変額保険とは?メリット・デメリットや向いている人の特徴も解説!

変額保険とは?メリット・デメリットや向いている人の特徴も解説!-サムネイル画像

最近よく耳にする変額保険とはなにか知りたいという方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこの記事では、変額保険とは・変額保険の種類・メリット・デメリット・向いている人の特徴・おすすめしない人の特徴・おすすめの無料相談窓口をご紹介します。変額保険とはなにかわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください。

▼この記事を読んでほしい人
  • 変額保険とはなにかわかりやすく知りたい人
  • 変額保険のメリット・デメリットを知りたい人
  • 変額保険に向いている人の特徴を知りたい人
  • 変額保険相談におすすめの無料相談窓口を知りたい人


変額保険は種類が多くてどこに加入すべきか迷ってしまいますよね。


今回は本当におすすめできる保険相談窓口をご紹介するので、参考にしてください。


◎変額保険相談に人気の無料FP相談窓口


マネーキャリアが人気の理由

  • 40,000件以上のFP相談実績と高い信頼性
  • 5分で簡単に相談予約ができる!
  • オンラインで気軽に無料相談可能
  • プライバシーを気にせず安心して相談できる
  • 好きな時間・場所を指定して相談できる

内容をまとめると

  • 変額保険はFPに相談するのがおすすめ!
  • 変額保険相談におすすめの人気無料相談窓口1位はマネーキャリア
  • マネーキャリアなら何度でも無料でスマホ1つで気軽に予約できる
  • オンライン相談なら47都道府県どこでも対応可能
  • マネーキャリアは顧客満足度93%だから安心して利用できる

変額保険とは?わかりやすく解説


この項では、変額保険とはなにかわかりやすく解説します。


具体的には以下の通りです。

  • 変額保険の仕組み
  • 変額保険と定額保険の違い
  • 変額保険の特徴

変額保険の仕組み

変額保険とは、保険契約者の支払う保険料を保険会社が投資信託などを対象とする特別勘定で運用し、運用次第で保険金や解約返戻金が変動する保険商品のことです。


一般勘定は予定利率が保障されているので、投資が失敗したとしても保険会社が責任を負うので、解約返戻金に影響はないのに対して、特別勘定は資産運用の実績次第で将来の保険金・解約返戻金が増加します。


そのため、特別勘定はリスクがあり、他の保険種類の資産と区別・管理して運用されます。


変額保険は長期間保有することによって、一般の保険よりも満額保険金解約返戻金を多く受け取ることができる可能性があります。


しかし、満期時や解約時に、満期保険金や解約返戻金が払込保険料の合計額を上回った場合、受取時に一時所得として所得税と住民税がかかるので注意が必要です。


運用次第では、払込保険料の合計額を下回る可能性がありますが、死亡・高度障害保険金が基本保険金額を下回ることはありません。

変額保険と定額保険の違い

変額保険と定額保険の大きな違いは、契約時に定めた保険金額・解約返戻金・満期保険金・年金額が運用期間中に変動するかどうかです。


定額保険は保険の運用がうまくいかなかったとしても、これらの金額は変動することはありません。


しかし、変動保険は保険料を積立金として特別勘定で運用します。なので運用実績次第でこれらの金額が増減します。


基本保険金額・死亡・高度障害保険金に関しては、積立金額が払込保険料の合計額を下回った場合でも、減少することはありません。

変額保険の特徴

変額保険の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

  • 死亡保障がある
  • 保険会社に運用を任せることができる
  • 長期運用で安定した成果を期待できる
まず第一に変額保険は生命保険に分類されるので、被保険者が死亡・高度障害状態になった場合は保険金が支払われます。

そのため、変額保険は将来に向けての資産運用死亡保障を同時に備えることができます。

2つ目の特徴は、保険会社に運用を任せることができる点です。

一般的に保険会社では複数の特別勘定を用意しているので、組み合わせ次第でリスクを最小限に抑えることができます。

そのうえ、保険会社が商品の運用を行うので、あまり知識がない初心者の方でも安心して資産運用を行うことができます。

3つ目の特徴は、長期運用で安定した成果を期待できる点です。

変額保険は長期的に運用することによって、増減が相殺されて収益率が安定する傾向があります。

なので10年以上の運用を見据えて、早めのうちから加入して資産形成に備えることをおすすめします。

変額保険の種類

この項では、変額保険の種類について解説します。


具体的には以下の通りです。

  • 変額保険(有期型)
  • 変額保険(終身型)
  • 変額個人年金保険

変額保険(有期型)

有期型の変額保険の大きな特徴は、5年・10年など保険期間が定まっている点です。


保険期間中に被保険者が死亡・高度障害状態になった場合は、死亡保険金または高度障害保険金を受け取り、満期を迎えると満期保険金を受け取ることができます。


養老保険が代表的な例であり、貯蓄性が高いことが大きな特徴でもあります。

変額保険(終身型)

終身型の変額保険の大きな特徴は、保障が一生涯継続する点です。


解約をすると解約返戻金が受け取ることができます。


運用次第で解約返戻金が払込保険料の合計額を上回ることも下回ることもありますが、死亡・高度障害保険金が基本保険金額を下回ることはありません。

変額個人年金保険

変額個人年金保険とは、運用実績によって受取額が変動する個人年金保険です。


保険料の支払い方法は、一括・月払いの2種類があり、その保険料を運用することによって年金として受け取ることができます。


保険料払込期間が終了して年金受取開始時期になると、運用実績に応じた年金を受け取ることが可能で、受け取れる金額に最低保証があるものとないものがあります。


また、年金を受け取る方法にも種類があり、保険会社によってさまざまなものを選択することができます。

変額保険のメリット

この項では、変額保険のメリットを解説します。


具体的には以下の通りです。

  • インフレ対策になる
  • 生命保険料控除を利用できる
  • 運用状況によって受け取る金額を増やせる
  • 運用期間中は非課税
  • 保険料が安い

メリット①インフレ対策になる

1つ目の変額保険のメリットは、インフレ対策になる点です。


インフレとは、物価が上昇して相対的にお金の価値が下がる状態のことで、変額保険で対策することができます。


一般的に景気が上昇している場合に物価が上昇するので、金利が上昇して運用成績が上がり、将来受け取れるお金を増加させることができる可能性があります。


定額保険は運用成果が良くても満期保険金や解約返戻金が変動しないため、インフレに備えたいという方は、変額保険がおすすめです。

メリット②生命保険料控除を利用できる

2つ目の変額保険のメリットは、生命保険料控除を利用できる点です。


有期型・終身型の変額保険、変額個人年金保険は一般生命保険料控除の対象です。


具体的な金額は以下の通りになります。

年間の支払保険料控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,000円超 40,000円以下 支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超  一律40,000円

引用元:国税庁HP

メリット③運用状況によって受け取る金額を増やせる

3つ目の変額保険のメリットは、運用状況によって受け取る金額を増やせる点です。


変額保険は定額保険とは異なり、選択した特別勘定がの運用実績が好調の場合、受け取る金額を増やすことができます。


そのうえ、保険会社の運用がうまくいかず積立金額が払込保険料の合計額を下回ったとしても、死亡・高度障害保険金には最低保証があるので、基本保険金額を下回ることはありません。

メリット④運用期間中は非課税

4つ目の変額保険のメリットは、運用期間中は非課税である点です。


投資信託などでは、運用で発生した収益に対して税金がかかりますが、変額保険の場合、運用期間中の収益には税金がかかりません。


しかし、得た利益を受け取る場合は一時所得として課税されるので注意しましょう。

メリット⑤保険料が安い

5つ目の変額保険のメリットは、保険料が安い点です。


変額保険は、一般的な定額型の終身保険などと比較して保険料が安い傾向にあります。


なので、毎月の保険料を抑えながら資産運用・死亡保障に備えたいという方におすすめです。

変額保険のデメリット

この項では、変額保険のデメリットを解説します。


具体的には以下の通りです。

  • 元本割れのリスクがある
  • デフレの影響を受けやすい
  • さまざまな手数料がかかる
  • 投資商品よりもコストがかかる

デメリット①元本割れのリスクがある

1つ目の変額保険のデメリットは、元本割れのリスクがある点です。


元本割れのリスクは変額保険に限った話ではありませんが、保険期間中に解約した場合は払い込んだ保険料の総額を下回って元本割れを起こす可能性があります。


変額保険は投資性を重視した保険なので、長期的に運用することが望ましいです。


また、解約返戻金には最低保証がないため、保険料払込期間を過ぎても運用結果次第では元本割れするリスクがあるので注意しましょう。

デメリット②デフレの影響を受けやすい

2つ目の変額保険のデメリットは、デフレの影響を受けやすい点です。


変額保険はデフレや経済危機の影響を強く受けてしまうので、満期保険金が元本割れしてしまう可能性もあります。


株価が下落したり物価が下がったりしてしまうと、受け取れる保険金額は減少してしてしまいます。

デメリット③さまざまな手数料がかかる

3つ目の変額保険のデメリットは、さまざまな手数料がかかる点です。


変額保険は保険会社に運用を任せることができますが、特別勘定ごとに所定の手数料が積立金から控除されます。


また、他の特別勘定に変更する行為、いわゆるスイッチングにも手数料が発生する場合もあるので、事前にチェックしましょう。

デメリット④投資商品よりもコストがかかる

4つ目の変額保険のデメリットは、投資商品よりもコストがかかる点です。


変額保険は、払い込んだ保険料の一部が保険契約の維持や死亡保障に充てられます。


契約後も費用が定期的に控除されるため、投資商品よりもコストが割高になってしまいます。

変額保険に向いている人の特徴

この項では、変額保険に向いている人の特徴を解説します。


具体的には以下の通りです。

  • 長期的な資産運用をしたい人
  • 保険会社に運用を任せたい人

特徴①長期的な資産運用をしたい人

1つ目の変額保険に向いている人の特徴は、長期的な資産運用をしたい人です。


変額保険は長期的に運用することによって、運用リスクを軽減することができ、収益率を安定させることができます。


なので、長期的な資産運用を考えている方にとっては、最適な保険であるといえます。

特徴②保険会社に運用を任せたい人

2つ目の変額保険に向いている人の特徴は、保険会社に運用を任せたい人です。


資産運用を考えているけど運用先について調べたり考える時間がない・運用初心者のため自ら商品を選んで運用をすることに不安を感じる方は、保険会社が運用してくれるので、変額保険に向いているといえます。

変額保険をおすすめしない人の特徴

この項では、変額保険をおすすめしない人の特徴を解説します。


具体的には以下の通りです。

  • 元本割れのリスクが気になる人
  • すでに資産運用を行っている人
  • 保険と貯蓄を分けたい人

特徴①元本割れのリスクが気になる人

1つ目の変額保険をおすすめしない人の特徴は、元本割れのリスクが気になる人です。


変額保険は、解約返戻金・満期保険金に最低保証がないため、特別勘定の運用成果次第では元本割れをするリスクがあります。


なので元本割れのリスクを避けたいという方は、変額保険をおすすめしません。

特徴②すでに資産運用を行っている人

2つ目の変額保険をおすすめしない人の特徴は、すでに資産運用を行っている人です。


変額保険のほかにも、NISAiDeCoなどで資産運用を行うことができます。そのような運用をすでに行っている方は、変額保険の必要性は低いと言えます。


なぜなら、変額保険は資産運用と保険を兼ね備えた商品であるため、資産運用のみを考えている方は、すでに行っている運用にお金を回したほうが投資効率が高まるためです。

特徴③保険と貯蓄を分けたい人

3つ目の変額保険をおすすめしない人の特徴は、保険と貯蓄を分けたい人です。


なぜなら、変額保険は死亡保障貯蓄機能を兼ね備えた商品であるためです。


とくに保険にかける予算が限られている方が変額保険に加入すると、保障と貯蓄どちらも満足できない内容になる可能性があります。


投資効率を高めたい方は、生命保険とNISAやiDeCoなどを組み合わせる方がおすすめです。

変額保険相談におすすめの人気無料保険窓口4選

この項では、変額保険相談におすすめの人気無料保険窓口4選をご紹介します。


具体的には以下の通りです。

  1. マネーキャリア
  2. 保険見直し本舗
  3. 保険見直しラボ
  4. ほけんのぜんぶ

人気の無料保険相談窓口①マネーキャリア



マネーキャリアの特徴

  • 40,000件以上のFP相談実績と高い信頼性
  • 5分で簡単に相談予約ができる!
  • オンラインで気軽に無料相談可能
  • プライバシーを気にせず安心して相談できる
  • 好きな時間・場所を指定して相談できる
マネーキャリア無料保険相談サービスは、3,000名以上のFPと提携を組んでいる日本最大級の保険相談窓口です。

相談は何回でも無料で顧客満足度は93%誇るので、初めて相談されるという方も安心して利用することができます。

人気の無料保険相談窓口②保険見直し本舗



保険見直し本舗の特徴

  • 相談窓口へのアクセスが良好
  • 40社以上の保険会社の商品から選択できる
  • 来店・訪問・オンライン全ての相談に対応
  • 強引な勧誘が一切ない
保険見直し本舗の最大の特徴は、相談窓口の多さです。全国に360店舗あるため、自宅や職場に近い場所で店舗相談を行うことができます。

さらに、40社以上の保険会社の商品から選択できるので、さまざまな選択肢を比較・検討したいという方におすすめです。

人気の無料保険相談窓口③保険見直しラボ


保険見直しラボの特徴

  • 全国で訪問相談対応
  • 30社以上の保険会社の商品から選択できる
  • 最短10分でFPとマッチング
  • イエローカード制度により悪質なFPがいない
保険見直しラボの最大の特徴は、全国展開の訪問型保険相談サービスである点です。

訪問相談では好きな場所・好きな日時を指定して相談することができるので、仕事や育児で忙しくて店舗まで行けないという方におすすめです。

人気の無料保険相談窓口④ほけんのぜんぶ


ほけんのぜんぶの特徴

  • 取扱保険会社数40社以上
  • FP資格取得率100%
  • 全国で訪問相談対応
  • オンライン保険相談も可能
ほけんのぜんぶの最大の特徴は、取扱保険会社数40社以上と豊富な保険商品を取りそろえている点です。

また、所属しているアドバイザーのFP資格取得率が100%なので、保険相談員の質にもこだわりたい・保険以外の相談もしたいという方におすすめです。

変額保険の相談ならマネーキャリアがおすすめ!

本記事では

  • 変額保険とは
  • 変額保険の種類
  • 変額保険のメリット
  • 変額保険のデメリット
  • 変額保険に向いている人の特徴
  • 変額保険をおすすめしない人の特徴
  • 変額保険相談におすすめの人気無料保険窓口4選
について解説しました。

変額保険のような保険商品を検討する際には、保険相談だけでなく、将来のライフプランや家計の状況なども考慮する必要があります。

そのような際におすすめなのがマネーキャリアです。

マネーキャリアに所属するすべての保険相談員がFP資格を取得しているので、保険以外のさまざまな要素を考量しながら保険相談を行うことができます。

また、マネーキャリアでは全国47都道府県でオンライン相談をすることができるので、育児で忙しい方や仕事で忙しくなかなか時間を作れないという方におすすめです。

ランキング