学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

最強の教育資金の準備方法は学資保険でOK?2019年最新の動向を解説!

子どもの教育資金の貯蓄といえば、学資保険を思いつきます。子どもを持つ家庭の6割が加入している保険です。しかし、本当に最強の貯蓄方法は学資保険で良いのでしょうか?FP保険相談をすると低解約返戻型終身保険をおすすめされることも。本記事で、最強の選び方も解説します!

最強の教育資金の積立方法を徹底的に解説します!

お子様が産まれてその子のこれからの未来を考えていくことは、本当に楽しみなことだと思います。

それと同時に、これからかかってくる教育資金も心配の種になるかと思います。


大学まで行こうと思うと、公立中高に通わせたとしても、一人あたり平均で1000万円弱はかかるといわれています。


まず子供が産まれたら、または産まれる前に、一番最初に学資保険を検討するかと思いますが、最強の学資保険・最強の教育資金の貯蓄方法を選んでいくには、どのような商品、どのような内容で選択をすればよいのでしょうか。 


ただ、学資保険を選ぶ、その他の信託などを選ぶかはどれだけリスクを最小化したいかにもよるので、最終的には自分で責任を持って判断することをおすすめします。


学資保険の必要性、他の貯蓄方法との違いを知りましょう


学資保険は他の保険と比べると保障が少ない分シンプルなので、ここで理解しましょう!

学資保険のキーワードは「返戻率」「流動性」「元本割れ」

学資保険は、教育資金を積み立てていく「貯蓄機能」と、親(契約者)に万一のことがあっても学資金を受け取れる「保障機能」を兼ね備えた保険のことです。


最強の学資保険(学資準備)を考える際には、以下の3つがキーワードとなります。

  1. 返戻率(収益性)
  2. 流動性(現金化タイミング)
  3. 元本割れリスク(損失のリスク)

貯蓄や投資をする際には、①収益性②流動性③安全性の3つが重要と言いますが、返戻率と元本割れリスクが収益性、現金化タイミングが流動性に対応します。


学資準備をしている段階であれば、安全性に関しては高いものが選ばれると思われますので、項目としては含めていません。


 そしてこれらの要素について、それぞれ以下のような基準で学資保険を選んでいくのがおすすめです。

学資保険を選ぶ基準
返戻率なるべく返戻率の高い商品を選ぶ  
(返戻率が高い=同じ金額が受け取るのに
支払保険料の少なくて済む商品)
流動性
進学時など資金が必要となるタイミングに
すぐ現金化できる商品を選ぶ
元本割れ
リスク
途中解約・保障のかけすぎで元本割れ
支払保険料は家計に見合っているのか

低解約返戻金型終身保険や信託商品は教育資金の貯蓄になるか?

教育資金を準備する方法は学資保険だけではなく、通常の預貯金のほか、低解約返戻金型終身保険投資信託などを利用するという方法もあります。

これらの商品を、上記の3つのキーワードから比較してみましょう。

返戻率流動性元本割れリスク
学資保険〜110%程度原則途中解約できない
商品内容や途中解約によって
元本割れする場合あり
預貯金100%程度いつでも現金化できる元本保証
低解約返戻金型
終身保険
〜110%程度原則途中解約できない 
商品内容や途中解約によって
元本割れする場合あり
投資信託運用成果による
〜130%程度
いつでも現金化できる
(が、資金計画が難しい)
運用成果によって
元本割れリスクあり

学資保険と預貯金を比較した場合、流動性や元本割れリスクについては預貯金が優れていますが、ほとんど金利のつかない現状では返戻率で劣ります。


また親に万一のことがあっても、預貯金には保険にある「保障」がありません。


学資保険と低解約返戻金型終身保険を比較すると、低解約返戻金型終身保険の方が、保険料払込期間中には途中解約リスクが大きくなります。


学資保険と投資信託を比較すると、投資信託はいつでも売却でき流動性が高い、運用成果次第で高い返戻率が期待できるといった点で優れているといえます。


しかし、売却するタイミングで投資信託の価格が下落していると、返戻率の低下や元本割れするとリスクもあり、資金計画が立てにくいという欠点があります。


どの商品も教育資金を準備する方法としては選択肢となります。


しかし、それぞれメリット・デメリットがあり、なにを重視するのかによって選択する必要があるといえます。

最強の学資保険にするため:返戻率

教育資金準備として学資保険を考えるのであれば、最も重視したいのが「返戻率」です。


流動性や元本割れリスクは商品によって大きな違いはありませんが、返戻率は保険会社や加入の仕方によって違いが大きくなります。


ここでは、最強の学資保険にするために押さえておきたい、返戻率のポイントを解説します。

学資保険は保障を抑えて返戻率の高いものを選ぶのが基本

学資保険には貯蓄機能のほか、契約者に万一の際の保険料免除や育英年金、入院給付などの保障機能があります。


公的保障や他に加入している保険の保障内容、保有資産の状況などに応じて必要な保障は残しながら、必要のない保障は極力外すことが返戻率を高めるポイントです。


必要な保障に絞った上で複数の保険会社の商品を比較し、最も返戻率の高いものを選ぶのが基本となります。

払込期間を短くして返戻率を高めるのもポイント

また同じ保険会社の商品であっても、18年払よりも10年払、10年払よりも一時払というように、保険料の払込期間を短く設定するほうが返戻率は高くなります。


これは払込期間が短くなるほど、支払う保険料の総額が少なくてすむためです。


ただし、毎月(毎年)支払う保険料は高くなります。


もし保険料の支払いが家計の負担となり、途中解約しなければならなくなっては本末転倒です。


なるべく払込期間を短くすることが返戻率を高めるポイントですが、家計とのバランスを考えて払込期間を設定することも大切です。

学資保険加入前には保険の無料相談をしておくのがおすすめ

「最強の学資保険」をみつけるには、その道のプロに相談するのがよいでしょう。


学資保険は各社、それぞれ保障内容や、返戻率が全く異なります。


とくに返戻率に関しては、保険会社によって各社比較すると、かなり大きなひらきがあります。


学資保険に加入を検討されている方は、まずは一社だけではなく、何社も商品を取り扱っている、街の保険代理店に行って、プロのFPに相談してみてください。


最近では、訪問型の保険相談サービスもあるようで、お近くのカフェや自宅、お勤め先の近くで保険相談ができるようになっています。

無料の保険相談を利用することで、学資保険だけでなく、様々な投資商品・世の中の仕組みを教えてもらえ、とても勉強になります。

インフレに強いジュニアNISAなどの貯蓄を考えましょう

生命保険はどうしてもインフレの影響を受けやすいです。


インフレとは、モノの値段(物価)が上がりお金の価値が下がり続ける状態のことをいいます。


正式にはインフレーション(inflation)と言い、「物価の上昇と通貨価値の下落が継続的に続く状態のこと」を意味します。 


反対の意味にあたる対義語に、デフレ(デフレーション)と言う表現がありますが、どちらが良くてどちらが悪いという単純なものではありませんので注意しましょう。

インフレと貯蓄・投資の関係性を知りましょう

毎年2%ずつ物価が上がっていくインフレになったとすると、18年後にはモノの値段は約1.4倍(1.02を18回かけた値)となります。


つまり今1万円で買えるものが、20年後には1万4,000円出さないと買えなくなってしまうのです。


日本ではバブル崩壊後デフレが続き、時間が経つとモノの値段が上がり、お金の価値が下がるという状況は実感しにくいかもしれません。


しかし上記のようなインフレが実際に起これば、0歳で学資保険に加入する場合、18年後の返戻率が140%でやっとトントン(実質返戻率100%)、それ以下であれば実質的にマイナスとなってしまうのです。


貯蓄や投資においては、利回り(年率換算)がインフレ(物価上昇)率未満の商品で運用すると、資産価値が目減りしてしまうリスクがあるということを理解しておかなければなりません。

「アベノミクス」でインフレに向かう可能性もあります

上記の例であげた「毎年2%ずつ物価が上がっていくインフレ」は、アベノミクスの経済政策のひとつとして、日銀が今まさに目標としているものです。

しかし長年染み付いたデフレ状態をインフレに転換することは容易ではなく、2017年11月時点でのの本のインフレ率は0.6%(総合指数)にとどまっています。


しかし同時期のアメリカのインフレ率(CPI)は2%を超えており、2%は決して高いインフレ率ではなく、今後日本においても2%のインフレが起こる可能性は十分にあります。

インフレに強いジュニアNISAとは?

学資保険や低解約返戻金型終身保険は、加入時点で将来の受取額が決まる積立利率固定のものが多く、インフレに弱い運用商品です。


一方、株式や投資信託は元本保証ではなく、運用成果によって損失が出ることもありますが、物価の上昇に連動して価格が上昇しやすい傾向にあり、インフレに強いとされる金融商品です。


この株式や投資信託を教育資金準備として活用する場合に活用したいのが、「ジュニアNISA」です。


ジュニアNISAとは、未成年(19歳以下)の子どもが証券会社などに口座を開設し、その口座で株式や投資信託で購入すれば、運用益が非課税となる仕組みです。


年間購入額80万円までが非課税対象となり、基本的には親や祖父母などが資金を出して子どもの代わりに運用を行います。


運用益には通常20.315%の税金がかかるところ、実質的にこの分だけ返戻率が高くなるのと同じ効果があります。

まとめ:最強の教育資金貯蓄をしたい方はまずは保険相談を!

教育資金を貯蓄していくには様々な方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

そのため最強の教育資金貯蓄をするためには、あなた自身のニーズ・目的にあった方法を選ぶことが欠かせません。


お金に対する幅広い知識を持ったFPに相談すれば、様々な商品を比較した上で、あなたにとっての最強の教育資金貯蓄方法を見つけることができます。


最強の教育資金貯蓄について相談するのであれば、FPに無料で相談できる保険相談サービスがおすすめです。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう