生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

40代の生命保険!おすすめの生命保険と、見直しの方法を紹介!

働き盛りの40代。重要な仕事や役職を任され、家庭でも成長期のお子さんがいたりと、公私ともに責任のある立場になります。この世代におすすめの生命保険についてまとめました。また、保険の見直しが重要な40代の、生命保険の見直しポイントについても解説していきます。

40代におすすめの生命保険は?見直しはどうする?

40代は毎月住宅ローンを返済し、子どもの教育費を支払い、さらに進学資金まで準備しなければなりません。

日々の出費と貯蓄のバランスを考えると、頭が痛いという方も多いはず。

そんな中、出費を抑える1つの方策として頭に浮かぶのが、生命保険の見直しではないでしょうか?

この記事を読んでいただくと、
  • 子供にお金がかかる40代、生命保険の必要保障額はどれくらい?
  • 40代におすすめの生命保険の選び方のポイントとは
  • 生命保険の見直しは健康診断結果の良い40代がおすすめ?
についてご理解いただけると思います。

40代は、独身のときや結婚して間もなく、子供も小さいときとは違い、ある程度高額な死亡保障が必要となるケースもあります。 

まずあれもこれもと不安なままに契約せず、何がどれくらい必要か整理してみましょう。 

子供の学費がかかり始める40代

40代は子供が高校・大学へと進学し、教育費が一番かかる時期でもあります。

毎月のやりくりに合わせて、進学費用も準備しなければならないため、一気に家計への負担が増大します。


とはいえ、万が一のことがあれば、その分の備えもしておかなければなりません。


そう考えれば、40代というのは保険の見直しを考える、最も重要な時期ということもできます。


まずは生命保険の見直し前に、教育費と家族の生活費を中心に必要補償額を考えてみましょう。 

必要保障額を整理しましょう

具体的に必要保障額を考えるため、下記のようなご家族を例にとって考えてみましょう。

夫:40歳 会社員 月収30万

妻:38歳 専業主婦

第一子:15歳

第二子:12歳


教育費:幼稚園~高校までは2人とも公立希望。

大学は私立理系でも進学できるよう大めに準備。


幼稚園:23万円/年

小学校:30万円/年

中学校:48万円/年

高校:52万円/年

大学(私立理系):130万円/年 


遺族年金:遺族基礎年金+遺族厚生年金=14万3872円/月


それ以外の生活費:10万円/月


この場合、今後必要になる必要保障額はというと、40歳では2894万円。そこからお子さんが大きくなるにつれて徐々に減っていきます


必要保障額 計算結果

被保険者年齢生活費
(教育費を除く)
第1子
年齢
第1子
教育費
第2子
年齢
第2子
教育費
単年
必要額
子独立までに必要な保障額
40歳120万円15歳48万円12歳30万円198万円2894万円
41歳120万円16歳52万円13歳48万円220万円2696万円
42歳120万円17歳52万円14歳48万円220万円2476万円
43歳120万円18歳52万円15歳48万円220万円2256万円
44歳120万円19歳130万円16歳52万円302万円2036万円
45歳120万円20歳130万円17歳52万円302万円1734万円
46歳120万円21歳130万円18歳52万円302万円1432万円
47歳120万円22歳130万円19歳130万円380万円1130万円
48歳120万円23歳0万円20歳130万円250万円750万円
49歳120万円24歳0万円21歳130万円250万円500万円
50歳120万円25歳0万円22歳130万円250万円250万円
(参照:株式会社ベネフィットコモンズ 必要保障額 (死亡保険金必要額)シミュレーション ) 

子供の成長と共に必要保障は少なくなっていく

このシミュレーションを見て、「万が一の保障が3000万円近くなんて…!」と驚く方も多いでしょう。

しかし、これはあくまで40歳の今、なにかあったときの必要保障額。子供が成長して経済的に自立できる歳になるにつれて、万が一の備えも減っていきます


このご家庭の場合は、第二子が自立するまでの備えがあればいいのですから、第二子が22歳になるまでの10年間、生命保険によって備えることができればOKです。 


見直しの際には、どの年齢のときにどれぐらいの必要保障額が備えられるかを念頭に置いて生命保険を選ぶことが重要なポイントとなります。

40代におすすめの生命保険の選び方

ここまで述べてきたように、40代の働き盛りの時期は1番お金が稼げる時期ですが、子育てや住宅購入など、1番出費が多くなる時期でもあります。

ただし、同じ40代であっても、ここまでのシミュレーションのように、結婚して子供がいる人もいれば、独身の人もいます。

おかれた立場がちがえば、必要な生命保険の種類や保障額も違ってきて当然です。

ここからは、そんな立場の違う40代ごとに、おすすめの生命保険の選び方についてご紹介していきます。



パターン1:40代既婚・子供ありの場合

このパターンは責任が1番大きく、もし万が一があった時に必要な死亡保障額も最も大きくなります。 


前項で示したようなシミュレーション(遺族の生活費用+子供の進学費用)を実際に行ってみて、必要な保障額をきちんと算出することをおすすめします。
 


シミュレーションによって算出された金額に対して生命保険を考えるわけですが、必要保障額が高額になる場合が多く、その分保険料も高くなりがちです。
 


収入が高く、保険に支出できる金額が多ければよいのですが、そうでない場合は、定期保険をうまく活用することで、保険料を抑えることも可能になります。 


子供の独立(一般的には子供の年齢で22から24歳)までの期間で、自分に万が一があっても子供が希望する進学ができ、遺族が生活に困らない金額の定期保険に加入するわけです。 


最近では、死亡保険金の受け取りが一括ではなく、年金のように分割で受取ることができる「収入保障保険」という定期保険もあり、検討の幅が広がっています。 


この考え方は、一般的には世帯主である男性に対してのものですが、奥様も働いていて、二人で世帯収入をまかなっている場合もあります。 


その場合は、女性だからというようなことではなく、奥様にも同じような保障を持ってもらうことを検討しなくてはならない場合もあります。

パターン2:40代既婚・子供なしの場合

このパターンでは、子供を作るかどうかによって大きく保障に対する考え方は変わってきます。
 


ただし、実際にできるかどうかはわかりませんので、基本的には自分に万が一があった時に、パートナーに迷惑をかけないことを前提に、保険への加入を考えることになります。
 


この意味からすると、パターン1から子供の進学のためのお金と子供の生活費を差し引いた金額を計算し、必要保障額を算出することになります。 


もし、二人が共働きで、収入に余裕がある場合は、加入する保険も定期保険のような掛け捨ての保険ではなく、養老保険や終身保険のような貯蓄性のあるものをメインにする方法もあります。 


そうすることにより、死亡保障と同時に、老後の生活資金についての準備も合わせて行うことが可能になります。

パターン3:40代独身の場合

40代独身の場合、男性・女性に関係なく、生命保険の死亡保障に関してはそれほど大きな保障を必要としません。
 


つまり、お葬式代と死後の整理資金についてきちんと準備できていれば十分ということになります。 


 ここで、気になるのが「死後の整理資金」という言葉ではないでしょうか? 


死後の整理資金についてもう少し詳しく説明すると、自分が今生活している住居(親と同居の場合は別)を引き払うための費用などがそれにあたります。
 


自分が死んだ後、そういった費用が発生することを考えている人は実は多くはありませんが、確実に掛かってくる費用です。 


遺族となる親や兄弟姉妹に迷惑をかけないためにも、お葬式代と合わせて考えておく必要があります。 


このような、お葬式代と死後の整理資金を準備するための生命保険としては、終身保険が最も理にかなっています。 


 なぜなら、人はいつ亡くなるかを予測できないからです。
 


終身保険であれば、保険の終期がないため、非常に安心感が高くなります。
 


車のローンやマンション購入などで借り入れをしている場合は、その残債と債務期間に合わせて定期保険に加入しておけばさらに安心といえるでしょう。 


もし、金銭的な余裕があるならば、貯蓄型の保険で備えておけば、万が一の場合だけでなく、老後の生活資金準備もあわせて行うことができます。

保障期間をいつまでにするか見直しするべき

万が一の場合、どれくらいの死亡保障が必要かが把握できたとして、次は保障期間をいつまでにするかという問題が出てきます。


検討する生命保険の種類としては、保障期間が一生涯の終身保険と、少ない保険料で一定期間の大きな保障を確保する定期保険があります。


終身型の生命保険の場合は、保障は一生涯続きますので、期限の定めのある定期保険に比べ、安心感は高くなります。


終身保険を選択した場合、支払には2つのタイプがあり一生払い続ける終身払いと、10年間や60歳までといった期間払いが選択できる、有期払いにわけられます。


一生払い続けるタイプは少ない保険料で済みますが、定年後収入が無くなっても支払は続きますので、注意が必要です。


反面、有期払いは収入のあるうちに支払いを完了させることができますが、その分月々の保険料は割高になります。


現在の支出の状況や、老後の働き方も含め、保障期間をいつまでにするか見直しをする必要があります。


定期保険を活用する場合には、その保障期間を十分に検討し、必要な期間をカバーしていることを確認しておくことが重要なポイントとなります。

子供の年齢によって生命保険の保障額を考えましょう

40代で一番必要なお子さんへの保障。お子さんが小さいうちほど必要保障額は大きくなりますが、自立が近くなるにつれて必要保障額の残高は少なくなります。


一般的に考えると、子供がまだ小さい40代前半では、保険料は少なく保障を手厚くする必要がありますので、「収入保障保険」や「定期保険」がお勧めです。


また、子供の自立が近くなる40代後半では、高額な死亡保障は不要となりますので、保障内容を老後に向けたものにシフトしていくタイミングとなります。


このように、子供の年齢によって生命保険の保障額を考えましょう


子供が大きくなり、経済的にも独立した後は、体調やライフスタイルに合わせて、より自分に合わせた見直しを行えば良いことになります

40代から老後に備える貯蓄型の生命保険

子育てのゴールが見えるころになると、気になるのが老後の備えではないでしょうか?

老後の生活に備えるには、貯蓄性の高い生命保険への見直しも一つの方法となります。


保険でお金を貯めるメリットとしては、貯蓄ができると同時に、万が一の死亡保障を確保することができる点があります。


満期保険金(保険期間終了時に貯蓄できているお金のこと)を年金のように受け取れる「個人年金保険」など、貯蓄性の高い生命保険も検討してみてはいかがでしょうか?

40代の健康診断の結果が良いうちに保険の見直しを

40代で気を付けたいのが健康面ではないでしょうか?

まだまだ体力・気力ともに充実して、三大疾病の罹患率もまだ低い年代ですが、これからどんどん気を付けていかねばならない年代でもあります。


実際、保険契約の面からみると、現在の健康状態や病歴などによって、保険料が変わってきたり、場合によっては保険加入を断られる場合もあるのです。


そういった意味からも、病気の心配が少ない時期に保険を見直した方が、少ない保険料で後々の保障を充実させることができるというものです。


40代の健康診断の結果が良いうちに、老後を見据えた保険への見直しを行うことが大切になってくるといえます。

50代から保険料は跳ね上がる

なぜ40代で生命保険を見直した方が良いのか?それは50代からの生命保険料はぐんと上がるからです。


例えば比較的保険料の安い定期保険でも、45歳男性の生命保険料は約1400~2700円ぐらいですが、50歳になると約2000~3600円と上がります。


なぜかというと、三大習慣病のリスクなど大きな病気・怪我の確立がぐんと上がるからです。例えば、年齢階級別にみた受療率を見てみると、50代になるとぐんと入院人数が上がります。


そのため、40代のうちに生命保険を見直しできるタイミングがあれば、早めに考えてみましょう。


「性・年齢階級別にみた入院受療率(人口10万対)」

年齢総数(人)男性(人)女性(人)
30~34296216379
35~39304266342
40~44330351308
45~49427480374
50~54591688493
55~59772921626
60~6410641282855
65~69135016181102
70~74182021101568
75~79263529132416
80~84387940633757
85~89557856035569
90歳以上841278038587
(参照:厚生労働省 平成26年(2014)患者調査の概況) 

こちらは、人口10万対の性・年齢階級別にみた入院受療率です。40代から50代で、2倍近く入院受療率があがるので、注目してください。

まとめ:40代のおすすめ生命保険と、生命保険の見直し方法

ここまで、40代におけるおすすめの生命保険と、生命保険の見直し方法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の記事のポイントは
  • 子供にお金がかかる40代の必要保障額シミュレーション
  • 40代におすすめの生命保険の選び方とそのポイント
  • 40代の健康診断結果が良いうちに生命保険の見直しを!
でした。

40代はさまざまな意味で、生命保険の見直しにおける重要な時期ということがいえます。

同じ40代といっても、自分のおかれた立場や家族構成がちがえば、必要な生命保険の形や保障額も違ってきます。

自分や家族の今後をしっかり考えた上で、賢い見直しにつなげていきたいものですね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング

  • ライフプランを考えれていますか?年齢別で見る生命保険の見直し方法
  • 50代の生命保険の見直しポイントを分析!わかりやすく解説しました
  • 退職後・定年後の生命保険はどうする?60歳の生命保険見直しポイント
  • 生命保険の見直し時期は?保障内容などの見直しポイントを解説!
  • 定年退職を迎えたあなたに、生命保険の上手な見直し方法を伝授!
  • マイホームを検討中の方必見。生命保険を見直しポイントはここだ!
  • 新婚さん必見!結婚後の若い二人の生命保険の見直し方を詳しくご紹介
  • 妊娠・出産したら保険はどうする?生命保険見直しのポイント
  • 生命保険の見直しポイントを徹底解説!保険を見直したい方必見!
  • 生命保険の見直しのメリットとタイミングは?誰に聞けばいい?
  • 生命保険の見直しテク!保険料減額のメリットやタイミングを考える。
  • 生保保険の見直しでは、生命保険の主契約のみ残すという方法がある
  • 生命保険で知られていない変換。その変換の活用方法を説明します。
  • 生命保険の転換制度、メリット・デメリットを知って賢く活用しよう!