学資保険の上限額が設定されている理由と、教育資金準備方法

学資保険に上限額が設定してあることはご存知でしょうか。その上限額はいくらなのか。そして、上限額が設定されているならば、その金額は教育資金とどのような関係があるのか気になります。学資保険の上限額を理解して上手に教育資金を貯えましょう

実は学資保険には”上限額”が存在する場合がある

子どもに恵まれたら、いづれは考えなければならない教育資金です。


教育資金を上手に貯えるのに役に立つのが学資保険です。


しかし、その学資保険に上限額があるのはご存知でしょうか。


ここでは、上限額と学資保険との関係を詳しく見ていきます。


上限額を理解すれば、学資保険で上手に教育資金を確保できますし、学資保険がダメならば、別の方法も、詳しく説明していきます。

学資保険は基本的に上限はないが、”死亡保障があると上限付き”



学資保険に上限額が決まるのは、死亡保障を付帯させた場合と決まっています。

なぜ、死亡保障を付帯させた場合なのか。

理由は、子どもの将来を守るためです。

平成20年まで、学資保険の死亡保障に上限はありませんでした。


しかし、平成2年には父親が我が子に学資保険の死亡保障を2,000万円を掛け、我が子を殺害し雑木林に遺棄したという事件が起こりました。


動機は借金返済に充てるつもりだったそうです。


このような痛ましい事件が起こらないように、未成年者(15歳未満)には上限額が設定されました。


では、上限額はいくらなのでしょうか。

上限額は最高1000万円まで

学資保険の上限額は1,000万円と決まっています。

しかし、この数字には矛盾もあります。


現在、子どもの教育費は最低でも1,000万円かかるといわれています。

しかし、これは最低で1,000万円であり、仮にすべて市立で大学まで進むと2,500万円の教育費が必要だといわれています。


ということは、学資保険で教育資金のすべてを賄うことは、不可能に近いということになります。

さらに、”複数の保険会社で併用”していても上限額は同様

では、複数の保険会社で学資保険を1,000万円で契約すればよいではないかという意見も聞かれそうですが、それは無理です。

複数の保険会社で学資保険に加入していることは、保険会社の調査でわかるようになっています。


生命保険協会で契約内容登録制度というものがあり、他の保険会社でいくらの学資保険に加入していると保険会社にはわかる仕組みになっています


例えば、A保険会社の700万円の学資保険に加入している場合は、B保険会社では300万円の学資保険にしか加入できません。

学資保険の上限は子どもが加入している全ての保険の合計金額で決まる

これは、学資保険だけの話ではなく、子どもが加入しているすべての保険の合計金額となっています。

例えば、被保険者を子どもにして、子どもの将来の為に終身保険に加入し、死亡保障500万円のつけた場合は、学資保険に加入する場合、500万円までしか加入できません。


これも、子どもの安全を考えてのことであり、学資保険にかかわらず他の保険でも1,000万円と上限が設けてあります。

そもそも、条件を満たせば学資保険に上限がつくことはない

では、学資保険に上限額が決まっているのかといえば、そうではありません。

他の、保険も合計されるというところにヒントがあり、上限額1,000万円は、以下のような条件がありました。

学資保険に上限がつくときは災害、死亡保障を付加したとき

学資保険にも、災害、死亡保障を付加することができます。

ここが大きなポイントです。


そもそも、上限額1,000万円が設けられたのは、子どもの命を守るためでした。

よって、上限額を設ける場合は災害、死亡保障をつけるときだけで良いのです。

金融庁が平成20年7月3日に発効した「未成年者・成年者の死亡保険について」から抜粋すると以下のようになります。


保険金の上限を1,000万円とする条件は

①被保険者を15歳未満の未成年者とする場合の死亡・傷害保険

②被保険者の同意を得ずに保険を契約する時の、契約者と被保険者が異なる死亡・傷害保険

未成年・成年者の死亡保険について

出典: https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/dai2/siryou/20080703/01.pdf


以上のように、災害、死亡保障をつけなければ、学資保険の1,000万円上限額は気にしなくともよいことになります。


また、付け加えれば、死亡保障200万円、災害保障400万円とした場合は、400万円が上限額に含まれます。


さらに、医療保険でも、災害、死亡保障を付加させたときは上限額に含まれますので注意してください。

予定している教育資金の半分を学資保険で、残りは自身で積み立てることもアリ!

しかし、災害、死亡保障も必要と考える人もいることでしょう。

この場合、両親のどちらかが、貯蓄性のある生命保険で教育資金を蓄える方法はいかがでしょうか。


よく、学資保険の代用として、話題に出てくる「低解約返戻金型終身保険」という保険商品があります。


低解約返戻金型終身保険とは、終身保険の一種であり、低解約払戻金型と商品名にあるように、解約した時の返戻金が低く設定してあります。


しかし、しっかりと払込完了日まで保険料を払い込めば、そこからは解約返戻金がググっと大幅に上がり返戻率が100%を超えていきます。


学資保険は、満期を迎えたらお金をお金を引き出さなければなりませんが、低解約返戻金型終身保険は払い済みを迎えた後も、お金をそのままにしておけば、返戻率は上がり続け、お金が増え続けます。


仮に、教育資金で使う目的がなくなっても、そのまま保険会社に預け続け、子どもの結婚資金や引っ越し資金などに使うこともできます。


もちろん、低解約返戻金型終身保険は保険ですので、死亡保障が付いています。

被保険者が父親であれば、父親が死亡するとそこで保険金を受け取ることができるので、万が一の場合にも備えることもできます。


考え方によっては、半分は学資保険、残り半分は低解約返戻金型終身保険などので貯蓄するのも良いかもしれません。

参考:学資保険は生命保険料控除が受けられる

生命保険料控除とは、所得控除の一つです。

1月1日から12月31日まで払い込んだ保険料のうち、生命保険料控除に当てはまれば、保険料の金額により一定金額が課税所得から差し引かれます。


低くなった課税所得に税率を掛けていきますので、所得税と住民税が安くなります。

しかし、学資保険は子どもが加入しているという疑問があるかもしれませんが、生命保険料控除を受けられるのは生命保険料控除の対象となる保険料を支払っている人が対象となります。


どれくらい控除されるかは、計算式を見ていきましょう。

所得税の計算式

払込保険料控除額
20,000円以下払込保険料の全額
20,000円超40,000円以下払込保険料×1/2+10,000円
40,000円超80,000円以下払込保険料×1/4+20,000円
80,000円一律40,000円

住民税の計算式
払込保険料控除額
12,000円以下払込保険料の全額
12,000円超32,000円以下払込保険料×1/2+6,000円
32,000円超56,000円以下払込保険料×1/4+14,000円
56,000円超一律28,000円
月々の保険料が6,667円を超える方は、生命保険料控除の最大の控除の恩恵を受けることができます。

まとめ

いかがでしたか?

学資保険の上限額を見ていきました。

学資保険の上限額が1,000万円であるということではなく、生命保険・医療保険・学資保険などに付加される災害、死亡保障が1,000万円が上限額と決まっていることがわかりました。


ですので、加入する学資保険に災害、死亡保障が付加されていなければ、いくらの学資保険に加入しても良いことになります。


ちなみに、実際にある学資保険で2,500万円の満期受取金で18歳払い済みでシミュレーションした時、月々の保険料は111,450円になりました。


2,500万円受け取れると安心ですね。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう