学資保険の戻り率と効果的に教育資金を貯めるためのからくりについて

学資保険と終身保険は教育資金を貯めるからくりを有する点では共通です。子どもの大学入学時における戻り率は学資保険の方が上ですが、終身保険には解約せずにさらに戻り率を高めることができるからくりを有します。いずれを選択するかは保険契約者の状況によって決まります。

戻り率が高く教育資金が貯まる優れたからくりを持つ学資保険

子どもの教育資金を貯めるためには学資保険や終身保険を利用するのが合理的です。学資保険は最も効率的に教育資金を貯めるからくりを有しています。保険料を支払うのは基本的に0歳から18歳までです。子どもの大学入学時点での戻り率は終身保険よりも高く、学資保険のからくりは多くの教育資金を貯めることができます。

学資保険のからくりとは

学資保険のからくりの特徴としては子どもの入学時における戻り率の高さを挙げることができます。戻り率とは支払った保険料に対する戻ってくる保険金の割合です。学資保険では途中で解約した場合にも9割から10割が戻ってくるというからくりがあります。生活に負担をかけずに多くの教育資金を貯めることができます。

子どもの教育資金を効率的に貯める

子どもの教育資金を効率的に貯めるからくりとしては終身保険よりも学資保険の方が優れています。戻り率が高く多くの教育資金が貯まるだけでなく、生活に負担をかけずに済むというメリットもあります。一方で終身保険は教育資金以外の目的のためにも利用できます。また解約しなければ戻り率を高めることができるというからくりも有しています。

教育資金が貯まる学資保険と終身保険のからくりと戻り率

学資保険と終身保険はどちらも教育資金が貯まるからくりを有しています。しかし両者には戻り率に大きな違いがあります。学資保険の戻り率は一般的に110%から112%ですが、終身保険の場合には108%から109%です。子どもの大学入学時における戻り率だけを考慮すると学資保険の方が優れたからくりを有していることになります。

終身保険のからくりとは

終身保険は学資保険と同様に教育資金が貯まるからくりを有しています。しかし子どもの大学入学時における戻り率は学資保険より低くなります。ただ終身保険は学資保険以外の目的でも利用できるというからくりを有しており、解約しなければ130%超える戻り率まで高めることもできます。

学資保険と終身保険はいずれが優れているか

純粋に子どもの教育資金のみを貯めるからくりとしては学資保険の方が優れていますが、その他の目的のためにも保険金を使用したい場合には終身保険の方が優れています。特に終身保険は解約せずに契約を維持すれば戻り率を高めることができるからくりを有します。教育資金だけでなく、結婚やマイホームの購入など様々な目的のために利用できる点が魅力です。

教育資金が貯まる高い戻り率と優れたからくりを持つ学資保険

教育資金を貯めるためには保険の戻り率が重要になります。より高い戻り率を有する保険ほど効率的に教育資金を貯めることができます。一方で最適な保険を選ぶ際には子どもの大学入学時における戻り率以外の要素も検討することが重要です。様々な要素を検討しながら学資保険か終身保険を選択することになります。

戻り率の高さが重要になる

教育資金を貯めるための優れたからくりを有する学資保険は、子どもの大学入学時における戻り率だけでなく途中解約した場合の戻り率も高いという特徴があります。一方で終身保険は解約せずに戻り率を高めるからくりがありますが、子どもの大学入学前に途中解約した場合の戻り率は7割ほどです。

戻り率以外の要素も考慮する

純粋に戻り率だけを考慮するならば学資保険が有利です。しかしそれ以外の要素も考慮する必要があります。例えば保険契約者が死亡した場合に終身保険であればすぐに保険金を受け取ることができますが、学資保険が支払われるのは子どもの大学入学時点です。また終身保険であれば教育資金以外にも必要に応じて利用できます。

戻り率などを考慮して効率的に教育資金を貯める

効率的に教育資金を貯めるには保険契約者の現在の状況や将来の見通しなどを考慮する必要があります。現在の収入や貯金に余裕があり将来の不安も少ないのであれば様々な目的で利用でき、戻り率を高めるからくりを有する終身保険の方が適しています。一方収入などに余裕がなくより多くの教育資金を貯めるならば学資保険が最適です。

終身保険は教育資金以外にも使える

終身保険の魅力は教育資金以外の目的のためにも利用でき、解約せずに戻り率を高めることができる点にあります。結婚やマイホームの購入、老後の資金など必要な場合に解約して利用できます。基本的に終身保険は60歳以上まで払い続けることができますが、最終的な戻り率は130%を超えます。

最適な保険を選択して効率的な資産運用

現在の収入や貯金に余裕がなく生活に負担をかけずに多くの教育資金を貯めるならば、学資保険を選択するのが有利です。途中解約した場合でも終身保険より戻り率が高くなります。学資保険と終身保険のいずれが最適かは、保険契約者の状況によって決定されます。現在の状況や将来の見通し、戻り率や利用目的などを考慮することが重要です。

まとめ

学資保険と終身保険はいずれも教育資金が貯まるからくりを有しています。それぞれ戻り率などに違いがあるため、保険契約者の状況に応じて最適なものを選択することが重要です。終身保険を選択した場合には学資保険より子どもの大学入学時点での戻り率は低くなります。しかし解約せずに契約を維持すれば最終的には130%を超える戻り率にすることができます。教育資金だけを効率的に貯めるならば戻り率の高い学資保険が有効です。

学資保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング