生命保険の見直しポイント|保険料で後悔しないための知識【保存版】

生命保険の見直しポイント|保険料で後悔しないための知識【保存版】-サムネイル画像

生命保険を見直しは必要かなと思っているけど方法が分からない、いつすれば良いのか分からないという方はいるでしょう。そこで今回は保険料や保障内容で損をしないための生保険見直しポイントを紹介します。注意点や年齢別の選択方法も解説しているのでぜひご覧ください。



▼この記事を読むべき人
  • 保険の見直しを考えている人
  • 見直し方法が分からない人
  • いつ見直しをすれば良いのか悩んでいる人
  • 損をしないための選び方を知りたい人

▼この記事を読んでわかること
  • 生命保険を選ぶ際のポイント
  • 選ぶ際の注意点
  • 生命保険を見直すタイミング
  • 年代別の保険や選択方法
保険の悩みならまずはマネーキャリアの無料相談を気軽に利用してみてください!

内容をまとめると

  • 生命保険の見直しの際ライフプランから逆算して検討することで必要な保険を早めに準備できる
  • 保険料や払込期間は無理のない範囲か、契約形態が間違いないかの見直しを行う
  • 解約返戻金や返礼率を見直し、このままが良いのか変更しても損はでないのかを確認する
  • 複数のプロに相談することで、セカンドオピニオンの役割になる
  • 注意点としては無保険期間を作らないこと、情報を鵜呑みにしないこと、公的保障のバランスをとることがあげられる
  • 営業利益目的で話をする相談員も稀にいるため、きちんと意向にそっているか公的保障とのバランスを考えた提案であるかの見極めが必要
  • 見直しのタイミングは結婚や退職等人生の転換期
  • 年代によって保険の選び方やおすすめの種類は異なる
  • 保険の見直しに困ったら保険のプロに相談を!おすすめは「マネーキャリア

生命保険の見直しで特に重要な5つのポイント


生命保険の見直しを定期的にしていますか?


ライフステージがあがり生活形態が変わると必要な保険の保障内容も変わってきます


この項目では生命保険の見直しで特に重要となるポイント

  • 保障内容・保障期間はライフプランから逆算して十分か
  • 保障額に対して保険料・払込期間は無理のない範囲か
  • 解約返戻金の時期と返戻率
  • 保険金の受取人などの契約形態
  • 複数の保険のプロに相談をする

の5点について紹介します。

保険見直しのポイント①保障内容・保障期間はライフプランから逆算して十分か

保障内容と保障期間はライフプランから逆算して見直すことがポイントです。


ライフプランを立てていない方はまず計画を書き出してみること、以前立てている場合はその修正を行いましょう。


そして今後のライフプランにおいて今の保険は必要な保障内容と適切な保障期間であるかをチェックします。


逆算し早いうちに備えておくことで

  • 健康状態が良いので加入できる保険の幅が広がる
  • 保険料が安い

というメリットが生まれます。

保険見直しのポイント②保障額に対して保険料・払込期間は無理のない範囲か

保障額に対して、保険料や払込期間は無理のない範囲かどうかは重要なポイントです。


多くの保険を契約して保険料が生活を圧迫していませんか?保障が手厚くても保険料が高すぎて貯蓄もままならない状況は良いとは言えません。


闇雲に契約を増やしたり増額するのではなく本当に必要は何か十分吟味しましょう。


保険商品は新しいものがどんどんでてきており、インターネットも普及した今保険料が低いものも多くあります。一度別の保険に目を向けること支払を抑えることができるかもしれません。


振込期間を短くしているために保険料が高くなっており、今の生活には合わないと感じた場合は振込期間を変更することで解決するケースもあります。


保険料の払込が難しいからとすぐに解約をしてしまうと無保険期間ができてしまったり、解約返戻金の面で損をしてしまうでしょう。


契約内容を調整することで今の保険を活かす、見直し方法の1つです。

保険見直しのポイント③解約返戻金の時期と返戻率

解約返戻金が現時点でいくら戻ってくるのか、返礼率はどこまで上昇するのかもしっかり確認しましょう。


一定期間(一般的には10年以上)過ぎなければ契約を終了した際に受取金額が元本を下回る可能性があります。


保険を変更した場合に、解約返礼金の損益分が取り戻せるほどメリットがあれば問題はありませんがそうでない場合は時期を考えた方が良いでしょう。


また今後の返礼率がどうなっているのかも注視しておいてください。


今はマイナス金利で利率がとても低くなっていますが、以前に契約した保険であれば今よりも利率が良い場合があるのです。


せっかく良い返礼率で今後資金がかえってくるチャンスがあるのに、安易に解約したり他の保険にのりかえたりするとをするケースもあります。実際に変更した際どのような利点と欠点があるのか把握しておきましょう。

保険見直しのポイント④保険金の受取人などの契約形態

保険金の受取人などの契約形態も見直し時にはしっかり確認しましょう。


独身時代に契約した保険は親が受取人になっていることがあります。結婚して配偶者ができた場合は受取人を配偶者に変更するなどの手続きを行わなければなりません。


保障内容や保障額は見直しの際特に重点的にみますが、受取人の確認は意外に怠っている方もいらっしゃいます。


受取人の指定によっては贈与税がかかってくる可能性もあるので、受取人を誰にするのかは十分に吟味しましょう。保険の契約者変更をした際の税金・贈与税を解説!手続きや理由などの記事もご参照ください。

保険見直しのポイント⑤複数の保険のプロに相談をする

保険の見直しをする際におすすめはやはりプロに相談することです。


自分では見落としがちな点も客観的な視点からしっかり考慮し最適なプランを提案してくれます。


できたら複数の保険のプロに相談するのが良いでしょう。新しい提案をしてもらえるだけでなく、最初に提案されたものが本当に自分に合っているのかも分かります。


複数の相談をしたうえで納得するものを選べたという精神的な満足にもつながりますよ。


ちなみに保険の窓口の中では「マネーキャリア」が特に優秀です。


全国対応で何度でも相談は無料、スマホ一つで簡単に相談できます。契約件数は10,000件以上にのぼり、顧客満足度は驚きの93%を誇っている信頼できる保険サービスです。


コロナが蔓延している今なかなか店舗に出向くのも難しいところですが、マネーキャリアならどこからでも相談ができるため安心です。


相談先の1つとして選ぶことをおすすめします。

生命保険の見直しをする際に注意するべきこと


生命保険の見直しをする際に注意するべきこと

  • 無保険期間を作らない
  • その場の流れで保険の契約・解約や増額をしない
  • 公的保障とのバランスを考慮する
  • 保険相談で言われたことを鵜呑みにしない
の4点です。

見直しはライフステージにあった保険を選ぶために必要なことですが、注意点を意識しなければ思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性があります。

そうならないためにも一緒にチェックしてきましょう。

保険見直しの注意点①無保険期間を作らない

まず1つ目の注意点は無保険期間を作らないというということです。


すべての保険期間は終身と定期に別れます。


定期保険に加入している方は特に気を付けなければなりません。期間が過ぎると自動的に更新してくれる商品もありますが基本的には契約は終わります。


そのまま放置しておくと、いつのまにか期間が終わりなにも保険に入っていない状態になってしまうのです。


その間にけがや病気をしてしまっては意味がありません。見直しの中で契約終了時期はきちんと確認し事前に次に加入する保険を検討しましょう。


また別の保険に変更する場合は、新しい保険が始まったのを確認して前のものを解約した方が良いでしょう。


契約から保険適応まで多少の時間がかかるため、先に今の保険を解約してしまうと無保険期間ができてしまい大きなリスクとなってしまいます。


その月の保険料は新旧分で少し多くなりますが、無保険状態の時に万が一のことが起こったことを考えると十分に支払う価値はあると言えます。

保険見直しの注意点②その場の流れで保険の契約・解約や増額をしない

2つ目の注意点はその場の流れで保険の契約や解約、増額を行わないということです。


保険の見直しに契約している保険会社の営業の人にアドバイスをもらう、保険の相談窓口に行って話を聞いてもらうのはとても良いことです。


しかし、その場で進められるままに契約してしまうのはおすすめできません。


相談員の方は当然顧客の立場で考えているのですが、契約の手数料を得て運営をしているためどうしても解約からの新規契約や増額をすすめる傾向にあります。


「プロの人が言うから間違いない」「何度も相談に行くのは面倒くさい」と思うかもしれませんが、一度持ち帰りましょう。


冷静に考えると今のままの契約で問題ないと気づいたり、増額しなくても公的保証で十分にカバーできたというケースもあるのです。


自分ではなかなか是非が分からない場合は提案された内容を他の保険相談窓口に持っていくことでさらなる意見をもらえますよ。

保険見直しの注意点③公的保障とのバランスを考慮する

3つ目は公的保障とのバランスを考慮するということです。


日本には万が一の事態が起きた時の保障や高齢になった場合のサポートなどが充実しています。


例を挙げると

などです。


健康保険のおかげで病院での治療費は3割負担、高齢者になると1~2割の負担で済みますし、高額療養費制度があるため限度額までは医療費が戻ってきます。


また年金は老後の収入として活用されるだけでなく、万が一があった場合にも家族の生活を補填してくれます。


このように、病気やけがで入院した場合や死亡した場合には公的保障が適応されるのです。


そのため保険は公的保障で賄えない部分をカバーするための内容になっているのか見直すことが大切です。


公的保障の内容を知っておくことで、保険の無駄をなくし保険料の削減につなげることができますよ。

保険見直しの注意点④保険相談で言われたことを鵜呑みにしない

4つ目は保険相談で言われたことを鵜呑みにしないということです。


保険契約の解約や増額をその場でしないの項目でもお伝えしましたが、やはり営業利益をあげるための提案をしてくる相談員がいないとも限りません


特に相談員の対応として

  • その日の契約を執拗にすすめてくる
  • 顧客の意向にそっていない提案をしてくる
  • 話も聞かずに最初から個別商品をおすすめしてくる
  • 外貨の絡んだ商品のメリットばかり押してくる

のようなことがあれば注意した方が良いでしょう。


営業利益が目的の相談員は初めから販売手数料が高いものをおすすめして他の商品のことにあまり触れなかったり、リスクの高い外貨商品のメリットばかり押してくる傾向が強くあります。


すべて正しいと思わず、顧客の意向にそった提案をしてくれているかしっかり見極めましょう。

生命保険の見直しをする必要性


見直しの必要性としては

  • ライフスタイルの変化によって必要な保障が変わる
  • 生命保険は常に更新される可能性がある
  • ライフプランを見直すきっかけになる
の3つが主な理由です。

見直すことで保障内容をアップデートできるだけでなく、無駄を省き生活の質の向上も期待できます。

若いうちに進められるまま加入した保険の内容は把握しきれていない場合もありますので長期間保険の内容を確かめてない方は早めに行いましょう。

①ライフスタイルの変化によって必要な保障が変わる

ライフスタイルの変化によって必要な保障は変わります


独身の時は自分が働けなくなった場合や、けがや入院をした際の補填など「自分」を中心に保障内容を決定します。


しかし結婚や妊娠、出産で家族が増えた場合は「家族」のための保障に切り替えなければなりません。


独身時代は自分の葬儀代程度に用意すればよかった死亡保障も、自分に万が一のことがあった時に残された家族の生活を支えるために設定金額は手厚く用意する必要があります。


子どもの教育費のための学資保険や、資産を守るための医療保険も検討するべきでしょう。


そして子どもが独立した場合は、家族の保障から夫婦老後のための資産形成へシフトしていかなければなりません。


このようにライフスタイルが変化によって必要な保障は大きく異なるため見直しは必須と言えるでしょう。

②生命保険は常に更新される可能性がある

生命保険は常に更新される可能性があります


時代によってかかりやすい疾患は変わってきますし、必要とされる保険内容も違います。


そのため保険会社も常に商品のアップデートをしているのです。


例えばですが、昔は入院が必要だった病気も医療の進歩によって通院治療が可能となってきました。そのため以前は何日間の入院から給付金が支払われるという内容だったものが、通院や一日目の入院からでも支給が可能という内容に変化しました。


また昔は注目されていなかったメンタル疾患も現在社会に増えていることから特約としてつけることができたり、それ専用の保険も開発されています。


昔のままの保険内容だと、今の時代に合っておらず本当に必要な時に保障がないという事態も起こりかねません。


自分の保険が現在社会のリスクにあっているのかどうかはしっかり確認する必要があります。

③ライフプランを見直すきっかけになる

保険の見直しはライフプランの見直しと直結します


保険をさらに良く効率的なものに変える機会として重要です。それと同時に家計の収入や出費も見直すことになるため無駄な出費を見つけ出すことができ節約の足掛けになります。


また立てたプランをもう一度見ることによって家族の目標を思い出したり、新しい夢を持てたという方もいます。


保険の見直しはライフプランや家計の見直しになりますので定期的に行うことをおすすめします。

保険を見直すべきタイミング


保険の見直しは具体例を挙げると

  • 就職
  • 結婚
  • 妊娠・出産
  • マイホーム購入
  • 子どもの独立
  • 定年定職
など人生の転換期がタイミングです。

つまり収入や支出の大きな変化、扶養家族の増減がある場合には必要と言えるでしょう。

収入が増えれば、保険料の増額の検討はもちろんのこと、貯蓄から万が一を捻出できるようになるため保険内容を縮小という選択肢も生まれます。

逆に支出が増えるようなら保険料を抑える見直しだけでなく、病気やけがなどで急な出費への対応が難しくなる可能性があるため新たな保険も検討すべきかもしれません。

扶養家族が増えた場合は保障の充実が必要ですし、子どもが独立した場合は保障額を小さくし無駄な出費を抑えることが重要です。

要所要所できちんと見直しをすることで効果的に保険の活用ができるでしょう。

年代別に加入しておきたい生命保険と保険見直しのポイント


年代別に加入しておきたい生命保険と保険の見直しポイントを30代~60代に分けて解説します。


ライフステージによって必要な保障は異なります。

「誰のために」「何のために」を明確にしておきましょう。この2点によって選択する保険はおおむね絞られてきます。

そのうえで必要な保障額はどのぐらいなのかを検討すると良いでしょう。

30代の保険見直しのポイント

30代はライフスタイルが大きく変わる年齢です。


ライフイベントとして注目すべきは

  • 結婚
  • 妊娠・出産
の2つです。

まず結婚した場合は自分だけでなく配偶者のための保障を考えなければなりません。

共働きか専業主婦かによって必要な保障額は異なりますが、もし病気やけがで収入が減少した場合に備えて就業不能保険や医療費を補填するための医療保険は検討しましょう。

妊娠・出産の期には死亡保障額の見直しと学資保険の検討をおすすめします。女性は医療保険に入りましょう(参考:妊娠・出産で保険の見直しが必要な理由!保険のプロが選び方を伝授)

万が一のことがあった場合配偶者と子供の基本的な生活費だけでなく教育費もカバーできるような設定にしなければなりません。期間は決められていますが、保険料が安く手厚い保障がある定期死亡保険が良いでしょう。

また子供の学費に不足がでないように早いうちから積立をしておくことは大切です。

フコク生命の調査によると教育費は

すべて国公立すべて私立
約998万円約2409万円
と、すべて国公立でも1000万円程度かかると記載されています。

被保険者(子供)の契約年齢が低ければ低いほど学資保険の返礼率は高くなるため妊娠が分かった際に吟味を始めるのがおすすめです。

40代の保険見直しのポイント

40代のライフイベントで注目すべきは

  • マイホーム購入
  • 2人目以降の子供

の2点です。


万が一の事態に備え、死亡保険や収入保障保険等で備えると良いでしょう。


マイホームを購入した場合は、月々の出費が増えるため保険料の見直しをすべきです。


40代になると仕事面での昇進があり給与は増えるかもしれませんが、子供高校や大学など一番教育費がかかる時に入りますし、マイホームのローンが増えれば生活を圧迫することになりかねません。


最低限は保障できる内容を保ちつつ生活に支障がでないような保険料に調節しましょう。


2人目の子供ができた場合も保険内容の確認はした方が良いでしょう。


万が一の時に経済的リスクに陥る人数が増えることから保障額は上げるべきです。しかしマイホームの購入や1人目の教育費に加えて考えなければならないため簡単にはいきません。


そんな時には保険の中でも家族特約(配偶者や子供も一定の保障が受けられる)を検討すると良いでしょう。


特約ですので保険料が上乗せされ通常ではあまりおすすめしませんが、一般的に子供が何人いても1人分として換算させるためそれぞれの保障を準備するよりも割安になる可能性があります。

50代の保険見直しのポイント

50代は子供の独立後、夫婦のための保障に切り替えることが見直しのポイントです。


子どもが独立することによって、万が一の保障は大幅に減額できます。


死亡保険の設定額は

必要保障額=遺族の支出ー遺族の収入

によって求めますが遺族の支出部分として「子供の生活費」「子供の教育費」の必要性がなくなるため再度計算をしてみましょう。


また見直しをする中で老後のための資産形成として、個人年金保険等貯蓄性のある保険の検討をおすすめします。


老後の生活の準備をするうえで収入が大きく支出が少ない良い機会です。


令和元年度「生活保障に関する調査」によると夫婦で生活していくうえで必要な額は月に平均22.1万円ですが、ゆとりある生活のためにはさらに上乗せで平均14万円必要という調査結果がでています。


つまりゆとりある生活を送るためには月に36万円程度が理想ということです。


貯蓄や年金額がある程度目途がつく50代の時点で理想の金額に近づくためにはどのような保険を活用したら良いのか吟味しておくことが大切です。

60代の保険見直しのポイント


60代は老後の生活を送るための保障内容へ見直さなければならない時期です。


60以降疾患リスクが大幅に上昇します。平成29年(2017)患者調査の概況によると受療率は

人口10万人対入院外来
40代7097144
50代13109714
60代230214103
70代416022297

となっており60代は40代の2倍以上です。


死亡保障は自分の葬儀代や配偶者への補填で収まるため、医療面でのカバーを重点的に考えましょう。


60代から70代にかけての死因ランキング1位は悪性新生物(がん)であり、4割以上を占めています。そのためがん保険も検討項目の1つとして挙げられます。


もちろん上記で説明したように公的保障もありますのでバランスを考えて吟味することが大切です。


ちなみに加入している保険が「定期」のものであった場合「終身」への変更をおすすめします。


定期保険だと高齢になればなるほど更新時に保険料が高くなってしまいますし、更新には年齢制限があります。一方終身保険の保険料は一生涯変わりません。


また家族への相続の準備として活用できます。(参考:終身保険には相続税の節税対策のメリットがある?非課税枠とは?


今のうちに終身に切り替えることで、生涯の保障と保険料の明確な見通しだけでなく、相続の準備も可能なのです。

【参考】生命保険の加入率と平均保険料

令和元年度「生活保障に関する調査」より生命保険の加入率は

男性女性
20代
58.5%59.9%
30代82.4%82.8%
40代91%89%
50代86.1%87.3%
60代82.9%84.5%

となっています。


20代から30代にかけて保険加入率が大きく上昇します。やはり結婚や出産などライフスタイルの変化から加入する人が多いようです。


40代は保障対象が自分以外にも、子供の教育費や親の介護などを踏まえて検討しなければならないため加入率が最も高くなっています。


平均保険料は以下の通りです。

男性女性
20代14,7万円11.4万円
30代23.5万円15.1万円
40代23.2万円15.6万円
50代29.3万円20.6万円
60代21万円17.4万円
20代から50代にかけて増加傾向にあり60代で減少します。

収入の増加によるものと、ライフスタイルの変化による保障の追加が理由となっています。

60代では定年により年収が減少すること、または子供の独立により保障の減額ができることから減少しています。

ちなみに全体の平均値は19.6万円で月々に16300円程度保険料として回している計算となります。保険料の設定に悩んだ場合はこちらの数字を1つの基準としても良いかもしれません。

まとめ:保険の見直しならまずはマネーキャリアで無料相談!



生命保険の見直しについて

  • 見直しのポイント
  • 見直しの注意点
  • 年代別の見直方法
を中心に解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

ポイントと注意点をしっかり押さえたうえで見直しをすることが大切です。

しかし見直しをすると言っても「どのような保険が良いのかわからない」「自分の保険のどこを改善すれば良いのか悩んでいる」という方もいるでしょう。

そんな時には保険相談窓口の1つである「マネーキャリア」に相談することをおすすめします。 あなたに最適な保険を熟練の相談員が提案してくれますよ。

ぜひ一度利用してみてくださいね!

ほけんROOMでは、保険に関する記事が数多くありますので興味のある方は合わせてご覧ください。 

ランキング