みんな20代で生命保険に加入しているの?本当に必要なのか知りたい!

何歳から生命保険への加入は考えていますか?子どものうちは親が保険をかけてくれていたかも知れませんが、20代になり、働き始めたことによって自分でも生命保険への加入を考えることがあると思います。そこで現在の20代の方の生命保険加入状況を説明します!

20代の生命保険、本当に必要?どういう選び方をすればいいの?

若さと活気に満ち溢れ、これから社会で羽ばたいていこうとする20代の方にとって、病気になったり死亡したりなんて考えることはないかもしれません。 

特に独身であった場合には、亡くなっても困る人はいないなんて思うかもしれませんね。 

そんな思いから生命保険への加入を先送りにしている方も多いと思いますが、病気にならないという保障は誰にもありません。 

若いうちから病気やケガに備えておくためにも必要最低限の保険は必要です。 

そこで、この記事では20代の生命保険について 
  • 20代に生命保険は必要か? 
  • 20代男女別の生命保険事情 
  • 20代の生命保険料の相場 
  • 独身と既婚とでは入るべき保険が変化する 
以上のことを中心に解説していきます。 

この記事を読んでいただければ、20代の方が入っておく生命保険の内容が明らかになってくることと思います。
 
ぜひ最後までご覧ください。


20代で大きな保障内容の保険に入る必要性は薄い

20代というと、社会に出て活発に行動されている時期だと思います。そして健康状態も良好な場合には、どのような生命保険に加入すればよいのかと悩んでしまうことでしょう。

20代で、特に独身の方は大きな保障内容に高額な保険料を支払う必要はないと言えます。

死亡保障も葬式の資金に充てられる分の額で十分ですし、病気やケガで入院した場合も「高額療養費」の制度を利用すれば、ひと月あたり8万円程で医療費は賄えます。

必要を感じる方は、がん保険や三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)をカバーする保険に加入するのもいいでしょう。

20代の若いうちに大きな保障内容の保険に加入する必要はないと書きましたが、全く保障がない状態では万一の時に困るので、安心を買うと思って生命保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか?


独身時の死亡保障は葬式代など最低限のものでよい

20代で結婚し、すでに子どもがいる方は万一の時の家族への保障は多いに越したことはありませんが、独身で子どももいないのであれば、残した家族への生活費の保障などの心配はさほど必要ないでしょう。

よって高額な死亡保障を付ける必要はなく、万一死亡した時の葬式代などがカバー出来る程度の死亡保障に加入することをおすすめします。

29歳以下の生命保険加入率は77.5%

30歳以上の方の生命保険加入率は80%~90%にもなりますが、29歳以下の方の生命保険加入率はそれ以下となっています。

20代のみの保険加入率はおよそ60%となっています。

これは、一般的に生命保険への加入を考え始めるのが結婚や出産などのライフイベントが発生するからです。

結婚や出産により家族が増えると、家族への保障なども視野に入れ生命保険に加入するようになります。

現在の平均初婚年齢が男性では30.9歳、女性では29.3歳と晩婚化が進んでいますが、そのような状況でも20代の方の生命保険加入率は高めと言えるのではないでしょうか。



男性・女性別の20代の生命保険事情

生命保険文化センターの生活保障に関する調査の発表によると、生命保険加入者は男性で80.9%、女性で81.9%となっています。20代の男女別で見てみますと、男性の場合52.4%、女性の場合56.8%となります。

女性の生命保険加入が各年齢でも増え続け、平成22年には女性の保険加入率が男性よりも上回りました。

これは現在の女性の社会進出が増え、共働き世帯も増えたことが要因とされています。

そして生命保険の保険料は、同じ年齢であれば男性より女性の方が割安となっています。これは女性の方が長生きする傾向にあるからです。

しかし、医療保険では女性の方が保険料が割安ということはありません。

これは、若い女性のがん罹患率が同世代の男性よりも高いことから、若いうちにがんによる入院や手術を受ける可能性が高い女性の方の保険料が割高になっている場合もあります。

この若い女性のがん罹患率を見てみると、20代から30代にかけてがんを発症する方が増えています。

このことから、独身で子どももいない場合、手厚い保障に加入する必要はありませんが、20代のうちからがん保険へ加入しておくと、いざという時に安心して治療を行うことが出来ます。

また、20代男性でまだまだ結婚の予定もなく、病気をせず健康であると、生命保険への加入は必要ないと思うかもしれません。

しかし、将来を見据えて貯蓄性の高い生命保険へ加入し、老後の蓄えにと考えている方もいます。

金銭的負担や若いから大丈夫という思い込みにより、20代のうちには生命保険加入を渋ってしまうかもしれません。

しかし若くても女性には女性特有の病気があり、男性もまた病気や死亡の際の保障のみではなく、将来の蓄えとして20代での生命保険加入を考えてみてはいかがでしょうか。



独身の場合、男性・女性共に優先すべきは医療保険

独身の方でも、会社などでの保険営業で高額な生命保険への加入を勧められたことがあるのではないでしょうか?

高額な生命保険では保障内容はもちろん充実していると思われます。

しかし、独身で子どももいない場合、高額な死亡保障などは必要ないでしょう。

“今の”自分が本当に必要な保障内容の生命保険に加入し、保険料による支出を出来るだけ抑えるようにしましょう。

そして独身の方の場合、必要なものは高額な死亡保障ではなく医療保険の方が加入を優先すべき保険なのです。

年代に関係なく必要となる医療保険ですが、仕事を始めたばかりやバリバリ働いている20代の若いうちに病気やケガで入院や手術を受けることになった時には費用の面で不安ですよね。

現在は、必要な保障を必要な分だけ自分でマネジメントし保険に加入出来るように商品も販売されています。

必要な保障のみ選べるので、保険料も安く設定されています。

保険加入を考える際にはどのような医療保険が自分に合っているのかを検討し、もし余裕があるようでしたらがん保険への加入も安心材料の一つとなるでしょう。

結婚している場合、終身保険を検討しても良い

保険に加入したり見直しをするのは、結婚・出産などの人生の節目としてのタイミングが多いです。 

しかし、だからといって「できるだけ大きな保障」「家計のために保険料は安く」といった保険に迷わず加入してしまうのは賢明とはいえません。 

まず、家庭のライフスタイルを確認した上で、すでに加入している保険があれば見直しをしてみることも大切です。 

では、結婚している場合におすすめの生命保険についてご紹介していきます。 

終身保険 

保障が一生涯続くので、一家の大黒柱におすすめの保険です。 

大黒柱に万が一のことがあった場合の残された家族への保障のためにも、まず検討していただきたいのが終身保険です。 

また、貯蓄性があり支払った保険料に応じた返戻金を受け取ることができるので、まとまった資金が必要なときに利用することもできます。

収入保障保険 

万が一の場合の死亡保険金を、一時金ではなく分割で受け取れるタイプの保険です。 

子供が小さい時ほど大きな保障が得られ、年数が経過するごとに保障額が小さくなっていくという特徴があります。 

子供の成長段階に応じた保障を受けられるというメリットがあります。 

医療保険 

ケガや病気で入院・通院する際の保障をしてくれる保険です。 

特に女性の出産時には帝王切開などのリスクがありますので、男性以上に医療への備えは必要になります。 

20代の生命保険の保険料の相場はいくらか

20代の月額保険料の平均は1万円未満が約半数2万円未満とするとおよそ80%となります。

20代の方の生命保険の保険料は月額1万未満~2万円未満と金額に幅があるということになります。

ある保険会社の生命保険シュミレーションで22歳女性で終身医療保険とがん保険を付けた保険に加入した場合、月の保険料は3589円、男性の場合3103円となりました。

男性の方が生命保険の保険料が高くなる傾向ですが、今回がん保険の保障を付けたことにより、若い女性のがん罹患率が男性よりも高いことから保険料も少し割高となっています。

このシュミレーションは簡単な方法でだいたいの保険料の算出が出来るものなので、実際の契約の際には金額は変わってくるかもしれません。


収入の1割程度が目安

20代の方の多くは、働き始めてまだ収入が安定していない方もいます。

収入が少ない場合、生命保険にかけられる余剰資金には限りがあります。

万一に備え生命保険に加入しようする際に、保険料はいくらくらいするのか?給与に対し、何割程度保険料に充てるといいのか?

保険料の目安について説明していきます。

保険会社の営業マンによると、一般的に保険の掛け金の目安は収入の1割程度がいいと言われています。

20代の方の平均月収20万円を当てはめると、保険料はだいたい2万円弱となります。

しかし、顧客の資産状況・資産運用をサポートするファイナンシャルプランナーからは、月々の保険料の目安は収入の3%~5%ほどの目安にすべきという意見もあります。

この場合、20代の方の平均月収20万円を当てはめてみると、保険料はだいたい6000円~1万円以内となります。

これはあくまで目安ですので、結婚しているかしていないか、必要な保障内容は何かなどによって人それぞれ保険料は異なります。

20代の平均保険料は月1万円程度

生命保険文化センターの調査によると、20代が加入している保険料の平均額は年間で13.3万円、月額にすると月に1.1万円程の保険料を支払っていることになります。

この平均額は、生命保険・医療保険・個人年金などの積み立て保険などのすべての保険料支払額の平均となります。

以前の調査データによると、平成13年では20代の平均年間保険料は17.65万円、月額1.4万円程でした。

現在、20代の方の平均保険料は減少傾向にありますが、この背景には今は保険会社の窓口で営業マンなどから保険を契約するだけではなく、ファイナンシャルプランナーなどの相談窓口も増え、必要な保障内容のみの加入が可能となり保険料を安く抑えることが出来るようになりました。

さらに、店舗を持たないインターネット上での保険契約も増え、人員の経費削減により価格の安い保険もたくさん販売されていることも要因の一つです。

独身の場合と既婚の場合で入るべき保険は変化する

男性でも女性でも、独身のときと結婚した後ではライフスタイルに大きな変化が生じます。 

それに伴い、必要な生命保険も変わってきます。 

独身のときは、必要最小限の保障のついた保険や医療保険が優先されますが、結婚後はこれからの長い人生をともに安心して歩んでいくために十分な保障をつけることが求められます。 

また、子供が生まれれば養育費を貯めなければなりませんし、子供のケガや病気にも備える必要が出てきます。 

独身のときは自分一人の保障で済みますが、結婚後は家族全体で充分な保障をつけることが必要になります。 



独身の場合は男性・女性共に優先すべきは医療保険

独身の方でも、会社などでの保険営業で高額な生命保険への加入を勧められたことがあるのではないでしょうか?

高額な生命保険では保障内容はもちろん充実していると思われます。

しかし、独身で子どももいない場合、高額な死亡保障などは必要ないでしょう。

今の”自分が本当に必要な保障内容の生命保険に加入し、保険料による支出を出来るだけ抑えるようにしましょう。

そして独身の方の場合、必要なものは高額な死亡保障ではなく医療保険の方が加入を優先すべき保険なのです。

年代に関係なく必要となる医療保険ですが、仕事を始めたばかりやバリバリ働いている20代の若いうちに病気やケガで入院や手術を受けることになった時には費用の面で不安ですよね。

現在は、必要な保障を必要な分だけ自分でマネジメントし保険に加入出来るように商品も販売されています。必要な保障のみ選べるので、保険料も安く設定されています。

保険加入を考える際にはどのような医療保険が自分に合っているのかを検討し、もし余裕があるようでしたらがん保険への加入も安心材料の一つとなるでしょう。

既婚の場合は終身保険の検討も

すでに解説しましたが、既婚者の場合は終身保険への加入を検討することをおすすめします。 

終身保険は、死亡保障と貯蓄の両方を兼ね備えた保険で、一生涯死亡保険をつけられる上に、積み立てられた保険料は解約時に返戻金として受け取ることができます。 


一生涯続く保障 

終身保険のメリットは何と言っても、保障が一生涯続くことです。 

本人の保障はもちろんのこと、一家の大黒柱がもしものことがあった場合に、残された家族に十分な保障を残すことができます。 


保険料は一生涯変わらない 

終身保険の保険料は一生涯変わらなので、高齢になるほど保険料が上がるといった心配をする必要がありません。 

加入年齢が若いほど保険料が安くなりますので、結婚後夫婦で相談しなるべく早めに加入すると月々の保険料を抑えることができます。 


学資保険の代わりにも利用できる 

終身保険を学資保険の代わりに利用する方もいらっしゃいます。 

子供の教育費がピークを迎える頃に保険料の支払い終了を設定すれば、解約返戻金としてまとまった金額を受け取ることができ、そのまま教育資金として利用できます。 

これらの特徴からもお分かりいただけるように、子供がいる既婚者には終身保険がおすすめです。 

さらに、余裕があれば収入保障保険や医療保険なども併せて加入できればより安心な生活を送ることができるでしょう。 

医療保険は健康保険をうまく活用して保険料を節約する

医療保険に加入すると税金が安くなると聞いたことがある方もいると思います。

それでは、実際のところどうなのか?そしてどのような手続きが必要になるかを説明します。

医療保険に加入し、その保険料の金額によっては「生命保険料控除」というものが受けられます。

医療保険料控除とも言われます。

会社に勤めている方は12月の年末調整で、自営業の方は3月の確定申告にて控除が行われます。

保険料の控除だけではなく、税金の控除や減免を受ける際にもこの年末調整や確定申告で行われています。

その年の所得をきちんと計上し、そこから控除や減免を行ったうえで納めるべき税金の額が決まります。

会社に勤めている方が医療保険料の控除を受けるためには、会社で貰える『保険料控除申請書』への記入が必要です。

保険会社名や保険の種類・期間、契約者などと一緒に1年間に支払った保険料の金額から算出された控除額を記入していきます。


また、この保険料控除申請書にて控除の申請をする際に、秋頃に保険会社から送られてくる『保険料控除証明書』も必要となります。


これには保険の種類や保険料の支払総額などが記されており、とても重要な書類なのできちんと保管しておきましょう。

この保険料控除証明書には「新契約・旧契約」という項目があり、これは2012年1月1日を境に、それ以前に契約した保険とそれ以降に契約した保険では控除の仕方が変わったためです。


そのため控除証明書には新・旧の区別がつくようにそれぞれの保険が表記されています。


扱いがそれぞれ異なる新契約・旧契約の記入を行う際には十分気を付けてください。

自営業の方が保険料控除を受けるためには、3月に行われる確定申告の際に確定申告書の記入欄に保険の種類ごとに支払った保険料の金額を記入し、そこから控除額を算出します。


この場合も保険料控除証明書は必要となります。


確定申告を税理士に任せている場合には、この控除証明書を必ず渡し、保険料控除があることを伝えておくとよいでしょう。

このようにきちんと手続きを行えば保険料控除は簡単に行えます。


支払った保険料により節税が出来るとてもありがたい制度ですので、必要書類を揃え、しっかりと控除を受けるようにしましょう。

妻が専業主婦の場合は死亡保障の手厚いものを考えてもよい

20代で結婚していても、子どもがまだいなければ保障内容は簡単なものでいいと思われるかもしれません。


しかし、配偶者の妻が結婚後専業主婦となり家庭を支えてくれている場合には、万一夫の身に何かあった時、残された妻のこれからの生活の援助と金銭的負担がかからないように安心出来るくらいの保障には加入しておきたいところです。

独身の時にはあまり必要が感じられなかった死亡保障も、手厚い保障内容に切り替えておくとよいでしょう。万一の際に家族に残せることが出来る大きな贈り物とも言えるでしょう。

まとめ:20代の生命保険加入について

20代の生命保険加入について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 

今回のこの記事のポイントは、 
  • 20代独身の方は大きな保障内容の保険に入る必要性は薄い 
  • 独身の方は医療保険が優先される 
  • 20代の月額保険料の相場は2万円未満 
  • 結婚後は終身保険を検討することがおすすめ 
です。 

20代は結婚・出産などライフスタイルが大きく変わる年代でもありますので、状況に併せて最適な保険に加入する必要があります。 

結婚後は、家庭の状況に合わせた保障についてパートナーとしっかり話し合いましょう。 

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 



この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説