糖尿病は若者でもなる!糖尿病の原因と症状、予防法についてご紹介!

糖尿病が10代や20代の若者の間でも増加しています。予防の為にも原因や初期症状、対策を知っておくのが大切です。また痩せ型の人も隠れ糖尿病に注意が必要です。この記事では若者も注意すべき糖尿病の運動不足の様な原因や症状、対策や糖尿病保険についてまとめました。

糖尿病は10代、20代、30代でもなる!若者も要チェック!

糖尿病と聞くと高齢者の病気のイメージがあるかと思います。しかし今や糖尿病は10代、20代などの若者も糖尿病にかかりやすくなっています。これは食事の欧米化が進み炭水化物や甘いものを食べる習慣が増えてしまったのが原因です。


また若者の時から好きなときに好きなものを食べられる環境であるのも関係しています。糖尿病の主な原因となる”糖”ですが、これは甘いものだけではなく、ご飯やパンなどにも多く含まれます。その糖を多く摂取し続けることで体内のインスリンが過剰に分泌され、その状態が続いてしまうと高血糖になりやすくなってしまいます。


しかし、もし糖尿病になっても加入できる保険があります。それが”糖尿病保険”です。

そこで今回は

以上を中心にまとめていきます。この記事を読めば糖尿病について理解を深め予防法を知ることもでき、万が一糖尿病になってしまっても慌てずに保険を探すことができます。
ぜひ最後までご覧ください。

また、糖尿病でも入れる保険の詳細を今すぐ知りたい方は下記ボタンからご確認ください。

そもそも糖尿病って?2種類あるよね?

糖尿病になってしまうと、体内でインスリンを上手く使えなくなり正常に代謝できなくなります。そうしますと段々と体内では悪循環になってしまいます。そもそもインスリンとは血糖を下げる働きをするホルモンです。このインスリンが分泌されないなどのトラブルが糖尿病を引き起こします。

そして糖尿病には種類が2つあります。

  1. 1型糖尿病
  2. 2型糖尿病
特に1型糖尿病は若者に多いと言われています。その2種類の糖尿病に関して詳しくご説明します。

1:1型糖尿病(若者に多い)

1型糖尿病とはインスリン欠乏による糖尿病のことです。この糖尿病にかかってしまうと体内でインスリンを作り出すことができません。そのためインスリン注射をしなければいけなくなります。

糖尿病患者の中でこの1型糖尿病にかかる割合としては10人に1人と言われています。若者の糖尿病には多く見られ、年齢関係なく患う糖尿病です。また1型糖尿病は原因不明の特発性タイプと感染症などによる合併症からなる自己免疫性の2種類に分かれます。

2:2型糖尿病

2型糖尿病はインスリン分泌不全とインスリン抵抗性による糖尿病のことです。こちらの場合では膵臓はインスリンを分泌はしますが、量が不十分であったりインスリンが上手く作用しません。


2型糖尿病が一般的な糖尿病で患者の10人中9人がその患者と言われています。若者でも発症するケースもありますが主に40代を過ぎた方に発症するケースが多いです。


治療法としては食事改善と運動、そして投薬による治療です。2型糖尿病の治療には様々な種類の薬があり、その時々により変わります。またインスリンの分泌が不十分な時は1型糖尿病と同様にインスリン注射をします。2型糖尿病は生活習慣と遺伝が主に関係していると言われています。

糖尿病の主な5つの原因

ではどうして糖尿病にかかってしまうのか。その原因と考えられる5つの原因を解説していきます。


実は1型糖尿病にかかる原因は未だによく解明されておらず因子として考えられるものをあげています。


一方で2型糖尿病は主に生活習慣が関係している原因ばかりです。日頃の生活でも気をつける原因もありますので気をつけられる点は気をつけてみてください。


糖尿病の原因5つ

  1. 太り過ぎ
  2. 著しい運動不足
  3. 家族に糖尿病の人がいる
  4. かかりやすい体質である
  5. 40歳以上である

1:太り過ぎ

まずは1つめの原因は太り過ぎです。現代では過食、そして運動のしなさ過ぎで肥満になりがちです。肥満になると血糖を処理する能力が低下し軽い糖尿病になる方がいます。この初期段階のうちに肥満を解消すれば、また正常に戻すことができます。しかしそのまま肥満を放置し続けると完全に糖尿病になってしまいます。このようなケースを”肥満糖尿病”と言います。

肥満は体にとって1つの以上事態です。肥満になることによって糖尿病だけではなくあらゆる生活習慣病にかかってしまうリスクが高くなります。肥満を予防するためには日頃から食事には気をつけるべきです。

2:著しい運動不足

肥満とも関わってきますが著しい運動不足も糖尿病になる1つの原因だと考えられています。最近ではあらゆる移動手段が増え歩く若者も減ってきています。


私たち人間は体を動かすことによって大量のエネルギーを筋肉で消費します。特に食後に行う運動では糖尿病の患者の方にとっては食後の血糖の過度な上昇を抑えるように働きをかけ血糖コントロールの改善が期待できます。


また運動を続けることによってインスリンの分泌や働きを正常化することもできます。それに運動の時間が少なく、座った状態の時間が長いとこれもまた生活習慣病を引き起こしやすくなります。

3:家族に糖尿病の人がいる

糖尿病には遺伝性があります。1型糖尿病ではある特定の遺伝子が強く関係している訳ではないと言われています。また2型糖尿病では遺伝的因子と太り過ぎ、著しい運動不足を含む生活習慣を含む環境的なものが関係していると言われています。

遺伝ではありませんが過食や運動不足が受け継がれると家庭内で糖尿病を発症する確率は高くなります。もしも家族に糖尿病の方がいる方は早い段階から食事に気をつけたり運動を習慣化することで糖尿病を発症しにくくなります。また例え糖尿病の遺伝があったとしても発症を予防することができます。

4:かかりやすい体質である(1型)

1型糖尿病は肥満や運動不足など、若者から高齢の方まで年齢関係なく発症します。主に自己免疫を基礎にした膵β細胞、HLAなどの遺伝因子に何らかの環境因子や誘因が加わり引き起こされます。


かかりやすい体質としては免疫機能の反応性が大きく関係しています。また他の自己免疫疾患との合併も少なくありませんので注意が必要です。

それに日本人は欧米人に比べるとインスリンの分泌量が少なく、少し太っただけでも糖尿病にかかりやすいことも解明されています。

5:40歳以上である

糖尿病は40歳を超えると急激に増えます。それは肥満になりやすく20代や30代の若者のように思うように体が動きづらく感じる年齢です。


またストレスなどを感じやすく心身ともに不調を起こしやすい年齢でもあります。不規則な生活を送ってきた方は知らずのうちに生活習慣病になっていて糖尿病にかかっていたケースもあります。40代はどの年代よりも生活習慣病にかかりやすいので注意が必要です。

糖尿病の5大症状!初期症状を見つけたら特に注意!

それでは次に糖尿病の初期症状を5つご紹介していきます。初期症状の段階で治療すれば重度の糖尿病ならなくて済みますし、様々な合併症からも免れることができます。若者は自分が若いからと言って油断してはいけません。


以下の症状がある時には病院で検査をおすすめいたします。

  1. 異常な食欲増大
  2. 急激な食欲増大
  3. 体が疲れやすい
  4. 異常な喉の渇きと頻尿
  5. 足への影響
そして1型糖尿病では症状が突然でることが多く、2型糖尿病では非常にゆっくりと症状が現れるのが特徴です。

1:異常な食欲増大

食欲を抑えられなくなってしまうのは脳内で”レプチン”というホルモンが不足するためです。本来レプチンの役割は食欲をコントロールする役割があります。なぜレプチンというホルモンが不足してしまうかと言うと、これは食べ過ぎによって不足してしまいます。


また”PTPRJ”と言う酵素分子がインスリンと深く関わっています。肥満になるとこのPTPRJと言う分子が摂食中枢に増え、レプチンの働きを抑制してしまいます。これによりレプチン抵抗性が引き起こされ、食欲を抑えられなくなってしまいます。

2:急激な体重減少

日本人では肥満を伴わない糖尿病患者も増加しています。食事も生活も変わっていないのに体重が急に現象した際には糖尿病を疑った方がいいかもしれません。

なぜ糖尿病で体重が減少してしまうのかと言うと糖尿病でインスリンが減少してしまうと高血糖が続きます。それだけではなく糖やアミノ酸を上手く取り込むことができないため、不足したエネルギーを筋肉や脂肪を分解してエネルギーに変えます。これにより体重が急に減少してしまうと言う仕組みです。

3:体が疲れやすくなる

糖尿病によって体が疲れやすくなるパターンは2つあります。

  1. 高血糖の時
  2. 低血糖の時
高血糖の場合、体が正しく血糖を使えていない状態になり、体が必要とするエネルギーと見合っていないことで疲れを引き起こします。
低血糖の場合、血糖が低いのでエネルギー不足を感じ疲れを引き起こします。ひどい場合ですと震えや痺れなどの意識が朦朧するなどの症状も出てきます。

4:異常な喉の渇きと頻尿

水分をいくらとっても喉が乾くなどの症状がでる場合もあります。

ではなぜ水分を摂取しても喉が乾くのでしょうか。それはインスリンの働きが低下して高血糖になった時吸収できなかった糖を排泄し続けてしまうためです。

これに伴い体に行き渡らなかった糖が尿として排泄されるため頻尿にもなります。そのためあまり水分を摂取していないのにも関わらず尿の排泄回数が増えます。もしも異常な喉の乾きと頻尿が気になる場合は糖尿病の初期症状かもしれません。

5:足の症状

糖尿病になると足の痺れやむくみこむら返りなど、感覚・運動障害がでる場合もあります。この症状は糖尿病による合併症の1つで”糖尿病性神経障害”である可能性が高いです。


またこのような症状が現れた時には糖尿病がもうある程度進んでいると思っていた方がいいでしょう。

糖尿病性神経障害が進行すると以下の変化も見られます。

  1. 巻き爪 になる
  2. 爪が分厚くなる 
  3. 爪白癬になる 
  4. タコや魚の目ができる 
  5. 皮膚が乾燥し、ひび割れが起こる 
  6. むくみやすくなる
進行してしまうとだんだん感覚が鈍くなり怪我をしていることにも気づかないこともあります。もし傷口から細菌が入ってしまったら最悪の場合、足を切断しなければいけばい事態にもなりかねません。

糖尿病を防止!4つの予防法をご紹介!

糖尿病にならないためには日頃の生活から気をつけるべきです。しかしあまり厳しくしてしまうと続きません。コツは無理なく続けられる範囲で気をつけることです。

  1. ゆるい糖質制限
  2. 丼物など、単品メニューはやめる
  3. 喫煙、多量の飲酒は控える
  4. 適度な運動
糖尿病の予防について以上の4点を解説していきます。

1:ゆるい糖質制限

現代では食べ物が手に入りやすくコンビニなどでも手軽にパンや、おにぎり、スイーツを手に入れることができます。さらに外食の多くが炭水化物や糖を多く含んでいます。これは糖が安価ですし脳に対して快感をもたらすためです。


そして食後の血糖低下に糖質をさらに必要とする悪循環にもなります。そのため気にしていなければ糖分過多に陥りやすいのです。かといって一切摂らないのも体に悪いです。


そのため炭水化物の摂取をこれまでの半分の量にするなどゆるい糖質制限がおすすめです。これなら無理せずに続けられるでしょう。


2:丼物など、単品メニューはやめる

ランチや朝ごはんは簡単に食べられるものを選んでしまいがちです。菓子パンやパスタ、丼物などの単品メニューは手軽ですぐに食べられるのでとても便利です。


しかしこのようなメニューには炭水化物が多く含まれており、栄養のバランスも偏っているものがほとんどです。そのため単品メニューを頼む時にはサイドメニューのサラダなどスープも一緒に頼むようにしてバランスよく摂取しましょう。


最近ではコンビニでも健康を意識した惣菜も販売していますので合わせて食べることをおすすめします。またサラダなどの糖質が少ない食べ物から食べると血糖値の急上昇を抑えられます。これは習慣付けておくと様々な生活習慣病の予防にもなります。

3:喫煙、多量の飲酒は控える

喫煙はインスリンの分泌や作用を低下させてしまうので控えるべきです。加えて運動能力や代謝力も低下しあらゆる健康被害を引き起こします。


アルコールのエネルギーが優先されて消費され飲酒量が増えてしまうと食事のカロリーが消費されずに体内に蓄積されてしまいます。アルコールのカロリーは1gあたり7キロカロリーと言われており、これは糖質のカロリーよりも高いです。


またお酒を飲んでいるとつい食べ過ぎてしまったり、おつまみにポテトチップスやお菓子など糖質も脂質も高い物を食べたくなります。そしてシメにラーメンなどを食べてしまい、夜中に上昇した血糖は使われずに体に吸収されてしまいます。特に若者の方は飲み会などが多いですがお酒の量をほどほどにし、おつまみもヘルシーなものを選びましょう。

4:適度な運動



適度な運動を習慣づけましょう。運動は筋肉の衰えを遅れさせ、体力を高め心身ともに健康的に維持するためには必要なことはご存知ですよね。


また糖尿病の治療でも運動は取り入れられています。それは運動することによって血糖を下げることができるためです。

手軽に始められるウォーキング

一番始めやすいのはやはりウォーキングです。必要な道具も特に必要ありませんし、いつでも始められます。
  • 一駅分歩いて帰る
  • 近くのスーパーやコンビニに歩いていく
  • 階段を使うように意識する
このように日常の中でいつもより多く歩くことを意識してみると普段より歩けるようになります。

注意したいのはいきなりキツイ筋力トレーニングやダッシュをするのは控えてください。
急にキツイ運動をしてしまうとギックリ腰やケガに繋がります。

糖尿病対策には糖尿病保険もおすすめ!

もしも糖尿病になった時のために糖尿病保険に加入することもおすすめです。糖尿病保険とは糖尿病による手術や入院費用の保険金を受け取ることができる保険です。


特徴を3つご紹介します。

  1. 糖尿病治療中でも加入可能
  2. 89歳まで加入が可能
  3. 糖尿病以外の入院や手術も補償可能
万が一糖尿病になってしまった後でも加入が可能です。そのほかにも合併症や歯周病の治療中でも加入できます。

加入可能年齢が生後3ヶ月〜89歳とかなり幅広く設定されています。
糖尿病・合併症、歯周病の他にも契約後に発症した病気やケガに対しても補償されます。
このように糖尿病の時のみならず保険金が受け取れますので加入しておいても役にたちます。

保障内容と保険料

糖尿病保険の詳しい補償内容をご説明します。

  • 糖尿病または糖尿病による合併症など、歯周病の発症時期を問いません。 
  • その他の疾病、事故による傷害は保険契約日以後の発症対し、保障します。
  • 糖尿病、糖尿病による合併症含む、糖尿病以外の疾病、事故による傷害により、入院、手術した場合には、入院費、手術費を支払います。
  • 歯周病により、手術した場合には、手術費を支払いします。
なお、保険期間1年間の給付金総額は、80万円が限度となっております。
月々の保険料ですが
  • 10代では男性が1,365円〜1,771円、女性は1,202円〜1,432円
  • 20代では男性が1,795円〜1,971円、女性は1,443円〜1,532円
  • 30代では男性が2,042円〜2,783円、女性は1,536円〜1900円
  • 40代では男性が2,875円〜3,427円、女性は1,958円〜2,820円
以上の通り、かなりお安く加入できます。

糖尿病保険(エクセルエイド少額短期保険)の口コミ・評判

糖尿病保険のエクセルエイドの口コミや評判をご紹介していきます。

  • 他社の生命就寝保険の医療特別保険が80歳で切れるので、80歳から入れる保険を探していました。現在は健康のため入院や手術をする予定はないのですが、いずれはすることが分かっているので、入れる保険があってよかったです。
  • 糖尿病の子供でも入れる保険を探していました。エクセルエイドの糖尿病保険プラスは10代の子供でも入れて、かつ安いということで迷わず加入を決めました。
  • 糖尿病も長期になり、不安になって、保険に入れるのがあると知ったので。
  • 1型糖尿病で、入れる保険がどこにもないと悩んでいるときに主治医からこの保険を勧められました。
加入できる年齢の設定が幅広いのでどんな年代の方にも安心して加入ができます。また他の保険会社では断られてしまった方も加入できるため、とても信頼のできる保険会社です。

補足1:若い人、痩せてる人も注意!自覚症状無しの隠れ糖尿病

”隠れ糖尿病”とは定期的に検診を受けているのにも関わらず医師にもわかりづらい糖尿病のことです。健康診断ではほとんどの場合が空腹時に採血をし、血糖値を測り糖尿病か診断します。


しかし空腹時に病気のレベルまで血糖が上がるのはかなり糖尿病が進行している証拠です。初期段階の糖尿病の場合は食後の2〜3時間後に血糖が上がるため、医師も見逃しやすい理由です。


そして糖尿病は以前まで中高年の肥満がちな方がかかりやすい病気でしたが、最近では若者や痩せている人も発症しています。インスリンの分泌が少ない、反応が遅いなどのインスリン作用不足で糖尿病になる若者が増えています。


また「痩せている。」「若いから平気。」など甘く考えていると糖尿病と合わせて合併症を患ってしまうケースも少なくありません

高校生でも!若者はペットボトル症候群にかかりやすい!

若者に注意してもらいたいのが”ペットボトル症候群”です。


通常の血液の中に含まれるブドウ糖は4〜5gですが、ペットボトル飲料に含まれるブドウ糖とは20〜30gと倍以上のブドウ糖が含まれています。


また飲んだ瞬間に急激に吸収されますので急激に血糖値も上がります。人間の体では連日の急激なブドウ糖上昇に対応できずに糖尿病になってしまいます。このペットボトルの清涼飲料をのみ続けることをペットボトル症候群と言います。


特に注意したいのが夏場の暑い時期です。暑いとついつい清涼飲料を選んでしまいますが、そこをお茶や水に変えるだけで糖尿病の予防に繋がります。


若者に限ることではありませんが子供にスポーツドリンクなどを飲ませすぎるのにも気をつけたいところです。

補足2:1型糖尿病の方でも保障してくれる保険!



糖尿病保険(エクセルエイド少額短期保険)では1型糖尿病の方でも安心して加入できます。他の保険会社で加入を断られた方や年齢が理由で加入できなかった方などに数多く選ばれている保険会社です。


1型糖尿病を保障対象にしているところは非常に少なく、あったとしても保険料が高額な場合が多いです。しかしこちらの保険会社では安価で1型糖尿病を患っていても保険の加入が可能です。


また1型糖尿病の特徴である若者にかかりやすい病気です。その時に年齢で断られる心配もないです。


口コミで多い声が「幼い子供でも入れる保険」ということで加入されている方もたくさんいらっしゃいます。治療が長期化する糖尿病患者にとってこの値段の保険料はかなり助かります。

まとめ:糖尿病は若者でもなる!

いかがでしたでしょうか。

今回は

  • 糖尿病のかかるリスク
  • 糖尿病は年齢関係なくかかること
  • 糖尿病の原因と予防法
  • 糖尿病でも入れる保険
を中心にまとめていきました。

糖尿病は中高年がかかるイメージでしたが生活環境の変化により若者でもかかる病気となっています。特に頻繁に外食をする、コンビニで買ったものをよく食べる方は知らずのうちに糖質の摂取量が増えてしまっているかもしれません。

これからは少し食事に気をつけるようにするのをおすすめします。また合わせていつもよりも多く歩くことを意識してみるといいと思います。

糖尿病は一度かかってしまうと完治するのに大変時間がかかってしまいます。しかし日頃から気をつけることで十分に防げる病でもあります。

他にもほけんROOMでは皆様のお役に立てる記事を用意していますのでぜひご覧ください。
今回も最後までお読みいただきありがとうございます。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング