転職時に見落としがちな生命保険・社会保険・家計の3つのポイントを解説!

会社員を辞めてフリーランスに転向する、年収を大幅に落としても転職する、前の会社時代に団体保険に加入していた、そんな方は生命保険・社会保険・家計の見直しが必要です。転職時の忙しい時だからこそ見落としがちだからこそ、プロへの保険の相談をしておきましょう。

転職したら生命保険の見直しをするべきか否か?

これまで務めてきた会社を退職して、転職先の新しい場所で心機一転仕事を頑張る。


……と意気込むことも重要ですが、プライベートなことを見落としてはいませんか?


収入の変化や働き方の違いなどから、生活面においても注意しなければいけないことが多々あります。


その最たるものの一つが生命保険・公的保険です。


生命保険は「なんとなく入っているもの」というイメージがありますが、その重要性は計り知れません。


万が一のことがあった場合の家族の保障に欠かせないものであり、保険金額を慎重に検討しておく必要があります。


この保険金額は生活スタイルによって大きく変動しますので、転職を経て生き方が変わっていくということで改めて生命保険を見直さなければなりません。


今回は転職時に忘れがちな生命保険・公的保険・家計のポイントを解説します。


保険で不安や疑問を感じたら、プロに相談

「保険の無料相談をしたいけど、どこがおすすめ分からない!」


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです!電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



ベンチャーや自営業などの社会保険がない会社の場合に注意!

中にはフリーランスや自営業、ベンチャーに転職する方もいるかと思います。


そういった方は「国民健康保険」という公的保険に加入する必要があります。


国民健康保険は厚生年金保険とは違い、病気やケガで働けなくなった際の保障がありません


長期入院してしまう、怪我をして働けない場合に、収入が大きく低減してしまうリスクが存在します。


この場合では、事業の継続や家族の保障にまで影響してきますので、この不安を補うために就業不能リスクをカバーする保険に入っておくと良いです。


また、フリーランスやベンチャーへの転職をされたら、遺族基礎年金がありません。


この場合は、老後の生活資金を補う年金保険やidecoなどを検討するのが良いと思われます。


月々十数万の年金を受け取れるタイプか死亡保障を1000万円以上で加入しておくのがオススメです。


これらの社会保険の有無は、保険相談を行う際にも重要になります。


基本的にフリーランスや自営業の方は社会保険が手薄いですので転職の際は要注意です。


転職する際には今加入している保険を見直して、今の生活に必要な保障金額になっているかどうか確認しておきましょう。


専門的な計算が必要となりますので、ぜひ保険相談員にご相談ください。

年収が大幅に上下する場合には見直しした方がベター!

保険相談には、その世帯の労働者の年収が大きな基準の一つとなります。

何故ならば、その方たちの家族の生活は年収によって支えられているため、万が一の際にはその分を補うために必要な保険金額を計算していく必要があるからです。


そのため、転職によって収入が大きく変動する際には加入している保険を見直した方が良いでしょう。


特に年収が大幅に落ちる場合には必ず保険・家計の見直しをすべきです。


今まで負担でなかった月数万円の保険料も負担となってくる可能性があります。


子どもがまだ学生の間だとさらにこれからお金の負担が大きくなってきます。


一方で、年収が大幅に上がる方でもインフレ変動に備えながら老後のための貯蓄・投資を検討されても良いかもしれません。

おすすめの保険・家計の無料相談サービスとは?

基本的にお金のことは自分で徹底的に調べるより、お金のプロに相談するのがベターです。


公的保険と保障制度、税金、インフレ、そして保険商品の全部を完全に理解するには、経験と専門的な知識が重要です。


近年、保険の無料相談が一般的になってきました。

保険の相談といえば、○○というようなCM・看板広告がよくみられるようになりました。


これらの保険相談サービスでは、お金のプロ、ファイナンシャルプランナーが、複数社の保険会社を比較しながらカスタムしてくれます。


しかも、無料+保険相談でギフトプレゼントということで、時間がかかることくらいしかやらない理由がありません。


リスクと幸せは大きく関係しているので、転職して忙しい中でも保険の見直しをすることが重要です。


また、近年だと場所を選ばず、自宅や自宅近くのカフェで相談できるサービスがあり、時間短縮できて手軽でとてもおすすめです。


先ほどの公的保険の有無と年収の増減を確認できた方は無料の保険相談を検討しましょう!

保険見直しラボ:経歴平均11.8年のプロFPが丁寧に相談に乗ってくれる

保険見直しラボは、訪問型の無料保険相談サービスの中でも最もFPの質が高いサービスの一つです。

FP歴平均11.8年とベテラン揃いのサービスです。


若くして優秀というようなFPには出会えないかもしれませんが、確実に質の高い保険相談をすることができます。


また、イエローカード制といって、保険見直しラボの規約違反をしたFPを排除するシステムも設けており、強引な加入がないのが特徴です。


まず最初に相談してみたい保険相談サービスです。


また、今だと総額1000万円分のギフトプレゼント(1人あたり2000円から4000円相当)のお肉やお菓子、お米のプレゼントを行っているので転職を機に相談してみることをおすすめします!

保険マンモス:10周年を迎えた大手保険相談サービス

保険マンモスは日本最大級の保険相談サービスの一つです。


15年近い相談サービス運営実績があり、保険相談の先駆者的な立ち位置にいます。


サイトからお申込みいただくだけで、専属のFPがお客様のご自宅や近くの喫茶店まで伺ってくれる訪問型のサービスです。


保険や家計の相談実績に強い経験豊富なFPが揃っており、顧客満足度95%、業界で最も顧客に愛されているサービスと言えます。


転職の際の保険相談に関する実績もありますので、転職の際の保険相談・家計相談にお悩みの方におすすめです。


また、保険マンモスは現在、高級和牛のギフトを行っているようです。


詳細をチェックして見ることを強くおすすめします。

保険のビュッフェ:CMで話題の保険相談サービス

男「俺は君のなんだったんだ〜」

女「大事な…保険」


で印象的なCMで話題になった保険の無料相談サービスが保険のビュッフェです。


CMを大々的に行うほどの大手企業であり、相談実績も業界でトップクラスに多く、信頼できるサービスの一つです。


顧客満足度も93%と高い数字を誇っています。


お得なカタログギフト(家電や果物、グルメなど)のプレゼントキャンペーンを行っているのでチェックして見ましょう。

相談の質が高い保険の無料相談サービスを紹介してきましたが、それでも保険にはセカンドオピニオンが必要です。


セカンドオピニオンとは、医療でよく聞きますが、複数の専門家に意見を聞いて見ることです。


転職後の保険相談は選択肢が多く難しいので、複数の専門家に相談することをおすすめします!

保険ショップでの相談をお考えなら保険見直し本舗で検索!

「なんだかわざわざ来てもらうと、入らないと悪い気がしてしまう」そんな方には保険見直し本舗がオススメです。

お近くの保険ショップまで出向くと、こちらも複数の保険商品を紹介してくれます。

転職・退職後、団体保険に入っていた場合はどうなるの?

会社にお勤めの方は団体保険に加入しているケースが多いです。


入社時に説明を受けるくらいであまり印象に残っていないことが多いですが、割安な保険料で多くのリスクに対応できる便利な保険となっています。


企業が保険会社と特別な契約を結んでいますので、それだけで病気やケガ、万が一の保障など医療保険や生命保険を包括しています。


しかし、団体保険だけに加入している場合は注意が必要です。


それだけであらゆるリスクに対応できることから他の保険に入っていないケースもありますが、退職時には保障が無くなってしまうこともありえます。


団体保険の加入にはその団体に属する職種であることが必須ですので、転職及び退職後には基本的に団体保険から外れるようになります。


そのため、万が一の保障が受けられなくなりますので他の保険からリスクをカバーする必要が出てきます。


年を重ねてから退職することとなったとき、健康上の理由から新たに保険に加入できなくなりますので、早いうちからあらかじめ他の保険に入っておいた方が良いでしょう。


さらには団体保険だけですと必要な保障金額まで足りていないこともありますので、まだ保険に対してよく考えたことがないのであれば在職中であっても相談する方がいいでしょう。


転職の前後には保険について相談しておくのが無難です。

脱退、条件付き継続、継続の3パターン

もっとも例外もありますので、それも含めて転職及び退職後の3パターンを見ていきましょう。


(1)脱退

基本的に自動的に脱退させられます。


この場合はあらゆる保障が一切消滅しますので、新しい保険に加入することが求められます。


(2)条件付き継続

保険金の減額など条件を変更して継続できます。


保障金額が減りますので、その点に注意しましょう。


(3)継続

まれにですが、そのまま継続できる場合もあります。


団体保険は便利な保険であり、それだけで生活における多くのリスクをカバーすることができます。


保険料も会社を通じて支払われるため、振り込みの手続きもなく手軽でもあります。


しかし、転職や退職時には自動的に脱退させられることが多く、下手をすると他の保険に入ることが難しくなってしまっています。


団体保険の取り扱いはそれぞれ勤務先によって異なりますので、必ず退職前に確認するようにしておきましょう。


保険相談を行う際にも団体保険の退職時の取り扱いが重要となります。


転職の前はドタバタして失念しがちですが、自身や家族の人生に関わることですので気をつけておきましょう。

まとめ:転職したら、保険相談で見直しをやっておこう

転職は自身の労働形態の変化というだけでなく、収入の増減や家族にかかる負担など自分以外の人間にも影響を与えます。

その際に保険を確認しておかないと、万が一のときに家族など身近な人たちに迷惑をかけてしまうこともあるのです。


保険は困ったときに自身や周りの人たちを助けられるものであるために、転職するときには保険相談で見直しておきましょう。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説