パーキンソン病にかかっても、加入できる生命保険はあるのか

パーキンソン病にかかった方が生命保険に入れるかとなるとかなり難しいと言わざるを得ません。しかしそれは通常の生命保険を前提にした話。最近ではパーキンソン病にかかっていても加入できる保険も登場していますが、いくつか注意が必要な点もあります。

パーキンソン病になっても生命保険に加入できるのか

  あなたはパーキンソン病でも生命保険や医療保険に加入することができるのか気になり調べていることでしょう。 


 結論から言うと、パーキンソン病であった場合通常の生命保険や医療保険に加入することは難しくなります。 


しかし、実はパーキンソン病であっても加入できる保険は存在します。 

 

そこでこの記事では、パニック障害の方の生命保険加入について、  

  • パーキンソン病の方が保険に加入できない理由
  • パーキンソン病患者であっても加入できる保険
  • パーキンソン病発病後の生命保険の見直し

以上のことを中心に解説していきます。 


 この記事をお読みいただければ、パーキンソン病患者の方は生命保険への加入はどうすればいいのか、正しい判断ができるようになるかと思います。


最後まで是非ご覧ください。

パーキンソン病患者は通常の生命保険には加入しづらい

一般的にパーキンソン病を罹患している人の場合、通常の生命保険への加入は難しいとされています。


それではなぜパーキンソン病だと生命保険に加入できないのでしょうか?


ここからはその理由を2つ紹介していきます。

パーキンソン病だと保険に加入しづらい理由

パーキンソン病であると生命保険に入れない理由は大きく分けて2つあります。


ここではその2つの理由について説明していきます。


理由1:生命保険の加入者全員の公平性を担保するため

生命保険とは、健康な人同士が保険料を払うことでお互いに万が一の場合に備える保険です。

よって加入者にパーキンソン病などの健康でない人がいると、その人ばかりが保険金を受け取る確率も大きくなり、加入者全員の間での公平性を担保できなくなってしまいます。

したがって、パーキンソン病の患者は生命保険に加入しづらいのです。

このように生命保険加入者の公平性を担保するために、生命保険加入時には自身の健康状態を告知する告知義務があります。

もし、この告知義務を破ると告知義務違反とみなされ、保険金が受け取れなくなったり契約を解除されたりする場合があります。

告知義務違反については、こちらのほけんROOMの記事で詳しく説明していますのでぜひご覧ください。


理由2:パーキンソン病は指定難病の1つであるため

パーキンソン病になった時、生命保険加入を検討する際に参考にあるのは、パーキンソン病が「指定難病」とされていることとの関係です。 

 指定難病とは、病気の原因がはっきりしておらず、根本的な治療法も発見されていない病気の内、国の認定を受けた病気を指します。 

 パーキンソン病も指定難病の一種です。 

 指定難病では国の助成金が下りるので治療費は低廉に抑えられているのが通常です。 

 生命保険の加入性については純粋に自己負担額を考えれば加入の必要性が高くないとも思えますが、万が一のことがあった場合を想定して、遺族に保険金を残しておきたいとのニーズがあることから生命保険加入の需要も高いという事情があります。 


パーキンソン病になっても入れる生命保険がある

一般的な生命保険は加入が難しいのは事実です。


しかし保険の種類によっては加入可能な保険も商品化されています。

引受基準緩和型保険無選択型保険と呼ばれる生命保険です。


これらの生命保険は指定難病であるパーキンソン病にかかっても生命保険加入に道を開くものとして注目すべき生命保険商品ですが、保険料が割高であったり、補償内容が簡略化されたいたりする場合が普通です。


保険料にみあった給付を期待できるのかは事前に十分検討する必要があります。 

引受基準緩和型保険

引受基準緩和型の医療保険とは、保険会社の引き受け基準がゆるく設定されていたり、告知項目が簡略化されていたりするのが特徴です。


そのためパーキンソン病でも加入できる可能性のある生命保険であるといえます。


しかし保険会社にしてみれば、厳密に被保険者の健康状態を把握したうえで保険契約を締結するわけでもなく、高リスク群の契約者の存在も当然予想したうえでの保険料設定になるので、保険料が割高になるのは否定できません。 

無選択型保険

引受基準緩和型保険の審査にも通過しなければ、無選択型保険という選択肢を検討することになります。


無審査且つ無告知なので加入条件は最も緩いです。


保険会社にしてみれば高リスク群の加入者が相当程度存在することを前提とするので保険料は最も高額になります。


この生命保険については保険料に見合った給付なのかどうか、慎重に検討するべきでしょう。 

パーキンソン病発病後の生命保険の見直し

このように考えるとパーキンソン病にかかった後に新規に生命保険加入をするのは必ずしも所望の結果に到達できるとも限りません。

掛け金が高額な割には給付の内容が物足りないことも重々承知の上での契約にならざるを得ないのが現実です。


仮に発症前に加入している生命保険があるのなら、下手な見直しは危険です。

転換や切り替え時に契約を断たれる可能性がる

更新型の生命保険であれば従前の条件が引き継がれるので問題はありません。


契約時の健康状態を前提に生命保険が継続されるからです。


しかし転換や切り替えには慎重になるべきです。


生命保険の転換とは、既に契約済みの転換価格(解約返戻金など)を新たに契約する保険の保険料の一部に充当し、新たな生命保険契約に乗り換えることを言います。 


パーキンソン病に罹患している事実が判明すると、新規の契約が拒否される可能性があります。


これでは元も子もありません。


パーキンソン病後の生命保険転換などには慎重に臨みましょう。 


もしも難病特約に入っていれば安心

パーキンソン病は指定難病に指定されています。


そこで難病特約に入っているとパーキンソン病に罹患しても通常の給付金にプラスして保障を受けることができます。


難病特約は指定難病であるパーキンソン病の事実が判明すれば請求権が発生していますが、加入時に意識せず特約付加をしていることもあります。


パーキンソン病と診断されたら、加入済みの生命保険に難病特約に入っているかを確認しましょう。 

まとめ:パーキンソン病患者の生命保険加入について

パーキンソン病は根本的な治療法はなく、長期間の経過をたどる中で多彩な症状が出現してきます。


そのため手厚い保障の生命保険に加入できればいいのですが、実際にはそのニーズに十分こたえる生命保険に出会えるのは困難と言わざるを得ません。


パーキンソン病と診断されたら、既存の生命保険があれば難病特約の有無を確認して給付請求を忘れないようにしてください。 


もちろん無告知型の生命保険であれば加入できる可能性はありますが、支払保険料にみあう保障内容かどうかを慎重に見極める姿勢が求められます。



ランキング

  • バセドウ病の方でも入ることのできる生命保険や医療保険はあるの?
  • パニック障害持ちは生命保険に加入することが出来るのでしょうか?
  • クローン病でも通常の生命保険に加入出来る可能性があります。
  • てんかんの持病ありでも生命保険に良い条件で加入できる可能性を探る
  • リウマチって生命保険は入れる?診断されたら今の保険は?徹底解明!
  • ペースメーカー使用者が加入できる生命保険の特徴と注意点とは
  • ピルを服用しても生命保険に入れる場合も!入れる保険を紹介!
  • 睡眠薬を服用すると生命保険に加入できない理由・入れる保険を説明!
  • 指定難病って何?指定難病で生命保険に加入できる?全部答えます
  • 糖尿病だと生命保険に入れない?入れる保険はあるの?徹底的に解説!
  • 脳腫瘍でも生命保険に加入できる?脳腫瘍はがん保険で保障されるの?
  • 頭痛持ちでも生命保険に加入できるのか?大切なのは正しい告知
  • 髄膜炎の方が生命保険に加入する場合の注意点などを知っておこう
  • LGBT向けの生命保険を販売している?生命保険会社の取り組みを解説
  • 認知症に特化した生命保険が登場しています!その内容をズバリ解説!
  • あなたが高度障害状態になってからでは遅い!生命保険の死亡保障とは
  • 高血圧の場合は生命保険の加入が難しくなります。でも諦めないで!
  • 精神疾患の方でも保険に入れる?加入可能な生命保険・医療保険を紹介
  • 生活保護の申請時、生命保険の解約が不要となる3つの条件とは?
  • 無職だと生命保険に入ることができない?その疑問にお答えします!
  • 緑内障の方でも生命保険へ加入できる場合を徹底解説します!
  • うつ病と診断されると、生命保険への加入が難しくなるのは本当?
  • 入りやすいけど要注意?無選択型の生命保険をわかりやすくご説明!
  • 生命保険は優良体がお得!優良体って何?定義や基準を徹底解説
  • タバコを吸ってない私の生命保険、この機会に見直しの価値あり?