学資保険ALL

学資保険の必要性

学資保険の選び方

学資保険の加入時期はいつから?給付や払済のタイミングも解説!

学資保険を検討されている方の中でも、実際にいつ加入すればいいのか分からない方は多いです。それ以外にも、学資保険には学資金の給付や保険料を払い終えるタイミングなど考えることがいくつかあります。この記事ではそうした学資保険に関する様々なタイミングを徹底解説します。

学資保険を理解して検討できているか?

学資保険は、主にお子さんの将来の教育資金の積み立て、または病気・ケガの保障を目的として販売されている保険を指します。

学資保険には、教育資金の積み立てに特化している商品もあれば、教育資金のみならず医療保障や子の死亡保障、保護者が亡くなった場合の育英年金等を組み合わせ、万が一の備えのための金銭的サポートを約束する商品も販売されています。 


ただし、積立と保障を両立させると、どうしても返戻率(満期金として受け取れる金額の割合)が低くなってしまい、積み立てたお金を教育資金に十分に活かせない場合もあります。


学資保険は前述したように積立(貯蓄)を重視するものや、貯蓄性よりも医療保障等に手厚いもの、いろいろな保険商品があり、どんな保険を選ぶか、保護者の方々時はナカナカすぐに決められないことでしょう。


そこで今回はよりお得に学資保険のプランを選び、効率的に教育資金に充てることができるタイミングについて説明します。



そもそも学資保険がよく分からない方はこちらをお読みください

学資保険の加入タイミングについて

こちらでは、学資保険へ加入するタイミングを説明します。学資保険には被保険者である子の年齢制限はもとより、加入契約者(保護者)の年齢制限もあります。

加入を希望する場合は、できるだけ速やかに加入手続きを行いましょう。

加入時期は早ければ早い方がいい

学資保険の加入のタイミングについて、子が幼稚園に入園前か?それとも小学校または中学校へ入学前か?そうお考えの保護者の方々もいらっしゃると思います。 


実は子を出産する前に、あらかじめ学資保険へ加入をするのがベストなタイミングと言えます。出産前に加入できなくとも出産後すぐに加入することをおすすめします。


それは、学資保険の加入契約者が父親の場合、病気や不慮の事故で亡くなってしまうケースや、加入契約者が母親の場合は、妊娠・出産のリスクという点も無視することはできないからです。


まさかの事態ではありますが、保護者が亡くなった場合でも、学資保険を扱う保険会社では、加入契約者が亡くなった後の保険料の払込みを免除する措置がとられることが多いです。


このような措置によって、保険契約が満期になるまでは問題なく、子への学資金の給付が約束されます。

学資保険全般における年齢制限について

学資保険の年齢制限は保険商品ごとに異なっていますが、概ね子の場合は6歳前後まで加入できます。ただし、子がある程度成長しているタイミングで学資保険の加入を検討しても、保険プランによっては12歳までなら加入できることがあります。


加入契約者である親の場合は、ある保険商品では40代までと厳しめの年齢制限を想定している場合もあれば、子の祖父母に当たるような方の年齢(70代くらい)まで認められている場合もあります。契約前には、年齢の条件について良く確認しておきましょう。

学資保険の給付金受け取りのタイミングについて

給付金の受け取りのタイミングは、進学で最もお金がかかりそうな時期に受け取れるよう設定しておきましょう。

そうは言っても、ご家庭の経済状況や子の進学(小・中・高校)とすべて公立なのか、私立に入学するのかでも受け取るタイミングは異なります。


また、大学進学も想定しているのであれば、そのことも考慮に入れてベストなタイミングを決定しなければいけません。

給付金(学資金受け取り)にはどんなパターンがある?

学資保険のプランは、各保険会社とも1種類ではなく3種類程度に分けられ、そこから選択する形が多いです。


例えば、幼稚園入園から大学進学まで進学の度に祝金がもらえるプラン、大学入学時に一括で満期金が受け取れるプラン、大学在学中に4年間で学資年金が受け取れるプラン等です。


事例を上げてどのように学資金が受け取れるのかを見てみましょう。


(事例その1)

  • 加入契約者:父親(加入時30歳)
  • 被保険者:男子(加入時0歳)
  • 受取学資金総額:200万円
  • 保険料払込期間:被保険者10歳まで
  • 保険期間:17歳まで
○プランⅠ
子の年齢学資金種類金額
3歳または4歳入学祝金20万円
5歳入学祝金20万円
11歳入学祝金20万円
14歳入学祝金20万円
17歳満期金120万円

幼稚園入園から大学進学まで進学の度に祝金がもらえるプランは、私立へ進学した場合に何かと費用がかかるため、その費用を賄うために活用することをおすすめします。


○プランⅡ


子の年齢学資金種類金額
17歳満期金200万円

受け取り回数が1回のみですが、かなりまとまったお金を必要とするタイミングでとても役に立つプランと言えます。


(事例その2)

  • 加入契約者:父親(加入時30歳)
  • 被保険者:男子(加入時0歳)
  • 受取学資金総額:200万円
  • 保険料払込期間:被保険者10歳まで
  • 保険期間:22歳まで

○プランⅢ


子の年齢学資金種類金額
17歳学資年金40万円
18歳学資年金40万円
19歳学資年金40万円
20歳学資年金40万円
22歳満期金40万円

主に大学への入学準備や、在学中に必要な生活費を賄うために活用できるプランです。

給付金受け取り回数はできるだけ減らす

入学祝金、学資年金や満期金と呼ばれる給付金の受け取り回数は、できるだけ減らすことで受け取る給付金の返戻率は高まります。もちろん、前述したプランⅡのように一括で受け取る場合には最も返戻率が高まる良いタイミングといえます。


ただし、進学の度にまとまった入学金を支払えるだけの十分な貯蓄が無い場合、返戻率は低くなりますがプランⅠのように、受け取る給付金を分けることで、むしろ金銭的負担を軽減することに役立つ場合もあります。


返戻率の高さだけに注目して、安易に給付金受け取り回数を決定してしまうと、後々お金が必要な時に学資保険を十分に活用できなかった、と後悔することがあります。

満期年齢の設定について

前述したように、学資保険にもいろいろと工夫を施した受け取り方がありますが、満期金は子が17歳または18歳の時に受け取れるのがベストなタイミングと言えます。 


なぜなら、大学受験までの1、2年間は塾に通う等、非常にお金がかかる上、推薦入学の場合には、高校3年生になれば速やかに入学金を納付しなければならないケースも考えられます。 


また、独立行政法人日本学生支援機構では、『平成26年度学生生活調査』結果の概要にて大学の学習費(平均)の内訳を報告しています。下表を参考にしてください。


区分(1年間)授業料・学校納付金修学費、課外活動費、通学費学習費総額
国立509,400円138,300円647,700円
公立536,100円130,200円666,300円
私立1,206,500円155,100円1,361,600円

入学金をさらに含めると、特に私立大学の場合は初年度だけで200万円近く費用がかかる可能性があります。


特に大学へ進学すること想定しているなら、費用が最もかかる初年度に満期金を受け取れるようにタイミングを合わせることが有効です。


そのため、入学前の高校3年生(17、18歳時)に受け取るタイミングが無難といえます。


払済のタイミングについて

学資保険の支払保険料は、払済までの期間の短い方が確かに毎月の保険料の負担は大きいですが、結果的に払い込む保険料の総額は抑えられ、受け取るお金(返戻率)は高まります。


ただし、支払う保険料は家計の重い負担にならないように、ご家庭の経済状況に合わせながら設定する必要があります。

払済までの期間を長くすると月々の負担は減る

払済までの期間を長くする場合、例えば満期で給付金が下りる直前までを払込期間とする時は、毎月支払う保険料もそれだけ低く抑えられます。コツコツ確実に保険料を支払って、教育資金を積み立てたい方には向いている方法です。


ただし、払い込む保険料の総額が増えてしまう分、受け取る給付金の返戻率からみると、短い期間で払込を終える場合よりも返戻率は低くなってしまいます。

返戻率(利率)を高めるには、払済までの期間は短い方がいい

学資保険の払込は、例えば子が0歳の時に加入した場合は、10歳までに払い終えることが理想的なタイミングと言えます。

10年で払い終わる短期払いだと、学資保険では返戻率が上がる傾向があります。また、高校入学から大学受験等で、急激に塾等の費用がかかる時期に保険料の支払を完了していると、学資保険の負担を気にする必要がなくなります。


ただし、少々遅めに学資保険に加入したご家庭ならば、遅くとも子が15歳になるまでには学資保険の保険料を払い終えることをおすすめします。


このタイミングであれば、私立に入学した場合を除いて、小学校・中学校の義務教育期間はそれほど学習費もかかりません。この間に学資保険が払済であれば家計も楽になります。

まとめ

学資保険は積み立て期間や給付金の受け取り回数、子の受取年齢によって非常に高い返戻率が期待できる商品です。


ただし、子の年齢や進学等のどの時期に給付金を受け取れることが、家計の負担とならず教育資金として最も活かせるタイミングなのかは、ご家庭によって様々です。ご夫婦で良く話し合いベストなタイミングを判断しましょう。


一方、教育資金の積立は大事ですが、子の病気・ケガが心配な方は、医療保障を重視する保険へ加入を検討してみましょう。 


積み立てを目的とする学資保険でも、特約で子の入院保障や手術保障、または死亡・高度障害状態になった場合の保険金を設定できる商品があります。


ご自分の子が丈夫に育つだろうと思っても、将来、想定外の大ケガで長期の入院を余儀なくされるかもしれません。そうなれば教育資金を受け取るタイミングではなく、どのくらいの入院給付金や手術給付金が下りるかが問題となります。 


特に、夫婦の双方または一方の家系に病弱な親類縁者が多く、子が丈夫に育つかどうか不安を感じている場合、子のまさかの事態を想定し、できるだけ早い備えが必要となります。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう