40代の生命保険の選び方・見直し方は?保険選びのポイントを詳細解説

40代になると、家族の状況の変化や病気のリスクの増加により、誰もが生命保険を見直す必要性が出てきます。そこでこの記事では保険の選び方・見直しポイントを解説します。その他40代ならではの不安に応えた保険や、独身女性の生命保険の選び方までとことんご紹介します。

40代からの後悔しない生命保険の選び方を解説!

40代になれば、生命保険の選び方を若い頃とは変えていかなくてはなりません。


あなたは、40歳からの保険の選び方や見直し方についてお悩みなのではないでしょうか。


しかし将来のためとはいえ、現在の保険料負担がうんと上がるのは避けたいところですよね。


実は「40代の保険の選び方」の原則を理解することで、最低限の負担で将来への十分な備えをすることは可能なのです。


そこで、この記事では40代からの生命保険の選び方について


  • 40代に適した生命保険の原則とは
  • できる限り保険料を抑えて死亡のリスクに備える方法
  • 効率よく老後資金を貯蓄できるお得な保険

以上のことを中心にお伝えしていきます。


この記事を読めば、40代のあなたが現在の生活を保ちつつ、将来の不安もカバーできる保険を見つけることができますよ。


ぜひ、最後までご覧になってください。

生命保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「生命保険について1から知りたい!」「生命保険って実際は必要なの?」


自分にもしものことがあった場合に、残された家族のために備える生命保険。


しかし、「自分に合った生命保険を選びたいけど、選ぶときのポイントが分からない」


「営業マンの言う通り保険に加入したけれど、保険料の負担が大変で、どこを見直せばいいのか分からない」という人が多いのではありませんか?


そんな方には生命保険に詳しい保険のプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



40代から検討する生命保険の3つの特徴

40代からの生命保険の選び方を知るためには、40代ならではの生命保険の特徴を把握しておかなければなりません。


40代にとっての生命保険は、20〜30代に比べて意味合いが変わってくるのです。


そこで、まずは40代からの生命保険の大きな特徴ともいえる、

  • 更新で保険料が急激にアップする
  • 病気のリスクが急激にアップする
  • 40代の年間の平均保険料

これら3つに注目していきます。

特徴①:更新タイミングで保険料が急激にアップ

更新型の生命保険に入っている場合、40歳を過ぎたあたりで更新を機に保険料は急激にアップしてしまいます。


なぜなら、死亡率は40代を境に大きく上昇するからです。


一般的に、30歳~39歳で保険料が月額1万円程度だったなら、40歳~49歳までの間に同じ保障内容でも保険料は2万円弱までに増加します。


さらに59歳までに保険料は4万円に至ることもあり、その場合30年間の保険料総額は800万円を超えます。


若い頃の保険料だけを見て加入すると、後から大きな出費に驚くことになりかねません。


ほとんどの更新型生命保険は自動更新となっていますから、自分でも気づかないうちに保険料が激増していてびっくりという話も少なくないのです。

特徴②:病気のリスクも急激にアップ

40代からは、死亡率だけでなく病気のリスクも急激にアップします。


40代のあなたは、日々の生活で次のように感じることはありませんか?


  • 若い頃と同じ睡眠時間なのに、疲れが取れない。
  • 駅の階段が辛いため、エスカレーターを使うようになった。
  • 若い頃と同じ食生活をしているのに、なぜか太ってきた。


これは、残念ながら老化が原因であることが少なくありません。


この世代は身体の衰えに加えて仕事や家庭での負担も過剰になりやすく、休む暇さえない場合が多いかと思います。


健康診断の結果もパーフェクトとはいえなくなり、メタボ生活習慣病も気になり始めることでしょう。


女性なら更年期障害も出現する年代です。


40代の生命保険の選び方の原則は、これら保険料のアップや病気のリスクを知ることなのです。

特徴③:40代の年間の平均保険料は21.1万円

生命保険文化センター「平成28年度生活保障に関する調査」によると40代の生命保険の平均保険料は年間21.1万円、月あたりに直すとおよそ17,600円です。


30代の年間17.5万円に比べると大きく上昇していますが、これは必ずしも補償を増やしたからではありません。


先ほど述べたように、何もしなくても歳を重ねれば更新のタイミングで保険料は上がります。


そこで、40代という節目を機とした保険の見直しが必要になってくるのです。


また、もし自分の年間保険料支払額が平均より下回っていても、必ずしも備えが不十分というわけではありません。


結婚の年齢も家族構成も人によってそれぞれ異なりますし、貯蓄が十分にあるから貯蓄型の保険は不要という方もいるでしょう。


そして保険料が現在の家計を圧迫しては本末転倒ですので、収入に見合った必ず払える保険料を設定しておくことも大事です。

40代で生命保険の見直しポイントを要チェック

ここまでは、40代の生命保険の特徴についてお伝えしてきました。


生命保険について、30代までの考え方とは大きく変えていくべきということがお分りいただけたかと思います。


それでは、生命保険を見直す場合には、どういう点に気をつければ良いのでしょうか?


ここからは40代で生命保険を見直すときのポイントとして、


  • 無駄な保障に保険料を払いすぎていないか
  • 重い病気やがんなどの対策はできているか
  • 老後の生活費への積立は十分か

以上3点についてお伝えしていきます。

ポイント①:無駄な保障に保険料を払いすぎていないか

若いころに加入した生命保険がそのままだと、いつの間にか余分な保障に保険料を払い続けているということがあります。 


最初に生命保険に加入した動機は「自分の万が一のときに、残された家族(特に子供)の経済的なリスクを回避すること」ではありませんでしたか? 


子どもが成長するにつれて育児期間の残りは少なくなり、生命保険でカバーすべきリスクも減少しているはずです。


子供一人を育てるのにかかるお金は合計2,400万~3,000万円と言われていますが、子供が0歳の場合と17歳の場合では、残りの必要額はまるで異なります。    


つまり、保障の選び方のポイントは「40代である今現在に自分に万が一のことがあったら、どの程度の保障が必要か」ということです。


一般的に、30代のときと比べれば必要な死亡保障の金額は減っているのではないでしょうか。

ポイント②:重い病気やがんなどの対策はできているか

40代になれば病気のリスクは上がりますが、特に三大疾病の保障を重視しましょう。


三大疾病とは日本人がもっとも罹りやすい「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」を指し、これらが原因で亡くなってしまう方は50%以上といわれています。


医療技術の進歩によりこれらの死亡率が下がってはいますが、治療は長期化しやすく医療費もかさみがちです。


一般的な医療保険は入院と手術の保障のみの商品もあり、その場合は通院治療が長引けばカバーできません。


先進医療や差額ベッド代など高額療養費制度でカバーできない費用を考えても、三大疾病に特化した保険や特約を検討する必要があります。

ポイント③:老後の生活費への積立は十分か

40代になれば、そろそろ自身の老後資金の積み立ても考えておきたいところです。


しかし、この世代は住宅ローンと子供の教育費負担をダブルで抱えている場合も少なくなく、老後の準備にまでお金が回せないこともあるでしょう。


子供の物品も何かと必要ですから、それなりに収入があってもあるだけ使ってしまうというご家庭も少なくないのではないでしょうか。


そんな場合は、貯蓄型終身保険を利用して強制的に貯めるというのも一つの方法です。


貯蓄型終身保険は保険料の払い込みが完了した時点で返戻率が100%を超え、払い込み完了後から解約までの年数が長くなるほど解約返戻率も高くなります。


通常は定年退職後には収入が減少しますから、こういった貯蓄型も「40代の生命保険の選び方」の中では欠かせない選択肢といえます。

【保険は最低限】とお考えの方

ここまでは、40代に保険の選び方をお伝えするため「加入中の保険のうち削れる保障」と「新たに加えるべき保障」について説明してきました。


年齢が上がれば上がるほど、徐々に守るべき対象は家族から自分に変わってくるのですね。


しかし「起こるかどうか分からない事態」への保障は最低限にしておきたいとお考えの方もいることでしょう。


絶対に押さえておくべき保障のみを確保するには、どういう選択をすればいいのでしょうか?


そこで、ここからは40代からの保険料を抑えることを目的とした生命保険の選び方について解説していきます。

社会保険の制度を知っておこう

生命保険の保険料を節約するためにまず知っておくべきことは、公的な社会保険制度です。


日本の社会保険制度は世界に類をみないほど充実した内容となっていますので、公的保障では足りない部分だけを民間の生命保険でカバーするという考え方もあります。


病気やケガへの主な公的社会保障制度には、次の3つがあります。 


高額医療費制度


医療機関や薬局の窓口で支払う保険内の医療費が1か月間で上限額を超えた場合に、超えた額が支給される制度です。 


ただし健康保険外の医療費や差額ベッド代については支給されませんので、実際に入院したときの費用がすべて対象になるわけではありません。


傷病手当金


病気またはケガにより働けなくなった場合に、1年6ヶ月を上限として月給の2/3の金額が支給されます。 


ただし自営業やフリーランスなどの国民健康保険加入者には傷病手当金がありませんので、自分でそういったリスクに備える必要があります。


遺族年金


国民年金または厚生年金保険の被保険者が亡くなった場合、その配偶者と18歳以下の子供に支給される年金です。


支給額は、国民年金加入者なら遺族基礎年金が年額77万9,300円+子の加算(第1子・第2子は各22万4,300円/第3子以降は各7万4,800円)となっています。


以上3つの公的保障を踏まえた上で、もしものときに必要な金額をシミュレーションしていただきたいと思います。


なお、これらの社会保障がいつまでも保持されるとは限りませんので、将来社会保障が乏しくなる可能性も考えた上で、民間生命保険の必要性を考える必要があります。

収入保障保険や逓減定期保険でコスパよい保障

前述したように、子供の成長にともない必要な保障は減ってくるものです。


定期的に見直しをして死亡保障額を改めていけば、生命保険を更新する際にも保険料が大幅に上がることを避けられます。


しかし「収入保障保険」「逓減型(ていげんがた)定期保険」なら、必要保障額の減少に自動的に対応することができます。 


これはどちらも契約後から保障額が少しずつ減っていく保険で、ずっと同じ金額が保障される商品よりも保険料が抑えられています。


収入保障保険は、契約者の死亡や高度障害に対して保険金を年金のように分割して受け取ることができる保険です。


一方で逓減型定期保険の方は、保険金を一括で受け取ることができます。 


どちらも「40代からの生命保険の選び方」に沿った保険といえますので、選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。 

【がん・医療保険は必要?】とお考えの方

ここまでは40代からの生命保険の選び方として、保険料をできるだけ抑える方法について解説してきました。


ところであなたは「医療保険やがん保険は必要ない」という意見を聞いたことはありませんか。  


その理由は次の通りです。


  • 保険料が高額すぎる(月額5,000円でも35年払えば210万円にもなる)
  • 入院患者の8~9割が1ヶ月以内に退院する(元がとれない)
  • そもそも高額療養費制度を使えば医療費は抑えられる


これらがその理由ですが、医療保険やがん保険は本当に不要なのでしょうか? 


そうした見解とは逆の言い分をご紹介していきたいと思います。

既往歴ありとなると加入できなくなるのが医療保険・がん保険

もしも医療保険に入らないまま大きな病気にかかってしまったら、もう通常の医療保険には入れなくなります。


しかし、重い病気の既往歴があっても「引受基準緩和型」や「無選択型」と呼ばれる医療保険なら加入できる可能性はあります。


これらは通常の医療保険に比べて、健康状態に対する基準が甘い保険です。


引受基準緩和型は、加入するにあたって健康状態の基準が緩和されている・もしくは告知項目が少ない保険です。


もう一つの無選択型とは、健康状態をまったく問わない保険です。


ただし、これらは通常の医療保険に比べて保険料がかなり割高な上に保障内容に制限があることも少なくありません。


なお一度がんになれば、加入できる「がん保険」はほぼないと思ってください。


これらリスクをすべて覚悟の上なら「医療保険やがん保険に入らない」という選び方もないわけではありません。

【終身保険に切り替え?】とお考えの方

ここまでは、医療保険やがん保険に加入しないことのリスクについてお伝えしてきました。


ところで「子供も大きくなってきたから、そろそろ生命保険を終身保険にしようか」とお考えの方もいるのではないでしょうか。


死亡保険は大きく分けて「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3つに分けられますが、これらの違いをしっかり理解できているでしょうか。


ここからは、これらの違いとそれぞれの特徴について解説していきます。

定期保険と終身保険、養老保険の簡単な違いは?

同じ死亡保険でも、これら3つには以下のような違いがあります。


定期保険


一定期間だけ死亡や高度障害を保障する保険です。


基本的に掛け捨てであるため、かなり安い保険料で高額の保障を得ることができます。


ただし年齢が上がるほど保険料も上がり、一定の年齢になるともう更新できなくなります。


「子供が成人するまで」など、大きな保障が必要な期間が決まっている場合に向いています。


終身保険


保障が一生涯続く保険です。


定期保険に比べて保険料は高額ですが、掛け捨てではありません


何歳で死亡しても保険金が支払われますが、「終身払い」の場合は長生きするほど支払った保険料総額が死亡保険金額に近づき、85歳を超えたあたりで逆転してしまいます。


「60歳払済」などと支払い期間を定めておけば、そういった事態を避けることができます。


月々の保険料はアップしますが支払い後の解約金返戻率が100%を超えるため、解約前提として返戻金を老後資金などに利用することができます。


養老保険


終身保険と同じ貯蓄型ですが、大きく違うのは満期があることです。


保険期間中に死亡した場合には死亡保険金が支払われ、満期時には死亡保険金とほぼ同額の満期保険金を受け取れます。


亡くなってすぐ死亡保険金がもらえるかどうかの違いはありますが、養老保険は構造的に学資保険に似ているといえるでしょう。

ドル建て終身保険や変額保険も選択肢としてあり

多少のリスクがあっても返戻率を大きく増やしたいならば、ドル建て終身保険変額保険という選択もあります。


これらの概要について解説します。


ドル建て終身保険


日本よりも金利の高い国の通貨で運用することで、はるかに高い返戻率が期待できる保険です。


ただしドルの状態で運用益が多く出ても、円高になれば円に戻したときに減ってしまうというリスクはあります。


為替の状況に合わせて保険料が上がる(下がる)可能性もあります。


また外貨建ての保険は、保険料を払う度に両替手数料がかかることにも注意してください。


変額保険


保険会社の運用実績で満期保険金や解約返戻金が変わる保険です。


変額保険でも死亡保険金には最低保証がありますが、解約返戻金や満期保険金は元本割れするリスクがあります。


ただし運用がうまくいけば、保険料総額の2倍~3倍のリターンも夢ではありません。


景気が良いと運用も好調になりますので、インフレに備えられる商品でもあります。

【老後に向けた年金積立】をお考えの方

ここまでは、終身保険の種類や特徴についてお伝えしてきました。 


同じ積立型でも堅実なものからハイリスクハイリターンなものまで、さまざまな種類があるのですね。 


しかし40代を迎え「老後には、ドンと受け取れる満期保険金や解約返戻金よりも定期的な収入が欲しい」とお考えの方もいるのではないでしょうか。


将来に現在より年金額の水準が引き下げられる可能性は高く、老後に公的年金だけではない定期収入があれば心強いですよね。


そこで、ここからは公的年金にプラスできる年金積立について紹介していきます。

養老保険や個人年金保険を検討する

老後に公的年金に+αできる収入が欲しいなら、養老保険個人年金保険を検討しましょう。 


先ほどもご紹介した養老保険は、満期保険金を年金として分割で受け取ることも可能です。


一度に受け取らないことで、所得税を節税できる場合もあります。


個人年金保険も老後に年金として受け取れる保険ですが、その種類は以下の3つがあります。 


  • 有期年金…設定した期間中、生きている限り年金を受け取れる。ただし期間中に死亡した場合は以後の年金はもらえない。
  • 確定年金…設定した期間中、必ず年金を受け取れる。期間中に死亡しても遺族が年金を受け継ぐことができる。
  • 終身年金…期間を定めず、死亡までずっと年金をもらえる。長生き対策はできるが、早死にすれば損をする。


個人年金保険が養老保険ともっとも違う点は、死亡保障がないことです。


よって、まだ死亡保障が必要な年代なら個人年金保険だけでは心もとないといえます。

iDeCo(個人型確定拠出年金)を検討する

最近注目のiDeCo(個人型確定拠出年金)も、老後に掛け金を年金形式で受け取ることができます。


iDeCoは、加入者が積み立てた掛金を「定期預金」「保険」「投資信託」などで自ら運用し、60歳以降に受け取ることができるという制度です。


iDeCoには、以下のような税制上のメリットがあります。


  • 積立金額すべてが所得控除の対象となる 
  • 運用益がすべて非課税となる
  • 受け取るときにも控除の対象となる


しかしiDeCoは通常の保険とは違い、運用益ではなく受取額すべてに所得税が課せられます。 


また受け取るときには、会社の退職金や公的年金との兼ね合いから控除しきれなくなる場合もあります。


手数料がかかる・60歳まで引き出せない・元本割れのリスクがあるということも考慮し、本当にあなたにとって得かどうかをしっかり検討してから行う必要があるでしょう。

【40代独身女性の方】生命保険・医療保険の選び方は?

ここまでは、老後の生活にゆとりを与える個人年金についてお伝えしてきました。


しかし、もしあなたが独身者であるなら、同じ40代でも選ぶべき保険は既婚者と多少異なってきます。 


特に40代独身女性は、既婚女性に比べて裕福な生活をされている場合が多く「年金生活になっても生活水準を下げられず内情は火の車」という状況におちいりがちです。


また独身女性が中高年になってから失職した場合は、男性以上に再就職先を探すのが難しいという面もあります。


お一人で頑張って来られた40代独身女性は、自分の老後は自分でしっかり守るという覚悟と備えが必要です。


そこで、ここからは40代独身女性が老後に備える保険の選び方について解説していきます。

独身女性は老後貧乏に転落しないための貯蓄をしっかり

既婚者なら、結婚や子どもの成長に合わせて保険を見直すタイミングが発生します。


しかし40代独身女性の中には、今まで生命保険見直しの機会がなく、若いときのままにしている方もいるのではないでしょうか。


そろそろ自身の老後に備えるべき40代ですが、公的年金は年々削減されて将来どうなるかもわからない状況です。


さらに独身者は、夫の年金を頼ることもできません。


老後資金を貯めるために、個人年金保険・終身保険・養老保険などの貯蓄型保険を検討してみましょう。 


自分が亡くなった後の家族の生活を心配しなくてもいいのは、独身の強みです。


死亡保障は最低限とし、定期保険の解約で浮いたお金を個人年金保険や医療保険に回すのも良い方法でしょう。

働けなくなるリスクにも対応できるようにしっかり

年を重ねると、病気やケガで働けなくなるリスクも高まります。


治療費の出費と収入減が重なることは、自活する独身女性にとって死活問題になりえます。


そういった事態に備えられるのが「所得補償保険」や「就業不能保険」です。


これらは、病気やケガで働けない場合に「毎月10万円」「毎月15万円」など、あらかじめ決めておいた保険金が期間中ずっと支給される保険です。


会社員には健康保険から傷病手当金が支給されますが、これは支給が最長1年半に限られる上に金額は収入の2/3程度です。


所得補償保険や就業不能保険に加入することで、傷病手当金の不足部分を補うことができます。 

まとめ:40歳からの保険の選び方、まずは見直しから!

40代からの生命保険の選び方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、 

  • 40代の保険見直しは「不要な保障を削ること」と「重い疾病の対策をすること」が重要 
  • 終身保険・養老保険・個人年金保険などで、老後に備えるべき
  • 特に40代独身女性は、貯蓄型の保険と働けなくなるリスクに対応する保険が必要

以上3つのことでした。


40代は老後に備え始める年代であるとともに、子供の出費が増える時期でもあります。


この記事を読んで保険の選び方や見直し方を工夫することで、現在と将来の家計をともに安定させることは可能です。 


まだまだ若い40代、「生命保険の選び方の原則」に留意して人生後半をゆとりあるものにしていきましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。 

ぜひご覧になってください。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取ることについてFPの意見を激白!
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説