時期の自由度が高まります。

また、保険料の高さに見合った保険金が確保できますし投資信託とは異なり保険会社が倒産したとしても引継ぎの保険機構によって運用と最低保証額に対する責任が残るといった点で生命保険は充実したものになるでしょう。


この生命保険の中でも特に学資保険に入ってない方へおススメしたいのが低解約返戻金保険です。この保険はその名の通り解約返戻金が少なく満期まで運用しなければ意味を持ちません。


しかし、満期すなわち保険料の支払が完了するときから返戻率はグンっと伸び元本割れするリスクは非常に低くなります


低解約返戻金保険では支払い完了までの間に解約することで発生する解約返戻金というものが非常に抑えられており、保険会社が預かった資金を運用することに専念できるように仕組みが作られています。


また、この保険も生命保険であり学資保険よりも手厚い保障内容で契約を結ぶことができます。そして加入時期は自由であり、支払完了から期間が空くほど返戻率が上がる仕組みとなっているため無理をして満期金を早めに受け取る必要はありません。

そもそも学資保険に入る必要がない人の特徴

学資保険に入ってない方は2つのパターンがあると言われています。この2つのパターンの内どちらかに当てはまる場合は先ほど挙げた投資信託か低解約返戻金保険を使うことをお勧めします。

将来に渡って教育資金を支える十分な資産がある人

そもそも教育資金が将来にわたって準備ができる方は学資保険に加入する必要はありません。ご自身の私産を蓄え続ければ十分な額を用意できるためです。

このパターンの場合は高額な生命保険に加入するか不動産や投資信託に資金投入することで将来への資産価値は上がることになるでしょう。

地道に保険料を支払っていけない人

もう一つのパターンは継続して保険料を払えるだけの余裕ができないことです。この場合に謝金をしてでも保険に加入のでは本来の目的が達成できません。そのため保険を諦めるか、より安価な保険に加入することが良いでしょう。


安価な保険は多く存在しており、加入時期と保障内容によっては月額1000円と言った低価格で提供している保険もあります。その場合は掛け捨てならば解約返戻金とそのピーク時期、終身保険ならば保障内容と解約返戻金の額をしっかりと確認して置き保険の有効活用に努めましょう。

まとめ

学資保険がサポートするのは元本に近い額の現金と生命保険のミニ版だけです。そのためその代わりになるものが多く存在します。学資保険しかないではなく、学資保険もあるという考え方が大事です。

また、こういったことを自分ひとりで考えるのではなく常時行われている保険の無料相談に行ってみるとよいでしょう。

ランキング