学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!

学資保険は将来の教育資金を確保するための保険でもありますが、学資保険に入ってない方でも十分な教育資金を確保することはできます。保険に入ってない方にとって一番の関心事はどのくらいまでに加入すべきかと得になる保険は何かということです。今回はその両方をご紹介します。

まだ学資保険に入ってないけど、入る必要あるの?



子どものいる家庭にとって将来の教育資金は非常に大きな出費となります。

今すぐに全てが必要になるわけではありませんが、今のうちから少しずつ積み立てて確保しておきたいものです。


そのために学資保険を利用する方はかなり多いでしょう。

その学資保険自体の種類が豊富ということもあり加入率は相当高いものとなっています。


しかし、学資保険の種類が豊富だからと言って完全にマッチするわけでもなく、また少なからず毎月の負担が増えることから学資保険に入ってない方もいらっしゃいます。


実は学資保険には、必ずしも全員がぴったり合うというわけではなく、学資保険がおすすめできる人と必要ではない人がいます。


では、どんな人に学資保険をおすすめできて、どんな人には必要ないのか、これから紹介していきます。


学資保険に入る必要がない人の特徴

そもそも学資保険は、親に万が一のことがあった場合に備えるという目的と、将来の教育資金を積み立てるという目的が中心の保険です。


ゆえに、学資保険の利点としては、


  • リスクをおかすことなく、資金を増やせる
  • 被保険者(多くは世帯主)に万が一があったときは保険料が免除になる

この2つが挙げられます。


ちなみに、被保険者が死亡した場合や高度障害をおう場合の保障は、オプションとして存在するもので、つけないことも出来ます。

その場合、資金の利回りが良くなります。


一方で、死亡や高度障害の保障をつける場合は、資金の利回りは下がり、元本割れを起こすことも多くみられます。


以上のことを踏まえ、学資保険に入る必要がない人、あるいは入るべきではない人は、実は基本的に2つのケースに分類できます。

現在、学資保険に入るべきか悩んでいる方は、自分が当てはまるかどうかチェックしてみてください。


以下で、その2つのケースについて紹介していきます。

将来に渡って教育資金を支える十分な資産がある人



そもそも教育資金が将来にわたって準備ができる方は学資保険に加入する必要はありません。ご自身の資産を蓄え続ければ十分な額を用意できるためです。

学資保険はリスクがほぼ0な代わりに、資金の利回りは低くなっています。

保険会社を運営する上で、保険金の支払いや人的コストなどがかかっているためです。


なので、このパターンの場合は高額な生命保険に加入するか不動産や投資信託に資金投入することで将来への資産価値は上がることになるでしょう。


学資保険に入ってない方向けの教育資金の準備方法についてはあとで紹介します。


地道に保険料を支払っていけない人

もう一つのパターンは継続して保険料を払えるだけの余裕がない、というものです。

この場合に、借金をしてでも保険に加入する、というのでは本来の目的が達成できません。


そのため保険を諦めるか、より安価な保険に加入することが良いでしょう。


 安価な保険は多く存在しており、加入時期と保障内容によっては月額1000円と言った低価格で提供している保険もあります。


その場合は、「掛け捨て」ならば解約返戻金とそのピーク時期、「終身保険」ならば保障内容と解約返戻金の額をしっかりと確認しておき、保険の有効活用に努めましょう。


学資保険に入ってない人の比率

また、参考までに学資保険に入ってない家庭の比率を紹介します。

クイッキングというレシピマガジンを発行する株式会社マインドシェアが、2010年に読者で構成される主婦モニターを対象に学資保険の加入調査を行なった結果、子どもをもつ世帯のうち、約60%の世帯が学資保険に加入済みでした。


また加入を検討している方も含めれば実に90%の世帯が学資保険に加入しようとしていることになります。

残りの10%程度の世帯では学資保険に入ってない、入るつもりもないということになります。


学資保険に入ってない場合でも資金を準備する方法

ここまで、学資保険に入る必要がない、または入らない方が良い方について紹介してきました。


次は、そんな方々におすすめしたい、「学資保険に入っていなくてもできる」教育資金の準備方法を紹介します。


学資保険はその仕組み上長い期間運用して初めて利益を出せるようになっています。


またそこには多くのオプションがあり、これが学資保険というものを分かりづらくさせています。 


学資保険が提供する教育資金というものも所詮は現金です。


代わりの現金が用意できれば学資保険に入ってない方でも教育資金の問題は解決できます。


では、具体的に入ってない人の教育資金の準備の仕方を見ていきましょう。

投資信託に預ける

あまりにも多くの方に知られ、日本人の多くは手を出そうとしない手法ですが、投資信託によって教育資金を確保するという方法があります。


これはもちろん、学資保険に入ってない方のうち、投資信託をするだけの十分な資金がある方に限定される方法になります。


投資信託ではその時の景気状況に左右されるところが多く確実な教育資金の積み立てとは言い切れないのが実情です。


景気が良ければその分だけ運用利率も上がりますし、悪ければ下がります。


しかし、この投資信託に委ねることで思わぬ利益を獲得することもあり得ます。


また、学資保険にはできないようなインフレリスクに対する耐性が強く、将来の物価によって教育資金としての積み立てが大きく変動することはありません。 


むしろその時の景気に合った資金が手に入る手法だと言えます。 


 学資保険のほうが入ってない方にとって元本は安くなりますし、何よりも保険としての機能を残すことになります。


つまり投資信託をやるのは入ってない方への救済策ではなく、あくまでも余剰資金で資金運用をするためのものであることを忘れないでください。


低解約返戻金型保険に加入する

学資保険に入ってない方の救済策として生命保険による運用があります。

生命保険は一般的には学資保険よりも保険料が高額になりますが、保険内容の充実化と加入時期及び解約時期の自由度が高まります。


また、保険料の高さに見合った保険金が確保できますし、投資信託とは異なり保険会社が倒産したとしても、引継ぎの保険機構によって、運用と最低保証額に対する責任が残る、といった点で生命保険は充実したものになるでしょう。


この生命保険の中でも特に学資保険に入ってない方へおススメしたいのが低解約返戻金保険です。この保険はその名の通り解約返戻金が少なく満期まで運用しなければ意味を持ちません。


しかし、満期すなわち保険料の支払が完了するときから返戻率はグンっと伸び元本割れするリスクは非常に低くなります。


低解約返戻金保険では支払い完了までの間に解約することで発生する解約返戻金というものが非常に抑えられており、保険会社が預かった資金を運用することに専念できるように仕組みが作られています。


また、この保険も生命保険であり学資保険よりも手厚い保障内容で契約を結ぶことができます。


そして加入時期は自由であり、支払完了から期間が空くほど返戻率が上がる仕組みとなっているため無理をして満期金を早めに受け取る必要はありません。


以上までで、学資保険に入る必要のない方、オススメできない方への紹介は終わりになります。

次に、学資保険に入ることをオススメできる方向けの紹介に移ります。


学資保険にまだ入ってない人はいつまで加入できるのか

先ほどまでの文章を読んで、自分は学資保険に入った方が良いのではないか、と感じられた方。


そんな、まだ学資保険に入ってない方にとって気になるのが、学資保険はいつまでに入ることができるのかという点です。


せっかく入ろうと思ってもタイミングが合わず入ってないという場合も多く教育資金の積み立てに大きなハンデを患っている方も少なくありません。


基本的に学資保険というのは子どもが0歳の時に入ることが望ましい保険です


そちらの方が長い期間運用ができるため毎月の保険料を低く、返戻率を高く設定できます。


しかし、子どもが生まれてから小学校に通い始めてようやく教育資金の重要性に気づくこともあります。


学資保険に入ってない方はこのときにはすでに遅いと感じられる方も多いでしょう。


なにせ10年以上の運用が必要となる保険ですので小学校入学時ではすでに7歳か8歳となっておりぎりぎりの期間しか残っていないためです。


学資保険には8歳~9歳までであれば加入することが可能です


そうしたプランはソニー生命などから発売されております。


しかし、保険料は高めであり返戻率も低いため本来の目的を達することは難しいでしょう。


そのくらいの年齢になって学資保険に入ってない方はあまり加入をお勧めできません。


逆に、まだ子供が小さく、今回の記事を読んで学資保険に入ろうと考えられた方は、出来るだけ早く加入することが肝要です。


まとめ

学資保険がサポートするのは元本に近い額の現金と生命保険のミニ版だけです。

そのためその代わりになるものが多く存在します。


学資保険しかないではなく、学資保険もあるという考え方が大事です。


また、こういったことを自分ひとりで考えるのではなく常時行われている保険の無料相談に行ってみるとよいでしょう。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう